2007-08-12(Sun)

テロ特措法と世界恐慌

民主党が一人勝ちした参議院選以来、どうも筆が進まない。

これからの事態をどう考えるべきなのか、頭の中がハッキリしないからだ。

■テロ対策特措法をめぐって

護憲勢力最強のライバル小沢一郎

BLOG BLUESさんの見識には、いつもハッとさせられるし、おおむね同感である。
人間的には極めて原則的な小沢一郎が、実は改憲派の要であるということ。
それは確かにそのとおりだ。

「憲法を冒涜する輩は憲法を論ずるな」

BLOG BLUESさんも話を聞いたという、小沢に非常に近い平野貞夫さんの意見だ。
中曽根や安倍のような輩のせいで、まともな改憲ができない、と主張している。

その一方で、テロ対策特措法に反対するのは、相当の根性がいるのも確かだ。

「小沢代表の考え、理解超える」小池防衛相が強く批判
 小池防衛相、米政権首脳総出で歓迎・テロ特措法延長に期待

米軍の不沈空母とも言われるこの日本で、アメリカの軍事的な要求を蹴ることができるのか。

小池百合子の駄説とは逆に、湾岸戦争の頃であれば可能だったかもしれない。
まだソ連が存在し、冷戦の枠組みの中で、アメリカ軍にとっての日本の戦略的な価値は大きかった。
だから、日本があるていど自己主張しても、アメリカは受け入れざるを得なかった。
「日本の戦争力」(小川和久)などを見ると、その辺の話がかいてある。

しかし、時代は変わっている。
冷戦という地理的な戦争ではなくなった。
ソ連は無くなり、米中関係は大きく変化している。

石油屋ブッシュと株屋クリントでは、多少利害は違うかもしれないが、儲かるところと付き合い、それを邪魔するものを攻撃する、というパターンは古今東西変わらない。

その点から見ると、アメリカは中国を攻撃するよりおつきあいした方が、はるかに得だと判断している。
小競り合いはあるだろうけれども、この流れは変わらないだろう。

「中国製の劣悪な食品は食べない」クリントン議員が宣言 
こんな記事も、「もっと条件のいい取引をさせろ」と言っているにすぎない。

そこで起きてくるのが、6カ国協議での除け者あつかいにみられるように、日本の比重の低下である。

そして、米軍再編のなかで、大変な踏み絵を踏まされている。
主要な基地をグアムとし、在日米軍は支援部隊とする大規模な再編が行われているのは、周知の通り。そのために、グアム移転費の61億ドルも日本が負担し、沖縄・辺野古や岩国をはじめとする、日本中で犠牲を強制されている。

そして、同意をしないと、補助金カットという卑劣な手口で脅迫する。
ここまで強引なことをする背景に、「言うことを聞かないならば、全部グアムに行っちゃうよ」というアメリカの恫喝があると見ていいだろう。

米軍基地がいなくなってくれるのはうれしい限りだけれども、表も裏もアメリカの傘のお陰で暮らしている安倍晋三たちにしてみれば、顔が引きつるくらいの恫喝なのだろう。

その恫喝を受けながら、「国連決議がない」という原則を言い続け、シーファーを追い返した小沢一郎の真意がなんなのか、やはり私は計りかねるところがある。BLOG BLUESさんの意見にはうなずきながらも、それだけで割り切ることができない。

ただ、ハッキリしていることは、このテロ対策特措法をめぐる対決から、あらゆるものが飛び出してくるだろう、ということだ。


■アメリカ発世界恐慌のおそれ

サブプライムから始まった深刻なバブル破裂 (東洋経済)

世界金融危機のおそれ
2007年8月6日  田中 宇

ゴールドマンサックスやリーマンブラザーズが倒産するなど、誰も想像もできないだろうが、田中宇さんによれば、両者の社債はジャンク債直前まで格下げされ、また、優良なローン会社が銀行による資金の貸し渋りでわずか1週間の間に倒産に追い込まれたという。

何より怪しいのが、これだけの事態に対し、
米経済は緩やかな回復傾向、日本も順調に回復=株安で官房長官2007年08月10日朝日

などと、わざと深刻さを隠している様子だ。

月曜日からのお盆相場がどうなるか。
実は、安倍も晋三心臓が飛び出すような思いでいるにちがいない。

まあ、株が安くなること自体は、どうでもいい。
問題は、恐慌は戦争の引き金になると言うことだ。

先に、アメリカは中国とはおつき合いしたがっている、と書いたが、もし仮にドルが暴落するようなことがあると、それほど悠長なことは言ってられない。ミサイルをちらつかせてでも、アメリカ国債を売り払わないように、脅迫せざるを得ない。
今や、アメリカは中国の金で国を経営しているのだから。

もちろん、その脅迫は日本にも来る。日本は、キャンと言ってどんなに損失を出そうが、アメリカ国債を塩漬けにする。民営化した郵政資金、来年から民営化する健康保険(政府管掌)、3年後に民営化する国民年金が、アメリカ国債という紙切れになるかもしれない。

そうなると、吹き出してくるのが、「日本は軍を持たないから意見を言えない」という反米右翼の大合唱だ。
郵政民営化のときには対立した従米右翼と反米右翼だが、この段階ではどうだろうか。
アメリカに尻尾を振りたい連中も、かみつきたい連中も、声を合わせて「軍隊」を要求するだろう。

そのとき、小沢一郎はどうするのだろうか。
野党の立場であるならば、あくまで野合を拒否するかもしれない。
しかし、御輿に乗せられたらどうか。

中曽根や安倍の尻馬にのる改憲には、たぶん小沢は乗らない。けれども、自らが改憲勢力のトップに押し上げられたらどうなるか。それが、これからの政界再編でどういうポジショニングになるか、想像できないけれども、そうなれば、彼は改憲に乗り出す。

原則主義の小沢は、改憲するまでは戦争反対だが、改憲してしまえばそうではない。
筋を通すことにおいては、まれに見る政治家ではあるが、やはり、私と家族の未来を託す人物ではないということだ。

そんな未来像が、数年のウチに待ち受けていることを、世界同時株安のニュースから感じるのである。
月曜以降も下落が続き、ドルが暴落をはじめ、原油が予想通り高騰したならば、これは、よほどの覚悟がいるかもしれない。

株とテロ特措法。注目しつつ、生き抜く覚悟を磨くことしか、今の私にはできないが。。。


関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

佐藤正久は議員辞職せよ

 ヒゲの隊長こと佐藤正久参議院議員(自民党)は、心底から国民と民主主義をナメてい

・8/10)大人のための日本地理・転職・・・・レバノン出身歌手のナワール・エル・ズグビー 「第43回カルタゴ芸術祭 ...・忘れはしないよ、時が流れても。・あれこれと・日本の山村の農業・中国経済の明日が分かる『ザイロン/チャイナプレス』8月8日オープン ...・ 日本地理

安倍内閣閣僚が靖国神社参拝を自粛する中で、唯一参拝した高市早苗大臣に関する皮肉

 今度から私は彼女の事を、 高市早苗 (たかいち・さなえ) ではなく、 タカ派市

・[歴史・地理]日本のリンク・8/10)大人のための日本地理・ 日本地理は得意ですか?・転職・・・・07.7.20 後藤光征氏(元海上保安庁警備救難監)1 戦略情報研究所講演 ...・アンポンタンの地理・真実の歴史・地理教育研究会、教科書検定撤回要求・日本の山村の農業・テロ

ほら,やっぱり悪法だよ!国民投票法!

正式名称;日本国憲法の改正手続に関する法律 (→全文はこちら)通称;国民投票法俗称;壊憲手続簡略化法が,たぐいまれな悪法だ!,ということはこれまで散々書いてきましたが,早速,その悪法ぶりを発揮しま

護憲勢力最強のライバル小沢一郎

テロ特措法延長にNOを明言した、イチローくんが評判だ。さもありなん。イチローくんは、現政界において、きわめて稀な道理を重んずる政治家であり、最良の保守党人であろう。当ブログでも以前、「小沢一郎の道理」をエントリーUPしたほどだ。もし、あなたが、純一郎クンや晋

小池百合子

小池百合子小池百合子(こいけ ゆりこ、1952年7月15日 ‐ )は、日本の政治家。衆議院議員(5期)。元参議院議員(当選1回)。日本新党を皮切りに、新進党、自由党_(日本)#自由党_(日本_1998-2003)|自由党、保守新党|保守党、保守クラブを経て現在は自由

終戦記念日

 「本日は、戦没者を追悼し平和を祈念する日です」(政府広報・厚生労働省)が各紙の一面に載った。 第二次世界大戦が終結して62回目の「終戦記念日」が訪れた。戦争による加害者側も被害者側も、この戦乱の中で多くの惨たらしい死を迎え、二度とこのような戦乱を起こすま

終戦記念日に日本共産党の街頭演説を聴きました

 ここ数年、8月15日に日本共産党街頭演説を聴くのは私のライフワークの1つです

共産党、積極的に野党共闘へ

共産党の今後の国会対策と選挙方針などについて、穀田恵二氏が東京新聞のインタビューで答えています。重要と思われる部分を抜粋しておきます。 民主党との選挙協力を示唆するように読み取れる一方で、改憲阻止では「独自に努力」するとしています。 東京新聞 ねじれ時

・[歴史・地理]日本のリンク・8/10)大人のための日本地理・ 日本地理は得意ですか?・小野田寛郎の終わらない戦い・小鴨 XD・地理的区分と行政管轄区分とを分けよ。・地理教育研究会、教科書検定撤回要求・忘れはしないよ、時が流れても。・日本の山村の農業・中越沖地震の

62回:終戦記念日

  黙  祷  !●終戦記念日『ウィキペディア(Wikipedia)』●第二次世界大戦『ウィキペディア(Wikipedia)』●太平洋戦争『ウィキペディア(Wikipedia)』●ハル・ノート『ウィキペディア(Wikipedia)』ハル・ノート(Hull note、正式に...

白梅学徒隊 アンカー終戦の日スペシャルを見て

 関西テレビの夕方の報道番組であるアンカーで、今日は終戦の日スペシャルとして「知

「敗戦の日」に、不戦の誓いを新たに。

今日、8月15日は、かつて日本が、太平洋戦争に敗れて、ポツダム宣言を無条件に受諾するという形で降伏した、敗戦の日です。 一般には「終戦記念日」と呼ばれ、戦没者追悼の祈りが捧げられる日です。 しかし、私はこの日を、あえて「敗戦の日」と呼びます。 戦没者(

信号待ちの時に歌う『君よ八月に熱くなれ』の替え歌(^-^;)

 第89回全国高校野球選手権大会が盛り上がっています。  私も昔から聴いている『

佐藤正久発言に現れる日本帝国主義の政治目的 戦争と革命の基本問題 番外編

 元自衛である佐藤正久参議院議員が、憲法では認められていないばかりか現政権ですら

158683 1931年の世界金融恐慌以来の金融危機に発展するかもしれない

158683 1931年の世界金融恐慌以来の金融危機に発展するかもしれない   猛獣王S ( 30代 営業 ) 07/08/11 PM07サブプライム危機 米震源 世界のマネー逆流リンク世界金融危機のおそれリンクの2つをもとにした、[株式日記と経済展望]さんの「私のコメント」で、

♪ガンバレ♪小沢民主党♪世界平和へ、うさエール♪

2007.8.9.20:00ころ (2007.8.10.00:15ころ。エールの

民主党は、テロ特措法延長反対を貫け。

(「猫の教室」は夏休み中です。 【宿題】は、http://heiwawomamorou.seesaa.net/article/51007672.html を ご覧ください。提出期限随時です。) (もう一つの【宿題】は、「http://www.dff.jp/」から、1クリック募金を毎日すること。) 政界も世間も夏休みモードで、

国政調査権と政権担当能力

(人気blogランキング参加中。応援クリックお願いします。)水葉さんの「Tomorrow is another happy」の2007年8月8日の記事、「小沢氏9条を強調」のコメント欄http://aqualeafree.blog70.fc2.com/blog-entry-752.html

政府債務が積み上がるよりもデフレ状況が続くほうがより問題なのです。

不可避ではなく回避策を考えれば回避できると主張されていることは認めますが、別にこれからそれを考えなくても、前から書いているように実行されているものです。そんなことを“奴隷”=被支配層が考える必要はなく、自分も負担している税の使途や縮小している可処分所得の

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

小沢は昔の小沢じゃないよ。本心はテロ特措延長したいんじゃないの。今のままで対米独立する策はないね。残念だが改憲も無理。在日と民社がいる。彼は不本意ながら民主の党首について選挙勝つだけの人生になった。そのために「自衛隊派遣は違憲だ」とコマーシャルを流してる。だから仮に衆院で選挙勝っても変節の責任を取って総理にはならない。それで良いと悟ってる。後継者選びに入ったのでは。

ご紹介、深謝!

こんにちは。本文でのご紹介、ありがとうございます。お盆休み中で、ご返事が遅くなりました。ご容赦ください。いやー、難しいですね。あくまで「護憲」でツッパるなら、ベネズエラ国民のように、「脱米」の覚悟を決めなければならないでしょう。僕自身は、そっちの方が、ラディカルで面白いと思うのですが。ま、残念ながらそうはならず。戦後レジーム=「めかけ国家」のまま、米国の要求を容れつつ、拗ねたり甘えたりして、こちらの言い分も通すという、吉田茂手法、その辺に落ち着くのではないかト。その場合、もちろん「改憲」。唯それにしても、米国相手にその様な芸当が演じられる程、保守に人材は有るんだろうか。小沢、福田、あと思いつきません。僕はやはり、米国の強要を奇貨として、60年間、神棚に奉り上げたままだった日本国憲法を具現化する、新しい政治勢力の出現を望みたい。

前原誠司

「テロ特措法反対は国益を害する」ときた。この人は小泉とケンカして負けた以外何もしなかったのだがその程度の人物の国益論を喜んでとりあげるNHK。とりあげられると分かっていて打ち上げる前原。いよいよ正念場。私は小沢を支持します。

オザワのゴール?

www.nutterz.com/forums/index.php?showtopic=59946

いつも深い洞察力と常識あるご意見の掲載に感謝している、もとノンポリ団塊です。

メデイアをわざわざ集めてのシーファー駐日大使vsオザワは、臭いと思いましたが、情けなくもこの通りでした。更なる驚きは日本のどこを探してもこの記事は見つかりませんでした。とにかく上のサイト読んで下さい。昨晩ニュージーランドの友人から送られました。

マサに日本の危機ですね。アメリカからすれば資金豊富な植民地でしかないようです。また英語圏の他国の人達もそうとしか見ていないと思います。なぜなら彼らの母語の英語を戦後から押し付けられているし、原爆投下には国を挙げて抗議してもいないなどなど、英語圏の人々はむしろ日本を独立国としてハナから考えてもいない、これが私を囲む、主に保守的な白人の友人達がもっている日本人に対する感覚と言っても過言ではないと思います。但し彼らは僕らの前では絶対にそうは言いませんがーーー。それつまり私達自身が独立した人に映らないのかと、悲しくなります。

上のサイトの記事では、政治ですよ! 政治はいつでも何処の国でもこうですよ。とでも言っている様です。但し、日本人には内緒だよ。彼らは子供だから、ショックが大きいかも。

世界恐慌のおそれ

こんにちは。記事を興味深く拝見させていただいています。
今回の記事もたいへん勉強になりました。
地政的に日本の影響力が低下しているのは間違いないですね。
米国発の世界恐慌となれば、どこかで戦争が起こるのは必至かもしれませんが、そのときの情勢に応じて、日本の独自スタンスを主張できるほど、まだ国の身の処し方について議論が熟していないような雰囲気です。
テロ特措法をめぐる議論で、全体の旗色を仕分けし直して、そこではじめて小沢氏のスタンスも決まるのではないでしょうか。
いずれにしても、民衆の世論が、これをきっかけに改憲に向けられることのないように、社・共にはがんばってもらわないといけないですね。

憲法は理念法

憲法は理念法である。国の向かうべき「理想の方向」を指し示すのが憲法である。理想と現実が違うのは当たり前である。軍隊を持たない事を理想として歌った日本国憲法。そして、他国の侵略から自国を守るために自衛隊という軍隊を持っている現実。この2つが矛盾している事は当然である。何ら問題は無い。

将来プロ野球選手になりたいという理想を持った小学生に対し、「あなたは小学生なのだから、プロ野球選手になりたいという理想を捨て、小学生であり続けるという理想を持ちなさい」・・こんな事を言うバカな親や教師が居るだろうか?小学生という現実と、プロ野球選手になりたいという理想は全く別物である。理想と現実を「合わせる」必要など全く無い。小学生のプロ野球選手等、居るはずがない。「自衛隊という軍隊があるのが現実なのだから、軍隊の無い世界を目指すという理想を掲げた憲法を捨てなさい」こんなバカな事を言う改憲派の政治家と国民は、無知をさらけ出している。「小学生がプロ野球選手でないのはおかしい」と改憲派は主張しているのだ。「おかしい=クレイジー」なのは改憲派である。

理想と夢を持って邁進しなければ子供の成長は無い。国家、国民も同じである。
http://alternativereport1.seesaa.net/article/49712544.html
最強国家・日本は世界中を脅迫せよ
より
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg