2007-06-28(Thu)

従軍慰安婦決議に頭を抱える安倍晋三

こんな記事を見ると、ちっとも頭なんて抱えてないようにも見える

首相「対応せず」・米下院の従軍慰安婦決議 日経新聞 07.6.27 

にもかかわらず、安倍晋三は内心では困りまくっているはずだ。なぜか。

米の慰安婦決議案、平沼氏らが批判声明…懸念示す向きも 読売新聞 07.6.27

米下院外交委員会でいわゆる従軍慰安婦問題に関する決議案が採択されたことについて、無所属の平沼赳夫・元経済産業相や自民、民主両党の国会議員は27日、国会内で記者会見し、「事実に基づかない決議は日米両国に重大な亀裂を生じさせる」などと批判する声明を発表した。

決議案の根拠となった1993年の河野洋平官房長官談話の再検証も改めて提案した。


安倍晋三の本心は、全く平沼と同じであろう。しかし、そう言いたくても言えないのである。
ここに安倍晋三の苦悩がある。

つまり、この時期にこの決議を採択したと言うことは、「平沼赳夫的なるモノを、アメリカは許さない」という意思表示であるからだ。

■■

この決議自体の意味は大きいが、しかし、アメリカ議会が正義のためにこの議決をしたとは、私はサラサラ思わない。なにせ、戦争と利権のことしか頭にないアメリカ国家のすることだ。必ず裏がある。

いろんなことが考えられるが、一番直接的に言えることは、日本の「反米右翼」は退場せよ、ということだ。
その意味では、アメリカにとっては、慰安婦問題は口実だったとも言える。

今後のアメリカの世界戦略、なかでも対中国戦略の中で、日本をどうしたいと思っているのか。そのために、日本の政治体制をどうしようとしているのか。
そうしたアメリカの意志の一つとして、今回の決議は見る必要がある。

平沼に代表されるゴリゴリの国粋右翼を、アメリカはきっぱりと拒絶し、コイズミ・竹中路線を受け継ぐ、アメリカのポチしか認めない、という意思表示なのである。
平沼赳夫などの、郵政民営化(米営化)に反対して、未だに「反省」しない反米右翼のアキレス腱が、従軍慰安婦という人権問題であったから、アメリカはそこを攻めてきたのである。

安倍晋三は、平沼的右翼体質と、コイズミ的ポチ体質を併せ持つ、特異なキャラクターを期待されて政権をとった。言い換えれば、対アジア的には居丈高な差別主義で貫かれ、対アメリカ的には奴隷根性のかたまり、ということだ。

平沼たちとは前者において一致し、コイズミ路線とは、後者において一致している。
だから、郵政民営化に反対した、いわゆる造反組は、安倍晋三に近い人間が非常に多い。平沼赳夫もそうであるし、衛藤晟一、城内実など、思想的には安倍とぴったり重なる連中だ。

ところが、このラインは、今、アメリカからきっぱりとノーを突きつけられた。

■■

それにしても、なんでアメリカは今更この連中に退場命令を下したのか。

これも、ものすごく単純に言うと「これからのアジアは、ジャパンではなくチャイナなんだよ」ということではないか。
これまでの、アメリカのアジア戦略は、反共の砦としての日本を中心にしたものであった。しかし、中国が、アメリカに対抗しうるほどの大国と化し、なおかつ、かつてのような「共産主義」を輸出する代わりに、安い商品を輸出するようになった現在、アメリカの戦略は大転換した。

この辺は、田中宇さんの「米中論」(光文社新書)に詳しい。

ともかく、数年前から始まっていた、このアメリカの戦略転換が、いよいよ日本国内の反米右翼の追放というところまで迫ってきたのだ。

郵政造反組の追放は、主に経済的な理由だった。郵政の米営化を見て見ぬふりさえすれば、すぐに許してもらえた。安倍晋三も、支持率を落としてまで、せっせと衛藤らの復権に尽力した。

しかし、今回の従軍慰安婦に関するアメリカ議会の決議は、チョットでも楯突くヤツは、金正日と同等の人権問題として追究するぞ、という宣言だ。

■■

もちろん、日本が慰安婦の問題にきちんと謝罪していれば、こうした決議が上がることはなかった。
誰よりも問題なのは、公式な謝罪もせず、補償もせず、強制連行の裁判ではすべて不当判決を下し、挙げ句の果てに、慰安婦問題をなかったことにしようと企む、日本の公権力と、国粋右翼であることは、言うまでもない。
彼らをかばうつもりなど、当然のことながら、全くない。

この決議は当然であり、その内容自体は、私もまったく支持する。

しかし、だからと言って、この決議を万歳で迎えるのは、早計過ぎるということだ。
そこに込められた、アメリカの戦略と意志を確認しておかなくては、今後の私たち民草が、何とかして生き延びていくための糧にはならない。

このアメリカの「命令」を受けて、安倍晋三がこれからどのように対応するか。平沼などに同調して反発すれば、次々と不祥事がリークされ、支持率は下がり続けるだろう。

安倍には、それはできない。「完全なポチになります。刃向かう平沼などのかつての同志は弾圧します」とアメリカに誓うしかない。
そして向かう先は、アメリカの対中戦略の捨て石としての日本だ。

中国やアジアとは、ほどほどの関係を続けながら、戦争のできる国になる。そして、いつでもアメリカの身代わりに鉄砲玉になることのできる国になる。

そうした国に、粛々として変化してゆくためには、徒にアジアの民衆の怒りをかき立て、9条を改変する前から紛糾の火種を作り出してしまう平沼赳夫的なるものは、跳ねっ返りであり、邪魔者として排除される。

こうして、私たちは戦争へと引きずり出されていくのだ。

■■

だから、平沼的なるモノが排除されることを、単純に喜んでいてはいけない。
国粋であろうが反米であろうが従米であろうが、戦争に前向きな連中を、権力の場から一人でも減らすこと。

そのために、まず最初の一歩は、7月29日に選挙に行くことだ。
戦争に反対する候補を、一人でも多く当選させよう。
関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

米下院の従軍慰安婦決議に対抗して東京裁判の再審を、

 米下院のいわゆる従軍慰安婦問題に関する非難決議だが、日本の有識者たちが米国の有力紙に掲載した意見広告が、かえって反感を買って、逆効果だったようだ。むしろおとなしく頭を下げて台風の行過ぎるのを待とうという意見が主流になりそうな雲行きなんだが、わたしは、そ

慰安婦問題・・・教えてください

米下院委員会で慰安婦決議案が、可決されました。ほどなく上院でも可決されて、法案成立の運びとなるだろう。僕が、このブログを始めた6/23の日記「今のままではいけない」にて、「軍による慰安婦強制などなかったと、アメリカの大新聞に広告を出すアホな面々」と書いた...

壊れてしまった民主主義をどう再生させようか?

 夜中の11時を過ぎて参議院では、現在公明党の女性議員が鶴保議長(参議院厚生労働委員会)の問責決議案への反対演説をやっている。随分元気だなー

2万アクセス突破!

 去年2006年3月12日にブログを立ち上げてから、1年+3ヶ月+17日かけて2

NHKは会期延長している国会を真剣に報道する気が無いようです(>_<)

 連日、会期延長している国会の事が報道はされるのですが、内容はといえば殆どが「与

『定率』減税と『定額』減税~公明党ビラに反論する日本共産党の宮本たけし参議院大阪選挙区予定候補~

 まったく卑劣な公明党の増税「言いわけ」ビラを斬る!(日本共産党参議院大阪選挙区

野党連合は自民党と粉砕覚悟で激突せよ!国民は野党の本気度をみている。

野党連合は自民党と粉砕覚悟で激突せよ!国民は野党の本気度をみている。   と私は思っています。*柳沢厚生労働大臣の問責決議案*安倍内閣の不信任決議案出せる決議案は総て出し切ることだ。ここで、徹底抗戦してこそ国民に「信」が問えるの....

問題は、供給ではない。需要だ?!

供給が有り余っている中で供給=需要、供給が上がれば自動的に需要が増えるという話は妄言にしか聞こえない。大事なのは需要であり、潜在需要が有効需要になれば、それを埋め合わせる供給はすぐにも付いて来る。そして潜在需要というのはいつの世にも存在する。手元に十分な

あなたは誰にお詫びします?

慰安婦決議案が米下院外交委員会で可決されました。現内閣には地位にふさわしい知恵というものが欠けており、相手から思いのまま弄ばれた感があります。「こんな事で日米関係は揺るがない」と言う人もいますが、もっともです。揺らぐのは日本の右翼勢力だけで十分なので。

住民税増税の欺瞞と、怒りの広がり

(庶民増税にノーを!消費税増税を許すな!参院選には投票に行こう!!) 昨日の、年金問題に関するエントリーには、はてなブックマークが複数着き、私のブログとしては、過去2番目にアクセス数の多い記事となった。それだけ、年金問題に関する関心と怒りが盛り上がってい

慰安婦決議案可決のニュースいろいろ

今日はちょっと忙しいので、米下院で従軍慰安婦決議案が可決されたことに関するニュースを紹介しよう。Lola Dolor, Survivor of Japanese WWII Rape CampLABAN! Fight for Comfort Women より。第二次世界大戦で日本軍

だからこの際「比例区は共産党」バナー新作入荷!

ありがとうございます。発表以来、バカ受けしております。共産党からも、オファーがありました。選挙ポスターに使いたいって。冗談ですが。エキサイトを襲った大トラブルも、当ブログの呼び掛けに恐慌を来たした勢力の仕業ではないかと。風評ですが。うわははははは。とにか

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg