2007-03-23(Fri)

ミサイル攻撃の可否を閣議で決めていいのか

ミサイル迎撃が可能に 対処要領を閣議決定

 政府は23日午前の閣議で、自衛隊法の規定に基づき、他国が突然弾道ミサイルを発射した場合の対応を定めた「緊急対処要領」を決定した。

 日本独自のミサイル防衛(MD)システムの第1弾として首都圏をカバーする地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を29日、航空自衛隊第一高射群・入間基地(埼玉県)に配備することに伴う措置。同要領の決定により法的要件が整い、ミサイル迎撃が実際に可能となる。

 緊急対処要領は、防衛相があらかじめ自衛隊部隊に迎撃を命令できるケースを「ミサイル発射の疑いや恐れがある場合」「人工衛星打ち上げ用ロケットなどが落下する恐れがある場合」と明記。北朝鮮がミサイル発射を「人工衛星打ち上げ」と主張した経緯があることからロケットも対象に加え、日本への飛来を確認して破壊する。(2007年03月23日 東京新聞)



こんな大事を,閣議決定などで決めて良いのか。

いったい誰が,どうやって,疑いや恐れを判断するのだ。
まるで,ブッシュが大量破壊兵器を捏造してイラクを侵略したのと同じではないか。

いったんこうした原則を作ってしまったら,安倍晋三の大好きな先制核攻撃まであと一歩だ。

PAC3じたいは射程距離が短いが,昨日のエントリーにある図を見てほしい。今アメリカが強要し,安倍晋三がホイホイと導入しようとしているのは,1000kmの高さでアメリカ行きのミサイルを打ち落とすミサイルだ。しかも,実際は打ち落とせないのではないかと,防衛大臣の久間ですらいっている代物だ。

では,何のために大枚はたいてそんなミサイルを導入するのか。ラムズフェルドの圧力だけではないはずだ。

1000kmを水平距離にしたら,どこまで届くか。そう考えると,答えが見えてくるような気がする。



関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAC-3緊急対処要領(ミサイル防衛システム)閣議決定

「PAC-3緊急対処要領(ミサイル防衛システム)閣議決定」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 =2...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

信用できないMD用のミサイルを2兆円もかけて36発も購入するとか。こんなもんに血税を投入しても得られる抑止力は微々たるものです。
36発の核弾頭のほうが安いし、頼りがいがありますのに。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg