2017-04-18(Tue)

維新は本当に退潮傾向なのか

おおさか維新が地方選挙で負けることが多くなった。

大阪府内の市町議選でも落選者が出て、かつてのような圧倒的な強さではないように見える。
今年に入ってからの首長選でも、四條畷市長× 柏原○ 島本× と分が悪い。
どうやら維新も勢いが落ちてきたのではないか、という声が聞こえてくるようになった。

大阪に住むものとして、維新退治は架せられた十字架のようなものだから、この話が本当だったら非常にウレシイ。
のだが、そう簡単に信じることもできないので、少し調べてみた。

それが下の表である。
最近1年の間に行われた大阪府下の地方議会選挙の、前回との比較である。
参考に、参院と衆院の比例票(大阪府の分)もつけている。
上が新しいので注意して見ていただきたい。

20170418-1.png
(クリックすると拡大します)

一見してわかるように、決して維新の得票は落ちていない。いや、総得票率は増えている。
落選が出るのは、候補を増やしているからで、そのためにむしろ得票数は増えているのだ。

落選覚悟でめいっぱいの候補を立てることで、党としての票を掘り起こすというのは選挙戦術としては基本である。
その基本通りのことを攻めの姿勢でやり、それなりに成果を上げているのが、最近の維新だと言える。
残念ながら、退潮傾向 というあまりに楽観的な その指摘は当たらない ということのようだ。

ただし、大阪以外ではさっぱりなのはたしかで、しかも、大阪から日本に出て行こうとすると、大阪の中でも維新の人気が落ちる ということだ。
石原慎太郎とくっついたり、江田賢司とくっついたりすると、やや勢いがなくなり、「おおさか」に戻ると元気になる という地方政党としての宿命は背負っているようだ。大阪の優越感と劣等感をない交ぜにしたコンプレックスが、支持基盤の底にあるということがわかる。
橋下徹はそのように大阪に縛り付けられるのを嫌って維新に距離をおいているのだろう。

以上、せっかくの盛り上がりに水を差すようだが、現状の分析をしてみた。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします



iebox.jpg

なんでボクは家を設計るんだろう  明月社のいえづくり 13

12 からつづく

■いよいよ山に深入りする

 変わった家を変わった木で建てた経験が、ボクにとっては人生の方向を決定づけることになってしまった。お施主さんと一緒に山の木を見にいって、その木を運んできて家を建てる。こういうやり方のことを、野菜の産直になぞらえて産直住宅という。この産直住宅を一生を仕事にしたい と思ってしまったのだ。
 フツウの木材は、どうやって家を建てる現場まで来るかというと、山→原木(丸太)市場→製材所→材木商社→乾燥工場→プレカット工場→建築現場 みたいな感じだ。このなかで林業が関わるのは、山で伐採して原木市場に持っていくまでだから、原木市場から先どこへ運んでいかれるのかはわからない。逆に、工務店が発注する木材はプレカット工場が段取りするので、どこの産地かはわからない。せいぜい府県単位で奈良県産とか岡山県産というのがわかればいいほうだ。
 ほとんどの工務店も施主もそれに何の疑問も感じていないけれども、いちど産直を味わってしまったボクとしては、これでは大いに不満なのである。住み手が、「ああ、この山の木で家を作るんだな」という実感を持ってほしい。大層なこと言うならば「木の命をもらって、自分の命を守る家を作る」ってことをわかってほしい。そう思い込んだボクは、産直住宅の仕事ができる場を探し始めた。

 日本で産直住宅の草分けは岐阜県の東濃地方だ。県が強力にバックアップしていた。20世紀の最後の最後のあのころ、やっとインターネットが普及し始めていたので、あれこれ情報を集めては突撃訪問して回った。しかし、すでに40歳直前になっていたボクを雇ってやろうという奇特な会社はなかなか現れずに唸っていると、ひょんなことから大阪の千里ニュータウンに高知県の産直ショップができるというニュースを見つけた。1階で食品などを売り2階では高知県産材を販売するというのだ。もちろん 飛びついた。
 さっそくアポイントをとって話を聞いてみると、ちょうど大阪の番頭になる人間を探していたらしく、まさに渡りに船で、意気揚々とその会社に入ったのが2000年の春。千里ニュータウンの緑地の傾斜地に、高知県T町の第三セクターが建物を作り、食品と産直住宅の店を始めるという計画だったが、ボクの入社当時はまだ竹林のままで手つかず。建物の設計はほぼできていたが予算の調整も何もまだだった。そして、おそろしいことに11月初頭にはオープン式典をやるというのである。当時の橋本大二郎高知県知事の日程を先に押さえていたらしく、何が何でも間に合わせろという。

 見積の調整、開発許可、斜面地の造成、建築確認申請、建物の建設、店の準備、式典の準備・・・・これらを半年で終わらせろと言う・・・・ ウソだろ。しかも、大阪には営業スタッフはおらず若い現場監督が二人いただけ。なにをどうしていいのか訳がわからない中で、それでもとにかく進んでいった。
 追い打ちをかけるように、ボクが入社する前にできていた設計が大幅に予算オーバー。目論見の2倍(2割じゃない!)というシャレにならない状況。なにせ自社施工だから、工務店原価で予算2倍なのである。もうどうしようもない。それまで関わってきた設計事務所は設計変更を拒否するし、もう破れかぶれで図面を書き直すことにした。平面計画は変えられないので、擁壁をやめて一部地下室にしたり、材料を徹底的に削ったり、それはもう血のにじむような努力をして、ようやく3割オーバーくらいまで圧縮して、着工することになった。
 細かい図面は着工までに間に合わず、現場が進む中で毎夜毎夜、明日必要な図面を描くという超絶ドロナワ設計法で乗り切った。でも、造成工事が終わったのが7月。開店準備の時間を考えると、建物は9月いっぱいには完成させなくてはならない。150坪の木造建築だから、かなり急いでも4ヶ月はかかる。どうやってあと2ヶ月ちょっとで作るんだ???

 木材の手配や加工は自社のプレカット工場があるのだが、なにせ旧式なので自社工場だけでは間に合わない。そこで、同じ加工機械をもっている高知県の別の町にも依頼して、1階と2階に分担して加工した。もちろんこんなことは良くないということは、上棟の日に思い知らされることになった。あちこっちで、部材が足りなかったり短かったり長かったり、何とか組み上がったのが奇跡だった。
 そんなこんなでお盆には棟上げしたのだが、のこり1ヶ月半。任せていた頭領は、自分で何とかしようという気はサラサラない。やむなく非常手段にでることにした。友人知人に連絡しまくって、手の空いている大工を総動員した。と言って、今の頭領の下につけても差配できそうにないので、150坪を10くらいに工区分けしてグループごとに分担させた。結果的にお互いが競争するようなところもあり、なんとか駆け込みで完成させることができた。あのとき手伝いにきてくれた大工の皆さんは、ずいぶんやりにくかっただろうに事情を察して頑張ってくれた。感謝感謝である。

 こうして地獄のような建設工事の傍らで、オープニング式典の準備にも追われた。橋本大二郎という有名知事が来る上に、大阪府の副知事やら何やらかにやら色んな人々が500人近くあつまるという。150坪の店内ではとてもおさまらないから、近くの会場を借り、招待状を作り・・・・  ああ、もうこのあたりは思い出したくない!
 11月2日に盛大な式典をやり、オープン初日は近所のお客さんが1500人も詰めかけるという派手派手しい船出とはなったのだが、なんとビックリ・・・・

14 につづく

※明月社のホームページを大改造!家にご興味のある方は一見を → 木の家プロデュース明月社
関連記事

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

なにが退潮だよwwwwwwwアホちゃうか

大阪維新の政治行政で圧倒的に大阪は良くなっている現実から目をそらすなよ。

No title

維新と言っても、実像は、自民の変種であり、何等新しい思想が根底にある訳で無いのは、松井も、元は自民である事実が物語ります。

自民の大阪に特化した売り文句を大風呂敷に広げて見せるのが維新ですが、その大風呂敷に何かが包まれている訳では無いので、良く観れば分かる筈ですが、大阪人の見識の無さが邪魔して維新の大風呂敷の蜃気楼が分からないのです。

一言で言えば、大阪人の阿保さが他地域よりも酷い訳です。 昔から、お馬鹿な政治家が蔓延るのが大阪ですから。

吉本の激馬鹿な喜劇が受ける土地柄ですので、仕方がありません。 

経済的には、最早、東京とは段違いが歴然ですが、大阪「都」等と名称変更さえすれば、みやこ(都)に格上げされるかのような「夢」を売りものにすれば受ける訳ですから、楽なものです。

それだけ大阪の人間は馬鹿、と言うことなので、クソ面白くありませんが、この土地は、過去からそうなので仕方ありません。 タコが知事だったのですから。 
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg