2007-11-04(Sun)

権力の媚薬

権力というものは、古今東西を問わず人の道を踏み外させる媚薬である。

今日という日を知る日本人で、小沢一郎を信用しようという人間はもう金輪際現れないだろう。

もちろん、媚薬だけでなく、なにか小沢の命脈に関わる匕首も突きつけられていたのだろうが。
それにしても、安倍晋三に勝るとも劣らない、情けない退場劇である。

小沢が去ること自体は、べつに~ というものであるが、悲しいかな今の民主党には、横断的に糾合できる人材は見あたらない。
いつものように派閥抗争の泥沼に突入していくのだろう。


思い出したい。
参院選の前に、憲法9条の改訂に反対、と意思表明した民主党議員を。

(比例)
相原久美子
石井  一
神本美恵子
大島九州男 ○
今野  東
藤谷 光信
室井 邦彦
山本 孝史
(選挙区)
小川 勝也 ○
舟山 康江
岡崎トミ子
金子 恵美
谷  博之
行田 邦子
山根 隆治
加賀谷 健 ○
大河原雅子 ○
牧山 弘恵 ○
水戸 将史 ○
米長 晴信 ○
谷岡 郁子
高橋 千秋
徳永 久志
辻  泰弘
姫井由美子 ○
川上 義博
植松恵美子
武内 則男
川崎  稔
松野 信夫

(○印は、当ブログをはじめとするブロガーが、自民と民主の候補に行ったアンケートに答えてくれた人。)

わずか30人。非改選も入れれば、もう少し人数は多いだろうが、中には選挙用のリップサービスの人もいるかもしれない。それでも、衆議院もふくめて数十人の規模で、改憲反対派が民主党にいることは事実だ。

せめてこの改憲反対の人たちが、一定の勢力を保って、存続し続けることが、いま、一番重要なことではないか。

彼らが、党内の合従連衡につきあって振り回されると、行き着く先はかつての社会党の惨状である。
目も当てられない。

もっとも、社会党は村山富市が権力という媚薬にやられてしまって、一気に骨の髄までがたがたのスクラップ同然のところまで解体されたのであって、むしろ、今の社民党の状態まで持ち直した方が奇跡とも言える。

その意味では、民主党執行部が、小沢と福田の密談を拒否したのは正解だった。
正解ではあったが、その次の手がない。

自民党が小沢一郎を釣ろうとする以上は、媚薬だけでなく匕首も用意するであろうことは、素人にも想像が付く。そこまで読まずに、小沢辞任で慌てている執行部であるならば、今後の舵取りも推して知るべしであろう。

今望みたいことは、何とかここまで生き残った社民党が、民主党内の改憲反対派にしっかりとコンタクトをとって欲しい。福島さん、保坂さん、頼みますよ。

また、糸数慶子さんの存在も忘れるわけにいかない。

野党連合とか、党の再編とか、そんな次元ではなく、戦争反対という人間としての信念を共有できる人同士が、しっかりとコンタクトをとっておいてほしい。

そのわずかの絆をも無くしてしまったとき、国民は国会に絶望する。

そのタイミングで解散総選挙をやられたら・・・

考えただけでもそら恐ろしい。


関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

うろうろしているテロリストとは?

世の中で最も理解できないもののひとつが政治家の言動である。難解な小説、言説、映画は数多あるが、政治家の言動の難解さは我々にとって致命的ではないか。「政治がわかりにくい」とはよく言われるが、それは「政治の仕組み」などそれ自体のことではなく、「政治家の言動..

悪質荒らしを無視することの難しさと条件(1)

 「悪質荒らしは無視が一番」とかよく言われます。 しかしながら、実際にはこれが意外と難しかったりするのです。 最近は、荒らしや中傷などの悪質行為を、より巧妙化してつつあるようです。 ネット工作員や熟練

自End!:民主を励まし、クリンチ作戦・連立デマ謀略の自民を嗤う、久しぶりの新作バナー作りました。自信作です。(笑)

 大和ごころ。ときどきその他さんの「小沢一郎の株が上がるだけ」のエントリーに触発・インスピレーションをもらいました。このバナーはわれらのブログ仲間とくら多香子さんに僕のささやかな連帯の気持ちを込めて贈ります。表題は「民主を励まし~」となっていますが、むし

結局は「総理大臣になりたくない」小沢一郎?

 昨日の午後、小沢民主党代表が辞意を表明した。 全く政界は一寸先は闇だ。  小沢一郎氏の現在そして近い将来の役回りはそう遠くない時期に明らか

小沢氏が民主党代表を辞任。民主党改革を国民から求めるなら今。

(人気blogランキング参加中。)小沢氏が民主党の代表を辞任、ですか...。とりあえず、その瞬間の記録として、新聞記事の魚拓にリンク。自民・民主の代表会談の内容と、辞任の理由、マスメディア批判が小沢氏の話の柱です

大本営発表よりも巧妙悪質になった日本のマスゴミ、その嘘八百、誹謗中傷の読売以下メディア批判の小沢会見をMP3放送す。&会見も。

民主党小沢代表記者会見部分。(約10分) その内の、メディアを批判した部分を別に編集。(約3分)  この、小沢氏の問いかけは重い。特に小泉以降ひどくなったマスゴミのデマ・情報操作を放っておいては日本の政治など良くなるはずもない。  日共の志位などは、マスゴ

夢破れた小沢+そんなアホな…民主・社民=自民・公明と共闘=高知知事選(97)

2007/11/04今夕、突然の小沢の党首辞任…小沢を信じたブロガーの皆さんは、茫然自失であろう。。。「政治の世界は、一寸先は闇」…どうやら、私の推測が、不幸にも的中してしまったようだ。ブロガーの皆さんには、ずいぶ

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

なんかご都合主義の左派ブロガーは今ころになって「ジャパン・ハンドラーズと国際金融情報」サイト詣でをして自己正当化して見苦しい限りだが、
そこで言われていることは、何年も前からオルタナティブ通信サイトで言ってきたことだが。

オルタナティブ通信をいつもトンデモ扱いしてきた連中は死んでも認めず見ザル聴かザル言わザルを決め込むんだろうけど。
どっかの国の官僚たちのように。

ああ、そうそう、誰も指摘していない点について。

現在の日本政界の混乱は、米共和党VS米民主党
また米国防総省内の主戦論者VS国際協調派の代理闘争でもあるということだね。

そーかねぇ。
この件について信頼すべき情報が今のところ見当たらんが。

よく考えた場合
小沢氏は自らを捨て駒にして、水面下で自民党小泉一派と連携しようとするグループに対し、水面下でそういうことをするとこうなるんだよ、と言う暗黙の教訓を与えた。

悪く考えた場合
バブル処理で混乱する日本を徹底的にたたき、日本政界を混乱させるため、ちょっと頭は悪いが豪腕の政治家に大金を与え、政界に大混乱をもたらした。その後の日本の凋落は説明の必要もないだろう。
そのいきさつを知るアメリカが小沢を恐喝し、アメリカに媚びる自民党に協力するように指示した。

よく陰謀論者と言って、深読みする人々をけなす左派ブロガーがいるが、一度ベンジャミン・フルフォードの本でも読んで勉強したほうがいいんじゃないのか?

まずCIAから政治工作資金をもらってる奴がいるだろう。象の檻を使って日本の要人の携帯通話は全て傍受されているだろう。そんな常識まで陰謀論で片付けられては、文字を使わずに文を書けといわれてるのと同じだ。

日本の政界は、全てと言ってもいいほどの大部分がアメリカに支配されていると言う事実に目をそむけるから説明に破綻が生じる。
アベの件も、今回も、全く同じ。
アメリカの指示に政治家は逆らえない。

>そのタイミングで解散総選挙をやられたら・・・
これを狙っている可能性はあると思いますね。
平和を願う者たちは今から必至にならないとマズイということでしょうか。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg