2006-10-18(Wed)

やはり追い込まれているのは中国

「北朝鮮、勧告聞かなかった」 中国主席が不快感表明

 中国の胡錦涛(フー・チンタオ)国家主席は17日、訪中している扇千景参院議長と会談した。日本側出席者によると、胡主席は北朝鮮の核実験について「残念なことに北朝鮮は我々の勧告を聞かなかった」と述べた。中国の指導者が友好国・北朝鮮への失望を率直に示すのは極めて異例だ。 (2006年10月17日朝日)


北朝鮮を使ったアメリカの揺さぶりにフラフラになっている中国の様子がうかがえる。
このままでは,アメリカの言いなりになるしかないという危機感が,胡錦涛のフラストレーションを極限まで高める。

この窮状に手をさしのべるのは誰か。

シラク仏大統領が訪中へ 北朝鮮核問題など協議

 中国外務省の劉建超報道局長は17日、フランスのシラク大統領が25~28日に中国を訪問すると発表した。劉局長は「朝鮮半島の核問題は国際社会が注目し、ともに国連安保理の常任理事国である中仏両国も強い関心を寄せている重要な問題だ」と指摘。胡錦涛(フー・チンタオ)国家主席との首脳会談で、北朝鮮の核問題が主要な議題のひとつになるとの考えを示した。イランの核問題についても意見を交わすとみられる。(2006年10月17日朝日)


イランとの共同の核開発を含めて,主導権を握ろうとするフランスが,アメリカの一人勝ちを牽制するために,中国と手を組もうという動きと読める。

イラン核問題:イラン、ウラン濃縮で「フランス企業と企業体」

 イラン原子力庁のサイディ次官は3日、仏ラジオで「ウラン濃縮のために、イラン国内で仏原発企業と国際企業体を発足させる」とする新提案を表明した。サイディ次官は「フランスが(イラン側と)国際共同企業体を作ってはどうか。フランスは仏企業を通じてイラン側の核開発活動を確実に監視できる」と述べた。(2006年10月4日毎日)

4日間も中国に滞在するシラクが,どんな動きをするのかは注目したい。もしも,中国がフランスの誘いに応じて,人民元・ユーロ連合の素振りを見せると,アメリカはものすごい反応をするだろう。そして,その「反応」の動きを請け負うのは,安倍ジャパン。

核武装だ周辺事態だと,ますます大騒ぎして中国に圧力を掛けるだろう。テコの支点が北朝鮮,先端が日本,そして元を動かしているのはアメリカ,という構図だ。

中国やフランスを応援するものでは決してないけれども,現に日本に暮らすものとして,この世界のブロック化,戦時体制へのテコの先端を担うのか,へし折るのかが問われている。

筋肉質にはほど遠い腕力しかないけれども,
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

北朝鮮に行きました

2000年7月、北朝鮮に行きました。百聞は一見に如かずですね。ニュース見ててもあまりに情報が少なくてピントがずれてるんで、ブログを書く気になりました。

世界は腐った

前々から思っていたことだがこの世界は腐っている!アメリカは核爆弾をなくそうと言いつつも自分たちは10000発以上の核爆弾を持っているし、中国は

抜け出す第一歩は「隷属の認識」

国際寄生者は、巧妙に「知的謀略」を駆使して、宿主構成員(我々)が奴隷であることや隷属していることを感じたり認識しないようにしてきた。 「自分と家族が共同体のなかで自立して生存できる条件を保有していないこと」を、土地に縛られない自由の獲得だと説明している。

ノニの収穫 & 検索エンジンの怪

◎ ノニの収穫 ◎我が家の窓の下に生える3本のノニの木が、雨がちな天候で水に恵まれたせいか、どの枝にもたくさんの実をつけた。これらは2年半前の台風後に自然に生えてきたもので、あまり背が高くなりすぎないように、ときどき木の先端を摘んでいるので、高さは軒先程度だ

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

人民元を論じる視点

こういうのもありますね。

NET EYE プロの視点
21世紀の米外交と国際情勢
北朝鮮核実験の背後にあるもの(10/16)
http://www.nikkei.co.jp/neteye5/sunohara/20061012n99ac000_12.html

北朝鮮を巡る中国のPower Politics

唐家センの動きから中国は金正日体制のレジームチェンジも止む無しと覚悟を決めたと、私は思います。

私の見解の詳細は↓次のコメント欄に3本書きました。

花・髪切と思考の浮游空間:ライス国務長官来日 -訪問は北朝鮮核実験問題を解決できるか
http://blog.goo.ne.jp/longicorn/e/9648d655d44fbe70d2924d624ed45d6e

はじめまして、いつも興味深く拝読いたしております。

>やはり追い込まれているのは中国

一方で、正反対の見解もあることをご紹介申し上げたいと思いまして書き込みました。
・太田龍の時事寸評 平成十八年(二〇〇六年)十月十六日(月)
(第一千八百三十五回)
「ヘンリー・メイコウ曰く。中国は米国に北朝鮮(核実験)を使って、王手!!をかけた、と。」 
http://www.pavc.ne.jp/~ryu/cgi-bin/jiji.cgi
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg