2007-08-16(Thu)

靖國神社の意味とは

世界を見渡して、どの国がいい国で、どの国が悪い国、なんてことはあり得ない。それは、日本についてもそうであって、悪いことはいくらでもあるけれども、日本が悪い国だという決めつけは、確かにできないだろう。

しかし、これだけは言える。日本という国、あるいは国民は、省みることをしない。あるいは、できない。

たとえば、自民党の大票田である日本遺族会のホームページを見てみよう。巨大な圧力団体である割に、更新がほとんどされていないのは兎も角として、隅から隅まで眺めてみても、戦争への反省は一言半句も見られない。

遺族会の設立主旨である「戦没者遺族にたいする冷遇を是正したい。」という、被害者のメンタリティーに貫かれている。

それならば、原爆で焼け死んだ人たちも、沖縄で日本軍にすら見捨てられて殺された人たちも、「満州」で関東軍に置いてきぼりにされて亡くなった人たちも、同じく遺族としての冷遇を是正するべきであろうが、そういう視点は皆無であり、旧日本軍の将兵だけが、悲劇のヒーローなのである。

ましてや、彼らが殺した「敵国」の軍民は、まるっきり視野からも記憶からも消滅している。

と、同時に、最大の「敵国」であったアメリカへの視点も、全くない。恨みも感謝もない。完全に欠落している。

靖国神社を崇敬する人々に、共通してみられるのが、この「自分たちだけが被害者」意識のようだ。

「敵国」に限らず、自分とは立場の違うものを、狂信的なまでに視野から消し去るという精神構造は、しかし、容易に人に利用されるという面もある。
客観的な判断がないということは、目の前の利害が一致していれば、誰にでもだまされるということだ。

つまり、「自分の夫や父が、戦争で人を殺したという罪を認めたくない」という、ある意味当然の遺族の心情を利用し、むしろ逆に「尊い英霊」として持ち上げて、さらに、選別的に遺族年金やなんやでお金もつぎ込んで組織したのが、日本遺族会だという見方もできる。


言いたいのは、日本遺族会の悪口ではない。ここに見られる精神構造が、戦後の日本を象徴している、ということだ。

責任を問われたくない、反省をしたくない、過去の都合の悪い部分はデリートしてしてしまいたい。

これが、戦後の日本人の基本姿勢であるように思える。

これは、いわゆる右翼だけの問題ではない。
ミートホープや白い恋人など、北海道がさんざんであるが、こんな企業内の不正も、もとを糾せば同じ事に行き着くだろう。
ワンマン社長が自分だけの責任で悪事を働く、という構造は滅多にない。目に見えない「上意」をうけて、誰の責任だかわからないように、いつの間にか不正が行われていく。

耐震偽装問題でも同じだ。末端の設計士や建築業者だけが断罪されたが、「上意」はどこから出てきたのかは、まったく問われないままだ。
アパなどは、まるで被害者のような顔をして、ホテルもマンションも営業している。


そして、ここからが本論なのだが、この「反省したくない」メンタリティーは、誰よりもアメリカにとって歓迎すべきものだった、と言える。

東京裁判を行い、今また従軍慰安婦弾劾決議を行ったアメリカが、なぜ? と感じるかもしれない。
しかし、それは、一過程にすぎないのであって、日本を半植民地としてうまく利用したいアメリカにとって、過去を振り返ることに自ら縛りをかけた日本は、実に好都合なのである。

何故そうなのかが分からないということ自体、62年間うまく支配されてきた証明のようなものだ。

考えなくても分かるはずだが、根本的な責任は兎も角、沖縄戦で10万人、東京大空襲でも10万人、広島で14万人、長崎で8万人、あわせて80万人からの民間人を殺されたのである。もし日本人が、過去を反省し、アジアに対して真剣に謝罪などしようものなら、返す刀でアメリカを弾劾することは間違いない。

占領軍に「思いやり」を惜しまない日本であるためには、過去を振り返らないことである。
だから、日本が国として靖国神社から離れられないのを見て、アメリカはほくそ笑んでいるのである。

ちなみに、従軍慰安婦弾劾決議は、ある意味で、米中の手打ち式だったと、私は見ている。
本気で日本に反省をさせたいのならば、いくらでも強硬な手を使うことができるはずだが、いっさい拘束力のない決議であったことが、何よりの証明である。
中国に対する、踏み絵を踏んで見せただけのことである。

マイク・ホンダ議員本人は、もう少しいろいろな思いがあったかもしれないが、政治的な流れで見れば、残念ながらそう考えざるを得ない。

yasukuni.jpg


そんな観点から、昨日の靖国神社参拝を考えると、小泉や高市早苗のようなアメリカべったりのネオコンが「政府代表」で参拝したというのは、さもありなんということになる。

小泉が首相時代に、なぜあれほど8.15公式参拝にこだわったのかということも、安倍晋三がなぜ「参拝しないとは絶対に言わない」と言い続けるのかも、この観点からみれば容易に理解できる。

日本の政治権力が靖国神社に参拝するということは、「私たちは決して過去を振り返りません」と、アメリカに誓っていることになるのである。

62年の時代を経て、すでに観察力も判断力も失われた諸君には、全く理解できないだろうけれども、普通に人としての痛みや悲しみをベースにして考えれば、ごく簡単な話だ。

「遺族」もすでに、3代目、4代目である。
そろそろ、オーム並みの「英霊」コントロールから目を覚まし、ひい祖父さんが何をして、どうやって死んだのか、冷静に見つめ直し、あらためて手を合わせてみてほしい。

それは決して冒涜ではなく、かれらが守りたいと思った家族の健全な姿を見せてあげることになるだろう。
かつての「英霊」たちは、やっと軍務を解かれて、安らかな眠りにつくことができるのではないだろうか。

関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

8月の原爆投下と今日の日本

8月12日のハンギョレ新聞に掲載された高橋哲哉氏のコラムです。8月ということで、内容は参院選の結果にからめて「原爆」について書かれています。それではどうぞ。8月の原爆投下と今日の日本/高橋哲哉韓国でもすでに知られているように、7月29日の参議院選挙では与党自民党

「9条世界会議」の呼びかけ

 9条世界会議のサイトが出来たようです。  9条世界会議    私たちは、アジアや世界の市民・NGOと交流する中で、戦争の放棄と軍隊の不保持をうたった憲法9条が日本にとって平和の礎であるのみならず、平和を願う世

159181 米国CIAやFBIが「ウィキペディア」を検閲してイラク戦争等に関する記事を編集

159181 米国CIAやFBIが「ウィキペディア」を検閲してイラク戦争やグアンタナモ収容施設に関する記事を編集していた   猛獣王S ( 30代 営業 ) 07/08/17 PM07 『イラク戦争も秘密基地も――米政府がWikipediaを「検閲」』Wikipediaのイラク戦争に関する記事

「国家破産」-少し説明します。上

>まず、あっしらさんの主張は「支配階級は『なんとしてでも、既得権を維持しようとするので国家破産は無い』」と言う事だろうと思います。支配層は、自分たちの不利益になる結果をもたらすことで回避できる方法があるのならそれを実行するし、既に実行もしていると説明して

【お題】日本の外交、安全保障の目指す道は?

(継続する【宿題】は、「http://www.dff.jp/」から、募金を毎日すること。) 今日は、「猫の教室」の夏休み中の登校日です。 ここで新たな【お題】を宿題として出します。 【お題】は、「日本の外交、安全保障の目指す道は何か?」です。 いくつか例示するので、その中

佐藤発言を報道するようマスコミに圧力をかけよう!!

 8月10日のTBSの報道で佐藤正久参議院議員(元陸上自衛一等陸佐)が自ら自衛隊

国民の選択が政治を動かし、変化させることが出来るという証明 ~終戦記念日に閣僚の靖国参拝なし~

靖国神社、閣僚の参拝なし この半世紀で初めて(サンケイWEB)というニュースが流れていましたが、喜ばしいニュースですね。さすがの安倍晋三も自分の頭のハエを追うことに精一杯で、とても靖国参拝などする気力は無いと言うことでしょう。いやぁーー、愉快愉快....

腰抜けどもを嗤う ~終戦記念日の靖国参拝~

15日の靖国参拝、明言はゼロ=高市氏「都合の良いときに」-閣僚(時事通信)には笑いました。「日本のために亡くなった方に手を合わせるのは人間として基本的なことだ」と本当に思っているのなら、一番大切な終戦記念日に参拝すればいいじゃん! それを「今年は....

自衛隊参議院議員、佐藤正久氏の発言は軍部独裁政治の前触れか?

(人気blogランキング参加中。応援クリックお願いします。)「遵法意識のとぼしい自衛隊員が大手を振って歩く日本がアブナイ!」で書いた、イラクに派遣された元自衛官・参議院議員佐藤正久氏に関する問題の続きです。四つのブ

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

エライさんはともかく、我々が靖国に参拝する事が従米とは思っておられませんよね?
余りに自虐ではないかなあと思いますよ、本エントリは。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg