2017-01-07(Sat)

「漁夫の利」の故事から米中日を考える

だれでも知っている 「漁夫の利」

ハマグリを食おうとしたシギのクチバシを、ハマグリはガチっとはさんでしまった。
両者身動きがとれなくなったところに通りかかった漁夫が、「おやこれはラッキー」と言って両方取っていったというお話し。

米中の角逐は、まさに「どちらが漁夫になるのか」という争いである。
米国がクリントンになっていればそれだけでは済まない、本物の戦争になっていた可能性もあるが、トランプのアメリカは実利を追求する。無駄にカネをつかう戦争よりも、漁夫の利を求める。

一方の中国も、一気にアメリカに取って代わるという無謀なことを考えているわけではなく、自己の権益圏を固めたいと思っている。
そのためには、アメリカが一線を越えてこないカードを握っておきたい。

なんとか漁夫の利を得たい両者にとって、格好のシギが日本なのだ。

日本が中国と対峙すれば、アメリカは仲裁の権利を得る。
日本がアメリカの意に背けば、中国はフリーハンドを得る。
その構造を理解しておかないと、米国が日本に何を望んでいるのか、日本が何をすれば中国は内心ほくそ笑むのか、がわからない。

米国が望んでいるのは、日韓が連携して中国に圧力をかけることだ。そして、決して暴発しないことだ。
トランプが望むのは、戦争ではなく、仲裁による強い立場だ。そのための、道具として日韓は使われているのであって、本気の戦争になって米軍が参戦せざるを得なくなるようなブレーキのきかない狂気は排除される。

「日本は一夜で核開発可能な能力」 米副大統領、習主席に「北」の核開発阻止求める
2016.06.24 夕刊フジ


これなどは、日本を道具にして中国と交渉するアメリカの典型的な姿だが、もし本気で日本が核開発のそぶりを見せれば秒殺で潰される。(中川昭一の不審死を思い出す人も多いだろうが、何の証拠もないのでここでは書かない。)

また、韓国を中国側に押しやるような日韓の関係悪化は、許容できないものとして、米国は激怒する。

靖国参拝で崩れた、真珠湾追悼の「和解」バランス
2016年12月29日 Newsweek


中国がほくそ笑むのは、だからむしろ、日本の極右的な暴走だ。
米国のコントロールを振り切るような、ファシズム化や核武装は、日米の危機を激化させる。
もちろん、THAADミサイル配備をなんとしても阻止したい中国にとって、日韓関係の崩壊は大歓迎である。
真珠湾訪問の翌日に稲田防衛大臣が靖国神社に行ったことなどは、中国政府にしてみれば大笑いのネタであろう。



このような構図を頭に入れた上で、この記事を見てみる

安倍総理大臣とバイデン米国副大統領との電話会談
平成29年1月6日 外務省


バイデン副大統領から,米国政府として慰安婦問題に関する日韓合意を支持しており,これが双方によって着実に履行されることを強く期待する旨の発言があったのに対し,安倍総理大臣から,日韓両政府が責任をもって実施していくことが引き続き重要であり,これに逆行することは建設的でない旨説明しました。
(引用以上)

バイデンは、韓国での慰安婦像設置だけを非難しているわけではない。「双方によって」と言っているのであって、これは稲田の靖国参拝も同時に指摘しているのだ。
日本のマスコミは、バイデンが韓国を非難しているような印象操作をしているが、冷静に見ればそういうことだ。

しかも、バイデンは上記にあるように、「北朝鮮が核武装をやめないと、日本が核武装しちゃうぞ。」と中国を恫喝していた男だ。
北朝鮮よりも日本のほうが、本当は危ない、と心の中では思っているのだ。

なんとか、アメリカから韓国非難をひきだそうとして、わざわざバイデンに電話した安倍晋三は、さらっと流されて窮地に立たされている。
これまで、極右とか日本会議とか統一教会のような連中に支援されてきた連中は、強制的な日韓「融和」に対応できず、存亡の危機にある。

安倍晋三個人はさすがに奴隷頭を長年勤めたので、その流れは理解しているようだが、取り巻きや支持者はそれではおさまらない。
この危機を徹底的に利用しなければならない。

かけ声だけでない安倍打倒を目指すのであれば、この機会を逃す手はない。

そして、漁夫に食われるシギから、自分の羽で飛び立てるシギにならなければならない。
G2間の交渉の道具になると言うことは、自らの意思でキャスティングボートを握れると言うことでもある。
その絶妙の外交を操ることも、政権交代に課せられた重大な課題である。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします


関連記事

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

>この危機を徹底的に利用しなければならない。かけ声だけでない安倍打倒を目指すのであれば、この機会を逃す手はない。

何がどう「この機会」なのかよく分かりませんが、もしも、ブログ主さんが以前のエントリーで述べておられた「素朴な草の根右翼を安倍晋三から引きはがすことが、安倍晋三の一強支配を終わらせる道筋ではないのか」といった意味で仰っているのであれば、野党側が「韓国と国交断絶するべきだ!」とでも主張しない限り、草の根右翼を安倍晋三から引きはがすことは出来ないと思いますよ。

かけ声だけでない安倍打倒を目指すのであれば、安倍政権を支持しているような草の根右翼を安倍晋三から引きはがすことよりも、有権者の多数を占める、右でも左でもないノンポリ(ノン・イデオロギー)系の人々を、可能な限り多数、野党側に取り込むことの方がはるかに重要です。

そしてそれには、有権者の多くが選挙の投票時に最も重視するのは、経済政策と社会保障政策なので、経済政策と社会保障政策で多くの有権者にとって魅力的な政策やヴィジョンの提案をしなければなりません。

多くの有権者にとって重要なことは政局ではありません。多くの有権者の立場からすれば、自公政権だろうが民進党を中心とした政権だろうが、自分達の生活・暮らしが今より良くなること、或は今より悪くならないことが重要なのです。それゆえ、多くの有権者が、今の野党が政権を担った方が、自分達の生活・暮らしが今より良くなるに違いない、或は良くなるだろうと思わない限りは自公政権は倒せません。

どうしても安倍政権を支持しているような草の根右翼を安倍晋三から引きはがしたいのであれば、以前の投稿でも述べたのですが、野党側は自虐史観(左翼的・連合国的な歴史認識)からの脱却や、憲法9条を変えて、自衛隊を防衛力だけではなく反撃力も持ち、集団的自衛権の行使もできる国防軍に変え、場合によっては核武装もすべし、といった主張をしなければなりません。

安倍政権を支持しているような草の根右翼の、前述のような歴史認識や安全保障に対する考え方が変わることは、ほぼ100%ないと考えた方がよいと思います。

安倍政権を支持しているような草の根右翼は、安倍政権を積極的に支持しているというよりは、自虐史観や憲法9条絶対堅持を主張している左翼やリベラルに対する反感・反発心や怒りから、敵の敵は味方といった感じで、安倍政権支持なんだと思いますよ。だから、左翼やリベラルが安倍政権を批判すれば批判する程、安倍政権を支持しているような草の根右翼は、安倍政権を支持する気持ちが強くなるんじゃないんですかね。

絶妙の外交

外交官(谷内みたいの)がアメリカのエージェンシーですからねェ、、。
そこから変えなくちゃならないんだから、エネルギー要りまっせ(;^_^A
完全体制変換ということで、共産党国家にでもなりますか、、?それこそ両方から潰されますな、、。ベトナム並みに根性ないとダメだわな、、。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg