2018-05-02(Wed)

朝鮮戦争終結と新自由主義

ほんの数ヶ月前には想像だにできなかった「朝鮮戦争終結」が、かなり現実味を帯びてきた。

トランプか金正恩が暗殺されない限り、実現するだろう。

さまざまな問題はもちろんある。

それでも、東アジアの状況を一変させる戦争終結には、朝鮮半島の人々はもちろんのこと、日本の人たちも過半数が歓迎している。
私もその一人である。

その上で、大きな変化が起きるとき、そこには「新自由主義」の影がうごめいているのではないか。
そういう目を持っておくことも必要だ。

「新自由主義」は、正義をまとって現れる。
左手で平和と民主主義の旗を振りながら、右手で他国民の富を根こそぎ奪っていく。

正義の味方を気取れないときは、まずは悪役を作りだし、しかる後に登場する。
イラク、リビア、エジプト、アルカイダ、イスラム国 ・・・・ 枚挙にいとまがない。

「新自由主義」の実績を思い起こせば、この度の終戦とそれに続くであろう北朝鮮の激変の裏にも潜んでいると思わないわけにはいかない。

なにせ、朝鮮がもし統一されるとなれば、その経済規模は天文学的な数字になる。

南北統一費用はドイツと比較できない水準、産業研究院

【ソウル6日聯合ニュース】 韓国と北朝鮮の統一費用が、東西ドイツ統一の費用とは比較できないほど大規模になるとの研究結果が出た。
 産業研究院は6日、「ドイツ統一20年の経済的教訓と示唆点」と題した報告書を公表し、その中で「朝鮮半島でドイツ式の統一を推進する場合、ドイツとは異なり南北の経済格差の解消に長い時間がかかり、統合による社会的衝撃と統一費用の負担もドイツと比較できないほど膨らむ可能性がある」と指摘した。
 その理由として、統一直前の旧東ドイツの人口は旧西ドイツの4分の1にすぎなかったが、北朝鮮の人口は韓国の2分の1で、1人当たりの国内総生産(GDP)は旧東ドイツが旧西ドイツの50%だった半面、北朝鮮は韓国の6%にも及ばないと指摘した。
 相対的に状況が良好なドイツの場合も統一後から2009年まで、旧西ドイツから旧東ドイツへの公共部門を通じた移転支出だけで約1兆6000億ユーロ(約184兆477億円)に上ったことを勘案すると、南北統一に天文学的な費用がかかるしかないとの分析だ。

(以下略 引用以上)

こんな未開の地が開かれるのだから、行き場を探して世界中をさまよっている金融資本は、舌なめずりして待ち構えている。

しかし、こんなところに投資しても、見返りは無いんじゃないか? とおもうかもしれない。
なんのなんの 「新自由主義」をなめてはいけない。

最初に損する役と、後からがっぽがっぽ回収する役は ちゃんと分担されているのだ。
そう、もうお気づきと思うが、最初に損する役が米国のATM=日本。
ひと通り基盤整備ができてから、オイシイところだけごっそり持って帰るのが国際金融資本=新自由主義なのだ。

もちろん、日本も商社などの大企業はある程度おこぼれにあずかる。
そもそも、ODAというのは、日本の税金を途上国に投資して、それを日本の企業が受注して持って帰る、という詐欺まがいのシステムのことだった。
そのシステムは今でも生きているが、もはや日本企業が独占することは許されず、新自由主義がほぼ何もせずに持っていくのである。

ドイツ統一でも200兆円近い費用がかかったと言うことは、朝鮮統一と言うことになれば、日本の国債残高くらいはかるく吹き飛ぶことになる。
日本は、晴れて国債2000兆円時代に突入するかもしれない。

投入したカネは、吹き飛ぶと言っても消えて無くなるわけではない。生活必需品からインフラにいたるまで、様々なものの購入に使われる。
補償とか投資とか融資とか援助とか、名目は様々あれど、日本は返ってこないカネを注ぎ込み、その大半は新自由主義=国際金融資本の一軍が回収していく。



せっかくの平和の到来を、なぜこんな深刻な顔をして迎えなければならないのか。

それは、日本のトップが新自由主義の奴隷であり、まったく抵抗も交渉もする気もないからだ。

たしかに、属国日本がいきなり独立することはできない。
しかし、必死に戦略を練り、ギリギリの交渉をすることはできる。

その典型が、韓国の文在寅大統領だ。
韓国は日本以上に、きわめて直接的に米国の支配下におかれ、かつては軍事独裁で徹底的に押さえつけられてきた。
経済面でも、1997年に通貨危機をしかけられ、IMFに支配されるというきわめて厳しい状況をくぐり抜けてきた。

その韓国で、いや、その韓国だったからこそ、文在寅は米国と新自由主義を「利用」して平和へを歩を進めるという離れ業をおこなっている。
地獄を見てきた文在寅は、トランプのアメリカファーストが意味するものも、新自由主義がよだれを垂らして朝鮮統一を待ち構えていることも、正確に理解しているだろう。
それでもあえて、それらをギリギリのところで利用している。

一つ間違えば、米朝戦争になったかもしれないし、これからだって朝鮮半島はハゲタカ資本の狩り場になる可能性だってある。
しかし、そのリスクをコントロールすることでしか、朝鮮半島の平和は実現できない、という悲愴な覚悟で取り組んでいる。

振り返って、日本はどうか。
安倍晋三がトランプにすり寄るのは、モリカケスパなどなどなど、自らの犯した数々の犯罪をもみ消すためである。
悪い意味ですら、日本をどうこうしたいという意欲はなく、自分たち夫妻の補助金環流汚職を無かったことにする、もうそれだけである。
念願と言われている改憲ですら、モリカケ逃れの煙幕に過ぎない。

もちろん、新自由主義にたいしても、なんでもかんでも言いなりである。
本来、新自由主義は極右を排除する。極右は自国利益を優先して、新自由主義の言うことを聞かなくなるからだ。

ところが安倍晋三は同じ極右でもひと味違う。
自らの極右趣味を満喫するために、国益を全放棄して新自由主義の言いなりになるのである。
いったいこれのどこが極右なのか!と極右諸君は怒らなければならない。

もっとも、最近の極右は安倍流の極右ゴッコのコピー、ネトウヨと言われる連中ばかりだから、国富を外国資本に献上して得々としている。
というか、そういうシステム自体を理解すらしていない。

まったく、まったく、何という落差なのだろう。



新自由主義の巧妙なところは、ある程度の「自由」があるといことだ。

巨大資本は無制限の自由を謳歌するのは当然として、支配下の国民にも、ある程度の自由は認めるのである。

ごく具体的に言えば、新自由主義の奴隷と化した日本でもデモや集会ができる。
ビラをまいてもネットで意見を言っても、いきなり逮捕されたり暗殺されたりしない。

しかし、その「自由の限界」は厳密に決められている。
その象徴がこの写真であろう。

20180502-1.jpg

国会前という、ひと気のない場所で、警察車両の外に出ない という範囲内であれば、ギリギリ認めるが、そこをはみ出すと大弾圧が待っている。

同じように見える韓国のデモは、

20180502-2.jpg

市街地のど真ん中であり、車道を埋め尽くし、見る限り警察車両に囲い込まれていない。

新自由主義に支配されている国であっても、なんとか抵抗しようという意思があれば、ここまで変わるのだ。
日本で同じことをしようとすれば、まずデモ申請が通らない。
憲法で保障されている基本的人権は、実際の現場には存在しないということが、実感で分かるはずだ。

それでも、デモ規制を突破して、銀座や難波で車道を埋め尽くしたらどうなるか。
間違いなく、大量逮捕されて、多くの人たちが人生設計を壊されるだろう。

逮捕されても一晩で出てこられるかもしれない。しかし、逮捕されたことが明るみになれば仕事をクビになったり、子どもが白い目で見られたりするのが怖いのである。
そのような、江戸時代の五人組ばりの監視社会が日本には張り巡らされている。

20180502-3.jpg

日本の基本的人権は、憲法で保障されているのはお題目だけで、憲法を踏みにじる法律や条令ではるかに狭く制限されている。
そもそも、デモをするのに届出がいるなんていう国はめったにない。
勝手にやるか、まったく認められないか、どちらかである。

さらに、法的に規制されていないのに、運用上のゴリ押しや社会的な脅迫で、もう極小サイズに限定されている。
デモ届出にしても、本来は届出なのだから、警察に拒否する権利はない。
しかし、現実は警察の言うなりにならないと、受理されない。
勝手に受理しないくせに、届出無しでデモすれば、無届けだと言って逮捕される。

まったくのえん罪であっても、逮捕されたら近隣や職場での社会的制裁は恐るべきものがある。

結果として、日本にある自由は、中心の小さな小さな箱の中に限定されている。



この自由を限定する狙いは、「デモの波及力を失わせる」 というところにある。

あまり波及効果は無いだろう と判断する限りは、そこそこ自由に行動させる。
しかし、この一線を越えたら、デモが本気だと言うことが多くの人の目に触れてしまう となったら頑として規制する。

明日も大阪では扇町公園で例年は2万人くらい集まる大きな集会がある。
その後に、最近はパレードとかいうデモもある。

2万人が、一斉に御堂筋を埋め尽くし、「安倍辞めろ」と声を合わせれば、どんなに迫力があるだろう。
それは、隅っこではなくひとびとの頭のメジャーな部分に訴える力があるはずだ。

しかし残念ながら、現実は警察の指示通り、いくつものコースに別れ、その中でも、バラバラのグループに分断され、歩道よりに押し込まれてトボトボ歩くことになる。
この隅っこ感を突破できなければ、いくら「楽しくやろう」とか「カッコよくしよう」とか言っても、所詮は楽屋落ちで終わってしまうだろう。

かといって、いきなり多くの人々が(私も)生活を破壊されてしまっては困る。

韓国のように軍事独裁と命がけでたたかった歴史を持たない日本だが、韓国だって、あの光州蜂起からは38年も経っているのだ。韓国の文在寅大統領が駆使している新自由主義とのギリギリの折り合いの付け方は、日本でも学ぶべきだ。

( 「光州5.18」 2018.5.15 )

ミソもクソも一緒くたに「悪いやつ」でくくってしまい、ちょっとでも悪い奴とは妥協するのは許せない!と叫ぶような、平和ボケの日本の「良心的」な人々こそ、文在寅の肉を切らせて骨を断つような、ある意味ドぎたないやり方を学ぶべきなのだ。



とは言え、新自由主義は、敵のボスキャラであることは間違いない。

そんな怪物と対峙するためには、まず、敵を知らなければならない。
敵を知らずんば百戦危うしである。

ということで、一ヶ月後の 2018年6月2日(土)に こんな勉強会をやります。
是非ご参加を。


「さよなら新自由主義」 菊池英博氏講演会

2018年6月2日(土) 14:00 - 16:30
エル・おおさか南館101

小泉・竹中時代からアベノミクスへと続く新自由主義は、私たちの暮らしを壊し苦しめ続けています。しかし「新自由主義って何なのか」その正体を私たちはちゃんととらえているでしょうか。敵を知らずんば百戦して百戦危うしです。腰を据えて学んでみませんか。

主催 生活フォーラム関西
資料代 1000円
予約 sforumkansai@yahoo.co.jp
または→ 申込フォームにリンク




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします


関連記事

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

救世主

お兄ちゃん戦争をなくす方法考えてるんだよな?

じゃあ奇遇だわw

俺もなんだよw
↓↓↓↓↓↓

マジで戦争をなくして世界を豊かにする超現実的な方法wwwww
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

http://www.kakiko.info/bbs4/index.cgi?mode=view&no=10099&p=8

(※↑「 小説カキコ掲示板 戦争をなくす方法 希代世界一位 」検索でも出るが、↑これで開くと順番どおり表示される(※順番どおりに見ないと意味が分からん))

本当に簡単な話し。

こういう事。

人類社会のルールは現在、現実的に“弱肉強食”である。

ならば、(人類は、)それを、「分数の計算」の様な要領で(、いわば「横流し」的に)己が理想とする、

(要は、↓)
"平等・公平・公正”的なルールに

↓↓↓↓↓

【(ルール)変更】

してしまえばいいの。w

(お前らの為だぞ?(←※「戦争でも起きてさっさと死てえと思ってるヤツら以外」なw))

↑↑↑↑↑↑↑↑↑(は、)
道理にかない、強者も弱者も損をしないから(それらが納得する事で)それが成立し得、世界から「威力」を廃するから戦争はなくなるんだよwwwww

ちなみにこの理論はそれ(ルーム変更)からいくと「世界の最高税率を統一する事で全世界が豊かに!」もなるぞwwww俺様は【マジ超天才】だからwwwwwwwwwww




No title

「市民が逮捕を恐れなくなれば,権力は市民を恐れる」
http://pegasus1.blog.so-net.ne.jp/2015-02-15
確かにデモの自由はこの国では狭められていますが、しかし他の国も逮捕の危険を冒して戦ったからこそ、いまがあるのではないでしょうか。
さしあたって逮捕されても実害の少ない定年退職者から実践するべきでしょう。
ちなみに、沖縄では直接行動が逮捕を恐れず実施されています。

No title

和平合意と朝鮮半島の統一は別と考えた方が良いでしょう。
南北統一をしなくても、和平合意はできます。

今後、米朝和平合意は進んでいくことになると考えられますが、
それで、当然に南北統一が進むとは考えにくいと思います。

なぜ、この時期に「米朝対話」が急展開的に進むことになったかは、
おそらく「米国の財界」の意向があったのでしょう。

実際、多くの米国企業が中国をはじめとするアジア諸国で工場を運営しています。
なぜ米国企業が、米国国内ではなく中国やアジア諸国で工場の運営を行うかというと、もちろん、ご存知の通り「人件費が安い」からです。
それで、最近では中国を始めとするアジア諸国でも物価や人件費が高騰しており、米国企業としては、これらの国々で工場を運営することの旨味が減少しているのです。

もう、ここまで書けば、お判りでしょう。

中東地域の人たちや、中南米、アフリカ諸国の人たちに比べ、
北朝鮮の国民は、一旦、国の政策として受け入れたのであれば「まじめに、従順に働いてくれる」と考えられる上に、国際的にも「人件費が、べらぼうに安い」ことから、ここに米国企業が進出すれば、米国企業は莫大な利益を得られるという狙いがあるのでしょう。
しかも、米国企業は「北朝鮮から中国市場に販売」した場合の利益も想定しているのでしょう。
北朝鮮側としても、メリットが大きいと踏んで、この大きな流れが生じたのだと考えられます。

これから北朝鮮で様々なインフラ整備などが始まります。
米国企業は、ここでの権益も独占していと考えているからこそ、米国政府が中心となって南北和平合意を進めているのです。

いま安倍政権は、足を引っ張るような行動を行っていますが、これは外交政策上、今後の日本の立場を悪くする最悪の行為としか言いようがありません。

No title

こんばんわ。ふらっと寄ってみましたよ
お元気そうで何よりです

さて、いきなり本題です。単刀直入に申しまして、これらの懸念は杞憂に終わるでしょう

まず北朝鮮にはあの広大な中国の6倍のレアアースが存在し、マグネサイトなど他の鉱物も豊富にあり、発展の可能性を秘めてるのは確かです

しかしやはり現在の北の国民は困窮しているはずです。いきなり統一なんて望む方が間違いだし
賢明な習近平や文在寅、トランプがそんなこと考えてるとは思えません

文在寅も理想は語るでしょうがね

統一なんかしてごらんなさい、少しでもいい生活を夢見て北の国民はソウルを目指し始めますよ

中国国境や日本にも難民が押し寄せるかもしれない。そんなリスクは誰も取りません

ドイツも長く南北問題に苦しみました。EUユーロ詐欺で乗り越えただけです(全く経済力が違うのに同じレートね。全部ドイツが吸い上げます。これぞ新自由主義)

治安悪化や地域経済の地盤沈下など前例があります

そして何より、今回いちばんの功労者は中国です
あれだけ汗かいてる中国を見たことない

そんな中国に恩を仇で返す様な事は出来ません
北に眠るレアアースを全部西側、外国企業が分捕るのですか?

米中はそこら辺も合意しての今回のはず
中国は緩衝材としての北も失いたくないでしょうしね

長い目で見ての懸念ならわかりますが、今の話じゃないと思いますし
新自由主義者の手口としてまず傀儡を置きます
ピノチェトもそうでした。ロシアもエリツィンの売国を見かねてプーチンが出てきたという側面があるのです(詳しくは桜井ジャーナルなど見てください)

北朝鮮の場合、中国がいてロシアがいて(今回ロシアも裏で動いてますよ)金王朝ですから、新自由主義勢力はまだ動けませんよ

新自由主義💀

こんにちは。
更新されている時もされていない時も、全部のランキングに応援クリックするのがすっかり習慣となっています。
今回のブログは特に読みごたえがありました。
情けない話、この国の人々は新自由主義という言葉さえ知らないという人も多いけれど、そんな人たちもすっぽりと新自由主義の枠組みのに組み込まれていますよね。
新自由主義の巧妙なところは、ある程度の「自由」があるところ、全くその通りだと思います。
自分自身つい錯覚していしまいがちです。というか、生まれてこのかたこの状態しか知らないですしね・・・(;´・ω・)ホントある意味、独裁国家よりタチが悪い、と言えるかもです。甘いお薬づけの日本。
その上で、文大統領率いる韓国をお手本とするという提案ですね。
私も勉強中ですが、韓国もKCIAの存在あり、文大統領の一存で動けているわけではないと思いますが・・・今回の金主席との会談(劇?)しかり。

それともうひとつ・・・
山本太郎さんの街頭記者会見を拝聴していろいろ勉強させていただいてきまいたが、新自由主義やTPPや日米FTAなどの国際条約に関する危険性についての言及が聞かれなくなったのに首をかしげております。
モリカケスパ、確かに大事ですが、TPPがいよいよ国会承認されようとしているこの時期にこそその問題点を訴え続けていただきたいのに。
そんなわけで、国会議員の中で唯一といっていいほどの希望の星だった山本太郎さんに関しても、私の中では残念な存在になりつつあります。

これ書いてて思ったのですが・・・
山本太郎さん、正義をまとって現れる、この記事のテーマのそれと若干キャラがかぶってませんか?もしや、もしや信じたくはないけれど・・・(・・;)
でも国会議員に何かしてもらおうという意識は捨てないといけないことははっきりしていると思います。
投票して終わりじゃない、私たちのために働くよう尻をたたき続けることは必須ですね。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg