2005-10-22(Sat)

ネット右翼

改革ファシズムを止めるブロガー同盟


今、魚住氏の「野中広務 差別と権力」を読んでいる。少し前に平野貞夫氏の「公明党・創価学会の真実」を読んでいたので、なおさら面白い。

平野氏には何回かお会いして話を聞く機会があり、政治家というのは誠に奇々怪々な世界だなあ、という感を強くしていたのだが、この2冊を読んでますますそう感じる。


ところで、今日(あれ、もう昨日になっている)はやたらとアクセスが増えたと思ったら、ネット右翼の方にリンクしていただいたらしい。喜んで良いのやら・・・

ブロガー同盟はもちろん、右も左も無い、という前提で提案されているし、私も右とか左で人を判断しようとは思わない。私自身は天皇の戦争責任を追及する立場だが、私に非常に親しい先輩で仲人までしてもらった人は、「天皇は日本のお父さん」と言っている。

問題は、右や左ではなく、読む人の弱い心をあおり立てる表現は許せない、ということだ。いたずらに汚くののしって、日ごろのストレス解消にしたり、自分より恵まれているかのように見える人を貶めて溜飲を下げてみたり、そういうブログには私は近寄りたくもない。

もちろん、言論の自由はあるので、批判はするが強制することはできない。各自のブログで展開する分には、これは致し方ない。ただし、私のブログは私の頭の中だ。頭の中を、一部開いているのであって、公共の場所ではない。従って、もし私のブログにこのような、他人をののしることで自分の弱さを誤魔化そうとするような表現がコメントされたり、TBされたりした場合は、何のためらいもなく削除する。

これは、エロサイトが侵入してきた場合と同様だ。

その上で、このご丁寧に紹介してくれた方は、
この人にかかると地震もアスベストも省エネもみんな「ファシスト小泉の策略だ!」ってなってしまいます
と書いている。

ファシズムというのは、個人の策略だけでは完成しないものだ。NHKの「その時歴史は動いた」みたいな、誰かが歴史を動かしたというような歴史観は、私は持っていない。

それを差し引いて考えると、ご指摘の通り、と言うべきか。
これは、ファシズムとまで行かなくても、政治の世界でどれだけ権謀術数が繰り広げられるか、と言うことを少しでも知っていれば、
あまりに思いこみが激しいのでちょっと突っ込んだらものすごい罵倒を浴びせられそうで躊躇してしまいます
などという、呑気なコメントは言ってられない。

ネット右翼的な方々ではなく、真剣に改革ファシズムを心配している人で、もし私の言っていることが「まさかそこまで」と感じる人がいたら、前出の2冊の本をお薦めします。


さて、野中広務氏は今何をしているのだろう。田中英夫の落選会見以来、テレビでも姿を見ない。もう、誰かのために頑張る必要もないのだから、そろそろ本当に反ファシズムに身を挺しても良いのでは。
いかがですか 野中さん。
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

大阪高裁の靖国違憲判決に関して - 法曹界の人間は口を開け

靖国問題を論じるとブログのアクセス数が跳ね上がる。アクセスの増加は、第一義的にはブログの価値を増すものであり、ブログの著者は、この価値増殖期待の誘惑の前に容易に禁欲的態度を貫徹することができない。ネット右翼の主張によれば、先の大阪高裁の判決は違憲判決では

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg