2023-12-15(Fri)

フリーパレスチナのフリーは動詞である ~祈りではなく行動を~

イスラエルがガザの虐殺をやめようとしない。
ニュースを見る度、数々の動画を見る度、胸が締め付けられる。

これまで何度も抗議活動はしてきた。
そこで私たちは Free Free Palestine! と叫んだ。
今だって叫びたい

ただ、運動に関わっていくうちに、人によって フリーパレスチナの捉え方、訳し方が違うのではないかと感じるようになった。
私は何の疑問もなく、Free は動詞であり 「解放」という意味だと思っていた。命令形なので「パレスチナを解放しろ!」という意味だ。
しかし、人によっては「パレスチナに自由を」と訳すようだ。

間違ってはいないが、なんとなく温度差を感じる。
おそらくは Free を形容詞で「自由な」と捉えているのだろう。
そして、「自由なパレスチナ(が実現しますように)」 という意味で 「パレスチナに自由を」と訳すのだろう。

動詞と形容詞で何が違うのか。
よく考えると決定的な違いがある。
動詞の場合は、命令形なので省略されているが、主語があるのだ。
つまり、今現在パレスチナを収容所のように封鎖し、地獄の殺戮を行っているイスラエルに対して、「解放しろ!」と言っているのだ。
ここに曖昧さはない。

しかし形容詞の場合は、誰に向かっていっているのか、ただ単に天に向かって祈っているのか、分からない。
ただ、「自由なパレスチナ」と、現状とはかけ離れた夢の世界を唱えているだけだ。

私たちの暮らしている日本の政府もまた、イスラエルによる封鎖と虐殺に加担している以上、少なくともイスラエル、米国、日本の責任を明確にしないスローガンなど欺瞞なのではないか。

■目の前で虐殺されているのに黙祷?

今の時点で黙祷を行うのも、非常に抵抗がある。
なぜなら、今まさに目の前で次々と虐殺が行われている最中だからだ。
黙祷は、惨禍が過ぎてから、振り返って死者を悼むものであって、目をつぶっている間にも何人もの人が殺されている状態で、することではないと思うのだ。

何千キロ離れていたとしても、気持ちの上では目の前で虐殺されていると思えばそれは明らかだ。自分の目の前で人が殺されかけているのに、それを止めるより先に1分間目をつぶっていたら・・・・
停戦にすらなっていないのに黙祷をするというのは、そういう想像力の欠如を感じてしまう。

Free を形容詞にしたり、黙祷をしたりする行為に共通しているのは、敵がいないということだ。
アクションであっても闘いではない。
いくら声を上げても、行動を起こしても、それをぶつけて、封鎖と虐殺を辞めさせる相手=敵がいなければ、それはただの祈りだ。
祈りでは止まらないから こんな悲惨なことになっているのではないのか。

ガザの南部に追い詰められて、本当に祈ることしかできないガザの人々。その祈りの声を聞いて、安全地帯にいる私たちも同じように祈るのか?
ちがうだろう。

日本に住んでいる私たちの責任は、日本政府を動かすことだ。
世界各地で巻き起こっている数十万人の抗議デモは、各国の政府を動かし、国連では193カ国中153カ国が賛成して停戦決議が成立した。10月の決議は賛成は121カ国だったので、32カ国も増えている。日本も前回は棄権だったのが賛成になった。

国連総会の緊急会合 ガザの停戦求める決議案 賛成多数で採択
2023年12月13日NHK


もちろんあまりにもイスラエルの虐殺がひどすぎて各国もかばいきれなくなったということもあるだろうが、根本的には「イスラエルを支持し続けると政権がもたない」という危機感だ。
米国ですら、そうとう動揺している。

ただ、本気で止めさせるためには、カネと兵器と石油を止めなければならない。そこまでしなければ、イスラエルは「しょせん口だけだろ」と高をくくって、虐殺をやりつづける。
まずは米国からの資金と兵器の提供をやめさせること。そのために、日本政府を動かすこと。
それが私たちの第一義的な責任だ。

■いろいろあるけど、明日12月16日 関西ガザ緊急アクションへ

と、いろいろ言いたいことはあるけれども、明日16日は以下の緊急行動に集まってください

【ガザ緊急アクション】
●集会15:30〜16:00
(扇町公園・南西角スペース)
https://x.gd/a3zSn
●デモ16:10〜
梅田OS劇場前流れ解散
●リレースピーチ
17:30〜18:30
JR大阪駅御堂筋北口歩道
(ヨドバシ前向かい歩道)

雨天決行です。雨の可能性があるので、集会とデモはカッパなどをお忘れなく。
大阪駅は屋根があるので、大丈夫

#FreePalestine
#StopGazaGenocide
#ガザ侵攻やめろ





関連記事

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg