2017-04-03(Mon)

【森友疑獄事件】 安倍政権をがっつり支える民進党

森友疑獄事件を見ていて改めて気がついたことの1つが

「民進党はやっぱりアホや」

ということだ。

せっかく裏切られた安倍晋三信者が情報ぶちまけてくれたのに、ぜんっぜん安倍の首を取る気がない。
とりあえず、NHKに映るときだけ目立っておこう くらいのあまあまの質問でお茶をにごし、もうそろそろ潮時かなという感じで手じまいしかけている。

自民議員“陰毛事件”スルー 森友の幕引き許す民進の逃げ腰
2017年4月2日 日刊ゲンダイ


この記事に限らず、多くの人が指摘しているように、本気でやるなら予算が通る前に全審議をボイコットして、その間に国民運動も呼びかけて、国会の内外から安倍政権を追い込むくらいのことは、最低限やらなければならない。

追求のやりかたも、籠池総裁や菅野完氏あたりから出てきたネタを場当たり的に追求してみせるだけで、事実を積み重ねて不正を証明することもせず、もっとも効果的なポイントに絞ってキャンペーンすることもせず、マスコミが取り上げているから今のうちにやっておこう という程度のものであった。

共産党は地方議員が大阪府や豊中市の情報を集めて国会議員にあげているので、民進に比べればずっとマシではあったけれども、野党が一丸となって「安倍の首を取る」という動きの中心にはなれなかったことは残念である。
まして、社民や自由のような最小限政党は、個人プレーの域を出ることができなかった。

産経やネトウヨの組織的な民進叩きも始まっているが、民進の幹部はNHKに映る予算委員会の間だけの期間限定で追求するつもりだったのだから、逆効果にしかなっていない。静かに手を引きたかった民進党が、むしろ騒がれることで引くに引けなくなっているのは皮肉な光景である。

少なくとも安倍晋三の首を取ることができる、唯一無二のチャンスを、茶番で終わらせようとする民進党。その姿をみるときに、あらためて、この事実を確認しておかなければならない。

「安倍政権を盤石に支えているのは民進党である」 

2010年5月の鳩山の裏切りに始まって、消費増税に踏み切った菅直人、すべてを売り渡した野田佳彦。
化け物のような現在の安倍政権を生み出したのはこいつらだ。

そして、絶対に野党が勝たないように、間違っても再び政権交代なんてことにならないように、意図的に安倍政権に塩を送る続けることで、自分たち幹部の議席だけを安堵しているのが、民進党である。
間違ってはいけないのは、彼らは 「間違って」 そういうことをしているのではない。 「意図的に」やっているのだ。
それは今に始まったことではなく、古くは総評をつぶすための同盟、社会党に対抗するための民社党 という労組の顔をした体制補完勢力、野党をつぶすための野党の流れをくんでいるのであって、特段おどろくには当たらない。

むしろ、そういう存在だということが、何度も何度も何度も何度も明らかになっているのに、いまだに民進党に何かを期待する人が少なくないということが驚きである。
たしかに、若手の中には、こういう幹部の動きを良く思わない議員も多いとは思う。しかし、彼らもいざとなれば簡単に屈服する。口では勇ましいことを言っていても、内実は完全にヒラメであり、党本部のご意向に背くことは ぜっっったいにしない。

その姿も、私たちはこの数年、ずっと見てきたではないか。
最近でも、ミナセン大阪が野党共同街宣を何回呼びかけても、党本部やら大阪府連やらのお許しがないといって、街宣にすら出てこないのが、民進党の腑抜け予定候補たちである。

もう こんな連中に何かを頼ったり期待したりする発想を、根本から捨て去ることから、一歩を始めるべきなのではないか。



そんなときに、下記の論考は深く考えさせられた。

橋下徹・元大阪市長がアメリカで講演した件、それから売国官僚・高見澤将林(たかみざわのぶしげ)について
2017.4.2 アルルの男ヒロシ


アルルの男こと中田安彦氏が副島隆彦氏の学問道場HPに書いている文章だ。
彼の夢も希望もない話に全面的に同調はしないけれども、
「小沢一郎はそろそろ自らの政治革命の失敗について批判的に総括するべきだと思います。小沢が思っていたほど、日本人は賢くないし、近代人でもない。二大政党制という机上の空論を祭り上げたことに問題がありました。」
という一文には、う~んと唸ってしまった。

私も常々、小沢氏が「民進党を中心に」とか「民進党が野党第一党なんだから」という言い方をするのに、非常に違和感を感じてきた。
民進党がそんなに頼りになるのなら、あのとき分裂しなければよかったのであって、こいつら煮ても焼いても食えん と判断したから国民の生活が第一を立ち上げたのではなかったのか。

そんな民進党が、なんで野党第一党として共闘の中心になることがあるだろうか。そんな幻想を語っている間に、安倍政権は勝利を積み重ね、ついに両院で2/3を確保し、化け物のような独裁政権を完成させてしまった。
その意味では、民進党に望みをつなぐことを示唆した小沢氏にも、その小沢氏を支持してきた私たちにも、安倍化け物政権を支えてきた罪の一端はある。

とはいえ、小沢氏がどう判断しようが、この数年の結果は大きくは変わらなかっただろうから、やはり罪深きは民進党である。

もちろん、各地方や選挙区によって、民進党ともそれなりにうまくやっていく場所もあるだろう。それは否定しない。
しかし、大枠としての民進党は 実は安倍政権を支える足の一本であり、それこそが安倍政権の盤石の強さの秘密である。
それを意識的にやることで民進幹部は身の安全を確保し、そんな幹部にたてつくことのできない口先人間の集団が民進党というものである。
そのことを、改めて骨の髄から認識し直して、新年度に臨みたい。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします



iebox.jpg


なんでボクは家を設計るんだろう  明月社のいえづくり 3

2 からつづく

 コンクリートの寿命はほぼ強度に比例すると言われていて、JASSという国の基準を見るとFc18→30年 Fc24→65年などと書いてある。一般に住宅の基礎に使われるのはFc21というコンクリートなので、ちょうど上記の中間ということになり、設計上の耐久性は47.5年ということになる。あれ?意外と短いぞ。
 200年住宅などという大ボラがコソッと消えた理由の一つがここにある。ほとんどの場合Fc21のコンクリートも測定すると25以上の強度になっているので、50年よりは長くもつと思われるが、それにしても設計上は50年のものを200年と銘打つわけにはいかないだろう。
 明月社の標準仕様では、基礎のコンクリートは一般より一つ上のFc24を使っている。これならば設計上で65年、実質100年くらいは心配ないことになる。それと、Fc21だろうが24だろうが、コンクリートの施工が悪くて隙間だらけでは耐久性はがた落ちなので、基礎屋さんが手抜きをせずにミッチリ詰まったコンクリートを打設してもらうようにすることも重要だ。だからボクは、基礎工事の間はちょっとイヤミだけど2回は現場のチェックに出かけて、現場監督にも基礎屋さんにも緊張感を持って工事してもらうように注意している。

 コンクリートと同じくらい構造体そのものに関わるのが集成材だ。集成材というのはカマボコ板くらいの木材を接着剤で貼り合わせて、柱や梁のような大きな材木にしたもの。欠点を省いて状態の安定した構造材であり、ほとんどの木造住宅メーカーがこの集成材で家を建てている。そして、言うまでもないが集成材の寿命は接着剤の寿命である。接着剤が寿命を迎えると、集成材の家はカマボコ板に戻ってしまい、原型をとどめないほどにバラバラになってしまう。かなり怖い。まあ、実際は一斉にバラバラになるのではなく、一番力がかかっている箇所や劣化の激しい箇所が、バキッとはがれることになるだろう。それでも怖い。
 ほとんどの木造住宅が集成材で建てられている以上、当然ながら集成材の耐久性は明示されているはずだ。と思って探してみるが、実はそのようなものはない。長寿命系の接着剤についてはある程度データも出ているが、住宅の集成材で一般的なイソシアネート系接着剤の寿命については、なんと、誰も保証も断言もしていない。イソシアネート系接着剤はシックハウスの心配がないことから最近の主流になっているが、実は湿気に弱く耐久性は他の接着剤に劣るうえに、これまでの実績も25年ほどしかないというのに。
 もちろん、だからといってイソシアネート系の集成材が25年でバラバラになる、と予言することはできない。東日本大震災や熊本地震の被害報告でも、集成材の剥離は問題になっていないので、現時点で社会問題化するほどの剥離事件はおきておらず、集成材は危ないぞと言ってしまうのは間違いだ。ただハッキリ言えることは、集成材の寿命は「分からない」ということだ。
 寿命の分からないものを、たぶん大丈夫だと言って住み手に勧めるのは嫌なので、ボクは原則として製材品を使う。製材というのは、丸太を四角にカットしただけの材料。もちろん製材品には製材品の欠点があるので、それを補うためのノウハウもあるのだが、それはまた別のところで。とにかく、耐久性に関しては、杉や桧の製材品は千年の実績がある。

 千年もつ杉や桧といえども、雨漏りしてはひとたまりもない。かの設計事務所で教わった「水仕舞い」である。ただ、設計事務所で習ったのは鉄筋コンクリートなどの話だが、木造住宅の実務を長年やってきて分かったことは、木造の水仕舞いの考え方は少し違うということだ。鉄筋コンクリートなどでは、「ここから先は水は一滴も入れない」という絶対の防水ラインが1本あるのに対し、木造の場合は太いラインが1本と細いラインが2本くらいの多重構造になっている。例えば屋根を見ると、屋根材で99%の雨を防ぎ、その下の防水シートで残りの0.9%を防いで、それでも侵入する0.1%は乾燥させる みたいな考え方になっている。外壁も同じ。なぜそんないい加減なことになっているのかと言うと、鉄壁の守りが崩れた時を想定しているからだろうと思われる。
 鉄筋コンクリートでも建物は「動く」。まして木造はかなり動くので、何かの拍子に隙間ができて水が浸入することがないとは言えない。しかも、浸水した時にはコンクリートよりも当然ながら被害は大きい。その不利な条件を克服するために、1本の防衛ラインではなく、0.1x0.1x0.1のように限りなくゼロに近づけておいて、残った0.001はいったん木にしみこませてから乾燥させようという、一見ゆるいシステムになっている。ちなみに、乾燥させるのは雨水だけじゃなくて例えば釘に着く結露などもあるので、どっちみち必要なことでもある。
 こんな話を聞くと、やはり木造住宅は安心できない、と早合点する人もいるかもしれない。でも安心していただきたい。長い期間で考えた時、最初から万が一を想定した多重システムのほうが、強固な単一のシステムよりも、ずっと安定しているからだ。これは、防水だけの話ではなく、防火性や耐震強度などでも同じことが言える。木造は、多くの点で性能が劣っているように見える。しかし、単品で劣っているからこそ、始めから多重防御を組んであり、家というシステムとしてはかえって安心できるようになっている。
 もちろん、手抜きや無知による間違いがあったら元も子もないので、設計も施工も木造住宅というシステムを熟知していることが求められる。とくに雨漏りは木材の天敵であることは間違いない。建物が揺れた時、横殴りの強風の時、毛細管現象、様々な状況を想定した防水の原則を守るようにしたい。

 耐久性のあるコンクリート基礎を作り、集成材ではない木材を使い、雨漏りを防げば、耐久性のある家はできるのだろうか。実は、まだ大事な要素が二つある。どちらも最近の家ではリスクは減っているものの、まだまだ無視することはできない。
 その一つ目は、シロアリだ。土台や柱をスカスカになるまで食べてしまうシロアリ。漢字で書くと白蟻なので、この被害のことを蟻害(ぎがい)と言ったりする。もっとも、白蟻は蟻の仲間ではなく、ゴキブリに近い。家を食べてしまうことから、なにかモンスター的なイメージがあるけれども、一匹一匹はとても弱い生き物だ。知能も低くほとんど学習能力がないと言われている。とにかく目の前にあるものをカジる。知能がそこそこ高い生物は毒を食って仲間が死んでいたら「危ない」と思って逃げていくが、シロアリはお構いなしにカジるので、一番の防御策は点検である。少なくとも数年に1回は、床下と家の外周を点検した方が良い。とくに最近の家の場合は外回りのほうがリスクが高いといえる。
 昔は床下は土のままだったので、シロアリの通行は自由だったが、最近はほぼ例外なくベタ基礎と言って、15センチくらいの厚さのコンクリートが敷き詰められている。縦横に鉄筋が入っているので大きな亀裂もできにくい。これを貫通して出入りするのはシロアリといえどもかなり苦労する。というか、何らかの隙間がないとまず不可能だ。配水管などがこのコンクリートを貫通していると、管とコンクリートの隙間ができるので、こういう箇所を無くすことが重要になる。どうしてもできてしまう時は、念入りにモルタルなどでふさぐ必要がある。
 家の外回りは土に接しているので、シロアリは当然ここから伝って上がろうとするのだが、家の外回りは風が吹いたり日が照ったりする。シロアリは乾燥するとイチコロで、風や日光には至って弱いので、普通は基礎の外側を伝い登ることはあまりない。しかし、長年住んでいる家の周りは、エアコンの室外機やプランターが置かれ、物が積み上がり、スチールの物置が置かれるようになる。シメシメである。影になった隙間を、シロアリはやすやすと這い上がり、土台へと喰い進んでいく。そんなわけで、本気で点検する時は、家の周りに置いてある物をどけてみることが肝心なのである。
 蟻害を最小限に食い止めるためには、土台に毒を塗っておきたいのは山々だ。

4 へつづく
関連記事

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

選挙で政権を決めるとかと云うシステムはもともと民主的なものではありません。。
選挙が民主的と云うのも幻想です。
最も民主的なシステムは、輪番制で政権を担当することです。
これでは政権をとりたくない野党も存在しなくなり、野党も健全になってきます。
国家や政治を私物化する政権が誕生しているのも、不健全野党の存在が根本原因です。
我々国民は、自治の理念に学び、政権の輪番制システムを具体的にどのようにしていくかを考えていくべきです。

No title

4日のモーニングショーとワイドスクランブルで森友問題の仮差し押さえの話が流れた。工事業者は以前約15.5億円が工事費と言っていたと思うが、総額約21億円かかったということを言った。以前土壌処理に2億とか言っていたけれど、それは含まれるのかどうか分からない。籠池氏が言っていた数値の二つに近い数値だ。この工事担当者から出たのではないかと思ってしまう。本来15.5億だったものが、ゴミ処理やグレードアップで、21億になったそうであまりにもどんぶり勘定。支払いがスムーズでないのに、グレードアップなんかのみますか。盛んに仮差し押さえとか言って本来同情が集まるのだろうけれど、取引先の関係者の死亡の話は聞こえてきたが、下請けが倒産とかないのでしょうか。籠池氏は更地にはできないでしょうから、債権者のこの業者のものに小学院の土地建物がなってもおかしくない状況になってきた。何だか仕組まれてる感があると思うのは私だけか。
業者曰く私学助成金7億5千万が開校後、業者に払われることになっていたと言う。だから、業者は籠池氏に騙されたと盛んに言うが、普通建物に私学助成金が支払われないのは常識だとコメンテーターが口をそろえて言い、何だか、業者にも大きな?マークが付いた。

No title

連投ですが、先にコメントしましたとおり、海外では、安倍退陣もありかも、と観ているようですよ。 即ち、アベグジット(Abexit)です。 英国ファイナンシャル・タイムズにも掲載されました。

Japan school scandal casts shadow over ‘buy Abe’ trade Financial Times March 20, 2017 by: Leo Lewis
https://www.ft.com/content/c45a729e-0d66-11e7-b030-768954394623

安倍が海外向けに言った“Buy my Abenomics”から、“Bye Bye Abenomics”になるかも知れない、と言う訳で、日本株市場でも売りが優勢で、1万9千円を割っています。 

アホノミクスの正体も自明のことになり、自民でも安倍に代わる真正経済政策を掲げた候補が出ないと、この先は、財政破綻間違い無しです。


No title

政党を如何に観るか、では無くて、ある政党の支持層と支持団体から当該政党の分析が可能です。

労働団体で言えば、民進党の支持団体は、連合です。 連合は、極言すれば、企業の労務屋です。 即ち、政治的には、反共であり、共産党とは絶対的に相入れません。 

そもそも、連合の成立が、反共なのですから、野党共闘として共産党とは共闘出来ません。 今までは、共産党が一方的に民進党に譲歩して来たので共闘のように見えただけです。

本質的には、右派の支持母体を持つ政党なので、安倍政権を追いつめることは不可能なのです。 昔の社会党が社公民路線を進めたように、他に似た政党があれば、その路線上の政権を目指すでしょうが、今は、他に同等の政党も無いので、無理です。

其れより何より、民進党は、解散が怖いのではないのでしょうか。 選挙で負けるのが怖くて仕方が無いのでしょう。 

詰まる処、安倍であろうと無かろうと、行くところまで行き、財政破綻するか、もう一度焼け跡から出直すか、になるのではないのでしょうか。 

No title

教育勅語を暗唱させていた籠池氏の学園が、反省して新たな一歩を踏み出したのに対して、籠池氏なんて知りませんと言っていたabe氏の政権が教育勅語を教材として使ってもいいとか、銃剣道を体育に取り入れるとか言い出した。やっぱりそういう教育やらせたかったんでしょ、臆面もなく今よく打ち出せるものです。大多数の国民を馬鹿にしているんでしょうね。
こういう書き込みをして、うっぷんを晴らしている内に、先日夫が、これからは時事問題でテレビを見ながら、ツッコミを入れる私に、相槌を打たないようにしなくちゃ、共謀罪で訴えられるからね、と娘に同意を求めていた。
全く日本は三流国家です。質問攻めにあうと切れ出す総理を頂いて、手打をしたか。
その点、妥協せず自分の意思を貫く籠池氏は立派に見えてくる。こうなったら裁判で暴れまくってほしい。当初には考えられない展開。これが今の日本。

補完勢力について

 民主党であれ,民進党であれ,名前はどうであれ,中味は保守党である。
 昔々,保守一党でできないことを保守二党でやるといわれたことがある。つまり,宮沢内閣が倒れ,自民党が割れて小沢一郎氏らが自民党を出たとき,保守二党論が出て来た。
 その当時,その保守二党論はほとんど無視されたが,紆余曲折を経て実現したのが,安倍・創価学会政権の誕生であった。
 
 もう一つ小生が注目している事実は,イギリスの山猫ストライキに関する事実である。イギリスの経済的衰退はサッチャーが現れるまで山猫ストライキのせいであるとされていた。しかし,イギリスの経済的停滞原因が,二大政党制にあるという学説が現れた。この学説によれば,保守党と労働党がしきりに政権交代するので,経済政策が一つに定まらない。その結果,経済界が投資にあまり意欲的にならなくなった,というのである(森嶋通夫ロンドン大学教授)。

 小沢氏は党首討論や二大政党制に習ってそれらを日本に導入した。しかし彼が二大政党制を主張すればするほど,日本の経済的没落が起きることはイギリスの例(森嶋学説)から明らかである。
 
 「国民の生活が第一」とは異なる結果を導くのが二大政党制であるとすれば,両者を説くのが同じ人=小沢氏であるということは,奇妙である。

 その小沢氏は民進党を頼りにするが,民進党が自民党の補完勢力であるとすれば,先の保守二党論が正当性をもってくる,と小生は考える。

 しかるに「保守一党でできないことをやる」モノが何かということが次の問題である。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg