2017-03-27(Mon)

【森友疑獄事件】安倍晋三の権力の源泉を考える

権力って何か。

それは 「他人を自分の意のままに動かす力」 のことだ。
その気にさせて動かす時もあるが、嫌がるものを無理矢理にでも動かす力 を意味することが多い。

そんなことが なんでできるのだろうか。
その力の源はなんなのだろうか。
非常にわかりやすい解説があったので紹介しておきたい

『韓非子』権力の3つの源泉を活用する方法 作家 守屋 淳=文
PRESIDENT 2010年3月29日号


よくTVの時代劇を見ていると、絵に描いたような悪代官が、町娘にお酌を強要するシーンが出てくる。
すると突然、襖がガラリとあき、隣の部屋には布団と高枕が2つ。すかさず悪代官は、
「わしに逆らうと、どうなるかわかっておろうな」
と女性に手を伸ばし――。

この時代劇の超定番パターン、面白いことに「権力」の在り様を見事に描き出しているのだ。
まず悪代官は、権力を使って女性を意のままにしようとする。これは実は権力の定義そのもの。つまり、「他人を思うように操る力」こそ権力の意味なのだ。

しかしなぜ権力は、人を思うように操る力になり得るのだろう。そのポイントとなるのが、
「わしに逆らうと、どうなるかわかっておろうな」
というセリフ。相手が、「こうされたくないなあ」という急所を握っているからこそ、力が揮ふるえるわけだ。時代劇でいえば、
「父親を死刑にしちゃうぞ」
「お前の家を破産させるぞ」
(引用以上  以下は本文でぜひ読んでいただきたい)

この論考であげられている権力の源泉は 3つ

1、武力、懲罰権
2、金
3、人事権

現代の日本で具体的に考えると

1、警察・検察・裁判所・自衛隊・その他諜報機関 などなど
2、カネ
3、内閣人事局・選挙の公認権

ていうことになるだろう。
ただし、日本の場合は、もう一つ上のレイヤーに 「米国の承認」というものがある。
在日米軍、CIA、NSA などが武力の源泉となり、上記1~3の全てがそこに従属している。

その限定つきではあるが、日本での権力が何によって発生し、維持されているのかを考えてみたい。

1の武力、懲罰権 はわかりやすい。
ただ、この力は生身で振り回されることは少なくて、従う側が忖度して自主規制する場合がほとんどだ。とくに70年代以降の日本では、自主規制が徹底的にすり込まれているので、アサド政権のようにむき出しの武力や懲罰で権力をまもることはほとんどない。
沖縄の山城博治さんのようにどうしても現権力に従わない人間がいると、見せしめ的にやられることはある。

今はそんな状況だけれども、もっと抵抗する人間が増えてきたら困るので、より武力や懲罰をやりやすいように 今から準備しておこう、というのが「共謀罪」だ。
まさに、1の強化 そのものである。

ちなみに、1を担当している者たちが 「あれ、権力者はただの丸腰のオヤジじゃん。権力握ってるのって俺たちじゃないの?」ということに気が付いて、武力で2と3も握ってしまうのが クーデターである。2.26事件のように失敗することもあれば、朴正煕のように成功することもある。

3については、形式的な人事権と、政治と行政の機構の中への人脈とがあるだろう。
形式的な人事権だけでは、面従腹背やサボタージュや組織分裂が避けられないからだ。
民主党政権があっというまに裏切りと瓦解に堕したのは、ここの掌握がぜんぜんできなかったということが大きいだろう。

いわゆる「政権」をとっても、武力、金力、人事力 を掌握できなければ 屁の突っ張りにもならないという典型的な事例が あの民主党政権だった。

ただ、1と3は、政権を獲得して、武力と人事権をがっつり掌握するんだ という明確な意識をもって臨めば、やってやれないことではない。鳩山政権は、この点での権力意識があまりにも希薄、というかあったのかどうかも疑わしいわけで、必然的に滅びたということなのだが、逆に言えば、あの時に権力の掌握に全勢力を傾けていたら、結果はまた違ったものになっていたかもしれない。(たらればだけど)

いまのところ日本では、1が突出してクーデターをおこす気配はなさそうだし、3を掌握するためには選挙に勝利した上に水面下の人脈をひろげなければならないことを考えると、やはりキモは2のカネ ということになる。
他を圧倒するカネを自由にして、かつ権力を掌握する意識・戦略・戦術にすぐれたものが、権力の源泉を独占できるのである。



そう考えた時、なんで安倍晋三が、一強といわれ、超長期政権を維持しようとしているのか かなり不思議な感じはする。

たしかに、安倍一族は金持ちではある。ちなみに、昭恵も森永創業家でありかなりの資産があるはずだ。
しかし、仮に100億の資産があったところで、全てを使い尽くすわけにはいかず、権力を手に入れるために使える個人資産などせいぜい数億に過ぎないだろう。そんな金は、1回の選挙で消えて無くなる。

つまり、ストックされたカネでは、権力を維持していくことはできない。つねに、金を生み出すシステムこそが、権力の源泉なのである。しかも、その金の多くは、政治資金規正法やら国税局やらの目の届かないカネでなければならない。

国税局が把握できないカネのことを 一般にアングラマネーという。
脱税して隠し持っているカネとか、タックスヘイブンに移してしまったカネとか、麻薬や売春などで稼いだカネとか。そんなカネが、日本には20兆円ほどある、と噂では言われている。もちろん、正確なことはわからない。

では、権力を握ろうとする人間が、アングラマネーを貯め込んでいる者に 「ちょうだいな」と言ってくれるだろうか。ただでくれるわけはない。双方が Win-Winで喜ぶ仕組みがなければ、カネを出してくれるわけがない。

アングラマネーの弱みは何かというと、使えない ということだ。持っているけど使えない。まとまった金額を使うと 国税に把握されてしまうので、ガバッと使いたくても使えない。
そこで何をするかというと マネーロンダリング=資金洗浄 である。

一昔前に流行ったのは、架空のNPOを立ち上げて、そこに寄付するというやり方だったらしい。NPOの金になった時点で表の金になり、NPO名義で使ったり、そこから架空発注やらなんやら迂回させて自分の手元に戻したり。
ところが、そういう使われかたが多すぎたために、NPOへの寄付は原則課税になってしまい、使えなくなってしまった。

いまでも同様の手口を使えるのは、寄付が非課税で出所を問われない 宗教法人と 学校法人だけである。
とくに、私立学校を建設する という話は、多額の寄付を集めやすいし、土地代や工事費などで架空契約や架空発注でカネを浮かせることができる。まさに、アングラマネーを表に出すロンダリングと、アングラのまま政治に流す資金工作と 同時にできる素晴らしいシステムになり得るのである。

さらに、この学校建設システムの素晴らしいことは、アングラマネーだけでなく、国有地等の払い下げという名目で、国有財産をタダ同然で提供し、その見返りもまたカネにかえる という技も使えることだ。
アングラマネーと国有財産を ロンダリングと裏政治資金に返還する。
このスキームを考えた人間は天才だ。

前の記事に載せた図をバージョンアップして載せておく。
もちろんこれ自体は、私の想像の産物であることは言うまでもないが、私の知るかぎりでもっとも合理的な説明にはなっているはずだ。

20170327-1.jpg

森友事件の意味は、おそらく全国で行われてきたしこれからも予定されているこのスキームが、籠池というトンデモ夫婦のおかげで綻びが生じ、私たち一般の目に触れることになったことだ。
今名前があがっている、加計学園とか東邦会とか、もろもろの公有地無料事案も、この可能性を念頭において調べていく必要がある。



一度は 無残な形で権力を投げ出し、その2年後の自民党が政権を追われる転換点となった男が、なぜ今、一強と言われる権力を誇っているのか。
ひとつは、おそらくかなり優秀な参謀を抱えていること。
そして、もうひとつは、カネのなる木を手に入れたこと。

森友事件で、安倍晋三や昭恵が逮捕されたり致命的な打撃を被ることはないだろう。
しかし、このカネのなる木の一端が暴かれてしまったことは、大きな痛手になっているはずだ。今後、安倍を首班にしての同じ手口をやりにくくなったのはたしかだ。少なくとも、カネを出す側は警戒するだろう。

その意味でも、とにかく今は、安倍晋三と安倍昭恵に運動的なターゲットを絞って叩くべきだ。
大阪的には、たしかに維新や松井一郎もなんとかせなあかんし、図の右下のドロドロはほとんど維新がかんでいる可能性大であるから、松井のおおコケは十分あり得る話ではある。
ただ、全国的な非難囂々の嵐は、安倍昭恵の証人喚問を求める声であり、100万円は安倍晋三からの「お礼」だったんじゃないのか という疑惑の声であるべきだ。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします


関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

民意を反映しない史上最悪の独裁政権安倍内閣が、内閣人事局の設立により、官僚の首根っこを押さえ込むことに成功していた

内閣人事局(ないかくじんじきょく)は、内閣官房に置かれる内部部局の一つで、2014年(平成26年)5月30日安倍内閣により、設置されていたのだそうです。高級官僚の人事権が内閣に完 ...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

「権力」と言っても、括弧付きのものなのでしょうが、アベ氏ご自身も、その制限付きの「権力」に馴れてしまい、忘れたのかも知れません。

でも、ご自身の携帯も盗聴されていた事実を忘れる筈は無い、と思いますが。。。

この国は、四六時中、米国に看視・盗聴されているのですから、目下の事件の全貌は、彼の国が把握しているでしょうし、彼の国の利害に関係する限りにおいて利用もされることでしょう。 

(WikiLeaksーTarget Tokyoを御参考に)

果たして、安倍政権自体が見限られるか、一部のみ切り捨てられるのみに終わるのか、如何になるのでしょうか。 

米国もトランプ政権が全体を把握している、とは言えない状況なので、流動的ですけれども。 

No title

まだ私自身の理解は不十分ですが、とても考えさせられました。私の周りにはとても〇〇氏を嫌っている人が多いのに、なぜずっと続いていくのか不思議でした。なぜかどんな演説を聞いても心に訴えるものがない。そして国会答弁はいつも勝ち誇った感じがして、共感できない。自民党の中にもっとまともな人はいるだろうに何で、という疑問。
〇〇氏の祖父の代からのアングラマネーとの付き合い方は、とても他の人にはまねできなかったかもしれませんね。
また〇〇氏夫妻は戦後民主主義教育の敗者だったように感じる。それが戦後教育を根底からぶち壊そうとする動機になっていないか。文系の学部をなくすとか、教育勅語とか。今までのどの政権にもなかった飛躍がある。敗者が今権力を得て、権力者に従順な国民を育てようと躍起になっているように感じてしまう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ブログさま

いつも勉強になる記事をありがとうございます。
私が申しあげるのも申し訳ないのですが、今日の記事で気になったことは、確かに民主党がだらしなかったのだと思いますが、官僚が自分たちにとって自民党の方が体質的にもやりやすく益も出しやすいので民主党つぶしに加担したということがあるのではないでしょうか。官僚の力は大きいと思います。

それともう一つ、別な話ですが、みずほの国小学院の近くに給食センターが出来、その折にゴミが多量に出て撤去費用が莫大になったと報道されていますが、森友学園のようなことはないのでしょうか。
右も左も疑惑だらけ。ぜひ冷徹な目でご検証お願いいたします。拝。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg