2007-11-01(Thu)

温暖化・アフガン給油・原発予算

なんだ こじつけじゃないか、と言われがちだが、そうではない。

洞爺湖サミットで、温暖化問題の主導権をとるんだと息巻いている日本政府が、実はいかに本気で温暖化対策なるものをする気なんてないことを証明するのが、アフガン戦争だ。

日本は、国際社会がどうしたとか言って、6年間で49万キロリットルの、振る舞い酒ならぬ振る舞い油をした。
お代にすれば、220億円あまりである。

これが、どのくらいの量かというと、日本へ1年間に輸入される原油が2億4千万キロリットルだそうだから、その0.2%だ。
なんだ、0.2%かと思うかもしれないが、日本全部の1年間の1000分の2だから、たいした量だ。

そして、温暖化阻止を声高に叫ぶ日本政府の言うところの、CO2換算で考えるとどうなるか。

重油を1リットル燃やすと、CO2が約2.7キロでる。
と言うことは、49万キロリットル燃やすと、132万トンのCO2がでる。

ちなみに、京都議定書の基準である1990年の総排出量が12億3500万トンだから、その6%は7410万トン。
アフガン戦争の名目で、大盤振る舞いされた燃料は、実に、削減目標の2%にあたる。

さらに、重油代220億も含めて、派兵にかかった590億円で排出枠を購入したどうなるか。

だいたいCO2が1トンで20ユーロが相場だそうだから、1ユーロ165円とすると、ざっと1790万トンの排出枠が購入できる。
さきほどの132万トンとあわせて、1922万トン。
いわゆる6%削減量の、25%あまりになる。

もちろん、これは6年間の数字ではあるが、要するに、CO2を減らさないと人類が大変なことになる、とか言ってる割に、戦争のためなら惜しげもなく、CO2をばらまこうというのが日本政府の立場だ。

考えても見よう。本当に、2100年までに海面が88センチ上昇し、気温が5℃上昇し、それが大災害を引き起こすと、本当に信じているのならば、よその国の戦争に大盤振る舞いをしている余裕なんてないはずだ。

こちらからちょっかいを出さない限り、攻撃されるおそれの少ないアルカイダより、ほぼ確実におそってくる温暖化攻撃に備える方が先決のはずだ。

しかし、日本政府はそんなことはしない。
備えると言って、本気でやっていることは、温暖化対策予算をせっせと原子力予算にふりむけること。

今年度の温暖化対策予算は1兆847億円。そのうち、原子力関連が約2600億円(24%)である。

平成16年度の予算は1兆2586億円で、原子力関連が2556億円(20%)だった。総予算は削って、原子力予算だけは増やしているのだから、いかに原子力ばかり力を入れているか分かるというものだ。

17年度予算 
19年度予算 

地球には、CO2よりもたぶん深刻な環境問題がたくさんある。水の問題、砂漠化の問題、そして完全に人為的な環境問題でもある戦争の問題などなど。

そうしたことを、すべて無視し、CO2だけ減らしていればエコな生活をしているかのように洗脳するオンダン真理教。

温暖化が大変だとか言いながら、アフガン戦争での給油バラマキに賛成し、危険きわまりない原発推進に何も感じないするようでは、もうすでに洗脳はかなり進行しているのかもしれない。


関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

生き残るために8・温暖化のウソ?

社会派ブロガーの間に「CO2で温暖化は起こるのか」論が広がっている。 地球温暖化のメカニズムは解明されていないんだよね。 そんなの、当り前か。 惑星規模の複雑系が簡単にシミュレートできるはずない、と思う。 それにしても、このごろのネット上での論議はにぎやかだ

小沢代表辞任で一気に政界再編か 動画あり

<小沢代表辞意>岡田氏の再登板…菅氏が暫定で 後任に関心 小沢一郎代表の辞意表明を受け、民主党執行部が慰留することを決めたのは、現段階で代表交代の事態になると党内の混乱に拍車がかかるとの判断がある。しかし、そうした思惑を尻目に党内の関心はすでに「ポスト小

「密室談合」+テロリスト・他(96)

みんなでつくろう「国民の、国民による、国民のための政治」を! =だから早く 【自・END】 =(07/11/04) 今朝は朝やけがきれいです。。。沖合を走る漁船のエンジン音が波の音とハーモニーを奏で、鳥のさえずりも賑やか…

郵政民営化をしても国の債務超過は増大する

 2チャンネルを覗いていたら産経新聞の記事を引用してあった。以下の記事である。

来るべき衆院選への戦い方

臨戦態勢突入月間のため、今日も2つ目の記事です。 さて、来るべき衆院選に対して、私達はどんな戦術で戦えば良いでしょうか?参院選の当時のブログ活動の反省から、今度の選挙に向けての活動を提案したいと思います。 まず、最大限即は、「反自公政権論者が割れては

戦争の臭い

 小田実の本「中流の復興」を読んでいます。学生時代に読んだのは「世直しの倫理と

原発を考える(中)

―地震と原発事故がもたらす 報道の二つの流れ(1)― 原発を考えるとき、ウラン採掘による鉱山労働者の被爆から原発稼動による地域への放射能汚染まで、様々な環境破壊を続けていることを考慮に入れる必要がある。 原発による被害者(自分とは遠い存在に思える

“彼ら”は単なる強欲者ではありません。

まず、私はインサイダーではなく、300人委員会の綱領とやらがほんとうに“彼ら”の目的を表しているのなら、こう解釈できるという観点で説明をしていることを再確認させていただきます(笑)>「彼ら」の目指す世界征服とは、すでに、できつつあり、80パーセントは、仕

ブログ意見集: どうする京都議定書?排出ガス規制 by Good↑or Bad↓

「どうする京都議定書?排出ガス規制」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。

今日2度目の党首会談。密室談合を許すな。

今日も2つめの記事です。 先日に続き、今日も自民党福田首相と、民主党小沢代表の党首会談が行われます。 先日の党首会談では、約45分、2人だけの秘密会議がありました。その内容については、本人達が言う言葉しか知る術はありません。 自民党側が、政権維持のため

鳩山法相はアルカイダと繋がりが有る上に米国防総省(ペンタゴン)のスパイだった

 先日友人の友人にアルカイダ関係者が居てバリ島でのゲリラ戦闘に関する情報を事前に

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

温暖化問題に興味がおありでしたら、
高木善之さんという方の著書がとても参考になると思います。
有名な方なので、既にご存じかも知れませんが、
地球を取り巻く様々な環境問題について分かりやすく解説されていますよ。

http://www.chikyumura.org/blog/
本人のblogです。

↓の方なんですが、ここでブログ主さんが問題に
しているのは「CO2削減を唱えて原子力予算を増額
している日本政府」についてなんですが。

 少なくともこのエントリについて、ブッシュ政権云々は
関係ないでしょう。

 うーむ、つまり京都議定書のようなほんのわずかな温暖化対策にすら反対しているブッシュ政権は、この件については正しい、と評価しているわけですね。
EUは2050年半減が必要といい、2020年30%削減をポスト京都で決めたい、としているわけですがそこんとこの政治力学はどう見ているのでしょう。
「メルケル独首相の「一つの大気」提案」
http://www.janjanblog.jp/user/stopglobalwarming/stopglobalwarming/11459.html
をご覧いただければと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg