2006-08-21(Mon)

ブッシュ・安倍ラインについての二つの見通し

いずれにしてもロクなもんじゃない,ブッシュ・安倍晋三に引き回されるこの世の末を展望してみる。

二つの見方がある。ありのままの私,生活者の視点からの見方と,想像力の中の私,歴史的視点からの見方である。

生活者の視点からは,もう考えたくもない。リアルに考えれば考えるほど,鬱になりそうだ。ネオコンや安倍晋三などにとって,我々一般細民は,人間ではなくエサか燃料程度にしか見えていないのだろう。

エサか燃料の将来など,大便になるか大気汚染物質になるくらいしか思いつかない。

一方,想像力の中ではあれこれ考えることもできる。その過程にある悲惨なことはすっ飛ばして,その向こう側を考えることも,できなくはない。

一つは,アフガニスタン,イラクが次々と生まれてくることだ。レバノンが深刻化した場合,イスラエル軍だけではすまなくなるかも知れない。イランは石油を持っているのでそう簡単に屈服しない。ベネズエラのチャベス大統領も,南米各国を巻き込んで反米を明確にしている。
Chavez.jpg


一つ一つでは圧倒的な軍事力を持つアメリカも,これらが連鎖したならば,とても持ちこたえられない。イラクだけでもヨレヨレなのだ。アメリカの沈没は充分に考えられる。ただし,その過程は血みどろだ。

さらに,安倍晋三が私物化していく日本。安倍晋三に権力をとらせるための,この数ヶ月の異常事態を見るにつけ,アメリカの意図が働いているとしか,私には考えられない。そして,そのアメリカの意図は何なのかということだ。

安倍に甘い汁を飲ませるためにわざわざ支持を取り付けてやるような余裕は,今のアメリカにはないだろう。何らかの作戦があって,わざわざ安倍のような極端なキャラクターを権力に据えるのだ。

はっきり見えるのは,安倍を据えておけば,日本-中国・韓国-北朝鮮という三つどもえの緊張関係を醸成しておけるということ。そして,どれが突出することもなく,アジアにおけるアメリカのフリーハンドを確保しておけるということだろう。

しかし,それはあくまでアメリカの視点にすぎない。中国・韓国・北朝鮮の権力層はなるほど,アメリカの思惑通りに動くかも知れない。しかし,数百万人を日本人に殺された民衆の思いまでは,ライスもネオコンも思い至るまい。

あるいは,悪の偶像としている金正日が消えてしまうということだって,無いとはいえない。金正日体制あっての安倍晋三だ。もしこんなことがあったら,対応不能に陥ることは間違いない。それが,クーデターであれ革命であれ,コントロール不能なものであることは間違いないからだ。むしろ,このときこそ,日本が戦争につっこむ危険は高いといえるかも知れない。

いずれにしても,何らかの形で現状の緊張関係が崩れたとき,日本は沈みゆくアメリカの捨てゴマとして,戦場に投入されるだろう。そうして,日本もアメリカもボロボロになっていく。

この血みどろの過程で,安倍晋三の鉄砲玉として使い捨てられるのか,あるいはいずれかの時点で安倍晋三を引きずりおろし,方向転換できるのか。私たち日本の細民に問われていることは,そういうことではないか。

どう転んでも無傷で向こう岸にはたどり着けそうにない。そう思うと本当に気が重いが,しかし,向こう岸は必ずある。そう考えて生きてゆくことしか,私たちには残されていない。
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドイツ紙、靖国参拝を「愚かな判断の頂点」と・・・

夕べ偶然聞いたNHKの深夜ラジオ、「ワールドネットワーク」という番組で、各国在住の民間特派員というか、普通にそこで暮らしている日本人がその国の「今」を話してくれるという番組なんですけど、夕べはドイツ在住の永井潤子さんという方の話でした。彼女は、「小泉さん

小泉のヘボ英語に続くブッシュのこの笑い、。すべてを語るキャンプ・デービッドでの5年前の最初の記者会見。

 「竹中平蔵ってえのは、、。 」でお聞かせした録音の続きです。去年の9・11小泉

めぐみさんはやはり死亡していた?

小泉の靖国参拝報道の陰に隠されてほとんど気がつかなかった大切なニュース。きっとこのニュースが公になるのを恐れた政府がわざとメディアを躍らせて靖国参拝で大騒ぎさせたのかもね。日本政府の卑劣なやり方は、「安倍は総

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

軍隊なき占領―戦後日本を操った謎の男

軍隊なき占領―戦後日本を操った謎の男http://www.amazon.co.jp/gp/product/4062567199/250-3551083-0374628?v=glance&n=465392

要旨というか大要は
日本人が知らない 恐るべき真実の2006-08-03付けのエントリー
http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20060803
から延々と抜粋されています(笑)

これが岸の、そして安倍のベースを解明するMustReadの本かと。

自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg