2019-10-31(Thu)

腐敗や裏切りを乗り越える方法

ここんとこ ひどく寝付きがよくないです。
暑くも寒くもなくて、雨さえ降らなければとてもいい季候なのに、なかなか寝付かれずに3時とか、ちょっと寝落ちして気づいたら4時とか・・・
このままだと体に悪いので、書くことでリハビリをしたいと思います。

原因は、たぶんわかっています。
信頼してきた人に、裏切られたからです。
裏切りというとちょっときつすぎますかね。
信頼関係を壊された というほうが適当かもしれません。

具体的な名称などは書けません。さすがに。
私が、数年間にわたって信用してきた人 とだけ言っておきます。
(カミさんとか そういうのじゃないです。家庭はそこそこ平和です。)

及ばずながらも、あれこれ私なりに努力はしてきたつもりです。
あまり成果はでませんでしたが、自虐するほどでもなかったと思っています。

しかし、最後はカネです。
信頼関係よりカネを選択するという態度を目の当たりにして、私は愕然としました。
カネが大事なのは、私も重々わかっています。
零細個人事業者として、ほんとうにコマネズミのように走り続けなければならない毎日です。
それでも、青息吐息で毎月の支払いに一杯一杯。
「自己責任」がまかり通る今の日本で、カネの切れ目は死ぬほど恐いことです。

ですから、カネに貪欲になることには、私は何も嫌な気持ちはありません。
カネ=悪 みたいに言う人は、自分はあまり困っていないんじゃないですかねえ。

でも、それとこれとは別です。
いくらカネが必要でも、平気でこれまでの信頼関係をぶちこわしてしまうのは、私にとってはショックでした。
まあ、この世では普通なのかもしれませんが・・・



違法行為とか、犯罪の類いではないので、これ以上ひっぱるつもりはありません。
気分を一新して、自分なりの行動を探そうとは思っています。

思ってはいるのですが、その方法がうまく見つかりません。
腐敗を目の当たりにしてしまったとき、裏切られたと感じたとき、どうやって乗り越えていけばいいのか。。

いろんな方法は思いつきます。
ひとつは、徹底的に糾弾することです。
不誠実な態度をとことん追及して、悔い改めてくれることを期待するという方法です。
しかしこれは、多くの場合、憎しみをかき立てて、険悪な関係だけが後に残るということになりがちです。

反対に、なかったことにする という方法もあります。
記憶にフタをして、そんなことなかったことにする。気にしない気にしない。。。
こんなことをすると、精神的に病みますね。私の場合。
それに、何が越えてはいけない一線なのかをアイマイにした関係は、どこまでも腐敗していくでしょう。

あとはそうですねえ 何も言わずに関係を断つ というのもあるかもしれません。
ハードボイルドかもしれませんが、モヤモヤしますよ。
陰にこもって、いちばんヤバいヤツですね、この方法は。

このあたりを、私の脳内でぐるぐる回っているうちに、夜は更けていくわけです。。。。

堂々巡りになったときにどうすればいいか。
まずは、視点の位置を変えてみることでしょうか。
いままで地上1.5mだったものを、せやろがいおじさんみたいにドローンにのせて上空に飛ばしてやるとか、せめて2階の窓くらいに移動するとか。
そうすると、目の前でボコボコになった信頼関係の残骸だけじゃなくて、自分の姿も周りの人たちも、いろんな関係が見えてきます。
で、何でこんなことになったんやろ と考えてみるのです。

これも、具体的なことは書けませんが、言えるのは、もたれ合いの関係がよくなかったんだろうな ということです。



唐突ですが、自立と共生という言葉 みなさん知ってますよね。
小沢一郎さんの政治理念の核になる言葉で、いろんな理解のされ方をしています。
日本人の心構え的なとらえ方もあれば、私なんかは、ちょっとうがった見方で「日本の独立と、戦争の回避」という意味だと理解しています。

いずれにしても、あの言葉の中で先に来るのは「自立」なんですね。
自立があるからこそ、共生ができる。という意味。
なんだ それじゃ「自己責任」と同じじゃないかと言われそうですが、あれは反対なんです。
自立どころか寄生虫のように他人の生き血を吸う連中が、血を吸われてフラフラになっている人に投げつける
言葉が「自己責任」。
「自立と共生」の正反対 「寄生と排除」こそが「自己責任」というやつです。

何でしたっけ、そうそう 「自立」が大事という話しです。
これは、何をやるにも、基本中の基本なんですね。今さらですが。
目標設定、行動規範、もちろんカネの扱い方も。
諸々を、ちゃんと自立して設定していれば、裏切っただの何だのというゴチャゴチャした話しにはなりようがなかったはずです。

ということは、信頼関係などに依拠してはいけない ということなのかもしれません。
なるほどねえ。

正しいことはいつも楽しいとは限りません。
正しそうなほうに進めば進むほど、つらいこともあります。
だから、「なかったことにする」なんてことが世の中には結構多いんでしょう。
気持ちは よ~~くわかります。

よくわかっちゃうので、結局どうしたらいいのかはわかりません。
わが明月社のプロフィール欄には、「楽しいことしかしたくない」って書いてあるのに、やっぱり気分は晴れません。

でも。書くことで少し救われた気もします。
14年前にこのブログを書き始めたときの原点にもどたような気もします。
書かないといられないから書く。
そんな自分勝手なブログでいいんだと、久しぶりに気がつきました。

そろそろ寝られそうです。
おやすみなさい。

関連記事

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
れいわ新選組
山本太郎の乾坤一擲!
sinsengumi.png 
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg