2007-04-04(Wed)

パラグアイ誘拐事件の裏

南米のバラグアイで日本人の太田某氏らが誘拐されている事件は、多くの報道でご存じの方も多いと思う。

そして、こんな記事も、結構目にしているだろう。

パラグアイで誘拐2邦人は統一教会信者

南米パラグアイで1日午後(日本時間2日午前)、現地在住の会社社長太田洪量さん(62)ら男女2邦人が武装集団に誘拐され、その後関係者に身代金15万ドル(約1800万円)を要求する連絡があった。ともに世界基督教統一神霊協会(統一教会)の信者で、太田さんは統一教会などの土地を管理する会社を経営。警察は、プロの犯罪組織による犯行との見方を強めている。3日、太田さんは携帯電話で無事を知らせてきたが、依然拘束は続いている。統一教会は近年、南米に進出し、広大な土地を取得するなどしていたという。(後略)
(2007年4月4日日刊スポーツ)


しかし、どうも不自然な印象があったので、少し調べてみると

共同通信ニュース

パラグアイ各紙の十二日の報道によると、韓国の文鮮明教祖が率いる世界基督教統一神霊協会(統一教会)が、パラグアイの北部チャコ地方のラビクトリア(旧プエルトカサド)村の土地約三十万ヘクタールをアルゼンチンの染料会社から買収した。
 関係者が十一日に同村を訪れたところ、買収に反発した村民が空港で離陸を阻止するなどの騒ぎとなった。政府は、取引は合法だが、村民約六千人の退去は認められず、緊急に土地収用の手だてを検討するとしている。
 同協会はパラグアイ川の上流プエルトレダにも十万ヘクタールを取得しホテルなどを建設している。(2000-10-13)

カルト被害を考える会より

同様記事は、

019・統一協会系の団体、町ごとパラグアイ北部の土地を購入(2000年10月14日)

パラグアイ北部、アルト・パラグアイ県に在る「プエルト・カサード」の土地約39万ヘクタールをアルゼンチンの企業、カルロス・カサード社が統一協会系の団体に売却したことを明らかにした。土地の中には大きな集落も在り、数千人の住民が暮らしている。地域の住民は抗議行動を起こし、今回の売却に抗議している。新聞の写真を見ると「我々はカトリック教徒である、パラグアイ人である」と書かれている。

これは、原典がわからないサイトだが、他にもたくさんみられる。

約束の地:パラグアイの統一協会

 2000 年のある日、パラグアイの荒れ果てたチャコ地域にある小さな町、プエルト・カサードの人々は、足下の地面が知らぬ間に売り渡されていたことを知って仰天した。しかもその新しい地主にして親分は、かの文鮮明師。あの統一協会(欧米ではムーニーと呼ばれる)を率いる自称救世主(メシア)だ。(後略)

なによりも統一教会のHPに出ている

海外だより パラグアイ1

今回誘拐された太田某氏は、どうやらこの統一教会の60万ヘクタールを管理している社長らしい。いきなり外国のカルト教団がやってきて、自分たちの住んでいる地域をごっそり地上げされてしまったのだ。地域と言っても、国土の実に1.5%にあたる面積だ。数千人の住民はもちろん、パラグアイの国民にとってゆゆしき事態である。

そう思ってみると、今回の誘拐事件を、単なる物取りという文脈でみるのは無理があるようだ。 誘拐どころか、恨みを買って暗殺されてもおかしくない状況だったのではないだろうか。

なぜ統一教会が南米に行くのか、という疑問もある。

これは、比較的考えやすい。今や中南米はアメリカにとって、ノドにつかえた骨だ。それも、サンマの骨ではなく、タイの骨だ。一つ間違うと、命を取られかねない。

ベネズエラのチャベス大統領を筆頭に、中南米は反米の気運が強い。しかも、石油を持っている。

統一教会が、わざわざ南米のど真ん中のパラグアイに進出したのは、この中南米の動きに、くさびを打ち込みたい、という意図があるのではないだろうか。

さらに、こんな記事もある

ブッシュ一味と在日カルトは、麻薬で提携している

これも出所不明の記事ではあるが、中身を見る限り、ありそうなことが書いてある。
麻薬のことは、裏がとれている話ではないが、参考までにみておく価値はある。

さて、われらが安倍晋三は、じいさんの代からこういう連中と懇意にしてきたのである。そして、例の「美しい国つながり」を見るまでもなく、祝電を打ったりするような心のこもったおつきあいをされている。

この安部晋三が訪米し、ブッシュとなにやら悪巧みをするとかいう直前に、今回の誘拐事件はおきた。 このまま誘拐事件で終わらないような気がする。

もし、自作自演だとしたら、軍事力の介入にまで至るかもしれないし、もし、住民の恨みだとしたら、これが発端となって暴動や政変にまで発展する可能性もある。

いずれにしても、ブッシュが統一教会の幹部を見殺しにするとは思えないので、どういう推移になるか、注目したい。
関連記事

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

売人権力屋

http://alternativereport.seesaa.net/article/37736196.html
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/aumhonban.htm
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/yudatesaki.htm
失礼しました
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg