2007-08-18(Sat)

株安・ドル安の何が怖いのか

予想通り株安が進行し、間に合わせの金利引き下げは、いっそうのドル安を招いている。

引き金はサブプライムローンでも、より大きな原因は円キャリー取引という代物である以上、アメリカの金利引き下げは、事態の解決にはならず、いっそうのドル下落を招く。

私も専門ではないが、新聞記事をみても専門用語が多くてわかりにくいので、覚え書き程度に解説しておく。


サブプライムローンというのは、バブル経済を前提としたとんでもない住宅ローンで、返せる見込みのない人に、じゃぶじゃぶ住宅ローンを貸しましょうというものだ。
あたかも慈善事業のようだが、もちろんそんなことはなくて、住宅の価格がどんどん高くなるのを期待しており、数年後には担保価値が上がるか、売り払っても十分元が取れる、という塩梅である。

日本でも、バブルの時は、家を買って何年かしてから売るだけで、アホほど儲かった時がある。それと同じことを前提としたローンなのである。

従って、バブル・インフレがストップすると、貸した方も借りた方も共倒れするという、恐るべき時限爆弾だった。
そして、その導火線に火がついてしまったというわけだ。


円キャリー取引とは、主に外国人の投資家が日本で(円で)お金を借り、ドルなどの金利の高い国の金に両替し、その資金で高金利の投資をする、というもの。

簡単に言うと、1%で借金して、10%の預金に預ければ、何もしなくても9%は儲かる。
諸外国からみたら、日本の金利などただ同然だから、濡れ手に泡で儲かるというわけ。

実は、これの元祖は日本の銀行だ。日銀からも預金者からも、ほとんどただで金を借りて、高金利のサラ金にその資金を貸しだしてボロもうけした。

これと同じことを、国際的におこなっているのが、円キャリー取引というやつである。
日本の銀行と違うのは、国際的であるために、一粒で二度おいしいということ。

借りたときよりも、返すときの方が円安ならば、為替差益まで儲かってしまうのである。
金利を無視して考えると、1ドル100円で1万円借りると100ドルだ。それを1ドル120円の時に返すとすると、1万円=83ドルですんでしまうので、17ドルは丸儲けということなる。

こんな簡単でおいしい話ならば、誰でも飛びつくわけで、一説では1日に7兆円ものお金が動いていたようだ。
日本国の予算の1割近い金が、1日でこの円キャリー取引に動いていた。

かつて、日銀が利上げをすると言ったときに、自民党はじめ大反対がおこったわけが、ここで理解できる。
日本の金利が上がったら、円キャリー取引の旨みがなくなり、円を売ってドルを買う動きに急ブレーキが掛かり、ドルが暴落する可能性があったわけだ。


ところが、日本の利上げよりも、アメリカの時限爆弾が破裂する方が早かった。
あまりの株の急落に、辛抱たまらずにアメリカは金利を下げた。

新聞などでは、投資家は利下げは無いだろうと見ていたようで、想定外だっただけにとりあえず株の下落は一時停止した。
しかし、なぜ投資家が利下げをしないと思っていたのかと言えば、そんなことをしたらドルが暴落し、インフレに火がつくからだ。

案の定、株は止まったけれども、ドルは下落を始めた。

NY市場でドル下落、公定歩合引き下げで利下げ観測広がる
2007年 08月 18日ロイター


以上の事態は、米欧日の中央銀行が、20兆円以上の資金で買い支えをしてなお、この状態なのである。

月曜日以降も、円高ドル安、株下落のダウンスパイラルが続く可能性は高い。
株が下がると、株を売った資金がアメリカから逃げ出し、ドルも下がる。ドルが下がると相対的に円が上がり、円高の影響でよけいに株が下がる。

そして、一番恐ろしいのは、行き場を失った投資マネーが、投資先を求めて暴走を始めると、待っているのはインフレと戦争だ。

投資マネーというのは、一瞬たりとも休むことができない。どっかから借りてきた金だから、休んだとたんに大損をする。だから、株を売ったら、代わりに何か儲かるものを必ず買うのである。

それが、株や金などに限定されているうちはまだいい。たとえば、オイルに飛び火すると、今のようなガソリンがリッター150円もする事態になる。
こうしたことが、生活物資に押し寄せてくることが、想像できる。

しかも、そんな程度では飽き足りず、もっと割のいいもうけ話を求め出す。その先は、戦争だ。
戦争ほどのボロもうけはないのだから、投資マネーが行き場をなくしたならば、必ず戦争が起きる。


そう考えると、このタイミングで小沢民主党が選挙に勝ったことは、一定の意味を持っている。
将来的なビジョンは不明瞭でも、とりあえず、今、ブッシュやライスやシーファーが戦争を押しつけようとすることには、明確に反対している。

小沢一郎は、身辺警護をしっかりした方がいい。
権力の一端を握りながら、アメリカの戦争に反対することは、命がけだ。
加藤紘一の実家程度ではすまない可能性もある。
民主党には、是非とも注意していただきたい。

沖縄に対する圧力も、急速に暴力的になっていくだろう。

共和党であろうが民主党であろうが関係なく、アメリカという国は、戦争で栄えてきた国だし、日本もそのおこぼれを多分にもらってきた。
るいネットより
アメリカの戦争と外交政策(Wikipedia)
戦争一覧(Wikipedia) 

るいネットのグラフで、アメリカの景気が落ち込んだ年を見ると、ベトナム戦争の敗北とオイルショックが重なった74,5年をのぞき、
80年 イラン・イラク戦争
82年 レバノン派兵
86年 リビア空爆
91年 湾岸戦争
98年 コソボ空爆(99)
01年 アフガン戦争
02年 イラク戦争(03)
と、ものの見事に戦争が起こされている。
(ちなみに、02年以外は経済成長ダウン、02年はNYダウ急落)

この原理原則が、急に変更されるとは思えない。
小池百合子には、インリン様の爪のあかでも煎じて飲んでもらいたいが、その程度では真人間に戻るとは思えないから、やはり日本の軍国化は、沖縄を先頭に急ピッチで進められていくだろう。

今は、他人事のように思っていても、明日はどうなるかわからない。
数年後は、自分の子どもが銃を持っているかもしれない。

株とドルが下がると、こういう未来のスピードが加速される。



関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「日本の外交と安全保障」、私の考え。

(引き続き【宿題】は、「http://www.dff.jp/」から、毎日募金することです。) こんにちは。「猫の教室」、非常勤臨時代理講師補佐手伝いの眠り猫です。 人並みに夏休みとっています。土日は長野の湖に遊びに行きましたが、日光に当たりすぎて、飲んでいる薬との相乗的ア

武力万能主義を超えて

今日は前回のエントリーに続いて、どうすれば「硬い改憲派」の信仰のありようを変えられるか、また、「中間的な浮動層」を武力万能主義に染まらないようにするにはどうしたらいいか、どのような言説が必要かという問題意識と関わることについて、手短に書いてみる。まず、既

きょうと通信 NO、34

京都郵政職場交流集会(準)発行●07年08月18日 NO、34 JPU支部大会雑

お引っ越し完了

きょうから本格的にこちらへ引っ越しています。以前の記事はお玉おばさんでもわかる政治のお話 ライブドア版http://otama.livedoor.biz/でどうぞ!! しかし~~今週はずっと山奥にこもっていたので、政治

『政権担当能力』

 喜八ログの記事『政権担当能力』の内容に共感しました。よそからの引用らしいのです

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

小沢一郎がそんなに高尚な理念を持っていますか?彼は昔アメリカの言い成りだった。それが今では中国に媚びへつらうありさま。もし、小沢一郎が日本の国益を考えているのなら、なぜ外国人参政権を推進するのでしょうか。彼が言う外国人とは「中国人」と「韓国・朝鮮人」のことです。決して日本を国際社会に適応するための施策ではありません。ドル円の話は腑に落ちますが、小沢一郎を大事にしなければならないのは筋違いだと思いますよ。なんたって、田中・金丸という典型的な古き自民党の利権政治家の子分ですから。

今回の’信用崩壊’はグールグマン、それどころかBISも先月警告している怖いもの。田中宇さんのすこし誇張気味な論議も、今回は説得力があります。日経レベルの知識だと大変なことになります。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg