2007-08-23(Thu)

「耐震偽装の解決」を偽装した建築基準法改定

たまには建築の話を

この6月20日に建築基準法が変わり、なんだかとても厳しい規則ができたらしい、という情報は聞かれた人も多いだろう。

やっと、国も耐震偽装の対応をしてくれたのか・・・ などと思ってはいないだろうか。 この法改「正」たるや、とんでもない代物なのだ。

まずは、現場の声を

現実離れした法に「怒り」と「困惑」の声――緊急実態調査(4)
責任逃れの姿勢を問題視――緊急実態調査(5)
審査側も把握しきれていない改正内容――緊急実態調査(6)
申請図書作成の負担増で実務者は悲鳴――緊急実態調査(7)
社会への周知不足――緊急実態調査(8)


いくつかの声を抜粋すると

 消費者への告知を国が積極的に行わないことが一番問題だと考えている。一連の事件についての責任を全て建築士や施工サイドに押し付けてしまって、自分たちには責任がないのだとしている様に感じる。今後、違反建築や確認を出さない建物が増えるのではないかと危惧している。


 設計者として:審査する側にわからないものが審査される側にわかるわけがない。国民として:財産評価に重大な影響を及ぼす法改正を周知させることなく実行した国は無責任である。また、その影響がおぼろながらも見通せた構造実務者として声を上げなかったことが恥ずかしい。


改正も質の良い建造物を造って行くための決まりであればもちろん同意して協力していく気持ちにもなるが、今回の改正は行政側による責任転嫁、民間に丸投げして安堵するための道具でしかない様に思う。常識的に民間業者を含める民間人に納得のいく改正を望みたい。



要するに、参議院選挙前に格好をつけるために、1年前に無理矢理法改正をし、結局詳しい中身を決めることができず、当然にも改正内容の告知もせず、告知どころか審査する側もだれも詳しい改正内容を知らないままに施行日を迎えてしまったのである。

しかも、実務を知らない役人が勝手に、机上の空論で作った改正法だから、複雑怪奇、奇妙キテレツにして、しかも、家を作る人には何のメリットもない。

それどころか、時間的にも経費的にも負担は大きくなり、しかも、一度決めたことは変更できない。
たとえば、建築中に壁クロスの種類を変更したら、そのたびに何万円か払って変更届を出さなくてはならず、しかも、届けを出してから承認が降りるまで現場をストップさせなくてはならない。

というような、決まり事も、実は統一されていなくて、自治体、検査会社、担当者によってバラバラなのである。

この法律を見たときに、私は、この国は壊れ始めた、と感じた。

良い悪いは別にして、日本の官僚というのはそれなりに優秀であったといえる。
しかし、この一件を見ても、すでにそれは昔話になってしまったようだ。

コイズミ、安倍の追いはぎ的「改革」路線のもたらすものは、こうした行政の無能化でもある、という典型的な事例が、この建築基準法の改「正」である。

無能化した建築行政は、正直な建築士をいじめることはできるが、確信犯的なワルを見抜くことなど、できはしないし、しないための法改正だ。

くれぐれも、これで耐震偽装が無くなるなどと思わないように。

関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

異常な『円安』から急激な『円高』へ(上)

 7月9日に「誰が『異常な円安』にした」をエントリーし、その後の動きと「円安」が意味するところを整理したい。 この異常な「円安」は小泉内閣による新自由主義の導入と同時に始まった。円の実質実効為替レートが85年9月(プラザ合意)時点よりも落ち込んだのが7月3日で

軍隊は自己論理で暴走を始める。

一昨日の記事で、元イラク派遣自衛隊部隊の隊長であった、佐藤参議院議員の「駆けつけ警護」を批判しましたが、その後の追記にも記したように、この「駆けつけ警護、巻き込まれ武器行使」と言う論理が、自衛隊の内部文書で指示されていたものであることが判明しました。 h

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

酷いですね

藤田氏を串刺しにしただけでは不安で、業者と国民をペテンに掛けて自分たちだけ安泰目論見か。

政権担当能力が問われているのは何処のことでしょうかね?

もう黙っていられない建築基準法改悪

AbEndフォーラム フォーラム一覧
-> 藤田東吾社長 トピックス(耐震強度偽造問題)
-> もう黙っていられない建築基準法改悪
http://atbb.jp/abend/viewtopic.php?t=539
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg