2017-05-16(Tue)

改憲だミサイルだと騒がし今だからこそ「森友疑獄」を追及すべし

余り時間がないので、結論だけ完結に書いておきたい。

5月3日の憲法記念日に、わざわざ発表した安倍晋三の「新改憲案」は、森友疑獄で追い詰められたあげく、苦し紛れでぶち上げた超弩級のメクラマシである。

森友疑獄は、安倍晋三にとって致命的な事件だ。
籠池という身内の「裏切り」によって、どこまで物証がでてくるのかわからない恐怖に、安倍晋三はうち震えている。

フツウの国ならば何度も内閣が瓦解するはずなのに、安倍晋三がいまだに首相の座におさまっているのは、ひとえに野党第一党の民進党が裏で握っているからだ。
解散総選挙をしたくない民進党は、人気取りのために森友の追及はするけれども、木で鼻をくくったような答弁ばかりされても審議を止めることすらせず、粛々と日程をこなしている。

逆に言えば、この民進党の手厚い保護なしには安倍一強は崩れ去り、自民党の中からも安倍おろしが始まる。
この薄氷を踏むような毎日から、どうやって脱出すれば良いのか、安倍晋三とそのブレーンたちは必死で考えた。
連休中も、のんびりゴルフをしているふりをしながら、どうやってこの苦境を乗り切るか、必死になって考えていたはずだ。
そして思い至ったのが、「あえて虎の尾を踏む作戦」である。

もうちょっと説明するならば、「9条に手をつければ、左翼や革新は他のテーマは全部投げ捨てて、9条に集中するはずだ」作戦である。
自民党草案では、公明や維新との前処理に手間がかかって、一気呵成に進めることができない。2020年に時間を切って、今すぐ始めるぞ!という緊迫感を出すために、9条3項の追加と教育無償化だけに絞った。

この「あえて虎の尾を踏む」作戦は、それなりに効果をあげ、森友は薄れて「改憲阻止」一色になりかけた。
ところが、そのタイミングで、安倍官邸がお抱えのジャーナリストもどきである山口敬之の強姦事件が明るみに出てしまった。

20170510-2.jpg しょせん民間人のスキャンダルだが、森友事件をめぐって、安倍晋三の代理人のようにしてテレビに出まくっていたから、国民の印象としては、「森友で安倍晋三を擁護していたのは 強姦魔だったのか」ということになる。
一般紙やテレビは、唯一産経は花田紀凱が反論記事をかいて墓穴を掘っている以外は、新潮の記事を黙殺して安倍官邸への忠誠を見せている。

花田の反論を含めて、非常に冷静に事件を分析している記事があったのでリンクしておく。
 【週刊新潮】 山口敬之 被害女性の正体は誰!?今後逮捕やテレビ出演は?

安倍晋三が、いよいよ困ったときには、北の方からナニが飛んでくる。
なにか冗談かトンデモのように語られる、安倍-金関係だが、統一協会(家族連合)という実態のある強力な仲立ちがあるのだから、決して荒唐無稽なことではない。

「対話」機運ある中で…ミサイル発射のナゼ
日テレ 2017年5月15日


何より、安倍晋三本人が、ミサイル飛んできたのに慌てることなく、のんびり朝飯食っていたらしい。

北ミサイル発射をスルー 安倍首相はもはや“撃つ撃つ詐欺”
日刊ゲンダイ 2017年5月15日


東京・富ケ谷の自宅を出たのはミサイル発射から1時間も経った午前6時半。随分ノンビリとしたもので、その後、国家安全保障会議(NSC)に出席したものの、昼前には官邸を出て自宅にさっさと帰ってしまった。
(略)
4月16日の日曜日に北朝鮮が弾道ミサイルを発射した時、官邸にも出向かず、自宅で過ごしていた。『失敗』との報告を受けたからでしょうが、首相自身が今にもミサイルが飛んで来るかのような発言を繰り返していたのだから、本来は官邸で会見を行うべきでした。しかも、外出したと思いきや、都内の高級ホテル内のフィットネスクラブで汗を流し、そのまま絵画鑑賞
(引用以上)

とりあえず、これでテレビはミサイル一色になるだろう、とひと安心したのかもしれない。



たしかに、テレビでは「森友疑獄」が取り上げられることはほとんどなくなった。
国民の関心は薄れてしまったのだろうか。

20170416.jpg 先週の土曜日(13日)に、豊中で大きな集会があった。
木村市議らの「森友学園問題を考える会」が主催し、メインキャストに白井聡氏をむかえ、500人のホールだった。

主催者は、最近の情勢から「人が集まるかな?」とかなり心配していたとのこと。
しかし、ふたを開けてみれば、満員御礼。3時間にわたる長丁場にもかかわらず、非常に集中した良い集会だった。

内容については、IWJが公開してくれているので行けなかった方は確認いただきたい。

 2017/05/13「森友学園問題」の本質に迫る!!

私が協調したいのは、まだまだ「森友は熱い」ということだ。
しかも、あっちこっちの集会で見る顔ばかりではなく、ご近所感の強いオッチャンおばちゃんも多かった。
平均年齢がかなり高かったのはちょっと残念だったが。

もちろん、安倍の「新改憲」もただのブラフではなく、本気でやるつもりだろう。
共謀罪も辺野古も緊迫している。
だからこそ、今集中すべきは 「森友疑獄」なのだ。
敵のアキレス腱を攻めずに、他の部分を散発的に叩くのは愚の骨頂だ。

問題が多いからこそ、集中が必要なのだ。

先日の 野党共闘の前に市民共闘の実現を でも書いた通り、力を結集しなければならない。

また、集会後の懇親会で実感したけれども、この問題に取り組む人たちの多様さだ。
無所属の木村市議をはじめ、共産党、社民党、自由党、環境派、市民運動、労働運動、教育問題 ・・・ これだけの幅の人たちが入り乱れてザックバランに議論している場は、なかなかない。
その意味で、森友事件は、今集中すべき課題であると同時に、今後の力の結集のための準備の場でもある。

自己満足の「闘争」ではなく、現実に敵にダメージをあたえ、見方を増やしていくこと。
結集のための、相互理解の場をつくっていくこと。

あらためて、森友疑獄事件で、安倍晋三を攻め立てよう。
安倍昭恵の証人喚問を求める国民運動が必要だ。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします



※  「なんでボクは家を設計るんだろう  明月社のいえづくり」はお休みです。

関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ポスト・トゥルース,ポスト・デモクラシーの時代の「表現の自由」

12日の記事に書いたように,相変わらずメディアは共謀罪法案のことを全くと言っていいほど取り上げない.先週金曜の「報道ステーション」はむしろ例外的だ.重大な政治アジェンダをそれにふさわしく扱わないということは,それほど重大問題ではい,ないしそんなアジェンダは存在しないという暗黙のメッセージであり,広い意味で「虚偽報道」である(ポスト・トゥルース).このような状況では多くの市民がこれに危機感を抱...

森友疑獄事件はまだ終わってはいない

今朝の関西テレビ「よういドン」の「いきなり日帰りツアー」で、街で偶々出会ってたむらけんじと一緒に、日帰り旅行をする相手に選ばれた高齢の女性二人の話である。66歳と74歳とい ...

森友疑獄事件はまだ終わってはいない

今朝の関西テレビ「よういドン」の「いきなり日帰りツアー」で、街で偶々出会って田村けんじと一緒に、日帰り旅行をする相手に選ばれた高齢の女性二人の話である。66歳と74歳という ...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

蛇足ですが。

今回のミサイル実験。 日本では、大騒ぎですが、世界では、醒めた眼で見ているようです。 大艦隊を派遣した、と脅すトランプ大統領も何等のツイートもせずに、米国での報道もあまり大きくされていません。 

実際、ミサイルよりも、世界的な「身代金ウイルス」攻撃が目下の課題でしょう。 

例えば、BBCの報道ですが、日本版では、表題そのものからして全く違います。 元の英語版では、ニッキー・ヘイリー国連大使は、キム・ジョンウンは偏執病(へんしゅうびょう、偏執症)でミサイル実験した、と非難しているものの、トランプ政権は、FBI長官を首切りした挙句の大問題を抱えているので、キムにばかりかまっていられないのでしょう。 良い子ちゃんにしなければトランプと交渉は出来ません、と素っ気ないもの、との実態を冷静に書いているのです。

処が、まさかBBCがアベに忖度したのではないのでしょうが、日本版では、ただの翻訳では無いのです。 

North Korea missile test 'due to Kim Jong-un paranoia' 14 May 2017 BBC 
http://www.bbc.com/news/world-asia-39915299

森友問題に集中すべし

共謀罪や壊憲あるいは水道民営化問題などは政権が「真の野党」に移れば,いくらでも巻き戻しが可能であると,考える。次々から安倍・創価学会政権は多くの国民が将来困る法律を平気で出して通過させているが。
 しかし,森友学園土地格安問題での佐川官僚らのウソは明らかである。また昭恵夫人の関与も明らかである。そろそろ昭恵夫人を検察庁に訴えても良い頃であろう。なぜなら,共謀罪法案成立に関係なく安倍首相は辞任しないからである。
 民進党を当てにしてはいけない。昭恵夫人が国会で証言しない限り,真の野党議員は全ての審議に参加してはならないと考えるがいかがか。
 さらに重要なのは,それでも安倍首相が辞任しなければ,野党議員は,議員辞職をして全国民に昭恵夫人の関与を訴えることであろう。

 モンサント・カ-ネギ-の種子を買わねばならなくなる主要農産物種子法の国会通過も大問題だが,今は森友・アッキ-ド事件に国民世論を喚起すべきである。その意味で山岸氏に大いに賛成する。

No title

改憲、改憲、と眼を逆立てて唱えても、己の信条である大日本帝国へ回帰する目玉である筈の二か条が抜けているのでは、己を偽るもの、見下げ果てた輩です。

即ち、アベが唱えている改憲内容も、自民党の改憲草案も、下の大日本帝国憲法にある肝心の二か条がありません。

(引用)
第1条 大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス

第4条 天皇ハ国ノ元首ニシテ統治権ヲ総攬シ此ノ憲法ノ条規ニ依リ之ヲ行フ
 
アベでも、国民主権、等の国家原理には手を付けられない、と見えます。 可笑しいですよね。 アベでも民主主義を信奉しているのでしょうか。 

と考えれば、確かに、今回の改憲提議は、可笑しい、変だ、邪悪な企みがある、と思われても当然です。

ま、何方にしても、怪しい、似非宗教を信じているらしい連中には、政権から去って頂くのが宜しいようで。

このままでは、また、補給の無い戦線で、神に祈るのみの連中に死地に送られる無垢の民が出るから。



自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg