2005-11-05(Sat)

宮崎滔天

三好徹の「革命浪人 滔天と孫文」を読んだ

宮崎滔天といえば、大陸浪人というイメージで、いわゆる右翼の源流のように思っていたが、この本の通りならばだいぶん誤解があったようだ。

曰わく、
彼(滔天)は、内田良平らが、必ずしも中国人民のために革命に参加するのではないことを、見ぬいていた。内田の目的は、大陸における日本の勢力の増大である。彼らには、日本が第一であって、中国や中国人民は、第二、第三であった。孫文に心底から共鳴して参加しているのではない。もし彼らに名誉をあたえなければ、いざというときに役に立たないかもしれない。

内田良平というのは玄洋社の人間で、まさに現在の右翼団体の源流の一つと言えるだろう。しかし、宮崎滔天は、確かに日本の自由民権のために中国の革命を支援したとは言え、こういう連中とは、全く違っていた、というのがこの本の主旨だ。

とは言え、宮崎滔天がクリーンな革命家であったかというと、とんでもない男ではあったようだ。数々の女に溺れ、女が身代を潰すまで貢がせ、あちこちで借金しまくってはすべて踏み倒している。

今どきで言えば、中川秀直も真っ青のダーティーぶりだ。
ただ、なにが中川某と違うのか、そこが大事なんじゃないか。

いたずらにクリーンなイメージを求めると、どうも大事なことが抜けてしまうような気がする。

野中広務にしても、鈴木宗男にしても、たしかにクリーンでは無いのは一目瞭然だし、それが許されるわけではないが、その魔女狩り的な追放の真の目的は、マイノリティーの圧殺であることは明白だ。

もっとも、今クリーンなタカとか言われているが、一体どこがクリーンなのか、噴飯ものだが。これはまた後日。

いずれにしても、宮崎滔天の爪の垢が残っていれば、「自虐史観」などという、自らの脆弱な精神の吐露を嬉しそうにさらし者にしている諸君には、良いサプリメントになるのだけれども。

e0089387_8341755.jpg

関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第一印象

多くの人と会っていると、第一印象がその後の波長に大きく影響することが判る。動物的な直感であり、非定型的なものだから、そのような一瞬の感覚で、人を決めつけるように判断することは正しくない。が、人間という感情を持つ動物である以上、動物的に自然に感じ取ることは

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

「自虐史観」と言うのは、自らの脆弱な精神を見せるものかもしれないが、マイノリティーの圧殺というものも精神の惰弱性を表すものだと思う。

マイノリティーが圧殺されたのではなく、マジョリティーの悪性が隠れているだけだと思う。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg