2006-08-15(Tue)

安倍晋三とカルト統一協会の驚くべき「美しい国」つながり

ネットをパラパラと見ていたら,なにやら興味深いことが書いてある。

美しい国 日本の使命  久保木修己著

この久保木修己というのは,元統一協会会長である。

なるほど,これで「美しい国へ」という安倍の駄本のタイトルの意味はこの辺にあったのか。

上記の統一協会・久保木のほうの目次をみると

講話・講演編(日本という「美しい国」の使命―世紀末現象を超えて為すべきこと
日本を滅ぼしてはならない―「救国の予言」講演会
勝共こそキリスト者の聖使命なり―11・3アジア基督教反共大会
現代を救うもの ほか)
詩編(海は生きている
ああ救国の聖戦
勝利の基地より
愛は立ち上がった ほか)


安倍の駄本の目次は

第1章 わたしの原点
第2章 自立する国家
第3章 ナショナリズムとはなにか
第4章 日米同盟の構図
第5章 日本とアジアそして中国
第6章 少子国家の未来
第7章 教育の再生


これを合成してみると

第1章 わたしの原点
日本という「美しい国」の使命―世紀末現象を超えて為すべきこと

第2章 自立する国家
日本を滅ぼしてはならない―「救国の予言」

第3章 ナショナリズムとはなにか
勝共こそキリスト者の聖使命なり

第4章 日米同盟の構図
現代を救うもの

第5章 日本とアジアそして中国
ああ救国の聖戦

第6章 少子国家の未来
勝利の基地より

第7章 教育の再生
愛は立ち上がった


ななななんと ピッタリはまってしまった!!
これは,やってみた私が一番驚いた。

詩編を除いた以外は,機械的に合成しただけだ。

第6章は産めよ増やせよの思想からすれば理解できる。
まあ,中身までは読んでいないので,冗談の域は出ないが,それにしても,ここまで巧くはまるとは・・・

やはり,安倍晋三ないしそのゴーストライターは,統一協会会長の著書を意識していたのではないだろうか。

****************************************************

きっこの日記に紹介されてアクセスが激増しているうちに,大事なことをぜひ伝えたいので,追記する。

安倍がやろうとしている悪政の中で,最大の悪政はNSC=国家安全保障会議を作ろうとしていることだ。これは,単なる対米従属なんてものじゃなくて,実質的な独裁の始まりになる。ぜひ,注目し反対の声を上げていきたい。

関連

安倍晋三のねらうNSCの危険
祝? きっこの日記出演
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

立正佼成会 芸能人

創価でない芸能人まとめ - トップページ 日本共産党機関紙「赤旗」に載った上戸彩や、立正佼成会の雑誌に載った氷川きよしの例もある。 8、他宗教のイベントに仕事で参加したからと言って非創価とは断定できない。 現在の創価学会は謗法(ほうぼう)容認路線(他宗教と

極悪カルト教団「創価学会」に入っているお馬鹿芸能人を動画でチェック!

さてさて、政教分離も守らない、政治家やお馬鹿国民からお布施と称して巻き上げた金を北朝鮮やユダヤ金融グループに上納している極悪カルト...

【動画】日本の政治家と統一教会との関係【放送禁止動画】

今明かされる安倍晋三と統一教会との関係!統一教会(統一協会)の専門家、ジャーナリストの有田芳生が語る真実とは?2007/01/31放送 上杉隆 重信メイ 有田芳生ニュースの深層 「北朝鮮と米共和党と自民党、そして統一教

弔問で故人の名前を間違える安倍晋三首相

毎日新聞の記事踏切事故:女性助けようと警官も重体 東武東上線-PHOTOジャーナル:MSN毎日インタラクティブ 以下上記記事の引用 6日午後7時半ごろ、東京都板橋区常盤台1の東武東上線ときわ台駅のホーム前の線路で、近くの警視庁板橋署常盤台交番勤務、宮本邦彦巡査部

安倍晋三の正体

昨日も紹介した、金曜日刊「安倍晋三の本性」は、なかなか良い本だ。安倍晋三批判には欠かせない書籍だといえると思う。たとえば、6月以来話題になり、「AbEnd」キャンペーン開始のきっかけにもなった、安倍の統一協

中途半端に暗く中途半端にキナ臭い

みなおし【見直し】〈名詞〉毒性より値段が安ければなんでもOK。当然解禁の理由は、研究の結果毒性が低かった、になる。みなおし【見直し】〈名詞〉危険なものの使用禁止が遅く、意味なく解禁になったりする国の方針。みなおし【見直し】〈名詞〉中途半端に暗く、中?..

ついに雑談日記は妖怪になった(第2回)、検索結果を操作するGoogle?村八分状態の憎いし苦痛バナー(笑)

(クリックすると拡大します)  今日の朝7時頃、「安倍晋三 美しい国」でやったG

民主党の山口壮議員が13日国会本会議で「憎いし苦痛」をキーワードとして安倍を糾弾した。追加バナーを作成することを誓う。

 今日たまたまアクセス解析をしていたら、見慣れないドメインからまとまってアクセス

安倍晋三の美しい国「憎いし 苦痛」シリーズの第4弾、「統一協会、娘6500人行方不明カルトに祝電じゃ、憎いし 苦痛じゃん」編です。(笑)

 現在「憎いし 苦痛」でGoogle検索すると、雑談日記の該当エントリー「「美

安倍新首相誕生とカレンショック

15:10 GFK消費者信頼感調査-10月 (予想8.6 結果8.8 前回8....

小牧久時博士という存在(2) 博士と統一協会

朝日新聞に、月1回は載せられている小牧久時博士の論文集の広告。 今月になってから...

■ 画力向上ブログ84日目 安倍晋三(次期総理)を描きました。

安倍晋三議員の似顔絵を描いてみました。新聞に載ってるような風刺画を一度描いてみたかったので挑戦したんですが、自分が政治に詳しくない事を忘れていました。風刺画というより、似顔絵に文字たくさんくっつけただけの絵になってしまいました。まだ安倍氏のこと

海外メディアの安部氏の「正しい評価」26日からの国会は野党の大反撃を!

■新自由主義政策の役割分担? テレビで総裁選ニュースを見ていていると、3候補は「新自由主義政策」について、それぞれ役割分担して発言しているとしか思えない。なんかどっかに政策的な違いがあるんでしょうか? この国のありようを根本から壊してしまう「新内閣」の誕

北朝鮮の安倍応援演説始まるか?!

北朝鮮の安倍政権への応援演説が始まる:テポドン一発「政権お見舞い」で!NikkeiNetが2006年9月3日に報じる。北朝鮮ミサイル再発射の兆候か・韓国聯合ニュース 【ソウル=鈴木壮太郎】韓国の聯合ニュースは2006年9月3日、同国政府消息筋の話として、北朝鮮のミサイル基地

安倍晋三のねらうNSCの危険(『反戦な家づくり』)

■『反戦な家づくり』の最新記事が、非常に重要な問題点を指摘しているので、転載。安倍晋三のねらうNSCの危険2006/08/23(水) 10:15:10 …… NIKKEI.NETより 安倍氏「NSCのような組織が必要」  安倍晋三官房長官は(略)「日本の外交、安全保...

「きっこの日記」で知りました。

「美しい国へ」のネタについて貴重な情報を有難うございました。私どものサイト<戦争を語りつぐ60年目の証言>も、きっこさんに二度紹介してもらっています。ためしに覗いてみて下されば幸いです。今後ともよろしくお願いします。

安倍政権下で初代JNSA長官でも目指すか? @"一皮剥けた"世耕子ダヌキ情報作戦部長に拍手ぅ~!

世耕の"仕込み"が完了したようであるまたちょろちょろTVに出だしたなんと次期安倍ネオナチ政権には「入閣の話」まで出ているというから、思わずリクライニングシートが壊れて後ろにひっくり返ってしまった(笑)こっ

9.22決戦、山は動くか? @黙って"地獄の門"が開くのか? それとも天下分け目か?

「安倍で決まり」をあからさまに公言してみせる『小泉"院政"宣言』日本の最大与党の党首はまるで北朝鮮の金王朝のように『後継指名』で決まるそうです民主主義は一切排除されている危ない政党にほんの短期間で変容しました

[キーワード]美しい国

【美しい国】 「美国」とは、中国語でアメリカ合衆国のことを指す。  安倍晋三の著書のタイトルは『美しい国へ』。  一般的にこのタイトルは 「日本を美しい国にする」 と解釈できる

美しいは美しくない、アベシンゾウ

『美しい国』だそうである。「美しい」はいかにもいかがわしい。基準がないに等しい。政治家がそういう事を口にしてはいけない。そういえば、靖国や皇室をめぐって、「美しい」かどうかを基準にしている女性自民党政治家もいた。ホリエモンなどの錬金術師の行動を、「美しく

このバナーもきいたらしい。(笑)

 下記エントリーでご紹介しましたが、 祝!安倍大先生総裁選出馬記念「ヨッ色男、だ

「作られた反安倍さんキャンペーン」だって?

私の住む南国にあっても、夕方吹く風に涼しさを感じるようになった。今年の夏は、当地に来てからもあまり経験のないほど異様に蒸し暑い夏で、ずいぶん消耗したが、これから涼しくなって元気を回復し、ますますAbEndに燃えた

「美しい国」と「闘う政治家」2=安倍晋三コネクション・ リンク...

■シリーズ化なんて、全然かんがえていなかった前回のつづき(笑)。■「美しい国へ」の先導者であると自称しているらしい(笑)安倍晋三氏のキナくさコネクションを、徹底的に痛烈な「ホメごろし」にしているのは、カマヤンの「サワヤカな安倍晋三・新テンプレート」。■以前..

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

ヨドバシでお買い物

美しい国とはこういうことだったのか…唖然。

九条の会は利用されている

保守革新を問わず日本の政治家は統一協会と関わりが深い。選挙活動を手伝ったり秘書をやったり統一協会は組織の庇護者を絶えず作ってるんです。「おどろくべき」と言う事のほどでもない気がします。

日本共産党と旧ソ連との「おどろくべき」つながりだとか、社民党と朝鮮労働党との「おどろくべき」つながりだとか、日教組と朝鮮総連の「おどろくべき」つながりだとか、日本の市民団体と外国勢力との共闘関係だとか。そちらの方が「おどろくべき」ものだと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして!

はじめまして。もーちゃんと申します。
安倍氏と統一協会の関係は知っていましたが、本の内容まで類似しているとは驚きでした。
転載させていただきました。
これからもちょくちょくお邪魔しますので、よろしくお願いします。

なぜ内閣官房や首相官邸が慌てるのだろうか?

内閣官房や官邸筋が、記者などにこの件の話をかなりしつこく逆取材していると言う話を聞きました。もしぜんぜん関係ないのであれば放って置けばいいだけのはずですが、どういうわけか相当神経質になっているようです。
以前から小泉政府が若者雇ってネットに書き込みをさせていると言う「現代版さくら」をやらせて支持率やら世論調査を操作しているとありましたが、この記事へのコメントのいくつかを見ているとなんかそんなものなのかなとも思えてしまいます。
なんだか最近、戦前の国民支配みたいで気持ち悪いです。

意味不

初めてまして。
今回の記事を読んでよくわからない部分があります。これは、独裁に繋がるって書いてありましたが具体的にどうゆう経路で独裁に繋がるのですか?
アメリカとの関係を強くするにはいろんな意味が込められています。まず、北朝鮮の核ミサイルなどの警戒や経済強化です。今、中国との関係が悪いなかで中国の軍事的行動を監視し、いつでも日本を守る体勢を整えているのです。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

魑魅魍魎が跋扈する!!

私のところにも訳の分からないコメントが入り、最近は怖くなってきたので、喜八さんのアドバイスに従って運営したいと思っておりますが、ここのコメントも魑魅魍魎ですね。さすが、きっこのブログで紹介されるとすごい、「・・うよ」がうようよですね。
打撃が大きいと言う証拠でしょう。

国語の成績はあまりよくなかったのでそんなにかぶってるように思いませんが。
それに本の章構成(起承転結)なんか大抵は似たり寄ったりになるんじゃないでしょうか?
あと一番肝心な内容はどうなんでしょうか?かぶってるんですか?

まぁ個人的に麻生さんのほうが好きなんで麻生さんに総理になってほしいですね。

永江朗を知らないなんて・・・(笑
もうちょっといろいろ読んでから
書評の批判をするならしてください。

統一教会べったりな人が一国のトップに
なるなんて、ノテウ以来では(笑

管理人です。下記の「推薦候補者」云々のコメントは,意図的に民主党の方が悪いように見せるコメントに見受けられます。この推薦は,統一協会ではなく立正佼成会の推薦です。確かに,自民党候補者はずいぶん統一教会系とだぶっていますが,誤解の無いように。

【衆院選推薦候補当選者】

【自民党】

石原伸晃 石原宏高 江渡聡徳 大島理森 加藤紘一 木村勉 高村正彦 
島村宜伸 下村博文 新藤義孝 菅原一秀 谷垣禎一 中川昭一 平沢勝栄 町村信孝 松本文明

>立正佼成会でカルト宗教の原理を身につけた久保木は

【衆院選推薦候補当選者】
【民主党】

荒井聰 石関貴史 泉健太  枝野幸男 大串博志 大島敦 岡田克也 
岡本充功 小川淳也 奥村展三 小沢一郎 小沢鋭仁 金田誠一 川内博史 川端達夫 菅直人 
黄川田徹 菊田真紀子 北神圭朗 北橋健治 玄葉光一郎 古賀一成 小平忠正 五島正規 
後藤斎 小宮山泰子 小宮山洋子 近藤昭一 近藤洋介 佐々木隆博 下条みつ 神風英男 
末松義規 鈴木克昌 仙谷由人高山智司 武正公一 田島一成 田嶋要 土肥隆一 中川正春 長島昭久 
永田寿康 仲野博子 長安豊 西村智奈美 野田佳彦 鉢呂吉雄 鳩山由紀夫 原口一博 平岡秀夫 
平野博文 福田昭夫 古川元久 古本伸一郎 細川律夫 細野豪志 前原誠司 牧義夫 松野頼久 
松本剛明 三日月大造 三谷光男 三井辮雄 村井宗明 森本哲生 山岡賢次 山井和則 柚木道義 
横路孝弘 鷲尾英一郎 渡辺周 
http://www.kosei-kai.or.jp/news/2005-09/0911-02.shtml

説得力なさすぎ!

期待してきたけど、こじつけもいいところ。
中身くらい引用しなさいよ。
2chの落書きと同レベルで構わないのなら、いいけど。

「きっこのブログ」からきました。
安倍さんと統一教会のウワサは聞いていましたが
詳しくは知りませんでした、ありがとうございます。
ネット環境にいない人(特にお年寄り)にも知らせて
あげたいです。この話題、公共電波にのせることは
不可能なんでしょうか?

統一協会員で総選挙に出たのは阿部令子。大阪3区。元渡辺美智雄秘書。

中西輝政の「憲法改正」と山崎拓の「憲法改正―道義国家を目指して」も題名がそっくり。
同じ穴のムジナなら考える事もいっしょだな。

中身を読んでみて、一致するかどうか調べなければ、何とも言えないのでは??

Abe 落としのために強引にこじつけただけと思われますよ。

みんな

心臓のオヤジってリクルートからもらった金で、自宅を改築
した最低な奴って事を忘れてるのかな?
もちろん親のやったことは子供には関係ないかもしれないけど、
親がそういう贈収賄をやったら普通は社長にも市長にも
なれないんだけどね。普通の人なら。
本人の神経も疑う。

昔から統一協会と自民党は関係が深いね。
議員秘書に十数人が同時期にいた事があったね。
まぁ、すべて自民党議員だったけど。
統一協会から自民党公認で立候補した人間もいたよ。
女性だったたかなぁ。大阪から出たと思ったよ。落選したけどね。
だから、安部と関係が深くても別段驚いた事ではないよ。当然という方が正解か。

はじめまして。きっこのblogから来ました。
今の日本は大政翼賛会結成前夜、という雰囲気がしてなりません。
自民党内も「寄らば大樹」で派閥の存在が薄らいでいるし。
あれ?これって5.15事件以降の昭和10年代の状況に似ている・・・
麻生さんのお爺さんが現憲法を呑み、後世での自主的憲法制定を託し、岸が巣鴨プリズン在住の際に丸呑みした米政策追従による安保改正。安倍は父が果たせなかった総理に就任し、祖父・父が成し得なかった日本再軍備・徴兵制を導入を目指す。そのためのマスコミ規制・教育基本法改正・軍国主義化・・・
やはり時代は巡るのでしょうか?経済音痴だから不況解消の政策なぞ期待できないし・・・恐ろしい時代への入口の扉を開いてしまったようです。

慶応大学

僕はおじいちゃんの政治力を使っても慶応大学に入れませんでした。勉強ができなかったからです。慶応大学を卒業した小泉総理は頭いいと思います。日本のみなさん、こんな僕でも大丈夫でしょうか。

いや、ぜんぜんかさなってないでしょw
朝日の書評引用してる人がいるけどそんな何人が書いたか分かんない書評なんて参考にならないんじゃないですか?

間違いない!

なるほど!良いところに目が行きましたね!
統一教会の世界制覇戦略の一環として、アメリカや日本や韓国の国会議員秘書に約400名が送り込まれていると聞きました。
日本でも社民の秘書給与疑惑で見られるように、タダで秘書が使えるのはどんな議員も大歓迎です。しばらく使ってクビ切ろうとしてもそれまでの秘書給与肩代わりや他のヤバネタで脅すんだそうです。
で、入り込んでいる秘書は筆頭政策秘書でなくともスケジュールくらいは知り尽くしているわけで誰といつ会ったかなどは組織側に逐一報告されているみたいです。誰と会ったかわかれば、大体どんな話がされたか読むことはできます。
いみじくも安倍晋三官房長官自身が認めていましたが、統一教会祝電は「秘書がやったこと」と秘書のせいにしておりますが、そうだとしたら秘書は統一教会に特段の配慮をしているわけで先生を無視しても統一教会に祝電を打つことを優先していることになります。ずいぶん統一教会と仲のいい秘書さんだと思いました。普通の人が書店で手に取らないだろう統一教会会長の本を熟読していてもおかしくないのかもしれません。
さらにはTVにも分単位でしか時間が取れない忙しい政府官房長官がゆっくり本を執筆する時間があろうはずがありません。他の政治家の多くがそうですが100%に限りなく近い人がゴーストライターに書かせています。ここに統一教会系秘書の入り込む余地は往々にしてあります。おじいさんの岸信介の代から統一教会と裏側で蜜月関係を続けている安倍晋三官房長官がこの本の内容に事後承認するのには違和感は覚えません。当然といってもいいでしょう。
管理人さまは「わざと」断定を避けておられますが、その点を指摘したコメントが連続しているのを見ると自民党系情報工作犯の「火消し工作」なのではないかとさえ感じてしまいました。文脈をキチンと読めば「わざと断定を避ける」のは読み取れるにも関わらず言葉尻だけとって全文否定に持って行きたい気持ちがよくよく見透かされます。
こういった情報は貴重です。発信することでさらに掘り下げるきっかけを与えてくれます。
少なくとも私はいままで得られた範囲の情報と付き合わせるに、管理人さんの推測が当たっていると思えますので、全面的に支持いたします。
更なる追加情報や検証があれば期待します。
頑張ってください!

わたしも 「きっこのブログ」からきました。
こちらにコメントを寄せている大半の方が
こちらと きっこさんの不正確さを
判っていらっしゃるようで安心しました。
(きっこさんのは 参考になることも稀に
ありますけど。)
朝日の書評を上げている方は 論外なので。

冗談だったんですか…(笑)

はじめまして。きっこさんのブログより参りました。
丸ごとパクリと書かれていたので、本気でびっくりしたのですが、どうもそこまでは無いようですね。そこまで堕ちたかと思ったので、そこは少し安心しました。(仮にも一国の首相になろうというひとなので…)

ただ、安倍さんと統一教会のつながりはいろいろ言われてるので、影響を受けた可能性はかなりあるのではないかと思います。
個人的に、彼の著書『美しい国へ』は好きではないです、抽象的すぎて。その辺、宗教者の書く精神的な本とタイプが似てるとは思ってます。

どこがピッタリ?

>ななななんと ピッタリはまってしまった!!

ぜんぜんはまってないじゃんw

安倍氏も確かに怪しいですが

はじめてコメント致します。「きっこのブログ」から来ました。
宗教の言葉は多くが抽象的なので、機械的な当てはめで何となく符合するのは面白いですがそれほど驚くことではないと思います。
もちろん冗談とおっしゃっているのでそれはいいのですが、このエントリときっこさんの発言だけで内容まで「コピー」と断定してしまうコメントが見られたのには驚きとともに不安を覚えました。

愛国心

「愛国心」のやっかいなところは、それを利用して他人を自分の意のままに動かそうとする人間がいることである。「愛国心」は人を支配する道具になっている。

「きっこの日記」から飛んできました。

朝日新聞の書評サイトからの引用です。この本は、フツーに読んでもかなり胡散臭いみたいですね。

http://book.asahi.com/topics/TKY200608290145.html

美しい国へ [著]安倍晋三
[掲載]週刊朝日2006年9月1日
[評者]永江朗

■この人は国家が好きなのだ
 もうすぐ自民党の総裁選が始まるが、安倍晋三が当選するのはほぼ確実だろう。自民党総裁になるということは、総理大臣になるということでもある。

 安倍晋三『美しい国へ』は、同書「おわりに」によると、政策提言のための本ではなく、「わたしが十代、二十代の頃、どんなことを考えていたか、わたしの生まれたこの国に対してどんな感情を抱いていたか、そしていま、政治家としてどう行動すべきなのか、を正直につづったもの」なのだそうだ。

 祖父が岸信介で、父が安倍晋太郎という血筋の自慢に始まり、北朝鮮による日本人拉致問題で自分がいかに活躍したかを語り、憲法改正の必要性や軍備の必要性を語っている。

 自慢話の部分を除くと、新鮮味がまるでないのが驚きだ。改憲論も日米安保論も靖国擁護論も、みんなどこかで読んだような話ばかり。まあ、オリジナリティありすぎの人が首相になるよりマシかもしれないけれども。

 書名も含めて全体から伝わってくるのは、この人は国家というものがとても好きなのだ、ということ。特攻隊員の日記を引いたうえで安倍は述べる。「たしかに自分のいのちは大切なものである。しかし、ときにはそれをなげうっても守るべき価値が存在するのだ、ということを考えたことがあるだろうか」と。そういう人もいるかもしれないが、誰かに「国家のために命をなげうて」と命令されるのは、私はごめんだ。ついでに言うなら、A級戦犯とは、他人に「命をなげうて」と命じておきながら、自分はそうしなかった人びとのことではないのか? 愛国心を語る政治家は信用できない。

 報道によると、安倍は首相になったら教育に力を入れていきたいと語っているそうだ。本書では、サッチャーが行ったイギリスの教育改革をモデルにしたいと述べている。「教育の目的は、志ある国民を育て、品格ある国家をつくることだ」と安倍はいう。それって、国家のために命をなげうつ国民を育てようってこと?

お笑いやん

初めまして。『きっこのブログ』から来ました。
しかし嘲笑しますねぇ。
創価に統一。この国はどうなっちゃうんですかね。
その内、NHKの受信料と共に、創価か統一に強制的に入会させられそう。

この記事は見落としていました。「きっこの日記」で紹介されていたので飛んできたのですが・・・。まさか統一協会元会長の本のコピーだったとは(笑)。ビックル一気飲みしちゃうところでした!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

TBありがとうございました。なるほど!! 久保木なる人物の本は読んでいませんが、今度書店でみつけたら部分的にでも立ち読みしてみようかと思います。

安倍晋三の本はほぼ間違いなくゴーストライターがいると思いますが、構成などについては少なくとも安倍側のチェックが入っているはず。彼と統一協会との関わりには神経を尖らせたい。

うわ

これはおもしろい!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg