2005-10-18(Tue)

あらためて憲法を読んでみる

改革ファシズムを止めるブロガー同盟


コイズミ総統の昨日の靖国参拝は、言うまでもなく挑発だ。国民の半数に対する脅迫と、アジア各国に対する挑発である。

この事態に対する共産党などのコメントも、問題ありだ。すぐに「アジア各国からの批判が避けられない」という話をする。

もちろんそれはそうだ。した方はすぐ忘れるが、された方はそう簡単に忘れない。ただ、問題は、志位さんも日本人だ。だから、日本人として、主体的にコイズミ総統の挑発を批判しなければオカシイでしょ。

コイズミ総統の「心の問題に他人が干渉すべきではない。外国政府がいけないとか言う問題ではない」という会見は、「オレには法律も憲法も関係ない。オレの心の向くままにして何が悪い。」という、ファシズム宣言だ。せめて「憲法違反のファシズムだ」と批判する政治家が、なぜか自民党のほうにいそうだというのが、まったく情けない現状だ。

マスコミもほとんどが、アジア各国に批判の下駄を預けて、責任逃れだ。こういう報道しかしないから、「外圧に負けるな」というふざけた、逆ギレ右翼が市民権を持ってしまうのだ。

それにしても、憲法は満身創痍だ。実質的には既に改憲されてしまっているかのような気もする。

憲法をあらためて読んでみよう
国会図書館http://www.ndl.go.jp/constitution/etc/jyobun.html

第1章天皇
「この地位は、主権の存する日本国民の総意に基づく」
少なくとも私は戦争責任をシカトした天皇制に反対だから、総意でない。

第2章戦争の放棄
「戦力はこれを保持しない」
自衛隊が戦場にいる映像を毎日見ている子どもに、これをどう教えるのか???

第3章国民の権利及び義務
「いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない」
創価学会と靖国神社をのぞいて

「一切の表現の自由は、これを保障する。通信の秘密は、これを侵してはならない。」
一切という言葉の意味は、例外を認めないという意味だ。たとえ、首都を爆破するという計画だったとしても、だ。オウムであろうが、ビンラディンであろうが、もし仮に、本当に危険な計画があったとしても、それでも盗聴はしてはいけない、というのが憲法の精神だ。そこまで覚悟してファシズムを防げ、というのが憲法の精神だ。要するに、テロリストよりもファシストのほうが危ない、というのが憲法の精神だ。
盗聴法、共謀罪、個人情報保護法、すべて憲法違反なのは、一目瞭然だ。

「学問の自由は、これを保障する」
いまや、大学のカリキュラムまで文科省が口を出している

「その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利」
江崎玲於奈(教育改革国民会議座長)曰わく 就学時検診で遺伝子検査をせよ

「勤労者の団結する権利・・・は、これを保障する」
国鉄、電電公社、郵政、国家公務員、地方公務員、組合つぶしのカイカク路線に連戦連敗。首を垂れた連合は、翼賛会と化しつつある。他方で、中小企業に働くものには、組合なんて口にしただけで首が危ないのが現実

第9章 改正
「この憲法と一体を成すものとして、・・・」
改憲は、現憲法と一体を成すものでなければならない。その精神において異なるものは、改憲ではなく、クーデターか革命だ。
戦争責任にフタをしたひき替えに、ファシズムと戦争を封印したのがこの憲法の精神だ。これ反する改憲は、改憲ではなく、現国家の転覆である。

第10章 最高法規
「この憲法は、国の最高法規であって、その条規に反する法律・・・は、その効力を有しない」
効力を有しない数多の法律が、警察・検察権力の「テロリズム」によって強制されている。

・・・・・

アレコレ書き出したら止まらないが、とくに第3章は既にボロボロだ。
外堀はすべて埋められてしまった感がある。

例によって、マガ9ブログを見る。この砦とも言うべきマガ9にして、手続き論に取り込まれているような感じもする。

国民投票法は、手続き論ではない。改正で、憲法の精神まで変えることは許されていない、ということを、ハッキリ主張するべきだ。

「戦力も交戦権も持たない」という憲法が、「戦争する」という憲法に改正される、ということはあり得ない話だ。これは、違う憲法にする、ということだ。帝国憲法から、現憲法に変わったときと同じくらいの、(向きは逆だが)変化なのだから、いわゆる「改正」ではない

いわゆる広い意味での護憲派は、この点をもっとハッキリさせるべきだ。

関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

盗聴法について、何の前触れもなく、考えてみる。

人権擁護法案、共謀罪など、問題のありそうな法律が、国会に提出され、審議されています。まだ成立していませんが、法律ってのは「世の中」をよくするためにあるもんではないかという視点でみると、この二つの法律はどうかな?と考えてしまいます。今回は「犯罪捜査のための

共同通信「共謀罪に反対の声明 マスコミ労組」

☆共謀罪に反対の声明 マスコミ労組(共同通信) http://www.sanyo.oni.co.jp/newspack/20051020/20051020010021501.html http://www.asyura2.com/0510/senkyo15/msg/950.html

愛媛新聞社説「共謀罪 乱用防止に欠かせぬ抜本修正」

☆共謀罪 乱用防止に欠かせぬ抜本修正(愛媛新聞・社説) http://www.ehime-np.co.jp/rensai/shasetsu/ren017200510203509.html http://www.asyura2.com/0510/senkyo15/msg/949.html

小泉首相の靖国参拝について

まとまりませんが思いつくままに書いてみたいと思います。とりあえず、「小泉さん」と呼ぶのはやめてみようと思う。彼がどういう人間で何を考えているのか、もはや、誰にも分析できないけれど、首相なのだから、一個人としてとらえるのはやめてみよう。「そんなにA級戦犯...

小泉首相が靖国参拝にこだわる理由

小泉首相が靖国神社を参拝した。公人にあたる人物の靖国神社参拝についての僕の考えは、「未来に続く靖国問題」、「靖国参拝の不思議(上)」、「靖国参拝をどうするのか? 」「(補稿)靖国参拝をどうするのか?」などで縷々語ってきたので、繰り返さない。ここでは小泉首

政府・与党が今国会での「共謀罪」新設を断念か?

☆共謀罪新設:今国会断念へ 民主党の反発強く 政府・与党(毎日新聞) http://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20051018k0000m010146000c.html http://www.asyura2.com/0510/senkyo15/msg/775.html

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

頭おかしいなオマエラ

靖国参拝は日本国民の義務として俺は考えている、それを否定する日本国民は気違いだ、昔未来のためと思って必死に戦ったりしたのに未来の人間に馬鹿にされる、これほど嫌なことはないと思う、馬鹿にした人は自分の先祖を馬鹿にしたことになる、俺は未成年だが、それくらいわかる、靖国がどうとかうるさく言う右翼はただのガキにすぎない

憲法って何?

みなさんコメントありがとうございます。 憲法は、守りたい人が守ればいいものなんですかねえ??? 「現状が憲法に合わないから憲法を改正する」て言うけど、これって「現状は憲法違反です」と言ってるわけですよね。 こんなことを言う人が、憲法で定められた首相だとは、とうてい思いえないんですよね。 憲法は権力の暴走を止めるための法律です。 この憲法に縛られないことを宣言した人を首相として選んでいる、という現実は、確かに直視しなければならないのは確かですね。

総統じゃなくて首相

確かにその通りです。
現首相が、首相らしく憲法に拘束された振る舞いをしてくれたらちゃんと首相と呼ばれるかもよ。

小泉さんは「総統」じゃなくて「首相」です
そこ大事なとこなのでお間違いなく

はじめまして

靖国についてのコメントを調べてるうちにこちらに参りました。
建設の労働組合で働く者です。
鋭い指摘をされているので、思わずコメントさていただきます。

「改憲ではなく、現国家の転覆である。 」
「帝国憲法から、現憲法に変わったときと同じくらいの、(向きは逆だが)変化なのだから、いわゆる「改正」ではない。」
との指摘はまったくその通りだと思います。

帝国憲法から現憲法への改正を「8月革命」として説明する学説があるわけですが、そういう点からすれば今後行われようとしている「改正」なるものも、いわばそれとは逆方向の「革命」の形式的「完成」を意味するのだろうと考えています。

「9条の会」といった活動が一部でなされていますが、入り口としてはわかりやすいとしても、もっと多面的にこのファッショ自体を批判しなければ。

靖国もそうですが、「外交」「アジア(被害者)への配慮」「平和」といった「わかりやすい攻め方」で共感を呼ぼうという「作戦」は必要なのかもしれませんが、それだけで勝てるような相手とも思えません。

うーん。まとまらないんですが、又このブログを拝見させていただいて、いろいろと参考にさせて頂きたいと思います。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg