2005-10-13(Thu)

平原綾香・ジュピターに思う

改革ファシズムを止めるブロガー同盟



ファシズムへの転換点は1973年だった。
1999年でもなく、2005年でもない。

なぜならば、ファシズムというのは、民衆の絶望感とそれ故の思考停止が一番の特徴だからだ。反動政治家やアホな政治家は幾らでもいる。それを思考停止に支持するようになった下地は、いつできてしまったのか、ということだ。

1973年は、私、明月は12歳。子どもとは言え、浅間山荘事件はリアルタイムでテレビを見ていた。 結構ハッキリと覚えている。 ただ、この事件を軸にして、日本中におきていたことは何も知らなかった。

何度も書いているが、この時「真理は少数にあり」と言ったのは羽仁五郎師だ。他に誰がどうコメントしたかは知らないが、ほとんどのサヨク的な識者は内ゲバ反対、過激派反対になってゆく。

もうこの時点で、ファシズムまでは時間の問題だったのだ。なぜなら、22年後の「オウムに対しては何をしてもいいんだ」という思考停止状態と、まったく同じ構造だからだ。

要するに、何かの悪いところを徹底的に突きまくり、そいつらには何をしても良いんだ とする思考停止状態

この世に「良いもの」などあれば教えて欲しいくらいで、悪い部分には事欠かない。自らの悪には徹底的に寛大で、というか、自らの悪を自省する苦しさから逃れるために、他の悪を突きまくる。そして、法律も、民主主義も、人権も、まったくお構いなしに責め立てる。

この現在のファシズムの構造は、繰り返すが、昨日今日できたものではない。 1973年以降の、いわゆるシラケの時代にできたものだ。

シラケとは、正確には絶望であり敗北感だ。 ひとは、絶望や敗北感をいつまでも抱き続けていられるほど強くない。 だから、全共闘世代は、自らの記憶を追い隠すように企業戦士となってゆく。

しかし、10年遅れの私に言わせれば、そんなことくらいで、いちいち絶望するなよ、と言いたい。 当時はまだ、絶望しても食っていける結構な時代だった。 けれども、これからは違う。 絶望したものは、ファシストとして自らを誤魔化し続けるか、うつ病になるか、自殺をするか、という選択を迫られる。 現に迫られている。

今からでもいい。 一筋の希望を取り戻そう。 真っ赤な太陽のような、大きなゴールゲートのような、そんな希望を期待してはいけない。希望なんて、たとえあったとしても明け方の空の新月の光。有るか無しかの仄かな光なのだ。

平原綾香のジュピターに、こんなフレーズがある。「夢を失うよりも、悲しいことは、自分を信じてあげられないこと」

政治も何にも関係なさそうな19歳の女の子が、こういう覚悟で生きている時代なんだ。 いい年こいたもんが、絶望だなんて簡単に言ってはいられない。

(作詞は別の人になっているが、ほぼ自分の作詞だとラジオで言っていた)
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

憲法9条は人類史的意義もつ

武装抵抗しない、と言う選択肢もありえます。現実問題として武装抵抗そのものが国民の財産生命を守るものではない、と言う事も事実です。守るものではないどころか積極的に国民を攻撃する事実があるもの確かです。結果的には武装抵抗により守られたことなど歴史的にはありま

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg