2007-04-29(Sun)

第166回「戦争国会」

「うつくしい」という美しい言葉が、これほどまでに汚されてしまった時代はないかもしれない。

美しい日本の名の下に、今の国会だけでも、数え切れないほどの人間性をないがしろにした法律が成立し、また強行採決されようとしている。まだ、何か見落としているかもしれないが、こんなにも多くの戦争準備と、国民の権利剥奪が一度に強行される国会は、これまであったのだろうか。

おどろくなかれ、この下のゴチャゴチャした一覧は、ぜんぶ今の国会に出ている法案だ。

■直接の戦争行為や準備
平和憲法から戦争憲法へと準備する「国民投票法」(強行採決)
イラク戦争への派兵を2年も延長する「イラク特別措置法」
実は集団的自衛権やミサイル防衛のためにある「GPS活用推進法」
米軍の再編のために、なんと3兆円もプレゼントする「駐留軍再編特別措置法」
実は、核開発と不可分一体の「特定放射性廃棄物の最終処分に関する法律」

■戦争のための体制づくり
日本版NSCという、国民に責任を負わない組織で独断政治を行おうとする「安全保障会議設置法」
目配せしただけでも犯罪になる「共謀罪」
国の言うとおりの教育を強制するための「教育三法」
報道の自由を国家が制限する「電気通信事業法」「放送法」
あいまいな「テロ」規制の名目で、政治活動へのカンパをも犯罪とする「テロ資金提供等処罰法」
中国、韓国との緊張を高める「海洋関連法」

■人の尊厳をとことん踏みにじり、奴隷化する準備
ほとんど審議もせずに、少年への闇雲な厳罰を科す「少年法」(強行採決)
離婚後300日以内に生まれた子には戸籍がなくなる「民法」(改正しない)
一度過ちを犯したものを、とことん人間不信に追い込む「更生保護法」(強行採決)
被害者を参加させ、裁判を感情的な復讐の場に変貌させる「刑事訴訟法」
本人の意思を無視して、場合によっては臓器売買に道を開きかねない「臓器移植法」

■大企業はウハウハ、生活者はキュウキュウ
社員をクビにしやすくする「労働契約法」
半年働けば出ていた失業保険が、1年働かないと出なくなった「雇用保険法」
ちょっと働くと、支給をカットされてしまう「国民年金」
減価償却を1円まで認めることで、大企業に大減税をする「所得税法」

■アメリカと右翼と権力者はなんでもアリ
狂牛肉を輸入再開するための「BSE特別措置法」
故笹川良一氏の日本船舶振興会(日本財団)を支援する「モーターボート競走法」
領収書を添付するという当たり前のことすらしない「政治資金規制法」(改正しない)
公然と天下りを斡旋し、その権限で官邸が役人を操るための「新人材バンク」

■前の国会までに決められてしまったもの
ついに、専守防衛をかなぐり捨てて海外派兵を合法化した「防衛省設置法」
国民のための教育から国のための教育へ「教育基本法」

この一覧を書いているだけで、背筋が寒くなってきた。

これらはすべて、「美しい国へ」というスローガンの下に進められている。
「うつくしい」などという価値観が、上から強制されたとき、こういう悲劇が起きるのだ。

「美しい国」なんていらない。「平和な国」に、私は生きてゆきたい。


※各問題についてリンクを貼りたいのだけれど、あまりに膨大で一度にできない。このように、一挙に強引に進めることにより、処理しきれないようにするのが、安倍晋三の狙いなのだと実感する。

参考までに元ネタを披瀝しておくと、何のことはない衆議院のホームページである。しかし、このページを見て、何のことかわかる人は、相当の政治の専門家だ。私などは、この一覧表にまとめるだけで、3時間以上かかってしまった。

と言うか、政治家でも、全部わかっている人なんていないんじゃないだろうか。

こうして、誰も全体像をわからないままに、戦争の準備は着々と進められている。

※長らくFC2の政治・経済ジャンルで書いてきたけれども、本日から「ライフ」に変更しました。より多くの方に見てもらえれば幸いです。
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2007/7/6(金)?:「2010年憲法改正」の意図は何か(日米安保シミュレーション:その1)

<「憲法改正」に明確な数値目標があるのはなぜか>

安倍内閣はこのまま「死に体」となるのか

自民党の支持率低下が止まらない。以下、『朝日新聞』7/5朝刊 「自民、04年より逆風『年金選挙』1カ月前世論調査」より引用____________________________________________ 朝日新聞社の連続世論調査(電話)によると、参

次節コラムのお題 「政治・政治家objection」

 早いものでもう6月も終わりに近づきいよいよ夏本番です。来る7月といえば、大事な大事な参議院議員選挙。 そこで、次節のUnder the Sunのコラムのお題は、参議院選挙を大いに意識して、「政治・政治家objection」と題し、こんな政治をして欲しい、こんな人に政治家になっ

全会一致で「9条堅持」の市議会決議

 新聞記事よりも、市民のブログの方が、大切な情報を的確に知ることができるように思います。 とむ丸さんのブログ(「とむ丸の夢」)は、「どうして、そんな大事なことが・・・」と思うような、目からウロコ系の出

素晴らしい傾向に気を緩めることなく、引き続き安倍晋三を叩き続けよう! ~「報道2001」の世論調査結果(6月17日放送分)~

「報道2001」の世論調査結果(6月17日放送分)が出ていました。【問1】あなたは次に行われる衆議院選挙では、どの党の候補者に投票したいですか。自民党 17.6%民主党 23.2%公明党  3.6%共産党  2.6%社民党  1.0%国民新党 0.2%新

この涙の谷で(in hac lacrimarum valle)

(カトリック島原教会…傷だらけの…マリア像) またしても「受難の金曜日」の国民投票法採決で、ガックリはきました。悔しい悲嘆で思いは一杯ですが、まわりの人々はこの問題点についてほとんど知らぬか、無関心であるので、わたしの口数もすくなくなってしまう。それでブ

女たちのクーデター。

憲法改正の手続きを定める国民投票法案が14日にも成立する公算となった、とのニュース。自公政権によるやりたい放題は当分続くだろう。よく訪れさせていただいている「反戦な家づくり」というサイトにて現在国会で採決されようとしている、あるいは既に成立した法案をまと

「支配者だけに都合の良い国」へ?

最近、興味深い提言や新しい動きが、反安倍・護憲的なブログ界で続々と出はじめている。それらをちょっとだけレビューしてみる。まず、ヘンリー・オーツ氏の「改憲と護憲のポジショニング・マップ」の提示があった。[憲法ポジマップ]自民党がやろうとしている憲法改正の方向

平和ボケは素晴らしい?

平和ボケって、よくないのでしょうか?少なくとも絶えず隣国やその他の国々に対して恐怖して緊張しているよりはましだと思うのです。警戒心をいつも強めている国って、どうしても小さく見える。人との付き合いでも同じで、いつも色んなものに警戒している人がいます。それに

明日は憲法記念日 施行から60年目の危機?

安倍晋三さんが総理大臣に就任した時、正直言って今までになく私の中では、親しみと期待感があったんです。 何故なら、年齢がとっても近いし、安倍さんの卒業された大学で、親戚が安倍さんと同級生だったんです{/嬉しい/} (なんと私立ですもんね 親戚は私の出た高校...

第166回「戦争国会」

「うつくしい」という美しい言葉が、これほどまでに汚されてしまった時代はないかもしれない。美しい日本の名の下に、今の国会だけでも、数え切れないほどの人間性をないがしろにした法律が成立し、また強行採決されよ

文句垂れのすすめ

仕事でも個人的にでもフランス人と直接のつき合いのない普通の日本人がフランス人やフランスについてどのような理解をしているか、私ははっきり知りません。石原慎太郎は、フランスとフランス語、特にフランス語の数詞にコン

6月9日「貧困に反対する」名古屋行動集会

6月9日「貧困に反対する」名古屋行動集会人間らしい生活と労働の保障を求めよう!賛同人募集中賛同いただける方は、お名前・所属・ご縁やメッセージ(掲載OKな範囲も書いてください)を書いてnagoya_p_net@mail.goo.ne.jpまでお願いします。6・9行動・集会スケジュール(

内閣総理大臣の職権濫用・越権行為が横行している件

少し古いニュースだが、ルーマニアの大統領が権力乱用を理由として職務停止にされたそうだ。日本にもこういう制度ってないのかね?ないなら必要なんじゃないか?素朴にそう思う。「国民投票法」を成立させることが「国民主権の確立」になるというアホみたいな屁理屈が言われ

「宗教選択の自由」を軍事力まで行使してもっとも厳しく制限している国家は米国です

まず、自分のイスラムなどに対する見方を示します。セム系の啓示(超越神)宗教であるユダヤ教(・キリスト教)・イスラムは、どれも商人の生活意識から生み出された宗教であると受けとめています。自分の価値観に照らせば、そのなかではイスラムがもっともまともな宗教です

「美しい国」とはズバリ「奴隷国家」である!

1.よ~く考えよう♪命は大事だよ~♪今日は二週間ぶりに病院に行った。今いる寮は来月の7日に出て次ぎのステップに行くことになっていて、11日までの薬は出ているのだが、次の寮の近くの病院への紹介状を書いてもらうためだ。

緊迫する国民投票法案→時々メール

26日の強行採決は回避された。けれども、スピード審議の速さは鈍っておらず、来週中ごろにも強行採決される、という報道もある。5月1日のメーデーや、3日の憲法記念日はこれに反対する決起集会になるはずだか、自宅から出来る国会請願としてメール活動も時々行ってい..

安倍首相、謝る相手がちがいますよ。 (+ マクドゥーガル報告)

安倍首相がブッシュ米大統領との会談で性奴隷(従軍慰安婦)についてかなり突っ込んだ謝罪の意を表明しました。それに先立って、米ニューズウィーク誌でのインタビューでも謝罪の意を表明しています。それ自体は一定の前

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

朝鮮総連と公安の事件は、安倍のCIA構想の仕掛けか

ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報 : 日本版CIAよりも、JETROの民営化を阻止せよ
http://amesei.exblog.jp/5710835/
安倍政権は、日本版CIAと日本版NSCの設立に熱心だが、一方で官と民のパートナーシップの象徴であり、日本の海外ビジネスの戦略拠点となっているジェトロの民営化を強力に推し進めている。これを規制改革委員会が実施するということは、背後にアメリカのグローバリストによる、日本の経済競争力低下の思惑があることを示唆しているのだ。

日本版CIAなどに力を入れるよりも、日本政府はジェトロの情報収集力を強化してアメリカのNEC(国家経済会議)のような組織をつくり、日本の最大の国益である日本企業の活力強化を目指すべきはず・・・。

朝鮮総連と公安の事件は、政府のCIA構想に公安調査庁を合流させるための仕掛けという見方も出来る・・・。

明月さん、こんにちは。
この度は、貴ブログの「第166回国会のエントリー」をUnder the Sunに転載させて頂きました。事後報告で申し訳ありませんが、今後とも宜しくお願い申し上げます。

 明月さん、はじめまして。
 私は岩手に住む伊東勉と申します。
 らんきーブログ・ぶいっちゃんの記事紹介から飛んできました。今国会などで審議されている内容をこういう形で整理されて書かれている事に感謝します。

 ここで一つお願いがありますが、この記事を私の記事でも紹介させていただいてもよろしいでしょうか。是非ご考慮お願いします。
 今日はいきなりの訪問失礼しました。よろしくお願いします。

いつも拝読させていただいております。
明月さんのよく整理された文章に感心させられています。

拙ブログでも書いたのですが、自公政権は国民が国家権力に異議を唱える権利を制限する法案を次々に成立させようとしていますが、将来自分たちと相容れないものの考え方をする人々に政権を奪われたらどうするんでしょうね。「過激なフェミナチ」(笑)な人々が政権とったら改訂教育基本法は自分たちの首を絞めることになると思うのですが。それとも未来永劫自分たちが政権中枢にいるつもりなんでしょうか。

自説の主張は各自のブログでどうぞ

明月です。以前からお願いしているとおり、ご自分の独自の主張は、基本的にご自分のブログなりでしてください。それぞれのブログは、それぞれ執筆者の著作です。私から見て意味がないと思ったものと、差別的なものは、無条件で削除します。何の配慮もしませんので、あしからず。

はあ~さ~ん!

>現実を冷静に分析できない能力の人間が多くいるのは
 紛れもなく、今のゆとり教育のおかげですね。
 これこそ為政者の思うつぼなんですけどねえ。

はいっ! ではでは、はぁさんの分析、見解で勉強させてください。よろしくお願いします。

極東アジアの安全保障」?

大好きな話題ですので、書き込みます。去年の夏、北朝鮮がせっせと核開発を進めている間、小泉政権・自民党・かぶれたマスコミは何をしていたか?

そうです、神社参拝です。「平和のために祈った」そうです。まったくご利益ないじゃないですか。ゼロ。無意味。どころか6箇国協議で孤立の道を選んだ。思い出してみると、大見得を切って神社参拝して泣いてお祈りしたのだから「日本人のプライド」を守ったはずだ。立派な国民だと一目置かれて、アジア諸国からも馬鹿にされないようになったはずだ。その結果はどうだ?中国どころか極貧国北朝鮮だってそんな「プライド」とやらでへこむほど甘くなかったのです。こっちに「大和魂」があればあっちには「主体思想」もあるし。当たり前だ。

どころか頼みとしていたブッシュは実は北朝鮮に興味は全然ない。さっさと手を打って終わり。米朝蜜月時代が来ました。甘い。本当に甘い。その連中がブログで馬鹿をさらけ出す程度なら、可愛いもの。おぞましいのはこんなことすら分からない連中が外交や言論をやっていることです。首相の知能指数が低いのは彼だけの責任ではないのです。周りもみんな低いんだから。

昨日書き込んだ、戦争の真実が
ものの見事に削除されましたねえ~
ここでは、極東アジアの安全保障と、実戦の真実が
「不都合な真実」というのが、理解できまたのが収穫でした、
護憲と謳ってる方は、実は戦争が起きて欲しいのでしょうね~
戦争は無いという意見はここでは、禁句なんですね。

現実を冷静に分析できない能力の人間が多くいるのは
紛れもなく、今のゆとり教育のおかげですね。
これこそ為政者の思うつぼなんですけどねえ。

それに気づいて、自己啓発して人が勝ち残るんでしょうねえ~
逆に何も見えないで現状批判してる人が・・・谷底なんでしょうねえ~

改憲ありきで、メディアをも囲ってる状態なので、他の方法もみあたりませんね。逆に、今進められている国民投票法案の中身で
本当に1億人の真意が反映されると思えますか?
本気で思えるのでしょうか? 

>平和憲法から戦争憲法へと準備する「国民投票法」

国民投票法以外にどうやって国民の真意をはかるかを教えてください。

今の風潮に女性の責任は重いと考えます。もともと9条が維持できたのは女性が反戦だったから。ところが、女性の小泉支持・安倍支持で一挙に事態はおかしくなった。なぜか?「北朝鮮・拉致問題」でしょう。誘拐という恐怖、それが女性だというおぞましさ、これで女性は一挙に「頼もしい・助けてくれそう」な政治家を無条件で求めるようになった。それを埋めたのが小泉であり、安倍であり、石原なのでしょう。

しかし、小泉は北朝鮮と対決などしていない。話し合いで解決の筋道をつけた、という当たり前のことをしただけです。どころか、ブッシュを支持することが北朝鮮の核開発を阻止するとか、拉致問題にプラスになるというようなまやかしを言って、イラク戦争や自衛隊派兵と強引に結びつけた。それに乗ったマスコミ・文化人たちも口をぬぐって黙っている。

たぶん気づいたときにはもう遅いでしょう。今のところ9条改正反対は圧倒的に多いですが、改正の時には自由にものなど言えなくなっている。「きっと大丈夫だ」「たぶん大丈夫よね」で沈黙するのが関の山。本当に大丈夫かどうかよく考えるなら今しか機会はありません。

*はあ~ #- *さんへ!

友人の自衛官が、使えないアホを徴兵しても邪魔になるだけ
と言っていました。
皆さん、徴兵は絶対ありえないので安心してください。
と書いてあるけど、「使えないアホ」は自衛軍の弾除けになるんですよ!
当然、軍隊が増員するときは「志願兵」を求めるんですが「死にたい奴」がそんなにいるとは思わないでしょ。
ましてや、自衛隊員も「戦争に行く」って、思ってる人は10%くらいじゃないかな。
僕の友人の自衛官は、「そろそろ辞め時かな?」とも言ってましたよ。

↓の はあ~様へ
お言葉ではございますが、

>ところで、日本は、どの国と戦争するのでしょうか~
  中国です。
>何の目的で戦争するのでしょうか~
 もちろんある特定の方々の金儲けの為です。核の抑止力ってのもウソです。昔から戦争には必ず売国奴がいます。 

>特定アジア圏対正常アジア圏が戦争するのでしょうか?
>特定アジアが正常アジアを攻めて何の得があるのでしょうか?
 EUみたく、アジアが一つに纏ってしまうほうが怖いですからね。

>アメリカを攻める国が、この世界にあるんでしょうか。
  アメリカ自身が責める可能性は大です。(またもや)
>あっても、日本が出るまでもなく片付いてしまいます。
  いや、なかなか長引きますよ。兵器は消耗しなくては。
  
アメリカ主導の戦争なんて、軍産複合体によるビジネスです。
経済摩擦や貿易バランス、石油問題、宗教、領土など
複雑に見せているだけで、本当はシンプルですよ。
日本の首脳が本気で国民の平和や国家の防衛を考えて薦めていると思いますか? 本気ですか? 

皆様
憲法改正反対、日本の戦争反対スローガン 頑張ってください~

ところで、日本は、どの国と戦争するのでしょうか~
何の目的で戦争するのでしょうか~

特定アジア圏対正常アジア圏が戦争するのでしょうか?
特定アジアが正常アジアを攻めて何の得があるのでしょうか?
好調な経済が破綻してしまうでは、ないでしょうか!
また逆もしかりです。

アメリカを攻める国が、この世界にあるんでしょうか。
あっても、日本が出るまでもなく片付いてしまいます。

先日地方議会選挙演説で
「憲法9条を守りましょう、憲法9条がなくなると
東京が焼け野原になります。」
いや~ 物凄い論理の飛躍を聞かせていただきました。
周りが、笑ってました。

友人の自衛官が、使えないアホを徴兵しても邪魔になるだけ
と言っていました。
皆さん、徴兵は絶対ありえないので安心してください。

戦争反対が、ネタにならないように頑張ってください。

絵本 「戦争のつくりかた」

2004年に「戦争のつくりかた」という
ちいさな絵本が作られたのですが、ご存じですか?

「戦争のつくりかた Webバージョン」
http://smile.hippy.jp/ehon/
「絵本 『戦争のつくりかた』 出版のお知らせ」
http://www.ribbon-project.jp/book/

もしまだご存じなければぜひご覧いただきたいのですが、
これは、現在の日本の状況を暗示する内容になっていて
改めていま読むと、寒気がしてきます。
やっぱり私は、戦争反対。

どうしてこう急激に、将来を憂慮しなければならない環境になってしまったんでしょうねぇ・・・
民意がどこか手の届かないところに消えてしまった、いらだち、怒り、違和感を感じます。
大部分のメディアに情報操作の匂いを感じます。
目を覚ませ!!国民よ。
手遅れになる。

憲法記念日

初めて書き込みします。
TV,新聞などのメディアだけではみえにくくされていますね。
これだけの改悪強行がさっさと可決されて,事態の深刻さを麻痺させていることがほんとに取り返しがつかないです。
これを打開する方法って何でしょう?
国会って,ただ単に法案を通過させる機関になってしまっていて,野党の力なんてどこにあるのでしょう。正直な感想です。
怒りの矛先が現実,宙に浮いている,分散化させられていて,まんまと国民投票改悪への強行採決の環境ができているとしか思えません。
でもまだあきらめる段階でないですよね。
こんなブログが存在できてこそ,真実のニュースを少しでも伝達できますから。

真実なら大変な事。
でも、それが真実なんですよね!このことを知ってる国民は1割にもみたない気がします。
何となくまともな人は国民の2割程度で、この国を変えようと熱くなって頑張れる人が1割もいない気が。。。
自分の周囲をしり政治への無関心さに呆れました。
こうして政府のいいなりになっていくしかないんでしょうね!
我々、国民全体の民度が低いのでしょう。

もう、諦めたほうがいいのかな。この国。

カナダに移住か??

1900年代初頭の政治・法律の成立の仕方(内容)を一度整理してみると、今回の法案の成立の仕方にどのような意味(問題)があるかがより明確になるかも知れないと思いました。

あと、マスコミに関して言えば、「防衛省」しかり「教育基本法」しかり、成立してから「こういう問題が考えられる」みたいに騒ぐ(ふりをする)パターンが非常に多いと感じています。

きっこさんのところからリンクして来ました。宜しくお願いします。

国民の真意を確かめる為に国民投票は良いのでは。
それで改憲が望まれるか否かが分かると言うもの。
国民投票自体を否定しては己が意が民主主義にそぐうものか判断でない。その上で護憲ならそれが民意。
コミンテルン思想一辺倒では余りに偏執的なので客観的とは言えない。
権利と共に義務が同じだけ存在する事を忘れていては矛盾だらけの横車にしかならない。若輩ですがその様に感ずる今日この頃です。

「男たちの大和」とか「俺は、君のためにこそ死にに行く」とか、最近の映画のタイトルにも、ものすごい違和感。
戦争の真実を伝えるのであれば、何故彼等が本意ではない死に追い遣られねばならなかったのかを(その裏側を)描いて欲しい。
多分、知っているのだろうから…。  それを隠して上っ面のヒロイズムやセンチメンタリズムで、若い人達をたぶらかさないで欲しいです。

はじめまして。
非常に分かりやすいです。政治に暗い身としては助かります。

教育基本法改悪についてはマスコミはスルーでしたね。
すくなくともTVメディアで大きく取り上げられる事は無かったです。

それにしても教育現場に止まらず、生活・思想に渡り国家権力の介入をこうもやすやすと許してしまう現状が怖いです。普通の国民だったらこんな権利の蹂躙に対してもっと抵抗する筈なのに諸手を揚げて歓迎する人間もいるのですから。

「日本はダメだ」と逃げる算段も知恵ですが私はもう少しねばってみたいです。大人として自分の子に限らず全てのこどもに対してまともな未来を提供する義務がありますから。

仲間?前逃亡

落ちるところ迄落ちないと目が覚めない・らしいのが、今の日本人ですね・。
ただ、要所要所には既に層化学界や挑線がにんべん付けた日本名名乗り浸透し過ぎている現状・。もう手遅れの感があります。
いつか、近未来、中の国・中の国乾国州・中の国北麻鮮州 対 アメーリカの どちらにつくかにもよるが、私はもうこの国から逃げる算段します。 

はじめましてだいだいと申します。
私も政治問題に興味があり
時々ですが自ブログ内でたまに取り上げたりしています
明月様のブログをリンクさせていただきたいのですが
よろしいでしょうか?

こんな国になったのも、まともな国民が減ったからでは無いでしょうか?
もうお先真っ暗。アルゼンチンに移住します。

ため息しかでません。鬱になりそうです。

美しい国
これが頂点にいる人間が眺める光景としての言葉なら
その眼下にいる私たちはただ一つの点としてしか考えられていないのですね。
真実を知ることが本当に国民にとっての美しい国をつくる第一歩です。

美しいじゃなく、虚しいです。

ああ、これが我が産まれた国の政治かと思うと何ともいえない虚しさを感じます。
1972年の沖縄返還の際、アメリカ合衆国との間に日本政府が負担するとの密約が存在していたことが、25年ぶりに公開された米国の公文書によって明らかになった。日本国民は嘘偽りばかりを政府から伝えれている事が海外の公文書やインターネット上でバレだしたからか一気に国民がよく知らない間に一部権力に都合のよい国になっていこうとしているのがこの国の「美しさ」なのかと思うと、実に虚しい。三権分立もない「美しい」国などごまかしているだけだ。「美しくない」権力に都合の良い民主主義など朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)とこの国は変わりないのかもしれない。

非常にわかりやすくまとまってますね。
今は時代の大転換期だということが嫌というほどわかります。
我々国民はこれだけ馬鹿にされているんだということを
皆さんにわかって欲しいものです。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg