2007-05-15(Tue)

民主党の選挙区候補に改憲の賛否を聞こう

雑談日記のSOBAさんが、アンケートの素案を作ってくれるとのこと。

候補者の連絡先は、ホームページから既に収集済み。エクセルのファイルにまとめてあります。メールの分かる場合はメールで、無いひとにはFAXで。

アンケートは、できるだけ簡潔に、あれこれ言い訳の余地無く、9条の改憲に「信念として」賛成か反対か、を聞くものにしたい。私としては、その一点に絞った方がいいと思う。

質問者を一から募るのは時間がかかるので、

1.村野瀬玲奈さんと世界平和の野望さんの「レジームチェンジに反対する署名」に寄せられたブロガーに呼びかける。

2. UNDER THE SUN で呼びかける

3.もちろんABENDで呼びかける

の三点に絞ってはどうだろうか

特に、1.については、各ブロガーへの呼びかけを、村野瀬玲奈さんと世界平和の野望さんにお願いできないでしょうか

各ブロガーからは、差し支えのない範囲で、一日の平均アクセス数を寄せてもらい、合計して、延べ読者数として提示する。

その上で、回答は各ブログに掲載することを明記する。

こんなプログラムでいかがでしょうか、SOBAさん!


※「レジームチェンジに反対する署名」は、私のお願いを聞いていただいて、ダイジェスト版を作ってもらったので、「続きを読む」に転載。

2007年5月3日共同声明 ダイジェスト版

「私たちは現日本政府による全面的憲法改定に反対します」

現在、日本の政府与党は「戦後レジームからの脱却」というスローガンのもとで憲法改定をめざしています。

この「レジームチェンジ(体制変革)」は、自民党の改憲草案によると「国民主権」・「平和主義」・「基本的人権の尊重」という三大原則に根本的な改変をせまる内容です。さらに、硬性憲法である現憲法を行政の都合でいつでも改訂できるようにされています。

つまり、この改憲は日本の政体の非民主的変更を宣言するものです。そして、既存メディアの多くが政府公報の主張に沿う形でこの改憲を支持しています。

この中で、ひとたびこのような改憲を許してしまえば、今後の日本と国際社会の未来に大きな禍根を残すでしょう。そのことは、第二次世界大戦中の従軍慰安婦をめぐる昨今の日本の政権政党の責任逃れの態度や人道的視点の欠如を見れば想像がつきます。

実際、日本では、半世紀にわたってアメリカの軍事戦略を支援・補完するために数多くの規約がつくられてきました。それらの規約は、国の最高法規であるはずの憲法の条文を実質的に無効化させ、国民の側にあるはずの主権を国家へとシフトさせており、今度の改憲によってその目的を完成させようとしています。

今まさに、日本国民は、同盟国アメリカと政治・外交的に一体をなす現政権の「利益」に屈従し、日本という国も本来の主権を失い、アメリカの軍事戦略上の実質的な属領となろうとしています。

そうなれば、現自衛隊はアメリカの支配下の兵団として、その軍事戦略に追従させられることになります。

日本ではこの改憲の目的が大部分の国民に十分に理解されないまますすめられています。私たちは、一国至上主義を貫く米国の軍事戦略に奉仕するために国外へ日本の軍事力を展開すること、戦争によって日本と世界の人々の血を流すことを許しません。

第二次世界大戦の戦前戦中の支配勢力にルーツを持ち、戦後、ほぼすべての時期を与党として過ごした自民党は、敗戦直後より「自主憲法」の制定を目標としてかかげてきました。そして今、大戦の責任者の一人であった岸信介の孫である安倍晋三によって、「戦後レジームからの脱却」をスローガンとした危険な憲法改定が実行されようとしています。

これは国民主権、立憲主義をとる民主主義国においては、自国の基本的価値を自ら否定する暴挙です。

今や、「経済大国」として国際社会に大きな影響力を持つ日本によるみずからの民主主義の否定は、世界平和にとって大きな脅威です。1930年代に世界を悲劇に導いたファシズムの横暴を21世紀の日本で繰り返してはならない、それが私たちひとりひとりの願いです。


関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

改憲スケジュウル

やぁ、みんなお久しぶり。時間がねぇから、ちょいとだけ。「国民投票法案」可決されましたね。でもね、いくら金ピカの袈裟を見せつけても、その下の鎧は丸見えでっせ。連中が変えたくってたまんない憲法が何なのか、オケラにだってわかりますよ。んでもって、コレからの

借金漬けの米国経済とそれに支えられた世界経済はソフト・ランディングができるか?: 上

FRB(米国連邦準備理事会)は、0.25%刻みでFF金利を引き上げていく政策を採っている。6月・8月と2回引き上げているから、FF金利はここ3ヶ月で0.5%上がったことになる。織り込まれているように9月に同率の利上げが行われれば0.75%になり、10月・

護憲といえば共産党

ゴホンといえば龍角散、ゴケンといえば共産党。ですね。国民投票法案が可決成立しました。想定内の出来事であり、気落ちなんてしてられません。問題は今後、僕らがどう戦っていくかです。これまで通りの戦いをつづけるなら、あっさり3年後、改憲でしょう。これまで僕らは、

国民投票法成立

先日、衆院を通過した時にも書いたが筆者は憲法改正自体は反対ではない。改正を否定した法律は、もはや法律とは呼べない、と考えるからである。しかし、「改正」と正しく改める限りは、こう変えるべきと先日もご紹介した改正私案を、再度掲載しよう。右翼の方々、激怒必至の

改憲手続法のムービーを作成しました

音楽家のZAKIさんが、この法案の問題点を歌にした、「”へんな改憲手続法”の歌」を無料で配信しておられました。これをムービーにしてYouTubeにアップしてみました。この問題について取り上げる予定のある方は、法案の問題点をわかりやすく理解してもらうために、ご自身..

「反戦な家づくり」さんへ、有志を募って連名で民主党に現憲法、なかでも特に九条への態度を問うアンケートはどうですか?

「野党共闘の幻を追いかけるより 改憲反対の議員に投票しよう」へトラックバックをす

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg