2007-09-29(Sat)

安倍の辞任が呼び込むテロの危機 伊勢崎氏講演より

今日、伊勢崎賢治さんの講演を聴いてきた。ピースおおさかの主催。

詳細は、4ページにわたりメモしたので、ホットなうちに報告したいと思うが、取り急ぎ今夜は一点だけ、講演の一部を私なりの理解で書き留めておきたい。

■■
テロ特措法で自衛隊が参戦しているのは、OEFであり、NATOの集団的自衛権に基づき、テロリストを殺すための作戦。

国連憲章第5条に基づくISAFとは根本的に違うのだが、大事なことは、実は、アフガニスタン人のほとんどは、日本がOEFに参加していることを知らない、ということ。
アフガニスタンばかりでなく、イラクでも、EUの国でもそうらしい。

だから、ほとんどのアフガン人は日本を善意に誤解している。
伊勢崎さんの表現では「美しい誤解」

この美しい誤解のおかげで、伊勢崎さんらがおこなった武装解除は成功したし、これまでアフガニスタンで日本の人道支援要因は一人も殺害されていない。

ところが、ここに来て、日本がOEFに参戦していることを国際的に大宣伝した人物がいる。

テロ特措法を理由にして突然政権を投げ出した、安倍晋三である。

アフガニスタンを始め、世界中の人は、超大国日本の首相がいきなり政権をほっぽり出したことに関心を持って注目した。

ところが、(アフガンや世界の人々は)その理由を知ってびっくりした。
なんと、日本はアメリカの戦争=OEFに参戦していたんだ!!


だから、給油の延長などしようものなら、いよいよ日本人もアフガニスタンでのテロの標的になる。

しかも、現地で日本の顔として活動しているのは、外交官でも警察官でも自衛艦でもなく、NGOの若者なのだそうだ。

危険すぎて公務員が行けないからと、NGOに金を渡して日本代表で送り込んだ。

その善意のNGOが、愚かな安倍晋三と、給油延長をごり押しする福田自公政権のせいで、テロの標的になるというのだ。

■■
以上が、伊勢崎氏の今日の話のなかで、とりわけ印象に残った部分だ。

もちろん、標的になるのは現地のNGOだけではない。
アメリカ軍に何万人もの無辜の民を殺され続けているアフガニスタンと、アラブ全体の怒りの矛先は、「日本」である。

私であり、あなたである。
そして、すでに「人殺しあい」に参戦している以上、それに文句を言う筋合いはないのである。

給油が国益だとか言う諸氏は、それを覚悟しているのか。

それともむしろ、わざとテロを招き寄せ、社会不安をかき立てようとしているのか。




関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小沢一郎の護憲

「小沢一郎の護憲」の正体が露呈した。なるほど、現行憲法でも武力行使ができる、と思い込んでいたわけだ、それなら改憲の必要はない、、、、、。あほちゃうか、小沢一郎。だからこんな人間を党首にしている民主党などを支持してはならなかったのだ。ネット上の護憲サイ ..

イラク戦争を国際法違反ではないという人物との軍事と平和についての議論。

日本は、毎年約5兆円を軍事費に費やす世界有数の“軍事費大国”です。 ソ連崩壊から15年がたとうとしているいまなお、着上陸侵攻を想定した90式戦車(8億円×12)やF2戦闘機(127億円×5)などの調達をつづけています(05年度予算)。 一方、米国が先制

あえて「B層」とか「愚民」などという言い方をしたくない理由(1):いわゆる「B層」と呼ばれる人たちとそれを批判する人たちとの間にはどれだけの差異があるのだろうか?

 いわゆる「B層」。 そう呼ばれる人たちがいます。 「自民党政権とその悪性を無自覚に支えているIQの低い人たち」として、批判されることが多いようです。 しかし……ちょっと考えてほしいと思います。 

地球温暖化と生物多様性

 1992年にリオデジャネイロ市で開催された環境と開発に関する国際連合会議(地球サミット)では、「生物多様性」は次のように定義された:「陸上、海洋およびその他の水中生態系を含め、あらゆる起源をもつ生物、およびそれらからなる生態的複合体の多様性。これには生物種

福田の初所信表明演説に対応する自Endバナーを急遽作成しました。福田の本質的に冷たい心性を画像的に強烈に表現しました。(笑)

 誇り高きバナー・アジテーターのSOBAです。(笑)  突っ込みどころ満載の安倍

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

↓の方へ

誤解を招く表現だったかもしれません。
赤字の部分は、伊勢崎さんの言葉ではなく、アフガンの人々が気が付いたはずだ、と言う意味で書きました。

今更、改めて気がついたとは、驚きだ

「日本が参戦していた」
なんて、今更、改めて気がついたとは、驚きだ。
米帝主導の米・英・NATOの「War on Terror=テロに対する戦争」という口実でのアフガン侵略戦争に協力している日本は、侵略戦争の共犯者だということは、最初から明白だった。
今更何を言うか。
大学教授なんて、犯罪者から金をもらって生活している金権奴隷なんだ、ということが、改めて感じられた。本人がそれを自覚していないところに、根の深さ、救われ難さがある。

>国連憲章第5条
7章ですね。

ところで、講演内容をblogに掲載することに関して、許可はとっていますか?

貴重な情報を有難うございます。

 いつも拝読させていただきます。驚きで目が覚めました。
 確かに「謝意」は国連から出されているとはいえ、その対象はOEF(それはそのネーミングの過程からして恥知らずなものですが)であり、表面的に日本は参加していないことになっています。
 それをわざわざ「参加している」と公言してしまったわけですね・・・。

地政学の本音

なぜみゃんまで、こんなことせなあかんのか、もう少し「悪人の立場」になって考えてください。
日本軍による洋上給油が行き詰まっているので、てっとりばやくエネルギー源を得るために、ミャンマの天然ガスに目をつけ、ぶん取ろうという魂胆ですよ。
すっちーだかスーチーだか言う情報機関エージェントもいるし。

さらに、あの辺りは麻薬の大産地でしょ?
世界の陰の政府やらマフィアやら情報機関がのどから手が出るほど欲しいものを、民主化とか言うウソ800の錦の御旗で、正規軍使ってぶん取れるんだから、おいしいことこの上ない。

インドネシアはイスラム国家だから、アメリカやイスラエルは目をつけて、地震兵器やら細菌兵器でさんざん低強度戦争しておいて、
いずれ大日本帝国に対してやったように、大量殺戮兵器を使って民族浄化して、石油だけがっぽりいただくと言う寸法でしょ?

とにかくあの辺りみーんなアメリカは海外領土にしたいわけですよ。
それらはすべて、石油を独り占めするため。
さらに言えば、そうして限界まで値段を吊り上げた石油を日本と中国に売りつけ、米国債をチャラにしようとしているわけですよ。
まぁ、これくらい読めなきゃ世界情勢について語る資格はないね。

はじしらず

>危険すぎて公務員が行けないからと、NGOに金を渡して日本代表で送り込んだ。

こんな連中税金で飼ってていいのか?
全員辞めさせろ。

ことばもない

あー

アベ万死に値す。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg