2007-05-14(Mon)

無くして分かるありがたさ では遅すぎる!

60年という歳月は、そんなに長いのだろうか。

最初の10年は生きるのに精一杯だっただろう。
次の10年は立ち直りの中で、反省も生まれた。
その次の10年は、経済成長と反乱の時代だった。

問題はその次の10年 75年~85年だ。
反乱が鎮圧された虚ろな空気の中で、大転換は準備されていた。
そして、85年~95年には、反抗の芽がことごとく摘み取られていく。
それは、社会党の崩壊に象徴されている。

寄って立つモノの無くなった95年~05年は、不況と改革ファシズムが吹き荒れた。組合と教育とマスコミに集中的に重圧がかけられ、反対意見は分散し目に付かない。既成の勢力で、正面切って国民に呼びかけて反対を唱えるモノはいなくなった。(注1)


こうして迎えた今日この日に、改憲のための法案が強行採決された。

今残されているのは、口コミしかない。日本で残された手段は、口コミしかないのだ。

よーく目をこすって見てほしい

安倍首相は「自民党は新憲法草案をつくって改正の意思表示をし九条は変えると決めている」(沖縄タイムス5/12

なんの曖昧さもない。安倍は、9条は変えると決めているのだ。

それが、この7月の参議院選挙の争点だと言うのだ。
民主党は、絶対に勝てない。なぜなら

改憲発議 「全候補賛否表明を」 自民幹事長
中川氏は「参院選でもすべての党派、候補者が(参院の)6年間の任期中の新憲法制定発議に賛成か反対か態度を鮮明にすべきだ。」(西日本新聞5/12)

党内に改憲派が巣くっている民主党に、勝ち目はない。

しかしそれでも、私たちに残されている選択肢は、改憲反対の候補者を当選させることだけだ。もって自公を後退させることができなければ、9条の余命は3年と決まったようなものだ。

自民党の狙い通り、民主党は分裂してもらった方が、かえって良いかもしれない。前原などの改憲勢力とは、はっきり分裂して、国民の選択肢を鮮明にしてもらった方がいい。

改憲を争点にする、という安倍の挑戦から逃げていては、勝負にならない。改憲に反対する、戦争のできる憲法づくりに反対である、その1点が今の問題だ。

高齢化社会ということは、戦争を知っている人口が多いと言うことだ。戦争を知っている「高齢者」の方は、どんどん口を開いてほしい。
あなたが黙っていることで、子どもらは塗炭の苦しみに投げ込まれるのです。

叛乱の時代を知っている団塊の世代のかた。もうそろそろ定年で会社に気を使うこともない。長年ためてきたモノを、今はき出してほしい。どんなに恐ろしい時代か、実は私なんかよりもよく分かっているはずだ。

ものごころ付いたときには、平成不況だった若い皆さん。戦争で景気がよくなっても、あなたの財布に残るのは、出陣していく家族の写真だけ。オイシい思いができるのはほんの一握りのエリートで、一般庶民にできることは戦場での殺戮と戦死。

いくら目を背けても、現実は向こうからやってくる。本当に戦争が起きるかどうかなどと言う議論で時間を費やす前に、その可能性を無くすことが先決だ。

なんとしても、改憲に賛成する候補者を落選させよう。改憲に反対する候補者を当選させよう。何党でも何でも良い。他の主張も問わない。今は、その一点に私たちの命がかかっている。

※注1 共産党のように、閉鎖的な呼びかけしかしない団体は、むしろ安全弁として残されているような印象もあるが、この際、そんなことを云々するよりも、自分の選挙区で改憲に反対する議員は誰かを見極めよう。
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クジュゴンを忘れないで

拝啓 小池百合子さま(と日本国民のみなさま) クジュゴン ボクのことについて 「国内希少野生動物種の指定についての検討」は お済みでしょうか 間に合わなかったなんてことに ならないよね なんだか物騒なものが 近づいてきているという噂があって 心配なのですが 大丈

「美しい国」の出所は日本会議?

5月11日の赤旗になかなか面白い記事を見つけた。(記事の全文はこちら)共産党の志位委員長に、朝日新聞の坪井ゆづる論説委員がインタビューしている形式の対談なんだけど、いくつか興味深い指摘があったので、それについて一言コメントしてみる。まず、「美しい国」の出所

比例区は共産党

年明け早々から、ブロガーの間では、参院選への対応を巡る議論が盛んだ。うーん、ちょっと気ぜわな感じがしないでもないし、ブログの陥穽、自大な感覚に捉われてるような気もしますが。ま、いいや。僕の見解は、議論の大勢とはいささか異なるので、この機会に表明しておこう

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

今こそ一致団結のとき

いつもこのブログをROMさせてもらっています。
今日、国民投票法案が可決してしまったことは非常に残念なことです。
しかしながら現状を見ると、改憲勢力の自公はがっちりと連携ができているにもかかわらず、憲法を守る勢力の民主党は亜流自民党状態、それについていかざるを得ないほど弱体化した社民党・そして相変わらず批判がお好きな共産党・・・と見事にチームワークが取れていません。
いろいろなしがらみがあるのはわかります。だけど今はそんなこと言っている場合でしょうか?日本が右翼総理の手によって崩壊へのカウントダウンを始めた今、この時計を元に戻すために今こそ一致団結のときではないのでしょうか。
とにかく民主党内の右翼議員を追放し、共産党内の強硬派を排除し、社民党は・・・手をつけなくてもいいか(笑)・・・沖縄のような選挙連携を全国的に展開するべきです。
明月さん、どうでしょうか?、
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg