2007-10-12(Fri)

隠蔽される安保理決議1386

ネットで「安保理決議1386」と検索すると、なぜか安保理決議1368が出てくる。
ちまたでは、あたかもテロ特措法がこれに基づいているかのようにいわれている、1368のほうだ。

しかし、テロ特措法によって日本が参戦しているのは、いわゆる「不朽の自由作戦」(OEF)である。
これは、外務省の資料によっても、明白。なんの疑問点もない。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/terro/katsudou05_1.html

このOEFは、先日の「謝意決議」に対して、国連の枠外であると言う理由でロシアが棄権したことでも分かるように、国連決議に基づいたものではない。
繰り返すが、日本が参戦しているOEFは、国連決議に基づいていない。

ところが、このところ、あたかもテロ特措法は国連決議1368に基づいているのだという、真っ赤なウソがまかり通っている。
これは、はっきりとウソだ。 デマである。

これまた、外務省のホームページからも明らかだ。

http://www.clearing.mod.go.jp/hakusho_data/2003/2003/html/15421200.html

ここには、「安保理決議第1368号で国際の平和と安全に対する脅威と認められたことを踏まえ」と書いてあるのであって、「基づき」とは一言も書いていない。
「踏まえる」 とは 「考慮に入れる」 と言う程度の意味であり、条文や決議に「基づく」という意味とは、次元が違う。

「踏まえ」では誤魔化しきれなくなったと見るや、今度は、新テロ特措法は安保理決議1368を「目的」にする という。

政府は4日、海上自衛隊のインド洋での給油活動を継続させるため、テロ対策特別措置法に代わり今国会に提出する新法の骨子を決めた。
法律の目的には、米同時多発テロを受けて採択された国連安保理決議1368に加え、海自を含むインド洋での海上阻止行動への「謝意」を盛り込んだ9月の国連決議1776を追加する。

(2007年10月04日 朝日新聞)
 
ようするに、国連決議に対する勝手連をやるというのである。
あくまで、勝手連は勝手連だ。 一部の国から感謝されるかどうかはともかく、条文や決議に「基づく」ものでないことは、「目的」という言葉からも明らかだ。

自衛隊の応援をしたい連中が、自衛隊の門前に無料のガソリンスタンドを作ったとしても、その連中は自衛隊員ではないし、自衛隊の支援組織でもない。
同じことだ。
国連の支援をすると一方的に宣言して、重油を大盤振る舞いしたからと言って、それは国連の活動ではないのだ。

こんな当たり前のことを、「踏まえて」とか「目的」とか、誤魔化すための言葉を垂れ流して、ごり押しする。
これが、福田ヌエ内閣の正体である。


一方で、民主党の主張するISAFの根拠である、安保理決議1386は、検索してもなかなか見つからない。
国連のHPから探しても、閲覧制限がかかっていて開けない。

やっと見つけたのがこのNATOの英文ページ
http://www.nato.int/isaf/topics/mandate/unscr/resolution_1386.pdf
(どなたか、日本語訳にしてください!)

ISAFへの参加に賛成するわけではないが、1368はいくらでも検索できて、外務省が日本語訳しているのに、1386は英文ですら検索するのに一苦労して、日本語訳は見あたらない。
これは、意図的なものと思わざるを得ない。

ISAFは危険である、ということは確かにそうかもしれない。
派遣することが、良いことだとも思わない。

しかし、原則としてどうなのか、ということは、それはそれではっきりさせなくてはならない。

そのためには、決議の原文を見る必要があるのだが、これが日本国民の目から隠蔽されている。




関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

日本のNGOがテロリストのターゲットに?

 機関紙「ジャーナリスト」10月号から伊勢崎賢治さんの発言です。(前略) 協力顕在化で懸念される被害 これまで日本がOEFに関与していることをアフガン社会は知らなかった。タリバンも知らなかっただろう。先進国の人道援助要員に軒並み犠牲者が出ているが、日本人に

十月半、小白鳥琵琶湖北に飛来

早いもので10月も今日で半ばとなる。湖北町に小白鳥が飛来したそうです。小白鳥にはまだ暖か過ぎるかもしれないと、テレビで話していたけれど、夜はだいぶ寒くなってきているようで、主人も娘も、掛け布団を厚いのと変えて

自民党VS民主党 だけでいいのか? 【テロ特措法の行方と少数野党】

人気ブログランキング ← に参加中です! ポチっと応援有難うございます♪ 【1行日記】    なんだか秋らしくなってきましたね~。 この頃は過ごしやすい毎日です^^...

国会に見る--与野党「虚々実々」の裏側とISAF(77)

みんなでつくろう「国民の、国民による、国民のための政治」を! =だから早く 【自・END】 =(07/10/16) simanto114 は、14日のブログ…小泉動く--民主党「トロイの木馬」はいつ起動するか?(75)で、当面、自民・公明・財界

自然界の弱肉強食と新自由主義、そしてイマジン・ピース(追記あり)

左の写真は、ユビエダハマサンゴの群生を住処とするイトヒキテンジクダイ(Apogon leptacanthus)やら、アトヒキテンジクダイ(A. lineolata)やら、クロオビアトヒキテンジクダイ(A.zosterophora)でございます。彼らは、網ですくい上げただけで息もたえだえ、すぐに死ん

沖縄「軍の強制」削除は、文科省の“自作自演”だった!(74)

みんなでつくろう「国民の、国民による、国民のための政治」を! =だから早く 【自・END】 =(07/10/13)11日の衆院予算委員会、共産党の赤嶺政賢議員の質問、および沖縄タイムスの関係者への質問等で、 「沖縄の住民自決、軍の強制」

攻撃的護憲でいきまっしょい!

政治ブログランキングのトップクラスである「お玉おばさんでもわかる政治のお話」へ投稿したコメントが、フィーチャーされた。どうもです。そこで、同旨のエントリーをUPしますね。ひと月以上も前の記事ですが、記憶されてる方も多いのではないでしょうか。テロ特措法延長問

わが社の9月決算

 1年が過ぎるのは速い。 昨年の決算を終えて、どうしようと考えていたら、もう次の決算が来てしまった。 有りのままに決算書を作るしかない。 今年も景気が悪かったとしか言いようがない。 決算書の赤字によって、金融機関からの借り入れは厳しい金利を提示されるだろ

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

はじめまして、私も英文は見つけましたが、日本語に出来なかったところ、私の仲間が民主党本部より内閣資料室の訳文を発表していただき、本日ブログに掲載しました。私のURLからご覧になっていただきたいと思います。ISAF=武力行使ととられがちですが、ISAFには民生支援部門があります。この1386を含む書庫には、ほぼすべてのデータを網羅しましたので、参考になさってください。

自衛権

テロへの報復するための自衛権行使は本来、国連憲章で認められていませんが、最近の事情を考慮して認められたようです。(詳しい説明jは長くなるので省きます)
ところで、米国が自衛権を発動しているとすると、OEFに参加している有志国の日本は、集団的自衛権を発動してる事になりますね。これは、現在の確定解釈では憲法違反です。

言葉遊びはほどほどに

Googleの検索精度には問題があるようですが、それが日本政府の陰謀というのは飛躍しすぎています。日本における検索エンジンシェアNo.1のYahoo!では、1位がこのサイト、4位にWikipediaの「ISAF」の項目が表示され、そこからたどれば1386号を見ることができます。

1386号の訳文がないのは、1386号はISAFの根拠となる決議であり、ISAFに参加しない日本には関係なかったからでしょう(小沢氏の発言もありますし、そろそろ訳文がほしいところですが……)。1386号はISAFの設置を許可したものであり、その参加を判断するには実際の活動実績を見た方が早いと思われます(しかし、ISAFは海上給油よりもはるかに危険を伴い、かつ自衛隊は海外任務に即応した編成でないことから、私は参加には反対です)。

もう一点。OEFはもともと米国が主体となったテロへの報復攻撃(国連憲章第51条:個別的及び集団的自衛権の行使)であり、その根拠が安保理決議1368で足りることは、当時のアナン事務総長も認めています。
https://www.toonippo.co.jp/tokushuu/danmen/danmen2001/0924.html

普通にwikipediaにリンクが貼ってあるんですけど???
隠蔽という事実は無いようですね。

国連サイトにもあります

安保理決議1386は国連サイトにもありました.
次のページのトップです.
http://www.un.org/Docs/scres/2001/sc2001.htm
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg