2007-03-05(Mon)

安倍晋三はモラルハザードの象徴

仮に,間違って人の足を踏んだとしたら,「ごめんなさい」と誤るのが人の常だろう。

仮に,自分の祖父が殺人を犯してしまったら,その遺族に申し訳なく思うのが,人の道だろう。

だからどうしろと言うのではなく,そういう心ばせを持つことが,いわゆるモラルというものではないだろうか。

しかし,この国の「最高権力者」である安倍晋三はそうではないらしい。
狭義だの広義だのと言いながら,自らの祖父が先導した戦争における犯罪に,これっぽっちも「悪かった」という気持ちがない。

日本の新聞には大きく報じられていないようだが,この動きが,今回の安倍暴言の元になっている。

日本、自民党議員の集い「強制連行なかった」慰安婦妄言
  中央日報2007.03.02
日本の執権党である自民党の「日本の前途と歴史教育を考える議員の会」は1日「従軍慰安婦について、日本軍の強制連行はなかった」という内容の見解を明らかにした。

この集いは政府に慰安婦問題に対する調査を要求することにした。集いは当初「慰安婦強制連行はなかった」という内容に対する見解を明らかにすることを要求する対政府提言案を採択して総理室に伝達する計画だったが、ひとまずこれは撤回した。

彼らは対政府提言で「本人の意思に反する関連企業の強制連行があったかは分からないが、軍や官庁による強制連行はなかった」という見解表明を要求しようとした。これは従軍慰安婦動員過程で当時の日本軍と役人たちの関与を認めて反省して謝罪した1993年、河野洋平当時官房長官の「河野談話」を否定するものだ。提言はまた「(強制連行の)根拠は慰安婦出身者たちからの聞き取り調査だけで証拠資料は発見されていない」と指摘した後「従軍慰安婦というのは呼称で「従軍」という部分も削除しなければならない」と主張した。

しかしある議員が「首相が(河野)談話を受け継ぐと表明したが、私たちが『変だ』と指摘することは適切ではない」という反論を申し立て、談話修正を提言することにした当初の方針を撤回した。しかし、日本の政・官界関係者の間に河野談話を修正しなければならないという認識が拡散しており、状況の変化によってこの問題がまた浮上する可能性が高い。

約50人で構成された議員の集いは97年、安倍晋三首相が主導して結成したもので、今は中山成彬元文部科学相が会長を務めている。

彼らはまた、アメリカ下院の一部議員が慰安婦問題をめぐって「対日非難決議案」を提出したことについて「河野談話は、日本のイメージを失墜させ事実を見誤っている」として日本政府の強い対応を要求した。
東京=金玄基(キム・ヒョンギ)特派員


この議員連盟に所属する議員は,愛する祖国日本なる右翼ブログによると,

安倍晋三  内閣総理大臣 (元事務局長)
菅義偉   総務大臣
長勢甚遠  法務大臣
中山成彬元 文部科学大臣 (会長)
松岡利勝  農林水産大臣 (副代表)
高市早苗  内閣府特命担当大臣 (幹事長代理)
渡辺喜美  内閣府特命担当大臣 (事務局次長)
根元匠   内閣総理大臣補佐官 (経済財政担当)
下村博文  内閣官房副長官 (事務局次長)
鈴木政二  内閣官房副長官
平沢勝栄  内閣府副大臣
木村隆秀  防衛副大臣
大野松茂  総務副大臣
田中和徳  財務副大臣
遠藤利明  文部科学副大臣
渡辺博道  経済産業副大臣
吉田六左エ門 国土交通大臣政務官 (副幹事長)
中川昭一  政調会長 (前代表)
古屋圭司  衆院議員


その他にも

塩崎恭久  官房長官
山谷えり子 首相補佐官
武部 勤  前幹事長

なども,あがっている。(子どもと教科書全国ネット21より)

要するに,現在の安倍内閣とニアリーイコールだということがわかる。

あれこれ論じる以前に,こういう人間を首相とし,国会議員としている私たち自身が,恥を感じるべきだろう。

そして,こういう連中を担いでいながら,子どもたちにモラルを語れるのか,教育を語れるのか,これから先の長い人生に絶望するなと語れるのか,胸に手を当てて考えたい。
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

病み上がりですが、阿倍内閣ににわかに動きが

||<#ffffff'style='align:left;font-size:11pt;padding:0px'`` 改憲を狙う動きが本格化してきています。阿倍ちんは改憲手続き法案をついに強行しようとしており、ちょっと、ちょっとちょっと、なんていってる場合ではありません。||||<#FAFAD2'style

漂泊の民・道みちの輩(ともがら)

 隆慶一郎の小説に「影武者徳川家康」と言う作品がある。原哲夫の作画で「週刊少年ジ

安倍政権、それぞれの思惑に走る。で、この政権は風前の灯火~~~(中川秀直の巻)

今、水面下で内閣改造人事の鞘アテが行われているという。自民党重鎮たちはこのままでは参院選は戦えないという危機感を持っているという。今の政権をみれば、極々自然な感情であろうかと思う。さて、どんな思惑で動いているのやら、・・・・・◆〓中川 秀直 ...

国民経済と政府支出:国民経済と財政 上

● 国民経済と政府支出徴税権を有し税として得た通貨を支出する政府(地方政府を含む)は、自立完結的な真の経済主体ではなく、経済主体から通貨の移転を受けそれを支出する擬制経済主体である。徴税及び借り入れという収入から支出内容までが法律的政治的要件で規制されて

河野談話否定は自分の顔にツバ吐く行為

コメント欄が盛り上がっているときにこんなネタをすると、もっと盛り上がるかしらん。それにしても、日本人って一般的に「きれい好きな国民性」とかって言われている(うぬぼれてる?)んじゃなかったっけ?ま、きれい好きのワタクシは、小まめにお掃除いたしますわよん。3

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

失礼します
http://www.asyura2.com/07/cult4/msg/185.html
盗一工作活動 安べべも協力?
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg