2007-09-21(Fri)

1円のお話 その2

前回の記事を読んで、私が盗人の仲間になってしまったと、大変悲しんでくださる読者の方がおられるので、少々追加を書いておきたい。

まず、問題の階層を整理したいと思う。

1.コンセントを無断使用した中学生の個人的人格レベルの話

2.社会的価値観のレベルの話

3.経済的レベルの話

4.法律のレベルの話



個人的人格のレベルで言うと、これは、私を含めて、外部の人間がどうこう言う問題ではないはずだ。
このレベルでのコメントは、週刊誌の芸能ゴシップ記事のようなモノで、憶測で他人を評価するに過ぎない。

本人、家族、せいぜい被害者であるコンビニオーナーくらいの範囲で、議論すべき問題であり、報道だけであれこれ言うべきモノではない。

あえて言うならば、夜回り先生・水谷氏ならばどう言うかな、と想像はしてみたい。


社会的には、どうか。
たとえば、自分の子どもが同じことになったらどうするか。

私は、子どもに対しては叱るけれども、人間性を否定するような対応はしない。
「この、人でなし!」とか言って、ドツキ回すようなこともしない。
「わずかな電気でも、嫌だと思う人から取ったら泥棒だ」ということを諭すけれども、「人様のモノを盗むなんて、この盗人が!」と罵倒することはしない。

なぜか。

一つは、「盗む」という意識がなかっただろうと思うからだ。
この報道のケースはわからないけれども、私を含めて多くの場合は「コンセントを借りる」という意識である。

このケースが窃盗なのであれば、「店員に声をかけてください」と書いてあるコンビニのトイレを、声かけせずに使用した場合も、れっきとした犯罪と言うことになる。
トイレから出てきて手を洗おうとしたら、ガチャッと手錠をはめられるのである。

そう言う意味で、自覚的な窃盗ではない可能性が高い、ということが、ひとつ目の理由。

もう一つは、悲しんでくださっている読者の方も言われているけれども、無自覚的な窃盗はほぼ全日本人がしている、ということから逃げたくないからだ。

以前読んだ本に、子どもに対して、日本では「他人に迷惑かけてはいけません」と言うけれども、インドでは「あなたは他人に迷惑かけているのよ」と教える、という話が書いてあった。

自覚的な窃盗ならばいさ知らず、無自覚な迷惑行動は、コンセントのことだけにとどまらない。
コンセントのことを徹底的に罪として断罪するならば、1日に1万数千人が飢えて死んでいることも、自らを含めて徹底的に責めを負わなくてはならない。

そこまで自らを責めることができるのか、という、非常にシビアな自己批判の上に立ってしか、無自覚な「罪」を徹底断罪することはできない。


経済的なレベルで言うと、TBいただいている非国民通信さんのコメント欄にあるように、山田真哉氏の『食い逃げされてもバイトは雇うな』の話になってしまう。

しかし、これはかの読者の方の問題意識とは別なので、これ以上論じない。


法律、または国家権力というレベルではどうか。

これはまさに、前記事の趣旨である。

先のコンビニのトイレに限らず、こんなケースは、いくらでもある。

用もないのに銀行の待合室で涼んでいたりするのも、窃盗や不法侵入と言える。
山手線を逆回りするのは、もちろん無賃乗車である。
道路の左側を歩くのは道交法違反であり、そのせいで交通事故を起こし、交通刑務所に送られる不幸な運転者だっている。
地下街で誰かの肩にぶつかれば、当然暴行罪であり、相手が異性であれば痴漢として社会的な死を宣告される。

もっと探してみようか。

住民票を実家においたままで下宿している学生諸君は、公正証書原本不実記載だ。
そうそう、これは本当にあった話だが、労働組合員が会社用箋を1枚家にもって帰ったら、窃盗になった。
もちろんクビである。
社会保険事務所で、つい激高して職員を罵倒すれば侮辱罪は間違いない。
声を荒げただけで、恐喝未遂罪かもしれない。

他人が迷惑し、法律に違反する行為を、すべて厳重に取り締まるとなれば、ほとんどのひとが、どんな名目ででも逮捕できるようになる。
植草一秀氏の事件のようにでっち上げをするまでもなく、実際に起きたことで逮捕できるのである。

一国の首相は3億円脱税してもなんの罪にも問われず、無自覚な微罪が厳罰に処せられる「法治国家」が、戦争に向けて進んだとき、どういうことになるかは、想像するまでもない。
北朝鮮のことを揶揄する資格すらない、とんでもない恣意的なファシズムが、「法律」の名の下に進行する。

すでに、それは現在進行形である。
だからこそ、この中学生の話や、高槻の病院の話を取り上げたのである。

そして、弾圧のきっかけは、「社会的悪」というキャンペーンから始まるのである。
確かに、よく見ればよくない部分もあるかもしれないが、それを針小棒大にふくらまして、極悪のようにキャンペーンすることで、恣意的な警察権力の濫用は既成事実化されていく。
もちろん、まったく悪い部分のないでっち上げであることも珍しくない。

その点をまずおさえておくことが、かの中学生の内面を決して知るよしのない私たちの、ニュースに対する感性なのではないだろうか。


一応白状しておくけれども、コンビニのトイレも、銀行で休憩も、山手線逆回りも、左側通行も、ひとにぶつかったのも、住民票も、会社用箋も、役所で声を荒げたことも、すべて私は前科者。
かの中学生が書類送検されるのならば、私は刑務所行きかもしれない。



関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

郵政民営化凍結は、あらゆる改革につながる本丸。国民の財産を国民の手に取り戻すこと。

(人気blogランキング参加中)郵政民営化推進になお疑問を持つ立場から、ひとまず郵政民営化を凍結して政治家と国民全体に再考をうながしたいと思い、精力的に関連の記事を書いている「神州の泉」さんの記事と、もともとの事実

福田政権の陣容決まる

昨日、衆議院で福田自民党総裁が、内閣総理大臣に指名され、参議院とはねじれた結果になったが、憲法の規定に従い、福田首相が誕生した。 早速組閣を行ったが、第2次安倍内閣の内容をほぼそのまま維持し、大きな変更は見られなかった。 表向きの理由は、国会開会中であり

より良き感応をめざしたものとしての歴史:「人間」は何のために存在しているんだ?

● より良き感応をめざしたものとしての歴史より好ましい感応を得ることを目的として「人間」が存在し歴史を紡いできたと考えると、それが類的なものではなく階層的なものとして追及されてきた歴史過程があるように思われます。現実を見ても、「人間」が、自己がより好まし

いわゆる「B層」が劇場政治を求めているというよりも、御用マスゴミが「B層」を生み出し、自民党政権を支えている!

 いわゆる「B層」。 主婦や若者、高齢者など「具体的なことはわからないが、小泉総理や自民党内閣閣僚のキャラクターを支持するIQの低い人たち」のことを、よくそう呼ぶそうです。(注1) しかし最近の報道……自民党

懐かしい故郷天草と有明海(048)

みんなでつくろう「国民の、国民による、国民のための政治」を! =だから早く【自・END】=(07/09/23) 今回の帰郷は、家族の病気見舞いや、相談、各種手続きが目的で、毎日ドタバタ、ゆっくりと自然に親しむこともできませ

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

盗電程度でがたがいってんじゃねーよ。
年金盗んでいる公務員や議員のほうがよっぽどタチ悪いし、被害も甚大だろ?
年金盗んでいる連中ブタ箱に入れてから盗電の捕まえろよ。
物事の優先順位もわからない連中が社会の前面で偉そうにふんぞり返るなよ。

一円でつかまるなら、いずれ立ち読みだけでもつかまるだろうな。
立ち読みで得る情報は一円より大きいだろ?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はじめまして。いつも読ましてもらっています。

 朝日新聞夕刊でも『中2「1円盗電」容疑』と三面の二番目くらいの扱いで載っていましたが、警察の「割れ窓理論」キャンペーンに新聞が協力しているんだと思います。
 記事をよく読むと今年の三月頃にやった事(盗電)で、逮捕ということは別件の可能性もあるんでしょう。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg