2017-01-22(Sun)

トランプの就任演説を読む ~アメリカファーストは排外主義か~

トランプの就任演説をめぐって、やっぱりアメリカファーストだ、排外主義だ、アメリカのためなら何でもやる気だ と凄まじいばかりの批判が渦巻いている。

就任演説というのは、普通はイイコトしか言わないから、トランプを評するに就任演説を使うのはトランプに有利になってフェアじゃ無いかと思ったけれども、これだけ批判されているのなら「トランプびいきだ」」とか言われる心配はなさそうなので、これを取り上げてみる。

20170122-1.jpg
(USA TODAYより)

まず最初に言いたいのは、批判している人は全文をちゃんと読んだのか ということ。
読んでいない人は、まず話にならないので、下記のサイトなどで全文を読んでいただきたい。

【全文】トランプ大統領就任演説「今日、この日から、アメリカ第一のみ」
The Huffington Post | 執筆者: 吉野太一郎 2017年01月21日


このタイトルの付け方は決してトランプに好意的な編集ではないけれども、翻訳文自体にはとくに色つけは感じられなかった。
原文はこちらに

Donald Trump’s full inauguration speech transcript, annotated
The Washington Post


このワシントンポストの記事には、演説の動画もついている。
選挙中は激しくトランプを攻撃したリベラル系のワシントンポストだから、トランプに有利になるような手は加えていないはずだ。

さて、全文を読んでみて、マスコミが書き立てるような、激しい排外主義を感じただろうか。
たしかに、全体を貫く政治思想は「アメリカファースト」に違いないが、「トランプ=悪魔」という先入観をちょっと脇に置いておいて、この全文を読んだ時に、排外主義であると断じることはできるだろうか。

おそらく、戦々恐々としている人たちが注目しているのは、この一文だろう

「今日、この日から、アメリカ第一のみになります。アメリカ第一です。」

だが、前の段落からまとめて引用すると以下の通りだ

何十年もの間、私たちはアメリカの産業を犠牲にし、外国の産業を豊かにしてきました。他の国々の軍隊を援助してきました。一方で、アメリカの軍隊は、悲しくも枯渇しています。私たちは他の国の国境を守っていますが、自分たちの国境を守るのを拒んでいます。海外に数兆ドルを投資しましたが、アメリカのインフラは絶望に陥り、腐っています。他の国々を豊かにしましたが、自国の富、力、自信は、地平線のかなたへ消えて行きました。ひとつずつ、工場が閉鎖され、この国を去りました。数百万人のアメリカ人労働者が置き去りになることなど考えもしないで、そうしたのです。中間層の富が、その家庭から奪われ、世界中に再分配されました。

しかし、それは過去です。今、私たちは未来だけを見据えています。私たちは今日、ここに集まり、新しい決意を発し、すべての街、すべての外国の首都、すべての政権にそれを響かせます。今日、この日から始まります。新しいビジョンがアメリカを治めるでしょう。今日、この日から、アメリカ第一のみになります。アメリカ第一です。

(引用以上)

アメリカファーストの反対語として語られているのは、「米軍は他の国々の軍隊を援助してきた」 「海外に数兆ドルを投資した」 「中間層の富が、その家庭から奪われ、世界中に再分配された」 ということだ。
この言い方には、それはそれで意見はあるだろうが、大枠として考えた時に、これらをやめようというのは排外主義なのだろうか?



背景にある現実を確認しよう。

トランプを批判するリベラルな人たちも、新自由主義を行動原理とする巨大な多国籍資本が、世界中から富を搾り取っていることについては異論は無いだろう。

ハゲタカ外資という言われ方もするが、ハゲタカなんていう優しいものではない。
世界中に「投資」をしてバブルを作り、やがて崩壊させてはそのカタとして資産を吸い上げる、という資本主義ですらない、地球規模のサギを繰り広げている。
独裁者がいて「投資」ができない国には独裁者を倒して内戦を起こしたり、自給自足経済の国には「食糧援助」を装って農業を破壊して貨幣経済を強制したり、人間とはこれほどまでに強欲だったのかと神を呪いたくなるような所行を繰り返してきた。

こうした多国籍資本の悪鬼のごとき所行を、美しく言いあらわした言葉が「グローバリズム」である。
これについても、異論は無いだろう。
言葉が分かりにくかったら、「竹中平蔵の考え方」 と思い出せばわかりやすいかもしれない。

20170122-2.jpg

グローバリズムの反対は何か。それはローカリズムであり、国民経済である。
かならずしも一つの国家を単位とはしないかもしれないが、多くの場合は国を単位とした、地域での自立性をもった経済。
ローカルな利害に基づくルールで、多国籍資本が縦横無尽にふるまうことに縛りをかける。

小沢一郎が唱えた「「国民の生活が第一」も、まさにこの立ち位置にある。
もちろん、国民経済を成り立たせるためには、国際的な取引は必要不可欠であり、鎖国とか排外ではないし、一定の自国経済の保護をすることと、保護主義を同一視するのは意図的な間違いだ。

新自由主義のグローバリズム=世界侵出は、強力な用心棒をともなって行われた。
米軍という突出して世界最強の軍隊を用心棒にして、世界中からみかじめ料を吸い上げてきた。
ドルが基軸通貨であることと、米軍の存在抜きに、新自由主義の世界征服はありえない。

その意味で、「トランプがファーストと言っているアメリカこそが新自由主義そのものじゃないか。」「アメリカファーストを言うトランプは新自由主義の手先だ」 という批判もわからなくはない。

しかし、最大の誤解がここにある。
ドルと米軍という最強コンビをもつアメリカという国家こそが、新自由主義=多国籍資本の奴隷頭だったと言うことだ。

国家が主導して新自由主義を広げたのではなく、新自由主義が国会とホワイトハウスを牛耳り、ドルと米軍を好きなように使ってきたのである。そして、そのしわ寄せは、とうのアメリカの国民もまた被ってきた。
そうした構造を理解せずに、アメリカ=悪 と単純に考えてしまうから 「アメリカファースト」が悪魔の呪文のように聞こえてしまうのだ。



こうした背景を押さえた上で、トランプの演説を読むと、保護主義とか排外主義という批判とは別のものが見えてくる。
それは、新自由主義にたいする国民経済の優先 ということだ。

もちろん、新政権の人事を見ると、ゴールドマンサックスを始め新自由主義の本丸からも多数入閣しているし、カジノ王までいるわけで、この演説の思想がどこまで本当なのか、どこまで実現するのか、疑問は大いにある。
ただ、こうした人事を抜きに、素っ裸で闘いを挑んでも何の実効性もなしに終わるだろうし、無理をすればスキャンダルをねつ造されるか暗殺されるというのがアメリカ大統領の歴史だ。
ドルと米軍が最大の武器である以上、そこに精通した人間を陣営に入れること自体は合理的であり、それだけで○とか×とかを判断できるものではない。

今現時点では、基本方針は基本方針で理解して上で、しかしこの人事には大いに疑問がのこる、というのが冷静で公平な評価ではないか。
これから、オバマケアの代わりに何を出してくるのか。TPPを離脱したあとにどのような貿易交渉をしてくるのか。
新自由主義に搾取されてきたアメリカ国民のためになるような政策を実行するのか。他国にたいして、理の通った交渉をしてくるのか。
言葉尻やイメージではない、その実態を観察しなければならない。

もちろん、金持ちに融和的な政策もやるだろう。一方的に新自由主義を切り捨てて、彼らを本気で怒らせることは、極力避けるだろう。
ある程度おおきな括りで実行される政策を見る必要がある。一つの問題で全体を決めつけることは、目を曇らせることになる。
それは、トランプを歓迎しない新自由主義に心証操作されているのではないか という疑問は持っていいのではないか。



最後に、私がこの演説でもっとも注目した部分を引用する。

私たちは2つの単純なルールに従います。アメリカ製の商品を買い、アメリカ人を雇うことです。世界の国々と友好的な善意の関係を築きますが、すべての国には自国の利益を優先させる権利があることを理解した上で、そうします。私たちは自分たちの生き方をすべての人に押し付けることはしませんが、模範として輝やかせたいと思っています。私たちはすべての人が追随するような輝きを放つでしょう。私たちは古い同盟関係を強化し、新たなものを形づくります。イスラム過激派のテロに対し世界を結束させ、地球上から完全に根絶させます。
(引用以上)

前半は、他の箇所でも触れられている国民経済優先の話である。そこに、唐突に「イスラム過激派のテロに対し世界を結束させ、地球上から完全に根絶させます」という文句が出てくる。
これはどういう意味だろうか。

イスラム過激派の問題を、戦争や軍事の問題としてではなく、経済の問題として取り上げている。「テロとの戦い」という表現すら用いられていない。
オバマの就任演説ではイデオロギーや宗教の問題として語られていたが、トランプは、国民経済を優先する各国がたがいに同盟を強化することが、イスラム過激派の根絶につながる としている。本質を突いているように思える。

オバマは結果として任期を通じて戦争を継続し、空爆を続けた。最後の日にまでリビアを空爆した。

20170122-3.jpg

オバマとは違うとらえ方をしているトランプが、オバマとはちがうアプローチをするのかどうか。
当面する問題として、イラク、シリア、リビアなどにたいして、どのような対応をとるのか。
目を曇らせずに、注目したい。


■■「家づくり」のほうのお知らせ■■

2月19日(日) 木の家完成見学会

場所:堺市北区東浅香山 (地下鉄北花田から徒歩15分)
開始時間: ①11時  ②14時30分

お名前・ご住所・電話番号・希望回 を記載の上
info@mei-getsu.com までお申し込みください
折り返し詳細をご連絡します




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします


関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

米、トランプ政権スタート

「不動産王」と呼ばれ、公職経験のない初の大統領が米国に誕生――。共和党のドナルド・トランプ氏(70)が20日正午(日本時間21日午前2時)、連邦議会議事堂前の就任式で ...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

トランプ大統領の就任式の人混み、メディアで報道されていた写真と現実は違ったようです。http://edition.cnn.com/interactive/2017/01/politics/trump-inauguration-gigapixel/

No title

>トランプの就任演説をめぐって、やっぱりアメリカファーストだ、排外主義だ、アメリカのためなら何でもやる気だ と凄まじいばかりの批判が渦巻いている

反グローバリズムに排外主義的な要素があるのは事実です。元々反グローバリズムというのは、新自由主義に反対していた左翼が、1990年代あたりから言い出したことなのですが、反グローバリズムには排外主義的な要素があるために、多くの左翼は反グローバリズムの主張を封印し、逆に、極右的な政治勢力が反グローバリズムを主張し始め、そのことによって、ヨーロッパの極右的な政治勢力は、グローバリズム(による「底辺への競争」)によって最も大きな不利益を被っている、低所得層や下層中産階級を取り込んでいき勢力を拡大していったのです。

>こうした多国籍資本の悪鬼のごとき所行を、美しく言いあらわした言葉が「グローバリズム」である。これについても、異論は無いだろう

全く違います。残念ながら、グローバリズムが何なのかよく分からずに、グローバリズムという言葉を使用している方々が多いのですが、


グローバリズムというのは・・・経済的な国境の壁【関税、経済のルールや慣習、社会制度、文化、言語、政情的リスクなど】を薄くしていって、人(労働者や移民)、財(物やサービス)、資本(人的資本や技術資本や金融資本…生産拠点など)が国境を越えて自由に行き来できるようにしていくことです。


グローバリズムを推し進めているのは、基本的に、各国の財界やグローバルエリート、新自由主義者、リベラリストや左翼です。

各国の財界やグローバルエリートがグローバリズムを推し進めるのは、金もうけのためです。

新自由主義者がグローバリズムを推し進めるのは、新自由主義的なイデオロギー【弱肉強食主義・社会ダーウィニズム・自己責任主義(市場原理主義、小さな政府、税制のフラット化)】を実現するためです。グローバリズムを前提条件とした場合は、政府は新自由主義的な政策を採用せざるを得ないですからね。

リベラリストや左翼がグローバリズムを推し進めるのは、国境の無いワンワールド(世界統一政府的な世界)を実現するため、或は、世界市民主義的な観点から、開発途上国や中進国に、先進国の富を流すためです。

いずれにせよ、行き過ぎたグローバリズムを何とかしない限り、格差と貧困を是正することはできません。

>一定の自国経済の保護をすることと、保護主義を同一視するのは意図的な間違いだ

間違いではありません。しかし、保護主義にはいくつもの種類があります。ばからしいものも節度あるものもあります。以前の投稿でも紹介したのですが、エマニュエル・トッドは下記のように述べています。

「自由貿易は忘れねばならない。我々の前にあるのは良い保護主義と悪い保護主義の議論だ、給与水準を守ったり、内需を刺激したりする合理的な保護主義は貿易を活発にする。保護主義が国家間紛争になるというのは嘘だ。保護主義は協力的で敵対を意味しない」

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

若い頃、8年くらいアメリカに住んでいました。日本に住んでいるより、一人の人間としての人権が守られていると思っています。 そしてコミュニティーカレッジからニューヨーク市立大学に進学し卒業したなかで、多くの労働者階級出身の人達と出会いました。彼らのような人達を考えるとサンダース氏がベストですが、大学に行かなくとも、勉強が嫌いな人達にも幸福に生きる権利があるのではないでしょうか? 工場で働いて一生過ごす人がいても良いはずです。今のグローバリズムだけの社会では勉強が嫌いで、人前で話すことの苦手な方は完全に負け組です、彼らにも仕事が必要です。大統領として、米国民のことを一番大事にすると言って何が割るのか理解に苦しみます。我が国だって、同じ問題があります。勉強の苦手な人、話すのが苦手な人、日本の首相が大多数の彼らのような人にも仕事を与えるように努力すべきでは無いでしょうか? 高学歴なメディアの人達や、成功した人達は、日本の大多数の80%の中小企業で働く人達を完全に無視して、負け組などと称しています。同じ日本人なのに、メディアやエリートの人達は彼らを切り捨てています。そう言った普通の人達が一人の人間として生きれる社会を作る必要がありますが、トランプ大統領は最善な選択肢ではないと思いますが、 少なくとも普通の人達を大事にすると言っています。確かに彼はポピュリズム的だと思いますが、ヒラリー・クリントン氏や安倍首相と自民党よりましです。 BTW, 小出裕章×小沢一郎の対談を今聞いています。まだ47,300余りの視聴回数しかありません。もっと視聴回数があっても良いのでは無いでしょうか? 拡散の必要があります。

小出裕章×小沢一郎https://youtu.be/lkVyQrT7sUU

自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg