2006-10-31(Tue)

「必修逃れ」騒動の怪

いよいよ,死者が。

「必修逃れ」を苦か、茨城・佐竹高校長が首つり自殺

 30日午後4時5分ごろ、茨城県大子町左貫の山林で、必修逃れが判明した県立佐竹高校の高久裕一郎校長が首をつって死んでいるのを、捜していた大子署員が発見した。
 近くに「先に行きます」などと書かれた遺書が落ちていたことから、同署は自殺とみて調べている。
(中略)
 高久校長は県立大子二高の校長を務めた後、今年4月、同校に着任。県教委によると、高校の各年度の教育課程は前年11月に作成されるため、高久校長は佐竹高のカリキュラムの作成にはかかわっていないが、教員に対しては「管理職である我々が責任を持って対応する」と話していた。
(中略)
 高久校長は29日夜、自宅に戻らなかったため、心配した家族が捜索願を出し、同署員が自宅から約1・7キロ離れた山林で発見した。
(2006年10月30日読売新聞)


自宅から1.7キロも離れた山林で首をつっているのを,よく次の日に見つけられたものだ。

カリキュラム作成に関わっていないのに,本当に自殺するだろうか。

もし「必修逃れ」を苦にしたのなら,「先に行きます」なんていう簡単な遺書を落としていくものだろうか。

そんな直接的な疑問から,さらに

これまでず~とやってきたことが,なんで今,安倍晋三が教育基本法の改悪をしようという時になってやり玉に挙げられるのか。

という根本的な疑問に行き着く。

教師のいじめ問題は,明らかに日教組つぶしだ。虐めている教師は確かにいるだろうし,そいつらを庇う気はサラサラ無いが,それとこれとは別問題だ。

これまでも多くの命が散っていったのに,なぜ今になって大騒ぎするのか,と言えば,教育基本法をワヤにするためには,日教組の口を封じる必要があるからだ。

同じ観点で「必修逃れ」の大騒ぎを見ると,虐めと全く同じ理由で,教師を社会的に貶めようという狙いと,世界史を必修からはずそうという狙いがうかがえる。

現行法下での教師の立場を下の下まで落としておいて,信頼回復の為には,生徒を「飼い慣らし」親や社会に「ショック療法」を施すしかない,というところに,教師自体を追い込んでいる。

試しに,今,教師が何か社会的に発言しても,「虐め教師」とか「必修逃れ」とかの罵詈雑言が,マスゴミに満ちあふれるだろう。
(「ウザイ」「死ね」と変わらない)

そうして考えてみると,佐竹高校の高久校長の死は,いよいよ不可思議な印象が深い。
「必修逃れ」に関する教育委員会や文科省の関与をつかんでいたとか,何かありそうな気がして仕方がない。

※森喜朗が,文部科学省を批判されても今の文部科学省は何も権限がないから,教育権を何とかしろ と言ったとか。
実際は権限がないなんてことは全くないが,それにしても,教育権を国家が全面的に取り上げてしまう というのがこの騒ぎの終着点ということを,あからさまに言っているようなものだ。
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★悪が勝つ

                都教委「必修逃れ」容認         読売新聞2006年12月12日(火)朝刊・トップ         人間社会は、動物と同じ弱肉強食の社会です          

必修逃れと世界史

世を騒がしている高校の必修逃れ問題だが、いくつかのニュースサイト、ブログを覗いてみた。学校ぐるみ、教育委員会ぐるみ(あるいは国ぐるみ)で既に5年前から行われてきたことが何かの拍子に表\に出てきたにすぎないようだ。考えてみればそれほど複雑な

教育基本法を守るための情報満載!

教育基本法が危なくなってきました。教育基本法を守る為の情報を集めました。このエントリーは逐次情報を追加していきます。当分このエントリーをトップに置きます。最新エントリーはこの下から。最速で11月7日の採決を目指しているとも言われています。反対の声をみんな

ノムヒョンって誰

ノムヒョンというのは誰なのか。金正日と仲がいいの?

教育基本法 手軽なアクション

「衆議院 教育基本法に関する特別委員会 名簿(2006年10月)」「衆議院 文部科学委員会 名簿(2006年10月)」■「亡国の一里塚・教育基本法改悪」に反対の声を上げたいのだけれど、「電話は苦手、FAXはもってない、メールソフトを立ち上げるのも面倒」というモノグサな方

「地球の裏側」を経由して教育基本法改悪、格差社会を見る

日本からみれば地球の裏側で、ブラジル大統領選挙がおこなわれた。社会民主党の候補を相手に、労働党の現職・ルラ大統領が決戦投票で大勝したことが報じられた。アメリカ支配からの自立と社会福祉政策・貧困対策の継続とその徹底を訴えた現職大統領の大差での勝利だ。ルラ

戦後民主主義のエル・ドラド~キューポラのある街

教育基本法が、改正されようとしている。言うまでもなく、日本国憲法とともに、戦後民主主義の礎となった法である。そうかい、そんなに都合の悪いものなのかい。今の為政者、権力者にとって、戦後民主主義とは。もとより、法文を読んでるわけじゃない。なに、読まなくったっ

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment


教育問題に熱心なブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/goaheadgo/diary/200610310000/
(引用始め)
しかし、昨日の私のメモにも有るとおり、一番注目すべき点は、衆院採決を巡って与野党のすりあわせが始まったこと、特に安倍首相サイドは衆院補選の勝利を受け、民主党案については素通りすると一部で想定されていたものの、自民党側から野党民主党に修正のシグナルを送り始めたことがポイントでしょう。

 更に具体的な条文の審議を見ても、自民党の議員が、質疑応答の過程で、民主党案の理念が、政府案で「かくかくしかじか読み取れる」「含まれている」といった発言が為されるようになったことは、自民党が与党単独での採決ではなく、野党連合から民主党を離脱させ(野党四党は臨時国会での採決を拒否することで合意)、7割、8割の賛成で法案を成立させようと模索し始めたと考えられます。

 勿論、政府が目論む来週末の採決は、沖縄県知事選挙の前に当たることから、民主党としては、政府与党に膝を屈した形での修正協議では今後の選挙、党内運営にも影響が出、小沢代表の求心力が一気に低下することも考えられます。

 結局のところ、平場の委員会審議では、各案の解釈のすりあわせを行いながら、裏の理事会で自公民の修正協議が始まるということになるのでしょう。ただ、これもタイミングが大事なわけで、だからこそ、国民運動や世論が背中を押すことが必要と思います。

 しかしながら、保守陣営としては、民主党が日教組を振り払うことは歓迎するにしても、修正要求をしている勢力までも切り捨てられるということは、来年の参院選挙に禍根をのこすことになるでしょう。日教組と保守票、どちらのダメージが各政党にとって大きいかといったら、日教組は三十万、保守層は四百万(署名数、宗教票、自衛隊票、遺族会などは多少合算でこれより多い)ですから。
(引用ここまで)

教育を選挙や政治の駆け引きには使ってほしくないものです。

教育がこのように腐敗するのは愛国心が足りないからである。

はじめまして

デッドリーと申します。

いつも楽しく拝見しております。

私も最近の学校に関連する報道には疑問を感じております。

なぜ今なのか?

問題を追及するのはもっと前でも出来たのではないか?

と考えずにはいられません。

まさかこんな事まで政治に利用される・・・とは考えすぎかもしれませんが、ここ最近の報道は偏りすぎて気持ちが悪いなあとは思います。

私も

私が高校生だった20年前も、私は世界史しか履修していません。神奈川県の公立高校出身です。ということは私も本当は高校を卒業できなかったんですかね?であれば学歴詐称ですね。高卒資格をもってして入学できた大学や、その後就職した企業にも嘘をついていたことになりますよね? なぜ今頃そんな話がでてきたのか不思議です。
私も補習うけなきゃいけないんですかね? こんなことで大騒ぎしないで、APAの物件の検査のほうが先だと思いますが・・。


1) Yahoo! 知恵袋
http://chiebukuro.yahoo.co.jp/service/question_detail/q9791915

(引用始め)
≪質問≫
解決日時: 2006/10/30 09:48:20 質問日時: 2006/10/28 10:45:5

『安倍総理の行おうとしている、教育基本法改正に呼応するかのように、いじめ自殺問題や単位不足問題が出てきて、教師や教育委員会に対する不信感が噴出しているような状況です。

これらの問題は、以前からあったはずなのに今回は特に大きく取り扱われているようです。

安倍さんの陰の力が動いているからでしょうか。』
(引用ここまで)

回答は、http://chiebukuro.yahoo.co.jp/service/question_detail/q9791915、まで

2) 産経新聞の森前首相のインタビュー
http://www.sankei.co.jp/news/061031/sei001.htm

(引用始め)
《安倍首相への評価》
 安倍政権の滑り出しはまあ順風満帆だろう…。

 彼はなかなか長いビジョンで政治を考えている。今は教育基本法、その先に憲法改正。つまりこの国の形をはっきりさせていこうということ。戦後なかなかできなかったことですよ。東西のイデオロギー対立の時代が終わり、日本も変わってきたということかな。

 民主党は建前でいろいろ言っているよね。社民党などと共闘したり…。教育基本法だって彼らは本音は賛成のくせに自民党に手柄を立てさせたくない。実にあさましいね。

 そういう意味で安倍氏は時代を超えた新しいエースだ。ただ戦後世代には危うい人も結構いますよ。戦争の怖さを知らないしね。それをある程度抑えていくのが僕らの世代の役割だ。だから僕らがいる間に真正面から取り組んだ方がいい。世界から見て普通の国にしよう。それが美しい国なんですよ。安倍氏はそういう信念を持っている。そのためには大勢の協力を得る。小泉氏と違うのはそこだな。
(引用ここまで)

仏の顔も三度までと言いますから森派政権も安倍政権で最後かもしれません。

森政権で 「日の丸・君が代」 路線を打ち上げ、小泉政権で 「靖国ヒーロー」 を国民に浸透させ、安倍政権で 「美しい新教育基本法と新憲法」 の成立を目ざすという流れのようです。

このままでは、「強欲な勝ち組」と「従順な負け組み」という2つの国民グループからなる体制が究極的に成立することになります。

「従順でない負け組み」 の多くは犯罪に走り、防犯資金のない負け組みがさらに被害を多く受けます。

その中で 「いじめられて自殺するような負け組み」 に対する同情の記事は、やがて、メディアからも姿を消していく、そういうシナリオも考えられます。

しかし、そのような一部の政治家が理想とする体制が成立したとき、間違いなく日本の国力は低下します。また、民族の結束も弱体化します。

なぜなら、生産現場やサービス産業のモラル低下は避けられず、国民生活の質が低下するからです。

グローバル化とは、究極的には世界が国境を越えて富裕層グループと貧困層グループの2つに分かれることを意味します。

しかし、各国の体制を安定させるためには、愛国教育によって 「負け組みを従順化」 する必要があります。

「グローバル化時代の愛国教育」 というのが現政権の課題であり、そのために 「小学校からの英語教育」 と 「小学校からの愛国教育」 という2つの施策によって、「勝ち組の子供はグローバルな金持ち」 に、「負け組みの子供は従順な愛国者」 に育てようということになります。

しかし、このような民族分裂で日本の国力が低下すれば、日本の「勝ち組」 も相対的には欧米中国の「勝ち組」 に対しては負け組みになります。

さらに、グローバル化も円滑に進むものでは無く、やはり、国家と国家のエゴの対立が噴出します。このとき、日本の 「グローバルに競争する勝ち組」 が 「愛国化した負け組み」 を動員して国際紛争に武力で勝利しようという動きも出てきます。

やはり、日本国民を 「強欲な勝ち組」 と 「従順な負け組み」 という2つの国民グループに分けようという教育方針には大きな欠陥があるように思われます。

(例えば、国交省は勝ち組で、イーホームズ社は負け組みです。自民党を勝ち組にするためなら、ヒューザー社やライブドア社、村上ファンドですら、相対的に負け組みにおとされます・・・従って、民主党は単に勝ち組を目指すべきではない・・・)


自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg