2006-12-15(Fri)

今度ばかりは自公に投票した人に怒りを押さえられない

自民党や公明党に投票した人を責めるようなことは,したくないのだが,今度ばかりは,自分の行動がどういう結果を招くか,よくよく見すえてほしい。

つき合いだとか,景気がどうだとか,安全がどうだとか,要するに自分にどう関係あるのか分かったようなワカランような理由で,大概の人は自民党に投票しているのだろう。
今はひどいことしていても,いつかは正義をしてくれると思って創価学会の人は公明党に入れているのだろう。

しかし,その結果はどうだ。

創価学会の人は,阪神ファンを見習ってほしい。阪神が不甲斐ない試合を続けると,阪神ファンは心を鬼にして応援をボイコットする。そういう時代があって,今の結構強い阪神になった。

カルトと言われようが,個人崇拝と言われようが,少なくとも創価学会に入ったときは平和のことを考えていたはずだ。今の公明党の,どこに平和のかけらがある??

自民党だって,戦争したがっている人ばかりではなかったはずだ。まして,その支持層には,平和のおかげで経済発展を享受できたひともおおかった。

ところが,今の自民党は,岸信介たち戦犯(容疑者)の執念が,コイズミの露払いを経て,孫である安倍晋三に亡霊となって乗り移っている。批判を許さない,批判をすれば放火でもしかねない,金正日も真っ青な政党になってしまった。

こんな自民党,公明党をのさばらせているのは,他ならぬ昨年9月に自民公明に投票した人たちだ。岸信介の亡霊に,千載一遇のチャンスを与えてしまったのは,自公に投票した人だ。

そのことを今更責めても仕方がないが,「そんなつもりじゃなかった」とか「知らなかった」というのは,歴史では通用しない。してしまったことの責任は,やはりその行為をした人には問われるのだ。

来年の地方選,参議院での投票は,歴史を背負っているという自覚を持って,投票所に行きたい。つき合いや惰性での投票は,これからこの国で生きていかねばならない子どもたちへの冒涜だ。

1958年の警職法闘争は,数百万の立ち上がりがあったという。これを背景に,社会党の存在も当時は大きかったこともあり,阻止された。

以降,60年安保も70年安保も,壮大な国民闘争がありながら押し切られている。それを思えば,野党らしい野党がなく,国会前も四千人では,押し切られるのはある意味仕方がないのかもしれない。

ただ,70年代初頭に国民運動的なものが姿を消し,80年代にはストライキという言葉も聞かないようになり,社会党が権力に買収されて崩壊し,本当に怒りの持って行き場のなかったこの世の中で,一般の私たちが街頭に出ていけるキッカケができたことは,実に大きかった。

僅かに三千五百人のヒューマンチェーンだったけれども,何かが動き始めた,という実感があった。
地方選挙も,逗子市長選挙,旭川市長選挙などで,自公が敗れている。
自民党や安倍の支持率も,こんな結果も出ている。

決まってしまったモノは,当面なくなりはしないのだから,こんなオソロシイ教育基本法のある日本という国で,どう生き抜いていくか,どう声を上げていくか,どう子どもを育てていくか,考えて行かねばならない。
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

天木直人さん、八田ひろ子さんに投票しました。

天木さんとは自衛隊イラク派兵差止訴訟でともに原告として闘っているし、さらば外務省、さらば小泉純一郎をよんで感動したから、八田さんは今年2月にトヨタ過労死訴訟公判に行った時、彼女も内野さん支援のために見えていて私と同

自公政権打倒のために

《案内》『自公政権打倒のための勉強会』■ 日時 2007年1月28日(日)午後1: 30分~4: 00■  場所  愛知県豊橋市東部地区市民・飯村分館■ テーマ ‘今年は選挙の年・争点を考える’    (

沈黙は禁、継続は智から

日本の住民運動とか何かの反対運動は、反対する理由が目的では無く、反対運動が目的の

沈黙は禁、継続は智から

日本の住民運動とか何かの反対運動は、反対する理由が目的では無く、反対運動が目的の

傍観していたホワイトカラー

今、戦前の社会について調べている。特にディテールを。戦争に向かっていった社会を、日常から見てみたいのだ。で、色々な資料を読んでいるうちに興味深い事実を知った。1930年代、大恐慌の波が押し寄せて就職難にな

公明党

こちらにあるように、今回の教育基本法改正にあたって、公明党議員にはたらきかけて法案成立を阻止しようとのよびかけがあった。私もどこかで目にしたが、そのとき「それでは動かないだろうな」と思って素通りした。公明党は池田大作氏の手足に過ぎない。公明党議員について

愚民の選択の結果は愚民の頭上にのみ降りかかれ

全く、驚きを禁じえません。与党が3分の2の議席数を超す勢いだなんて……。今回の衆院選の投票のポイントは“郵政民営化”だという人が45%もいた。小泉首相の戦略が功を奏したことは間違いない。仮に本当に与党が3分の2の議席数を獲得する事態になれば、憲法の規定から考え

疑似勝ち組 @ 格差拡大・階層固定化を促進させる哀しき人々

 いわゆる所得などの格差拡大、階層固定化などが問題視され、議論になっているが、それらを肯定・支持する人たちがいる。さらに、ただ支持・肯定するだけでなく、いわゆる「負け組」や「ワーキング・プア」の人たちや、格差社会化

小学生にも心があり支持率もある。反省しろ汚れた政治家たち!!!

いじめは何故起こるんだろうか???いじめの心理って何だろうか???ぜったいに教育基本法のせいでなかったことは確かなんだけど・・・。かといって・・「これが原因である」とは簡単には語れないのも事実です

教育基本法改正から見えてくるもの

元々の教育基本法が守られていたとは言いがたい中で改正されても、新教育基本法だって守られないのではないか。と思ってみたりする。それならば、元々守られていなかった教育基本法を変えたところで、大して変わらない

教育基本法改悪にどう抗うのか

教育基本法改悪法案が14日、参院特別委で採決されたことを受けて、東京新聞が「識者に聞く 教基法『改正』がもたらすものは」という記事を組んだ(15日)。意見をのべているのは作家・早乙女勝元、安田教育研究所代表・安田理、フリースクール「東京シューレ」代表・奥

安倍晋三ロードの先にあるものは? 【愚か者の道】

せっかくの日曜日なんだけど、昨日の記事のコメントでニケさんが仰ってたように先進国には教育基本法はほとんど無いという事実は結構驚いた。無意識的に当たり前のようにどの国にも似たようなものは存在していると思って

安倍晋三と東急

安倍晋三首相と東急には徒ならぬ関係を感じさせる。東急グループのキャッチコピーは「美しい時代へ」、安倍晋三の著書タイトルが「美しい国へ」である。安倍晋三は昭恵夫人とともに東急百貨店本店で買い物をしている。また、安倍晋三首相は公邸入りした2006年11月26日にはJ

「真の教育基本法」再生に向けた第一日目

教育基本法が改悪された残念な一日でした。しかし、この「改悪教育基本法」が真の民主主義や真の教育からどんなに離れているかを、真の民主主義者はこれからも検証し続けるのです。真の教育基本法を私も保存しておきます。真の教育を忘れないために。そして、私の好きな ..

今必要なのは「国民経済派」政治勢力の確立

● 政党の支持基盤と政党の政策 自民党は中小企業者小売業者、農民団体などといった旧来の支持基盤を失う政策をとってきました。しかし、支持基盤の利益に反する政策をとってきた割には支持基盤を大きく失うには至っていないと見ています。その要因として、自民党が利益に

イラクでの核兵器使用疑惑ビデオ

今日YouTubeを調べていたらショッキングな映像を発見しました。核兵器がイラク戦争で使われていたかもしれないというもので、実際に核兵器の特徴である強烈な閃光ときのこ雲が見えます。(4分頃)NuclearWeaponsUsedinIraq?(YouTubeに飛びます。)イラクでは65万5千人以...

静かなる夜明け

すごい。どこのブログも怒りに満ちている。しかも、誰も諦めていない。私は、今、日本の真の民主主義の夜明けに立ち会っているような気がする。静かなる夜明けだ。確かに教育基本法は改悪されてしまった。しかし、この間の、運動の盛り上がりはすごかった。インターネットの

馬鹿野郎、終わってから騒ぐな!

今日の毎日新聞に、『改正教育基本法:「成立阻止」の野党共闘が崩壊』と題して、『衆院での内閣不信任決議案提出では足並みをそろえたものの、参院では共産、社民両党だけで安倍晋三首相の問責決議案を提出。両党の呼びかけをかたくなに拒んだ民主党の対応は不自然さを否め

安倍晋三首相「やらせ」給与返納へ

安倍晋三首相は十三日夜、首相官邸で記者団の質問に答え、タウンミーティング(TM)の「やらせ質問」問題の責任ば取って首相給与の三カ月分ば国庫に返納すっと表明したとよ。http://blog.with2.net/link.php?385991

安倍内閣は本当に戦略的か?

 世論調査で安倍内閣の支持率低下が止まらない。 安倍内閣支持48・6% 10日で

We Never Sleep―われわれは眠らない―

2006年12月15日の今日、教育基本法改正法案が参議院を通過してました。同時に防衛庁が防衛省への昇格が決定しました。ボクたちの生きている場所のはるか上を、上っ面だけの言葉が流れていきました。?破城槌の音が聞こえてきます。壁がきしむ音が聞こえて

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

最近の自民党は悪すぎです
今年の選挙でがんばって参議院過半数
とって公明との縁を切らないと
イメージ悪化に拍車がかかっちゃいますよ・・・
もっとがんばれ

難しい問題

今までは標題のとうり同じ意見でした。しかし、今再度考えると今度の参議院選挙で自公政権打倒のために野党の結束をよく耳にしますが、そこで野党が勝ってもその後で政界再編成されても護憲派にとっては再び戦わなければならないのではと思ったりでとても悩みます。

確かに、投票者には責任があるけど

はじめまして。
ひろい読みしかしていない、失礼極まりない私ですが、少々述べたいことが。
確かに、自民党や公明党に投票した人は自分の責任を考えるべきです。バンザイ三唱だけすれば、政治責任を果たしたと考える投票者は、やはりその責任を取るべきだ。

しかし、一番無責任なのは投票を”しない”有権者じゃなかろうか。

投票率はいつも六割を切っている。
確かに投票に行きたくてもいけれない人は大勢いる。
まあ、未成年者はもちろんだが、寝たきりの老人や、病院から出られない患者とか、どうしても生活がかかっている仕事があって行けれない人とか、そういう方たちを批判したいわけじゃない。ただ、どう考えても、有権者の四割もが、そんな人ばかりとは考えられない。

色々、本当に色々な場所で多くの批判を見て聞いてきた。
しかし、その多くが、じゃ、投票はしたのかといえば、していないというのが現状だ。
こんな言葉は使いたくないが、えらそうに批判するばかりで投票しない無責任ぶりには呆れ果てるばかりだ。

確かに、特権社会を作ろうとしている政治家に投票している人には腹がたつ。しかし、どうせ搾取される立場にあるのだからその報いは受ける。
だが、投票しないにも関わらず、政治に関してああも批判する人は、本当に一体、何を考えているのだろうか。
無関心である人も同様だ。税金が上がっては困る、というのならなぜ投票に行かない?
無責任、という言葉は彼らにも使うべきだと思う。

TBさせていただきました。

投票の結果が自分に返ってくるという自覚があまりに欠けていると思います。ブログにも書きましたが、創価学会員の多くはもともとは善良なひとびとなんだと思います。彼らに対して「ほんとうにそれでいいのか?」と投げかけていくことに意味があるのでは?

公明党の場合

公明党の場合、投票するのは創価学会の信者だから何をいっても無駄ですよ。
だって宗教だもん。

かかしが増える

自民党や公明党に投票するほとんどのひとたちが年配の方たちとするなら、いままで何を考え生きてきて若者に示しをつけてきたのか、はなはだ疑問に思う。
こんな時代だからこそ過去の経験のつらさを若い人達に教える役目があるように思うのだが、、、それとも戦争には自分達は行かないから大丈夫なんて思ってやしないだろうか?もう先は歳だから、長くないなんて思って、どうでもいいやみたいな感情にはならないでほしい。子供や孫たちから恨まれないように恥ぬように今のこの異常さに気づいて欲しい。

下を向かずに、行きましょう。この闘いはまだ終わってませんよ。

こんにちは。
とうとう成立してしまいましたね。
「愛国心」論争の陰に隠れて、行政の思うとおりに教育を進める許可を与えてしまったことが残念でなりません。
コイズミ以来のマスコミを賑わせておいて自分たちの本当の目的を隠す手法がまかり通ってしまいました。

何となく投票している人たちは「夕張の悲劇」は人ごとではないということを肝に銘じて欲しいと思います。
この間、夕張付近を車で通ったのですが、あそこだけ道路が凍結していてツルツルでした。周りの自治体は雪が降ってもきれいに除雪していて乾燥路面です。
夕張は大変なことになっていると痛感させられました。

教育基本法!

こんにちわ、「成立」してしまったのですね。教育基本法が・・・。ひどすぎます。自民党や公明党に一票入れた人は、自分の子どもや孫を戦争に取られても、文句を言ってはいけないと思います。自衛隊がそのうちに軍隊になっちゃいます。愛国心があるのなら戦争に行けと義務化、そしていやだと言えば非国民とみられ逮捕ですよ、きっと。なんで反対抗議集会している人達、歩道からあふれている勇者達をテレビ電波に乗らないのでしょうか?すでにもう狂いはじめているのですね。この美しかった国は・・・。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg