2017-01-12(Thu)

トランプ叩きに昂じる「リベラル」ってなんだ

昨夜(厳密には今日だけど)、トランプが当選後初めての記者会見をやった。



省略無しの記事が見当たらなかったので、とりあえず上記に動画をはっておく。
メディアの抜粋記事は、かなり都合の良いように色づけして編集してあるので、気をつけて読んだ方がいい。

質疑応答のほとんどは、会見の直前に書かれたCNNの記事に関連したものばかりだった。

ロシア、トランプ氏の個人情報も収集か 米高官らが本人に報告
2017.01.11 CNN


ロシアが昨年の米大統領選に介入したとされる問題で、オバマ大統領やトランプ次期大統領が先週、米情報当局高官らから受け取った報告書の中に、ロシアがトランプ氏の個人情報や財政情報も集めていたことを示す極秘文書が含まれていたことが分かった。事情を知る複数の米当局者がCNNに語った。

極秘文書は2ページの概要にまとめられ、ロシア介入問題の報告書に添付されていた。

米連邦捜査局(FBI)が内容の信頼性や正確さを調べているが、具体的な重要情報の多くはまだ確認が取れていない

報告書と添付文書は先週、米情報当局のトップに立つクラッパー国家情報長官とFBIのコミー長官、ブレナン中央情報局(CIA)長官、ロジャーズ国家安全保障局(NSA)局長の4人がオバマ、トランプ両氏に提出した。添付部分は極秘扱いとされたが、民主、共和両党の議会幹部計8人だけは同じ日に受け取っている

添付文書の内容からは、ロシアがもともと米民主、共和両党について情報を収集していながら、民主党のクリントン陣営に不利な情報だけを公開していたことがうかがえる。ロシア政権がトランプ氏に肩入れしていた事実が裏付けられたと指摘する当局者もいる。

高官らが報告書とともに添付文書を出すという異例の方法をとった裏には、トランプ氏に関してこういう情報が流れていることを本人に知らせる目的があったとされる。CNNは同氏の政権移行チームに何度もコメントを求めたが、回答は得られていない。

文書にはまた、米大統領選前にトランプ陣営がロシア政府からの仲介者と連絡を取り続けていたことを示す情報も含まれている。この件は選挙前の時点で議会指導部に開示されていた。

文書の基になっているのは、英国の情報機関、対外情報部(MI6)の元工作員がまとめた35ページ分のメモだ。CNNはメモ自体の内容も入手したが、その詳細については独自の確認が取れていないため報道を差し控える。

メモをまとめた人物は1990年代にロシアに駐在した経験を持ち、現在は民間の情報企業を経営している。複数の情報筋によると、調査活動には共和党内部や民主党の反トランプ派が資金を提供していた。

(引用以上)

情報源は転職したジェームズボンドだそうだ(笑)
反トランプ派に雇われた元MI6の情報屋の、裏をとれないネタで当選した大統領を追い落とそうとする。
民主主義万歳 だ。

極秘扱いと言いながら、しっかりCNNにはリークされている。
当局がうさんくさい情報をリークして、マスコミが一致団結してたたきまくり、左翼やリベラルがその尻馬に乗って石を投げる。
デジャブーを感じた。
2009年に政権交代を目前にした小沢一郎氏への大弾圧と同じ構図。



トランプの差別主義の典型例として、メリル・ストリープが批判した「障がいを持つ記者の物まね」が取り上げられる。
2015年11月の演説の中でのことだ。下記の写真をみると、物まねと言われればそういう感じはする。

20170112-1.png


しかし、動画で比較するとどうか。上が問題になっているトランプの動作。下がマネされたとされるコヴァレスキ―記者の映っている映像だ。





これが物まねに見えるだろうか? 少なくとも私には、そうは見えない。
むしろ、トランプのおちゃらけた動作を、「貴方にそっくりよ」とコヴァレスキ―記者に言う人のほうが、彼を侮辱しているように感じる。

これ以外にも、こちらのブログでは、コヴァレスキ―記者以外のいろいろな相手を揶揄する時に同様の動きをトランプがやっていることが検証されている。
 http://ameblo.jp/evening--primrose/entry-12236829643.html


もちろん、トランプがまったく差別なんてしない、と言っているのではない。しかし、このキャンペーンはオカシイ。
それに加えて、メリル・ストリープのこんな写真を見ると、このキャンペーンの意図が見えてくるのだ。

20170112-3.jpg


ヒラリーの友人や、アメリカの軍産複合体や、ウォールストリートの化物や、イスラエルロビーがトランプに襲いかかるのは、なにも不思議ではないし、それはそれでアメリカでの闘いとして冷静に分析して見ることができる。

トランプの政治意図を、山田正彦さんが端的に解説しているので下記に引用。
ちょっと長いけれども、「もっと見る」をクリックして全部読んでいただきたい。



必要なのは、アメリカファーストによって窮地におちいる多国籍資本の策略に乗っかって、一緒になってトランプを感情的に非難することではなく、こうした冷静な分析だ。

私の回りで聞こえてくる声も、ほぼ二分されている。

小沢弾圧を、我がこととして経験してきた人たちは、やはり同じ轍を踏んでいない。
トランプが善人だとは全然思わなくても、これだけメディアが一斉に力をあわせて非難するということは、何かオカシイという本能的な警戒心を身につけている。

これは現代社会で必須の常識のはずだが、普段「マスゴミ」」などと口にする人が、どういうものだかトランプのことになるとそのマスゴミと口を揃えて非難する。
まるで、政治とカネで小沢氏を責めたおした時と同じだ。

これは、左翼やリベラルだけではないが、「見る前に判断する」という習性によるモノだろう。
物事を冷静に見る、そして判断する。というのが筋なのだが、特定のキーワードが入ってくると、見る前に判断してしまう。
差別、排外主義、保護主義、政治とカネ、壊し屋  etc.
とにかく、清廉潔白を旨とする人たちに一瞬で拒絶反応を起こさせる言語と映像をちりばめて、あっという間に非難囂々の嵐を作り出す。

一方で、オバマの素晴らしい退任演説には涙して感動する。
たしかに、オバマは個人的にはイイヒトなのかもしれない。しかし、彼が推し進めた数々の空爆やTPPのことは、すっかり忘れてもいいのだろうか?

もちろんこれは偶然ではない。
「清廉潔白」な人のそういう習性を知り抜いている広告会社やメディアが、そのように仕掛けているのである。
それに、何度でも何度でも、飽きもせずに繰り返し引っかかる「清廉潔白」な人々。
そして、左翼やリベラルには、そうした「清廉潔白」な人の割合がかなり高い。

しかし、そろそろメディアにたいする警戒心を持ってもいいんじゃないか。
都合の悪い記事は「マスゴミ」で、都合の良い記事は「報道」、というダブルスタンダードをやめよう。
もちろん、良い記事やおかしな記事は玉石混淆であるだろうが、ほとんど全てのマスメディアが口をそろえて一斉放火を浴びせ始めたら、「これはオカシイ」 「イイコト言ってるけど、ちょっと待てよ」 と立ち止まってほしいと 切に思うのである。


■ 追記(2017.1.13)

この記事にはかなり「ネガティブアクセス」があるようなので、念のため追記しておく。

ぜひ、感情にまかせずに理屈で読んでいただきたい。
私は、小沢氏とトランプを同一視するようなことはひと言も書いていないし、トランプを擁護することもしていない。
ただ、権力が裏のとれない情報をリークして、メディアが叩き、「リベラル」が石を投げる構図が、あの時と同じだ、と言っているのである。
これは、小沢氏と同一視でも無ければ、トランプ擁護でも無い。そのような批判は事実に反する。

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い、ではないけれど、トランプをちょっとでも持ち上げるかのように見えるものを、内容を精査せずに問答無用で切り捨てる。このようなやり方を諫言したいのが本稿の主旨なので、ぜひくみ取っていただきたい。


■■「家づくり」のほうのお知らせ■■

2月19日(日) 完成見学会

堺市北区東浅香山 (地下鉄北花田から徒歩15分)
開始時間 ①11時  ②14時30分

お名前・ご住所・電話番号・希望回 を記載の上
info@mei-getsu.com までお申し込みください
折り返し詳細をご連絡します




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします


関連記事

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

下記は、2017/1/12付 日本経済新聞 朝刊 から引用【ちなみに、エマニュエル・トッドは1976年、10年から30年以内のソビエト連邦崩壊を人口統計学的な手法で予想し、的中させた知識人です】

『新たな保護主義の時代に』=仏歴史人口学者 エマニュエル・トッド氏=

ドナルド・トランプ氏の米大統領選での勝利に驚きはない。(中略)トランプ氏の勝利は、労働者階級だけでなく、中間層の怒りでもあったのだ。(中略)これはポピュリズムではなく民主主義が正常に機能した結果だ。(中略)

自由貿易は絶対的な自由貿易しかない。しかし保護主義にはいくつもの種類がある。ばからしいものも節度あるものもあるのだ。(中略)産業発展は保護主義とともに起きた。米国ではリンカーンが関税を30~40%にして始まった。欧州ではドイツがビスマルクの保護主義的政策で飛躍的に成長した。自由貿易が利益になる段階はあるが、行き過ぎると格差が生まれ、最先進国での工員の給与を抑制し、最終的に世界的な需要不足につながる。

世界経済は悪化している。成長率は低く一部はマイナス成長だ。行き過ぎた自由貿易は経済を停滞させる。(中略)グローバル化は特に英米で途方もない格差を生み、日仏独にもある。この格差は資本の移動の自由と、低賃金の労働力を使うことで生まれた。(中略)

4~5月には仏大統領選がある。私は最近まで極右政党、国民戦線(FN)のルペン党首の当選は不可能と考えていた。だが仏大統領選の中道・右派予備選でフィヨン元首相が選出された。その経済政策は米英で拒否された新自由主義だ。FNは結果的に社会福祉の党になる可能性がある。フィヨン氏が仏社会福祉を破壊し、ルペン氏がそれを守る候補者とみられるかもしれない。

自由貿易は忘れねばならない。我々の前にあるのは良い保護主義と悪い保護主義の議論だ、給与水準を守ったり、内需を刺激したりする合理的な保護主義は貿易を活発にする。保護主義が国家間紛争になるというのは嘘だ。保護主義は協力的で敵対を意味しない。

◆また、

<メイ英首相は17日、政府は単一市場から撤退し、関税同盟から離脱、欧州司法裁判所の管轄権から外れる用意があると発表する。14日夜、英国のマスコミが報じた。先に首相官邸が確認したように、メイ氏は17日、今後予定されている英国のEU離脱条件に関するEUとの交渉に関する重要な演説を行う。

ザ・サン紙によると、メイ首相は演説で、EUとの交渉では欧州諸国から英国への自由移動の停止、他国との貿易協定に関する二国間交渉(単一市場に残った場合は不可能と思われる)を行う可能性が首相にとって優先事項となることを強調するという>

https://jp.sputniknews.com/politics/201701153239923/

本来ならば、こういったことは低所得層や下層中産階級を支持基盤とする労働党が行うべきだったんですけどね。

イギリスが拡大した格差と貧困を是正するには、衰退したモノ作り産業を復活させる必要があり、それには関税自主権を取り戻して自国のモノ作り産業を保護育成する必要があるし、海外から大量に入ってくる外国人労働者を制限して、失業や労働賃金の低下から自国労働者を守る必要があるからです。

もちろんそういった反グローバリズム的な方向性には経済的なリスクも伴います。短期的にはマイナス成長になるかもしれません。ただ、行き過ぎたグローバリズムを何とかしない限り、格差と貧困を是正することはできません。

左翼やリベラルは「地球市民主義」というイデオロギーに拘るあまりそれができなかった。基本的に左翼やリベラルは「グローバル化の波は避けられない。これも時代の流れだ。だから(先進国の貧乏人は)我慢しろ」といったようなスタンスですからね。上辺だけ低所得層や下層中産階級の味方のフリをしても、一方ではグローバリズム・マンセーでは、自国の低所得層や下層中産階級から信頼されるわけがありません。

このままだと、従来の左翼やリベラルはメジャーな政治勢力としてはオワコンになるかもしれませんね。

No title

メディアが自分達の言う事を聞かないトランプ次期大統領にネガティブキャンペーンをしているのは事実だと思う。実際にそう思っている米国人を大勢知っています。ちなみに僕はトランプ次期大統領を支持するわけでもないが、世界中で戦争をしかけるヒラリー元大統領候補よりましと思っています。ヒラリー氏だと確実にロシアと冷戦状態でしょう。トランプ次期大統領の問題より本当は日本の政治の方がもっとやばいと思っています。米国は戦争しても自国を戦上にはしないけど、今の自民党は自国でドンパチする可能性が非常に高い。ここ10年で積み上げてきたものは、そのための政策でしょう。

『壁』の二重の意味

壁の二重の意味
山田正彦氏の意見に賛成である。しかしはやり実際の,不法移民防止のための壁は必要である。最近,「清廉潔白」と思われる友人と議論をして,大いに戸惑った:
(A)「壁を造るなんてひどい,人種差別」,(B)「トランプの奥さんもモデルになる前に不法就労していたという事実もある」,云々。
TVや新聞を丸呑みした知識を披露されて小生はかなり落ち込んだ。しかし日頃からお世話になっているとは言え,黙っているわけにはいかないので,反論させていただいた。
(A)の問題点
現在,壁は存在する。しかしそれを認識していない方は,さらに二重の意味で問題である。第1に壁があるのになぜ年間約150万人もの越境,不法侵入者があるのか,という論法になっていない。したがって第2に,アメリカ側でなくメキシコ政府側の責任問題を避けて通れない。(壁があってもなくても)150万人もの不法越境者を防ぐことが出来ないメキシコ政府は一体何をしているのだろうか。取り締まり行政が機能していないのではないだろうか。
物心ついた頃より,アメリカやニュ-・アリゾナやメヒコに興味があった小生としては,国境警備隊が取り締まっても抜け道だらけの国境線があることに興味を覚えていた。他方,長じるに及んで万里の長城を知るに及んで,張飛将軍らの匈奴撃退の歴史を学んだ。壁は造っても異民族の侵入は防ぎようがない。あるいは逆に匈奴の土地に中国人達が壁を築いたので我々は自由に壁を乗り越えて行き来することが出来る。
ここまで来れば,中東やアフリカで先祖代々の土地に国境線を引いたのは,西洋列強であり,その植民地政策の結果である事を思い出す。最近ではテロ集団ISISがイラクやアフガニスタンから流れて中露国境を脅かす。もちろんその背後にはテロ集団CIAが控えるが,日本のように四方を海に囲まれた幸運(?)とはかなり事情が異なることが理解できる。
かなり話が逸れてしまったが,アメリカ-メヒコ国境問題に話を戻せば,その土地委譲・割譲の問題は別にしても,不法移民は不法移民である。
その昔,不法移民を雇った議員が法律違反に問われたことがある。しかし現在は,不法移民を雇うことが公然と行われている。その結果,賃金は安くなり,まず黒人の賃金がさらに安くなる。次に白人のそれが安くなった。さらに不法移民は北部まで広まりデトロイト市に至った。他の要因も絡んで結果的にデトロイトなどの複数都市は「ラスト・シィティ」となった。そこで(B)だが,「ラスト・シィティ」を造ったのはトランプ夫人ではなくて,毎年150万人以上に上る不法移民であり,新自由主義であり,NAFTAである。夫人の不法就労を問題にするのは,トランプ氏を批判するために「為」にする批判である。一番大切な問題から目を反らしてはいけない。

かくしてトランプ大統領誕生となったわけだが,トランプの脳裏にはやはり「不法移民問題」があったのではないだろうか。これが「壁」の持つ一つの意味であろう。
「壁」のもう一つの意味は,山田正彦氏の主張される「関税」障壁の問題であろうし,TPPの問題でもあろう。特にISD条項を使ってメヒコ政府を敗北させた環境・土地汚染問題は,不動産王トランプ氏にとって耐えがたい判断・判決ではなかったろうか。そこら中の,アメリカ中の環境が大企業の思うままに汚染されれば,不動産の価値も下がるからである。
贅語は必要ないだろう。TPPをよく研究され,反対運動の先頭に立たれてきた山田先生のご指摘に加える言葉は見つからない。すなわち,トランプ氏の考える『壁』とは,2つあって1つは現在ある壁を修理・補強すること。その費用はそれほど多くはない。メヒコ政府が受け持って当然である。もう一つは,非関税障壁を含めた「関税障壁」である。

No title

>この記事にはかなり「ネガティブアクセス」があるようなので

基本的に左翼やリベラルは、物事を1か0か、白か黒か、善玉か悪玉かといった単純な二値的思考しか出来ないですからね。

だから、左翼やリベラルの頭の中は、「トランプやトランプを批判しない奴ら=悪玉(鬼畜、ゴミ、バカ)」で「トランプを批判している私、或は我々左翼やリベラル=善玉(正義の味方、賢者)」といったヒーロー漫画的な思考回路が出来上がっているのだと思いますよ。

世の中、そんなに単純ではないんですけどね。一般的に二値的思考は凶気に走りやすいです。実際、左翼はかつてポルポト派や連合赤軍のような狂気に走りましたからね。

No title

>トランプ叩きに昂じる「リベラル」ってなんだ

ホント何なんでしょうね。誤解なきように断わっておくと、トランプは素晴らしいといった意味ではないですよ。左翼やリベラルの方々には是非、下記URLの記事を読んで頂きたいです。

「空回りして響くエスタブリッシュメントの一般論 - 脱構築主義の黄昏」

http://critic20.exblog.jp/26310825/

私は「世に倦む日日」氏は、単純に好きか嫌いかで言えば嫌いなのですが、上記URLの記事は大筋においては、ほぼ同意ですね。

くれぐれも誤解なきように述べておくと、移民のせいで貧困層が拡大しているといった意味ではないですよ。

【実例】リベラルはどのようにして潰されたのでしょう?

明月さんのブログを見ている方々にお勧めです。
この映画、大阪近郊の方なら観られますが、
あと8日で上映が終わります。

チリの闘い
http://www.ivc-tokyo.co.jp/chile-tatakai/

では(^ ^)
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
私のホームページ
meigetsusha.jpg
木の家見学会
2017/2/19(日)
木の家の見学会をやります
場所:堺市北区東浅香山
(地下鉄北花田から徒歩15分)
開始時間: ①11時  ②14時30分

お名前・ご住所・電話番号・希望回 を記載のうえ、下のメールフォームからお申し込みください
折り返し詳細をご連絡します
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg