2018-08-25(Sat)

あえて火中の栗を拾う 玉木雄一郎の発言について

国民党の代表選をめぐって、玉木候補の発言が炎上しています。

「申し訳ないがまずは共産党は除いて」国民民主・玉木氏
2018年8月23日 朝日


国民民主党・玉木雄一郎共同代表(発言録)

 国民民主党代表選が終わったら(参院選に向けた野党)総合選対を、申し訳ないがまずは共産党は除いて立ち上げて、完全な事前調整をして候補者を立てる。共産とは事後交渉の中でご理解をいただきながら、野党全体として少しでも議席を増やすよう(共産候補の擁立撤回を)判断いただくことも必要だ。

 共産が唯一見ているのは立憲民主党だ。立憲との関係があれほど衆院でも密になっているにもかかわらず、これほど共産が(候補者を)立てているのは、場合によっては、昨年の衆院選から比べると共産はすでに戦略を変えてきているのではないか。立憲とも、実は協力をしないことにかじを切る可能性もある。(23日、ネット討論会で)

(引用以上)

言うまでもなく、「申し訳ないが共産党は除いて」の部分に、リベラル諸氏が猛烈に反発、批判、罵倒の限りを尽くしているようです。
私も、この見出しを見たときは、なんちゅうこと言うんや!と びっくりしました。
「自分の発言が、どう捕らえられるのか」 と反芻してから発言する習慣がないのでしょうか?
もしそうだとしたら、政治家としては困ったものです。

ただ、私は、罵詈雑言を浴びせるリベラル諸氏と同じ意味で批判しているのではありません。
神経を逆なでする文言をとりあえずスルーして、発言の中身だけを判読してみれば、間違ったことは言っていないからです。

ああ、これでまたこのブログの読者さんが減るのかあ と思いつつ あえて火中の栗を拾うつもりで 続きを書きます。

理由はみっつあります。

ひとつめは、マスメディアとリベラル諸氏は 「共産党排除!」という意味に解して批判しているのですが、肝心の共産党からはなんの反応もないということです。少なくとも、私の見る限りでは共産党の赤旗や国会議員は、まったく玉木氏のこの不届きな発言に言及はありません。

ふたつめ、事前調整だろうが事後調整だろうが、共産党以外の野党の腹の中は 「共産候補の擁立撤回を判断いただく」には違いがない、ということです。
現実的に、野党統一候補として共産党候補を立てるということは、どの党も考えていません。

おそらく、共産党自身がそれは承知しているはずですが、問題は如何にして共産党の面子を潰さずに、共産党が比例票を集めやすい形で調整を行うかということです。
共同選対を組んでおいて、「ウチの候補はゼロです」と共産党自身に言わせるのでしょうか。
全国の共産党員にむかって、党本部が「調整の結果ゼロでした」と言わせるのですか?
それが、どんなに共産党にとって酷なことで、ダメージが大きいか、想像できますか?

実際の選挙運動になれば、共産党の活動量は他を圧倒します。
にもかかわらず、候補はゼロ。
はじめからそれがわかっていて、やる気になれますか?

お互いに予定候補を立てながら、ギリギリの選択で共産が譲り、他党候補が共産候補に大いに感謝することで、共産党の太っ腹も示され、大義が立つというものでしょう。
私は、昨年総選挙の大阪9区で、まさにその光景を目撃しました。

そしてみっつめ。共産以外の党から共産党への感謝も敬意もないということです。
とくに、立憲民主党は、候補を下ろしてもらったという意味でも、選挙運動を担ってもらったという意味でも、共産党のおかげで当選できた候補がたくさんいるはずです。
本来なら、自民党が公明党に頭が上がらないのと同じような関係なのですが、およそそういう気配は感じられません。
共産党から求められている相互推薦に関しても、黙殺したままです。

私の住んでいる大阪では、参院は4人区とはいえ票数では自民と維新に野党は圧倒されていて、最近は2:2:1の票数がほとんど固定化されてしまっています。
野党の現職は共産党のたつみコータロー議員であり、この一議席を死守するのが当然かと思いきや、なんと立憲は候補を立てるのだそうです。いくら複数区とは言え、あまりに非現実的な方針です。
立憲の比例票を集めるために、共産の現職を共倒れで落とすという意味にしか私には見えません。
(一人区で共産党をおろすためのバーターなのかもしれませんが、もしそうだとしてもその程度の信頼関係しかないということです。)

共産党は立憲に支持層を切り崩されている危機感があり、立憲は相互関係ではなくオイシイとこ取りを続けたい。
そんな煮詰まった関係である以上、事前調整が難航するのは目に見えています。
このへんが、玉木発言の後半部分です。

結論は、1人区は共産党におりてもらい、なおかつ選挙協力はしてもらう、という虫のいい話なのです。
これは、どの経路をたどっても、変わりません。
玉木発言に激怒している諸姉諸兄も、最後のイメージは同じでしょう。
その意味では、関係者だけの席での発言ならば、玉木氏の発言はごく普通のことを言っているだけです。
ただ、その虫のいい話を、玉木氏が無神経にメディアに公言してしまったので、あわてて激怒しているのではないか、とも見えるのです。



とは言え、玉木氏の発言は、あまりに無神経で不用意であったことは確かです。
なんでこのタイミングでやらかすかなあ とイラッときたのは間違いありません。

このタイミングとは、言うまでもなく 沖縄県知事選挙が目前に迫っているということです。

沖縄県知事選 態勢構築へ動き加速 佐喜真氏 維新に推薦願い 玉城氏 小沢氏が情勢確認
2018年8月25日 琉球新報

 県政与党の候補者選考を進めてきた「調整会議」から出馬要請を受けた玉城氏は、所属する自由党の小沢一郎代表が24日、情勢把握のため急きょ沖縄入りした。小沢氏は呉屋守将金秀グループ会長、調整会議の正副議長と新里米吉県議会議長、大城紀夫連合沖縄会長らと面談し、沖縄の政治情勢や選挙戦の取り組み方について意見を交わした。

 小沢氏は記者団に「非常に熱心に誠意を持ってデニー君を推していることは確認できた。国政の政治上の問題が懸かった選挙であり、中央の政党にもきちんとした決定をしてもらわないといけない」と述べ、選挙支援の態勢を判断した上で玉城氏の出馬について党の結論を出すとした。

 一方で翁長県政の継承を取り巻く環境について「非常に厳しい戦いになる。市町村選挙の状況もあるし、何よりも政府与党が死にものぐるいの選挙戦を繰り広げる。単にムードだけでは勝てないという認識は皆さんも持っていると思う」と引き締めを図った。

(引用以上)

まさに そういうことです。

沖縄の選挙であっても、これは安倍政権が総がかりで沖縄に侵攻するのに対して、どれだけ日本中が束になってたたかえるかと言う選挙戦です。

沖縄を孤立させてしまえば、凶暴でありかつ札束を振り回す安倍政権の猛攻に、沖縄の人たちも諦めが広がってしまうかもしれません。
本土の私たちにできるのは、「本土もまとまって真剣にオール沖縄を応援している」という姿勢を届けることです。
次の国政選挙では、これまでのように安倍の好き放題にはさせないよと、「野党が勝てるかもしれない」リアリティを見せることです。

そんなタイミングで、玉木氏が無神経な発言をし、それをマスコミが「それいけ」とばかりに取り上げて、リベラル諸氏が国民党攻撃に血道を上げる。
もう、やめてくれ!!! と叫びたい気持ちです。
冷静な相互批判ができずに、感情的にぶったたくのでは、ネトウヨと同じじゃないですか。

自分と違う意見だからこそ、あんまり感情的にならずに慎重に検討するという作法を、日本のリベラリズムの中にもぜひ取り入れてください。
衷心よりお願いする次第です。

追伸: 本記事の主旨は、共産党を含む共同選対を形成することに反対しているわけではありません。もし共産党が、共産党にとっては茨の道を選択するのであれば、その決断に敬意を表します。

追伸2:共産党に対するリスペクトが欠けているのは立憲だけではありません。そもそも、玉木氏がこんな台詞を言ってしまうのは、共産党に対する配慮がすっぽり欠落しているせいですから。

追伸3:立憲や国民は、沖縄では影響ないでしょ というご意見は間違っています。昨年総選挙での比例票、立憲9.5万、希望8.4万であり、共産7.6万、社民7.1万よりはるかに多いのです。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ  応援お願いします

関連記事

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

「超法規にして合憲:民のかまど3年間」


民のかまどは日本国全土に隈無く適用される。
http://www.asyura2.com/18/senkyo250/msg/269.html#c44

沖縄の石油燃料動力機関全てが民のかまどの補助金1リッター100円を受けられるのだ。

沖縄に高速道路がなくてもその効果は絶大である。

道交法の超法規措置が適用されるからである。

そして、超法規と雖も

「民のかまど」は日本国憲法を完全に遵守擁護しているのである。

>>http://www.asyura2.com/17/jisin22/msg/472.html#c34


[超法規] 民のかまど3年間が今すぐ必要です(ブログ追記が間に合わない)

https://blog.goo.ne.jp/ikariyax/e/47b8637c9acdd84b0b6b0223b56c7db8


【9月6日官邸とe-GOVに送信】
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose


今回台風21号高潮津波大規模停電関西空港被害と北海道大地震(原発被害もあり)被害で、

すでに被害総額は累計300兆円を超えました。


「民のかまど2年間」を石油燃料補助金をすべて1リッター100円補助に増額して、

直ちに超法規措置で緊急開始して3年間実施しなければならない。

http://hougakumasahiko.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/2-99da.html

民の父母

戦後日本政府による沖縄県民へのパワハラいじめに対抗する、
沖縄県民の父母たる知事の親心が書かせた無刀流出師の表。↓
latache1992.blog56.fc2.com/blog-entry-802.html

玉城デニー氏の出馬宣言を読んで孔明以来の見事な
無刀流出師の表であると感嘆しましたので
長周新聞の記事から全文転記します。
https://www.chosyu-journal.jp/shakai/9124

◇玉城デニー氏の決意表明(全文)

 本日、ここに
沖縄県知事選出馬への決意を表明したい。
期せずして県知事選が早まることとなり、
今私自身がここにみずからの意志を示すことの意味を重く深く考えている。

 沖縄が歩んできた、歩まされてきた道は厳しく、険しいものだった。
この島に生まれた1人のウチナーンチュとして、
先人たちの血と汗がにじむこの島の太陽と風を身体いっぱいに受けて育った者として、
今たじろがずに前を向いて踏み出すときがきたことをしっかりと受け止めている。

 なによりこの決意が県民とともにあるものと確信している。
「ウチナーンチュが心一つにしてたたかうときには、想像よりもはるかに大きな力になる」
--8月11日に奥武山陸上競技場で開かれた県民大会で、
翁長雄治さんは父である翁長雄志県知事がくり返し語った言葉を紹介してくれた。
県民が心を一つにすることを深く望み、
県民が持つ力を誰よりも信じ、
揺らぐことのないみずからの決意が、
いつも県民とともにあることを
最期の瞬間まで命懸けで私たちに発信し続けた知事の強さ、
その思いは、県民の胸の奥に、確かに、
静かに刻まれている。
この知事の強さ、優しさ、沖縄への愛情は、
ここにいる私の背中を押し、
決意と覚悟をもたらしてくれていると感じている。

 その一方で、
知事が誰よりも望んでいた「心を一つにする」ことへの
心ない攻撃があることを強く指摘しなければならない。
それは民意を、地方自治を踏みにじる形で
辺野古基地建設を強行するこの国の姿だ。
県の再三の指導にも従わず、
既成事実を積み上げることで県民の諦めを狙い、
一方で基地と沖縄振興をあえて絡ませて揺さぶり、
県民の中に対立と分断を持ち込もうとする。
法令解釈を都合よく変えて、
手続きを踏み倒すことに腐心する国のやり方は
法治国家といえるのだろうか。
故郷の海を守ろうと声を上げる人々を実力で排除するやり方は、
果たして民主主義の姿なのだろうか。

 しかし、
これら政府が作り出す印象操作に
私たち県民はひるむことなく団結し一つ一つ
乗りこえてきた。
最新の世論調査において、
辺野古移設を「不支持」とする人たちが全国で44%にのぼり、
「支持」を上回った。
保守政治家であった翁長知事が、
みずから先頭に立って、
沖縄の過重な基地負担のありようを国民に問い、
全国知事会で日米地位協定の不平等を知らせ、
この先何十年もこれで良いのかと、
主権国家としてこれで良いのかと、
この国はこれで良いのかと、
発信し続けてきたことがやっと
浸透し始めてきたのではないかと思う。
政権の冷ややかな仕打ちに直面しようともたじろがず、
ウチナーンチュの誇りを持って臨んだ、
その知事の勇気と行動が、少しずつ
国民の関心を呼び覚ましている。
数の力を頼みにした、そんな
政権の手法が次第にほころびつつあることを、
国民、有権者は気付き始めている。
今回の世論調査に、その意識の表れを
共感として私たちも感じとることができる。

 その中において、
知事の最たる遺志であり、手続きの中にある
「埋め立て承認の撤回」を、
私、玉城デニーは全面的に
支持していく。
行政判断を待つ中ではあるが、
来る県政において、
私はしっかりと翁長知事の遺志を引き継ぎ、
辺野古新基地建設阻止を貫徹する立場であることを
ここに表明する。
やりたい放題に飛ぶヘリの下で、
子どもたちは怯えながら授業し、
校庭につくったシェルターに避難させられている。
そんな日常の風景を放置することは、
もはや許されない。
「いい正月を迎えられる」といって埋め立て承認をした仲井真弘多元知事に
政府が約束した「普天間基地の運用停止」は、
来年2月で「5年の期限」を迎える。

 これまで何ら実効性あるとりくみを示さず、
あげく返還が進まない責任を翁長知事になすりつける。
「世界一危険」と認めながら、その
危険を放置し続けているのは、
いったい誰なのか。
こんな「政治の堕落」を認めて良いはずがない。
1日でも1秒でも速やかに普天間飛行場を閉鎖し、
返還をなすよう
国に強く要求する。

 次の知事は、
その任期中に復帰50年を迎えることになる。
新しい沖縄の姿を、どうやって
県知事選挙でしっかりと県民の皆さんに示していけるか。
従来の東京とのパイプを強調した時代から、
沖縄の存在感と可能性は、
今や格段に上がっている。
アジアをはじめ世界に開かれた沖縄へと力強く羽ばたいている。
翁長知事は、
21世紀ビジョン、
アジア経済戦略構想を
強力に推進した。
遠い目標と思われた観光客数はもう1000万人を目の前にしている。
国税への沖縄の貢献は3000億円をこえている。
また、
子どもの貧困対策は、
翁長県政が柱として肝いりで進めた政策だった。
全国初の実態調査を実施し、
子どもたちをとりまく困難さを具体的に把握できたことで、
官民あげてのとりくみが格段に広がった。

 「県民の生活が第一」
この言葉は、私の政治活動における最も大事な理念であり、
「イデオロギーよりアイデンティティー」の言葉は、
翁長知事から受け継いだ大切な理念だ。
私は、
子どもや女性、若い人たちにうんと
力を注いでいきたいと思う。
人材育成にも力を入れたい。
沖縄で育まれた文化を、芸能を、
世界へ向けてもっともっと発信したい。
地元の企業を大切にし、
働く皆さんの笑顔を増やし、
ユイマール(相互扶助)の精神で
自立と共生の沖縄を目指していく。
「翁長カラー」に「デニーカラー」をプラスしながら、
すべての県民が、
自分の夢を持てるよう、
その方向性を支えていけるよう、
みなさんと協力して政策を練り上げていく。
今、
翁長知事の政策を点検している段階だ。
私の思いと、
県民が求めている政治への思いを
そこへ結んで、
皆さんとともに歩いていければと思っている。

 この
かけがえのない島の未来を、
誰でもなく自分たちの手でつくりだしていく。
生まれてくる子どもたち、
明日を担う若者たちに、
平和で真に豊かな沖縄、
誇りある沖縄、
「新時代・沖縄」を
託せるよう

全力疾走で頑張る。


(平成30年8月29日 玉城デニー氏出馬宣言於那覇市)

全国送信メール平成30年8月25日


「民のかまど2年間」
http://hougakumasahiko.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/2-99da.html

昨日も和歌山で洪水があって強風であちこちで甚大な被害がありましたが、

6月末の西日本豪雨で山津波の大きな被害を受けた呉地方安浦に修道の

同期生が医院開業していたその医院が大きな被害を受けていました。

修道学園27期メーリングリストで知りました。

やりとりしたメールを時系列で公開します。

「2018/08/09 7:19、甲斐 秀雄 <>のメール:

同じ職場の戸谷純治からテレビで安浦の西田
医院を見たと聞いた。水害の泥水で病院が
大変なことになっとるらしい。
もう、病院は再開できたのだろうか?
西田君とは7年前に27期のゴルフコンペの
幹事を一緒にやったし、その後もゴルフで
見かけた。
近況を教えてや。

>> iPadから送信
On 2018/08/20 8:36, 西田 wrote:

甲斐くん、ご心配いただき有り難うございます。
なんとか診療を始めています。
7月9日に初めて患者さんが泥の中を歩いてきました。

> 2018/08/24 11:01、豊岳正彦 <masa-ho@sky.icn-tv.ne.jp>のメール:

西田君
呉は被害甚大じゃったけ大変じゃろ。もう報道は全然やらんけど
長周新聞みたらまだまだひどいゆうんがよくわかった。

https://www.chosyu-journal.jp/shakai/9029

祥ちゃんも言うとったが、先祖が作った鉄道が被害甚大で
街から離れた被災地への物流と人の動きが悪いのが
復興の妨げになっとるようじゃね。
ガソリン代と高速代が物価上昇のネックになっとるのが明らかである。
レギュラー全国一律80円(全油種一律リッター70円補助金)と
大型車高速代タダ普通車2000円乗り放題の
民のかまどを安倍にやらさんにゃならんね。

西田君も疲れたらこのMLへ書いてね。
みなで疲れた西田君に元気をつける会でもやりましょうや。

豊岳@2組

----- Original Message -----
From: "西田"
iPadから送信
Sent: Friday, August 24, 2018 3:44 PM
Subject: [shudo27.2805] Re: Re: 安浦の西田君、水害大丈夫?


豊岳先生お見舞いのメールありがとうございました。
当分休んで訪欧でもしようかと思っていたのですが、
7月9日から泥の中を患者が歩いて来たので休めませんでした。
毎日泥をかき出していました。
薬種問屋の若手が大挙して来てくれたので泥は片付きましたが、
医療機器は全部使えなくなったので
聴診器と血圧計だけで診療していました。
カルテも水に浸かり泥でくっついてしまい、はがすのが大変です。
水害ではなく泥害です。
中庭で丹精込めて育てていた苔も泥でやられてしまいました。

物欲が無くなりました。
豊岳師匠のように解脱できるかもしれません。
西田和郎


2018年8月24日 19:37

西田君、すまんが笑うてしまいました(笑)
そんなどん底ちゅうか泥の底なのに人を笑わせることが出来るなんて
べらぼーにすごいです(ブラボー笑)
元気そうで安心しました、
反って元気をもらってありがとうです。
なんか集まって(面白く)やりたい(雨後の月とか笑)ときはまた書いてください、
田舎から出て行きまっせ。

ではまた。

じぇんじぇん組HRほぼ全部すっぽかした豊岳@岩国

2018年8月24日 23:04

笑うとるだけじゃいけんので、
昨日はまた和歌山で洪水神戸で突風の大きな被害が出てるし、
民のかまどを是が非にでも安倍でんでん総理にやらさにゃいけんとおもったので、
今度作ったブログにMLからあれこれ引っ張って『民のかまど2年間』という記事にしました。
http://hougakumasahiko.cocolog-nifty.com/blog/2018/08/2-99da.html
ほいでまたこれをメールやら何やらにしてばらまいたるつもりです。
そしたら被災地の呉や安浦に手伝いに来てくれる人が少しは増えるかも知れんので。
ひそかに吉川晃司君が来てくれるかも知れんし(笑)

もし安倍がいちてき総理が民のかまどもやらんまま選挙に討って出たら、
みな最高裁判事の全員にでっかく×印をつけといてね(笑)
国民審査じゃから最高裁みたいな
いっこも働かん最低裁判官は厳しく不信任審査してあげにゃあね、
たまにしかやらんのじゃけ(笑)

最後は閑話でした、いらんこと書くけいっつも長うなるんじゃと、今分かりました(笑)

じぇんじぇん組寝太郎鬼太郎豊岳@27期 」

___修道学園27期ML転記おわり

以下は47ニュース新聞社やテレビ局や地方自治体庁舎や公共機関のメールアドレスに向けて

7月9日以降2日間で送信したメール本文である。


民のかまど

【官邸とe-GOVに出しました】

https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose


「民のかまど」国家緊急事態宣言

なんか田んぼが洪水で軒並み冠水して、

地盤が流れて家も道路もぐちゃぐちゃの、

東北311の津波同様の被害が西日本全県と北海道東北で全国的に発生しとる。

大阪は地震の後じゃけ余計に深刻じゃし、山津波の恐ろしさが身に沁みる。

被害は150兆円こえるんじゃないか。

米も心配じゃ。

国家緊急事態宣言。

直ちに補助金投入してガソリン価格をリッター80円軽油を60円その他も

これに準じて全国一律値下げ、

消費税は処理がめんどいからそのまま。

直ちに高速道路を大型車全区間無料、

乗用車以下は公用の自衛隊消防車警察車両無料、

私用の一般使用車は全区間一律2000円乗り放題とする。

民のかまど期間中二輪車は白バイを除き高速道路通常料金。

料金所が壊れていれば無料開放。

これだけで劇的に自力復興する。上記の期間は2年間とする。

3年続けりゃ「民のかまど」だ。

https://blogs.yahoo.co.jp/nqqyx393/35556844.html


・・・・・

緊急事態だから高速道路のオービスレーダーは全部停止。

白バイとパトカーの常時パトロールだけとして

制限速度無し車間距離は指導のみをおこない、

車線変更方向指示違反と車線走行違反のみ警察権で停止させて取り締まる。

反則金徴収は憲法違反の罰金だから徴収無し、免許点数減点のみ。

酒気帯び取り締まりも同様。

但し事故があれば酒気帯びと事故の相当因果関係によって

故意の傷害殺人罪で

情状酌量無しの実刑を科す。

事故と酒気帯びその他の安全運転義務違反に相当因果関係が無ければ

刑事免責して民事責任のみ。

高速道路の飲酒運転は未必の故意の傷害殺人罪で現行犯逮捕

(一般道は無事故なら減点のみ)。


以上は全て裁判所で被告人として身分は問わず公開で刑事裁判すること。

警視庁長官でも総理でも裁判官でも国会議員その他公務員の、

勤労納税主権者国民全体に奉仕する憲法責務を負った公僕公務員でも、

16歳免許取り立て若者の勤労納税主権者国民でも、

なんびとも憲法と法律の前ではみな同じであるから。

これが日本国最高法規日本国憲法である。


いま日本で24時間不眠不休で自分の身を顧みず人の命を助けるために

火の中水の中に飛び込んで、

職務専念知識と技術の限りを尽くして粉骨砕身、

忘己利他慈悲布施菩薩武士道大和魂で不惜身命働いているのは、

消防隊員と自衛隊員と海上保安官だけである。


いま総理と最高裁長官が座して労せず得ている公務員最高年俸3000万円は、

24時間365日職務専念他人のために命を懸けて働き続ける

彼等にこそふさわしい。

________________________________

http://www.asyura2.com/16/senkyo218/msg/513.html#c16
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg