2007-06-12(Tue)

ブログのチカラ 9条のチカラ

87のブロガーによる、改憲に関する質問作戦は、一応成功したといえるだろう。

たくさんの応援、協力、本当にありがとうございました。

結果は、前のエントリーを見ていただくことにして、ここで、私なりに感想を書いておきたい。

■ブログのチカラ

短期間にこれだけのブロガーが声を合わせることができたこと。これが、まず大きな成果だった。
この点では、だれよりもきっこさんに感謝したい。 きっこさんは、他の86を合わせたよりもはるかに多いアクセスを持ちながら、しかし、一ブロガーとして参加してくれた。 きっこの日記の広報力と共に、この気取らない姿勢が、多くのブロガーを引きつけてくれたのだと思っている。

もちろん、この87ブロガーズは、一期一会というか、今回限りの集まりである。 かつてあったナントカ同盟のようなこととは、全く性格を異にするのは言うまでもない。 これまで、トラックバックピープルのABENDに参加するゆるやかな仲間たちや、UNDER THE SUN の仲間など、どちらかというと「いつもの顔ぶれ」という感じがあったが、今回は、私も初めて出会うブログがたくさんあった。 内容的にも、政治や時事のブログばかりでなく、趣味の世界のブログが多かったのも特徴だろう。

こうした、新たなブログ同志の出会いのきっかけともなったのではないかと、期待している。
ブログは、一人では成長できない生き物だ。 相互関係がからみ合って成長していく、得体の知れないエイリアンのようなところが、ブログの面白さであり強みであると思っている。 こうしたブログのチカラを底上げしていく意味で、少しでもいい機会になっていればうれしい限りだ。

それと、このある意味正体のわからないブロガーズからの呼びかけに、正真正銘の参議院予定候補から、18通も返事が来たというのは、これもやはりブログのチカラとして認識してもいいのではないだろうか。

返事が少ないという意見も多いが、私は、「多かった」と思っている。
どこの馬の骨ともわからない質問状に、よくこれだけ答えてくれたもんだ。 もちろん、きっこさんの威力は無視できないけれども。 今日、きっこの日記に回答の紹介が出たとたんに、あわてて2通ほど遅刻の回答があったことからも、それは間違いない。

それにしても、だ。 きっこさんだって、有名ブロガーという以外には、リアル世界では、まったく正体不明の人物なのだから、やはり、ブログのチカラというものが、国政選挙にとっても無視できないものになってきている ということは、自信をもって確認できるだろう。

■参議院選挙と改憲問題

改憲は、今回の選挙の争点ではないのだから、寝た子を起こすようなことはすべきではない、という意見も多かった。 が、これは はっきりと確認しておきたい。

政権党たる自民党の、選挙公約の第1番は改憲である

政権党が公約のトップに掲げているのに、争点で無いというのは、ゴマカシでしかない。 そっと静かに公約にして、選挙が終わってから、勝てば官軍で「公約の第一は改憲でした。なんか文句ある??」と言うに決まっている。

 公約にして争点でない、という安倍晋三の戦略にまんまと乗っている、今のマスゴミと同じことをしているようでは、ブログというアングラの存在意義がない。

投票する有権者は、憲法をどうしたいのか、を必ず考えて投票する必要があるのだ。 その基礎資料を、なんとか提供したいというのが、今回のプロジェクトの目的だ。

この点は、くどいけれども、何度でも確認しておきたい。

「改憲が公約なのに争点でない」 というのは 安倍晋三の戦略だ。 これにハマってはいけない。

■いただいた回答について

戦争のリアリティーから9条の改憲に反対する意見が多く、これは素直にうれしかった。

米長はるのぶさんの、現場からの迫力は、ぜひとも国会で活かしてほしいと思う。
ちなみに、この方は、天皇に「日本中の学校で国旗を掲げ、国歌を斉唱させることが私の仕事でございます」と言って、「強制は望ましくない」と逆に諭された米長邦雄が叔父さんであり後援会名誉顧問であるけれども、彼のHPには日の丸は見あたらない。

また、大島九州男さんの、憲法を変える人間は、自らが自衛軍の最前線に立て、という意見に、私も同感である。 決める人間は、いつでも安全地帯にいて、オイシいものを食べている。 決められる人間は、いつも危険のまっただ中に放り込まれ、食うものもなくなる。 この単純、かつ絶対の歴史的教訓を、日本人は忘れかけている。

他方、改憲に賛成の高竹和明さんが言う、「戦争をしないことをルールで決めると、そこで思考停止する」という意見にも、なるほどと思う部分がある。

今が、まさにその状態である。 60年間、戦争をしないことをルールとしてきたが、ほんとうにそのルールを、自分のモノにしてこれたのか。
どんな良いルールでも、それを行使する主体=国民が、それを自分のモノとして、大事なものとして、常に自覚していなければ、有名無実、骨抜きになってしまう。

自衛隊という名前もおかしいほどの軍隊が存在し、自国の安全とは直接関係ない海外にじゃんじゃん出ばっている現状は、とても9条が守られているとは言い難い。

他にも、こうした意見は多かった。 もちろん、現状がダメだから、法律もダメな方に合わせようという暴論は、安倍晋三の十八番であり、泥棒が多いから窃盗を合法にしようと言うに等しい。

しかし、これに相対するには、たんなる幻想としての護憲ではダメだ。
まず何よりも、戦争反対。 そのための9条であり、憲法だ。ということをハッキリさせないと、こうした現状追随型の意見には、対抗できない。

その点では、改憲反対の立場から同じ認識を述べている、大河原まさこさんの意見に、賛成である。

総じて、すべての回答いただいた方に共通しているのは、まじめに答えていただいた、ということ。 たかがブログという態度でなく、真摯に受け止めてお返事いただいたという点で、心から感謝したいと思う。

■改憲を巡る私的な予見

いま、右翼の中でも、反米と親米で激しい内輪もめになっている。 権力に連なるラインからは、反米右翼はパージされている。

新しい歴史教科書:つくる会が扶桑社と決別 

安倍晋三のブレーンである、元つくる会会長の八木秀次が、今後の右翼教科書の中心になっていく。


さて、ここから先は、全く根拠のない、私見である。 大はずれでも文句なしで読んでほしい。

私は、自民党も分裂すると思っている。
もちろん、民主党はいつかは分裂するが、むしろ、動きが早いのは、自民党の方ではないか。 なぜか。 安倍晋三が無能だったからだ。

安倍晋三に、権力中枢(アメリカ含む)が期待したのは、アメリカ寄りのコースを進みながら、旧来のオーソドックスな右翼勢力も糾合していくことだったはずだ。
コイズミは、ある意味、極端に親米すぎた。 意図的に、極端な親米ポチを演じた節がある。

なるほど、コイズミの滅茶苦茶な暴政で、富がアメリカに流れ、国民が抵抗できない、という形は急速につくられた。 しかし、一方で、従来型の利権にまとわりつく草の根自民党勢力からは、強烈な反発もあったはずだ。

この、自らの基盤をも壊しかねない危機を、岸信介の孫、という右翼本流の血筋で乗り切ろうとしたのが、安倍晋三内閣の誕生だった、と私はとらえている。

しかし、見てのとおり、安倍晋三個人は、あまりにも無能であり、やる気も無い。 サラリーマン首相などと言われる始末。 しかも、ヤバイ話が掃いて捨てるほど出てくる。 とても、この難しい局面をカリスマ的にまとめることはできない。

かといって、他に人材もいない。 そうなると、考えられるのは、反米勢力のパージである。
新しい歴史教科書をつくる会においてそうだったように、頑固な反米右翼は、末端に至るまでパージされていく、と思う。

その始まりを予感させる出来事が二つある。

1.松岡(元)農相 変死事件
2.公務員法案を、強引に成立させようとしていること

松岡とて、反米ではないだろう。ただ、言いなりにはならない、という非米とでも言うべき態度で、現場で絶大な力を握っていた。
しかし、アメリカの言いなりにはならず、自分の能力で農政を牛耳ろうとした松岡は、変死体となって、秘書の目の前で、20分間も吊されたままブラブラと揺れることになる。

また、既得権を守り、なかなかアメリカの言うとおりにはならない官僚は、バラ色の定年退職からは見放され、人材バンクの肥やしとなって、惨めな老後を送ることになる。

老後だけではない。

この公務員法案のミソは、天下り規制ではない。政府の都合で、現役の官僚の人事をどうにでもできる、ということだ。
「人事管理権者としての各主任大臣等の主体的な責任と権限の明確化 」が、この法案の中心なのである。

公務員制度改革大綱のポイント
 
この二つの出来事が語ることは、これまで、せめぎ合いながらも利用しあってきた、アメリカべったり勢力と、利権に群がる草の根「非米」勢力が、血を流す戦いを始めるということだ。
その渦に、民主党はすぐさま巻き込まれるだろう。 公明党は、統一教会と共に、まよわず親米に組みする。

そうして、自民党の親米勢力、白旗を揚げた非米勢力、公明党、まえはらからそっちに行きたかったり、権力に目がくらんだりした民主党の一部。 このあたりが、統合されて、参議院でも2/3を確保しようというのが、戦略ではないのか

だからこそ、私は、改憲に反対する、明確なビジョンを持った人に、一人でも多く当選してもらいたいのである。

■新しい動き

最近のニュースとして、天木直人さんと、ZAKIさんが立候補した。

天木直人のブログ http://www.amakiblog.com/blog/

ZAKIさんの「野生化の時代」 http://zaki.seesaa.net/

いずれも、9条ネットからの出馬となる。

9条ネット http://9jo-net.org/
9jounet.jpg

まえから、名前だけ聞いていた9条ネットの全貌が明らかになった。何のことはない、私の思いと同じだ。

9条ネットは政党ではない。
ただ今回の参議院選挙で9条を護ろう、殺されかけている9条を救おうという市民の結集団体です。従って、自分の確認団体だけの当選だけをめざすものではありません。
そのために、共産党、社民党に対して共同行動、選挙の時だけの共同の確認団体を作ろう、そのために各党は当組織をそのまま維持して、選挙のときだけ共同の確認団体の候補者として戦い、比例区では、9条と書けばすべての投票がこの確認団体の票となり、それを各党が自分の党の所属者のなかで個人票のおおいものから議員にすれば良いという構想です。
必ずしも9条ネット所属員が議員にならなくても良い、9条擁護派が当選すれば良い、そうして改憲派の自民・公明の議員を減らせば良いということです。
 (共同代表・前田知克氏インタビュー

という作戦で、共産党と社民党に申し入れをしたが、案の定、両党とも頭のかた~い対応をしている。
どうしようもない!

とういことで、この9条ネットを核に、民主党の改憲反対派、社民党、共産党のポートフォリオの中から、地域ごとに最適の候補者に投票するしかないだろう。

何度も繰り返すけれども、自分の未来は誰もプレゼントしてはくれない。 投票に行こう。



関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2001年の第19回参院選から導入の比例代表の「非拘束名簿式」、政党名だけでなく、候補者名でもOKに、全ての護憲派は結集・利用すべきだ。

 「非拘束名簿式」って知らなかった(汗)。2001年の第19回参院選から導入の比

続・『灰色のベンチから』と宮崎あおいの電撃結婚に関して

 最近、ネットの言論とその希望について考えさせられる事件が2つあった。  ひとつは、『灰色のベンチから』というブログの管理人に対して、某悪質出版社の社員からの脅迫メールが送られた事件である。 もうひと

『灰色のベンチから』と宮崎あおいの電撃結婚に関して

 最近、ネットの言論とその希望について考えさせられる事件が2つあった。  ひとつは、『灰色のベンチから』というブログの管理人に対して、某悪質出版社の社員からの脅迫メールが送られた事件である。 もうひと

がんばれ!日本共産党の青年・学生キャンペーンカー~『しんぶん赤旗』日刊紙6月13日3面~

 えーっ 共産党の宣伝カー? 青年・学生キャンペーン 駆ける 同乗記  http

最近もてない自民党

「自民とは組まない」=国民新・亀井幹事長 6月13日21時1分配信 時事通信 国民新党の亀井久興幹事長は13日、衆院議員会館で開かれた民主党若手議員の勉強会に講師として出席し、参院選で与党が過半数割れした場合の対応について「わたしは自民党と組むつもりは全くない」

参議院選挙民主党予定候補者:憲法9条改変アンケートのまとめ《護憲候補者倍増!護憲の風が吹いてきた》

《反戦な家づくり》の明月さんが提案され,ネット上の多くのブロガーの賛同(87名)を得て実施された,民主党と自民党の参議院予定候補者に憲法9条改定の是非を問うアンケートの結果がこのほど集約された.質問状はFAXないしEメールで送付されたものと思われるが,両党と

共産・社民の不遜な態度(続き)─でもね…

5月27日のエントリー「天木直人氏の参院選出馬における熱い思いと、共産・社民の不遜な態度」で、共産・社民両党が「9条ネット」の参議院選挙での「協力・共同の協議」申し入れを拒絶したことに対して失望と怒りを覚えたとの記事を書いた。同じ内容の記事をとあるMLに

年金未払い問題の責任はどこにあるか?

(参院選には必ず投票に行こう!) 数日前の、FKさんのコメントにインスパイアされて、この記事を書くことにした。 既に、数多くの報道があり、各ブログでも触れられている、今回の参院選で最大の焦点となりそうな、年金未払い問題。 この問題は、3週間ほど前に、民主

小池晃アッパレ!『消えた年金』の正体を暴く~『しんぶん赤旗』日刊紙6月13日1面~

 年金記録方式に欠陥 庁史もとに小池氏指摘 「宙に浮く」からくり判明  http

遅い記事ですが、

 遅くなりましたが、ブログ「反戦な家づくり」の明月さんが「9条改憲の賛否を問う質問」というのを民主・自民の議員・参院候補

「戦争絶滅受合法案」

先の記事に対するコメントをZ1100GPさんからいただき、長谷川如是閑の「戦争

“彼ら”の認識力と構想力、そして日本について

■ 「マイナス族」(“彼ら”)の現状認識まっくすさんの「基本スタンス: 世界はもはや"彼ら"の「インフレ指向」を経済行動原理として必要としていない」へのレス:まっくすさん:「私には「マイナス族」の現状誤認(あるいは惰性的、無意識の錯誤)が世界を危

自衛隊の国民監視に反対する集会

 自衛隊が労組・市民・ジャーナリストの動向を監視し盗撮し(現在も)している事件は

お嬢さま、選挙を語る(1)--集団的自衛権

 初夏の西園寺邸、美しく咲くツツジを眺めながら、午後のお茶を楽しむ麗子とばあや。強い陽射しに麗子は紫外線がすこし気になる様子・・・麗子: 暑くなったわね。これからも熱い戦いになりそう。ね、ばあや。今度の選挙は争点が盛りだくさんのようね。ばあや:はい、お嬢

参院選は時代の転換点となるのか

ほんの1か月前、安倍晋三内閣の支持率が上昇し、安倍首相や保守系メディアが浮かれていたのが嘘のようだ。年金が再び争点になり、これに松岡利勝前農水相の「自殺」も重なって、世論は再び大きく動こうとしている。世論

私もあなただ! 青臭いのも一緒だ^^! 【比例区は天木直人氏】

人気ブログランキング  ※より多くの人に伝えるためによかったら協力を♪参院選までブログ記事上部に投票ボタンを設置中!ヨロシクお願いします。今現在のネットの力を試すにはもってこいの最高の方が参院選に立候

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

遅ればせながら

トラックバックありがと御座いました。
文字化けしてたけど新米ブロガーのため理由が分かりません。恐る恐る開いたら明月さんでした(^-^。

確かに、共産党を長年支持しながら果たせぬ思いに党に言いたい事は山ほどもありますが、我慢、我慢で生きております。法人の立ち上げに失業しながら頑張り、運営が目前になりました。みんなを幸福にするために・・・良心のブロガーの一員として、同じ思いの道を進もうと考えています。仲間に加えていただき有難う御座いました。遅れて申し訳ありませんでした。

遅れて届いた2回答の内容は?

公開されている16回答のほかに,送れて2通回答が寄せられたというお話ですが,内容を公開して頂けないでしょうか?ネガティブな(改憲肯定)意思表示だったのかもしれませんが,情報としては貴重なものなので,コメント欄でも結構ですのでよろしくお願いします.

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

賛同ブロバーのメンバーには入っておりませんが、明月さんのご尽力には頭の下がる思いでおります。
お忙しいところを、ほんとうにお疲れ様でした。
参院選投票日まであと1カ月と1週間ですね。
私もこれから、後悔しないように自分のできることをしていきます。

お疲れ様でした!

こんばんは。
今日の私の記事にリンク貼らせていただきました。
年金に覆い尽くされたニュースに誤魔化されず、しっかり憲法へのスタンスを見極めて投票したいと思います。

今回の企画は大成功だったと思います。何よりもきっこちゃんが助けてくださったことや、多くのブロガーが一致団結して協力したことが大きかったとおもいます。そして、明月さんがこれらをすべてまとめてくださったこと。本当にありがとうございました。

ネットのパワーを思い知らされました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

やはりブログの力でしょう。

 実は、表ブログと裏ブログの2つで、ダブルエントリーした眠り猫です。裏ブログの名前は「ひ・み・つ」。トラックバックありがとうございました。
 賛同した87(貴兄も含めると88で、吉兆数ですね)のブログはもちろん、他のブログでも既に広く扱われています。私の遊びのブログでも報告済みです。
 これだけの真面目な回答が得られたのは、やはり、ブログが連帯したからだと思います。個人なら、たとえ「きっこのブログ」さんが企画して1人でやっても、これだけの回答は得られなかったでしょう。
 でも、それにしても、短時日での、丁寧なアンケートの発送、処理、取りまとめ、本当にご苦労様でした。私にはとてもできません。
 今後もこのご縁を大切に、ますますがんばっていきましょう。

日本の民度を高めたい

はじめまして。
質問作戦ごくろうさまです。みなさまの行動力に敬服いたします。
この夏の参院選挙は、日本の民主主義が最後のラインで踏みとどまれるかどうか
瀬戸際まで追い込まれての選挙ですね。
政府の統制下におかれているも同然の大手マスコミの情報に
まどわされることなく、
一人一人が今日本で起きていることをしっかり考えて投票するように、
きっこの日記、灰色ベンチから、など紹介しながらまわりの人によびかけています。
あと1ヶ月少し、庶民の暮らしを守るためにがんばりましょう。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg