2006-10-27(Fri)

藤田氏の決起の意味

らくちんランプさんから先のエントリーに訂正依頼をいただいて,あらためて,藤田氏の決起の意味は何なのかと考えてみた。

時間がないので,単純思考になるが,

1.アパグループなどの偽装疑惑をあらためて提起した
2.川崎市や日本建築センターなど,自治体や天下り団体の偽装疑惑を提起した
3.これが,個別的問題ではなく,国の認定や制度などの問題であり,日本中に耐震偽装がはびこっている可能性を明らかにした
4.徹底して安倍晋三に突撃直訴することにより,安倍晋三とそれを取り巻く国家権力の姿を目の前にみせてくれた

らくちんランプさんの指摘は,「偽装を見抜けなかったのは検査会社の手抜き」という論理は,このうちの一番大事な3番目の論拠を揺るがすという意味だったのかと思う。

耐震偽装がはびこる理由は,根本的には安倍晋三などの権力者と癒着した業者に,一番の原因がある。そして,癒着としか言えない態度で業者に道を開いている国家権力も同罪である。

その際に,中間に挟まった検査会社というものが,その癒着のトライアングルの中にいるのか,そうでないのか,というのが,問題意識の焦点だと思う。

結果として,偽装を見抜けなかったことは事実だ。そして,技術的には絶対に見抜けないようなものではないことも,前回書いたとおりだ。

だから,なぜ通ってしまったのか,は二つに一つしかない。そこまで手をかけなかったか,分かっていて通したかだ。
そして,この偽装を分かっていて通したとしたら,まさに癒着のトライアングルの一角を占めるということになる。

私が一番知りたいことは,そこだ。

状況証拠から見ると,今まで名前が挙がっている中では,ERIは臭い。建築士でない設計士(?)のアトラス設計なる怪しげな人物がどこからか湧いて出てきたりして,怪しげなことこの上ない。

川崎市や日本建築センターは,偽装が発覚した後に誤魔化しているのは間違いない。最初の検査時においては,官民癒着の可能性もあるし,ただのザル検査の可能性もある。

このときに,偽装を見抜けなかったことの責任論は,確かに意味がない。見抜けなかったではなく,知っていて通した ということを問題にするからだ。
「見抜けなかったのは検査会社の怠慢」論も,「見抜けなかったのは国の基準が問題」論も,どちらもこの際は問題外だ。
前者は,個別会社の責任論で終わってしまうし,後者は制度改革で終わってしまうからだ。

本当にそうだったのか。知らずに見抜けなかったのか。そうではなくて,知っていて通したのではないのか。それが問題だ。

いずれにしても,今回の耐震偽装事件は,総研がらみの一連の事件も,アパグループの事件も,一般論に流すことなく,具体的に関係者を洗い出し,構図を明らかにし,断罪することが何よりも大事だと思う。

建築士法を変えたり,罰則を厳しくするのは結構だが,それで今回のことを流してしまってはいけない。安晋会に関わるものも含めて,具体的に引きずり出さなければならない。

藤田氏の決起は,そのための大きな飛礫になった。その行為をおとしめるつもりは,もちろんない。前回のエントリーで書いたことは,藤田氏を応援する意味で書いていることは,分かっていただけるかと思う。

関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

下村発言に「言論封殺はできない」 -安倍首相 

側近の下村博文が従軍慰安婦問題で旧日本軍の関与を認めた「河野官房長官談話」の内容を再検討する必要性に言及し、さぞかし安倍晋三も頭を痛めているだろうと思ってはならない。たしかに、官房長官・塩崎恭久が打ち消しに回っている。曰く、「個人的な考え方ということで

損得勘定から国家破産を考える

● 統治者の意図的破壊行為や無能の可能性国家破産(債務不履行)の可能性は、それによってどういう損得が発生するかということを軸に考えると見えやすいと思います。ざっくばらんに言えば、国家破産したほうが支配層にとって得であれば、意図的にでも(必要がないのに)債

藤田氏の決起の意味

前回紹介した「構造計算」「 イーホームズ藤田社長のメッセージを解説してみる」の名月さんのブログ”反戦な家づくり”から新しい記事が「藤田氏の決起の意味」である。らくちんランプさんから先のエントリーに訂正依頼をいただいて,あらためて,藤田氏の決起の意味は何な

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

Mission for freedom and democracy

Mr. Fujita Togo & his supporters begin to fight a good fight against Darth Vaders in Japanese mass media for freedom and democracy. One day they will tell their children the story of the struggle for justice in Autumn 2006 in Japan. They believe that no one can kill the truth.

fujitaトーゴ及び彼のサポータ氏は自由および民主主義のために日本のマスメディアのDarth Vadersに対するよい戦いを戦い始める。 1日それらは子供に日本の秋2006年以内に正義のための苦闘の物語を告げる。 彼らは誰も真実を殺すことができない信じる。

http://gogofujita.blogspot.com/

はじめまして

初めて訪問しましたが、大変興味深く読ませて頂いています。
ところで藤田氏糾弾側の第一声はほとんどが「自分とこでザル検査やってた分際でー」って感じですよね。
そこで前から気になっていたんですが「偽装発覚のため確認申請が降りなかった事例」っていったいどれくらいあるのでしょうね、イーホームズに限らず確認検査機関全体で。

まあバレたらバレたで「書類不備」だの「計算ミス」だので逃げそうではありますから正確なところは分からないかもしれませんけど。

この結果が明らかに低い数値であれば現在の確認検査制度がそもそも機能していない事を如実に示せるのではないでしょうか。
(個人的には他の観点から充分示されているとは思うんですけど)

本日のタイトルとは直接関係のないコメントですみません。


山崎行太郎の『毒蛇山荘日記』
2006/10/27 (金)

http://www4.diary.ne.jp/user/412147/

ワインの会、追加です

鳩山さんは夫婦揃ってワインの会、所属でした

http://www.apa.co.jp/appletown/pdf/wine/0411_wine.pdf
こちらも紹介して下さい


おっと永田さんも忘れてた

http://www.apa.co.jp/appletown/pdf/wine/0412_wine.pdf

まずかったら、削除して下さい

鳩山さんもワインの会、所属ですよ

http://banmakoto.air-nifty.com/.shared/image.html?/photos/uncategorized/apahato.jpg

こちらも紹介して下さい


立花隆の「安倍一族の魑魅魍魎」

http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/061026_ichizoku/
***
ちなみに「週刊現代」も「週刊朝日」も、これらの記事に書かれたことについて、安倍側に質問状を出しているが、安倍側からまともな返答が返ってこなかったと記している。
安倍首相はなべての問題について、自分に不利な事実が出てくると、逃げてばかりいたり、あるいはあいまいな答えしかしなかったりする性癖があるようだ。
そういう点から見ても、総理大臣としての適格性に欠けているといわざるをえない。
***

仮に検査機関がどんな優れた検査方法を考えても、どんな厳しい検査作業を行っても、悪意の偽造者は新たな手を考え出すものです。

元凶の偽造設計者とその利害関係者が存在する限り、どんな厳しい検査をしても新手の偽造方法が考え出されるものです。

なぜなら、偽造によるコスト削減は関係者に大きな利益をもたらすからです。

一級建築士制度や確認検査制度は、そのような犯罪の存在を前提として設けられておりません。政府はそのような事態を想定しませんでした。

しかし、この事件はそれを知った上での犯行であり、犯行発覚の際には、検査機関に罪をなすりつけることができるとの目論見の上に行われた犯行です。

そもそも、これは、現在の業界・行政体制では絶対に発覚しない性質の事件でした。

しかし、誰もが不利益を被ることが明らかなのに、なぜかある関係者が事件を国交省に通報して公になったというのが、最大のポイントです。

その通報者が何ら感謝もされず、褒美ももらえなかったというのも不思議です。

ありがとうございます

明月さん、こんにちは。
私の本文訂正のお願いについて、真摯な態度で応さり、誠に有り難うございました。
私は根が正直な者ですから、イーホームズの藤田氏は、アトラス設計の渡辺氏から「SSⅡの数値を変える偽造手法」という情報を入手した後、指定確認検査機関の本来業務ではない再計算を行い、出来うる限り偽造物件を洗い出し、その全てを公表したと信じています。
 かたや、日本ERIは、出来うる限り偽造物件を隠蔽しました(あえて具体例はあげませんが、ネット上から得られた情報から私が下した結論です)。
 告発者保護の観点からこの両者を比較すれば、日本ERIこそが指定確認検査機関の取り消しを求められるべきであり、検察は日本ERIの資料を没収し、構造計算書の再計算を行い、その事実関係を速やかに公表することこそが、あるべき姿だと思います。
 私自身は、建築の専門家ではありませんし、業界内部の詳しい事情や、いわゆる「倫理」は存じ上げませんが、長年他の業界の物作りに携わっている者として、今回の耐震偽装問題を、現在の国交省の方針通りに処理することを、事の重大さに気が付いている民間人が見逃すと言うことが許せなかったのです。
 今回は、明月さんに大変な手間を取らせまして、誠に申し訳ございませんでした。

こんばんは!^^

はじめてコメントさせていただきます。わんばらんすのココロと申します。事後報告になってしまいましたが‥
先日の<イーホームズ藤田社長のメッセージを解説してみる>を私のブログで紹介させていただきました。その後、訂正などがあったようですね。明日でも記事の追記をしておきます。これからもよろしくお願いします!^^まずはご報告まで。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg