2007-12-15(Sat)

二つの決議

今朝、パソコンを開くとグーグルニュースのトップは、二つの決議の記事だった。

一つは、


慰安婦決議の要旨 12月14日 中国新聞
 
欧州連合(EU)欧州議会が採択した従軍慰安婦決議の要旨は次の通り。

 ▽事実認定など
 一、第2次大戦終戦まで日本政府は軍に対する性的労働のため、慰安婦徴用に関与。
 一、20世紀最大の人身売買の1つ。
 一、数十件の訴訟が日本の法廷で棄却。
 一、1993年の河野洋平官房長官、94年の村山富市首相の談話を歓迎。
 一、日本の一部政治家が談話を希薄化、無効化する意見を表明。
 一、日本の一部学校教科書が慰安婦問題を矮小(わいしょう)化。

 ▽対日要求
 一、公式な被害認定、謝罪を行い、明確な形で歴史的、法的な責任を負うことを日本政府に要求。すべての元慰安婦、遺族らへの賠償を要求。
 一、慰安婦問題が存在しないとする主張に対する公式な否定を要求。
 一、日本の国会に賠償請求の障害を除去する立法措置を要求。
 一、日本国民と政府に、自国の歴史を十分に認識することを奨励し、将来にわたる教育を要求。


まったくその通り。全面的に賛同したい。

これに対し、読売は下記のような社説を出した。「こういうことを言う輩がいるから、EUの決議が上がるんだ」ということを、わざわざ証明しているようなものだ。

慰安婦決議 欧州での連鎖反応が心配だ
 
日本の信用を貶(おとし)めるような決議がこれ以上広がらないよう、政府は各国政府に強く働きかけるべきである。
欧州議会の決議は、少数会派の緑の党が推進し、採決の際に出席した議員は全体の1割にも満たなかった。
中国・韓国系の反日団体も背後で動いている。
遺憾な事件であったが、軍が組織的に慰安婦を強制連行したのではないことを示す「反証」でもある。
第2次大戦中、ドイツ軍も東ヨーロッパなどの占領地に、500か所以上の“慰安所”を持っていた。
緑の党には、ドイツ選出の議員も多い。自らの国の問題には口をつぐむつもりなのだろうか。
日本が繰り返し批判される背景には、1993年の河野官房長官談話がある。
そうした事実を裏づける資料はなく、「強制連行」を認めるよう迫る韓国側の圧力をかわすためだったことを、石原信雄元官房副長官らが証言している。
国際社会の誤解の根元である河野談話を見直していくことも必要だろう。
(12月15日 読売社説より抜粋)


戦争犯罪の「恩恵」で戦後にオイシイ思いをしてきた連中の主張が、凝縮されている。
意図的な事実誤認や詭弁の類は、ここでは議論しない。

ただ、このようにムキになって否定しても、あまりにも残虐な行為に手を染めたものは、末代まで呪われるということは間違いない。
この記事は、それを、恐れおののいているということ、つまり、否定すればするほど罪を認めているということの「反証」でもある。

そのうえでしかし、なぜ今EUでこの決議なのか、という疑問もないでもない。
EUが正義に基づいて行動するような組織では、全くないことは論をまたない。
決議の内容には全面的に賛同するが、なぜEUが決議したのかという目的は気にはなる。


そこで、今朝のトップ記事の二つ目

給油新法成立期し国会再延長が決定、解散念頭に政局一気に緊迫化へ
2007年 12月 14日 ロイター

福田首相は14日、内閣記者会とのインタビューで国会会期延長に関連して「懸案の新テロ対策特別措置法案の審議に全力をあげる」と述べ、法案成立に向けた強い決意を口にした。
11月16日にブッシュ米大統領と会談した際に法案の成立に全力で取り組む旨を表明しており、対外的にも審議未了・廃案にはできない。


こうやって記事を眺めていると、囚人部隊を思い出してしまう。
罪をなかったことにしてもらうために、戦争に動員される囚人たち。これは、日本もふくめて古代にはあたりまえのことであったし、第2次大戦でもそういうことはあったらしい。

今の日本の姿は、まさに、この囚人部隊ではないのか。
過去の犯罪を開き直り、なかったことにしてもらうために、あらたな戦争犯罪に与していく。

「戦争をしたいから、戦争を反省しない」という武器商人の発想もたしかにあるはずだ。
それと同時に、「戦争の反省をしたくないから、戦争をする」という囚人部隊の発想もたしかにあるような気がする。

読売社説に代表される、このような惨めな生き様を強制されるのは、まっぴら御免こうむりたい。
安倍や福田や、自民党、公明党のような、卑屈な生き方は、自分も自分の子どもたちも、したくない。

朝っぱらから、そんなことを考えさせられた。


※古代の囚人部隊について、下記のような意見をいただいた。なるほど。

<日本をふくめて古代にはあたりまえのことであったし>←これ、違うと思うヨ。”蒙古襲来”の時に最前線に送られたのは、みちのく出身の兵士だった。みちのく出身とはいうものの、かつては「蝦夷」であり、大和朝廷に降服し捕虜として連行されゲットーに囲い込まれた(別所などという)「俘囚」のことだった。だから、「罪」ではなく「植民支配された異民族」ゆえの動員部隊です。「囚人」というには大分いまの概念とは違うと思います。殺人や盗っ人の類ではないのですから。参考:http://maoda.hp.infoseek.co.jp/fusyuu1.html


関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イマイと申します。―架空請求に挑む、執念

 日本テレビの番組「報道特捜プロジェクト」の名物コーナーを活字化した一冊。架空請求をされた視聴者になり代わって相手業者に質問の電話を徹底的にかけ続け、どんな輩がどういう手口でそうした請求を行っているのかを明らかにしていきます。その取材スタイルが、見てい...

「米軍再編推進法による、国の札束で頬を叩くような自治体いじめを許すな」バナーを制作す。ささやかな連帯の挨拶代わりです。

 米軍再編推進法については7月25日の沖縄タイムズ社説などで読み(ここ)、最近のエントリーでご紹介した中日新聞の記事でもあったので(ここ)、気になってました。  その箇所だけ引用しておきます。まず最初の沖縄タイムズ社説の部分、 西銘候補は沖合移動を主張

第8作目、自公の「電子投票よろぴく、念のため自書式も準備とか(笑)」なんて思いっきりBOOだ、自Endバナー」です。

 自Endポスターバナー作戦の新作、第8作目『自公の「電子投票よろぴく、念のため自書式も準備とか(笑)」なんて思いっきりBOOだ、自Endバナー』です。 関連投稿「IT・セキュリティ技術者から本格的な批判が出てきました。⇒『「国政選挙における電子投票の脆弱...

国政選挙への電子投票導入に沈黙するブロガーは自公政権の共犯者なり。

 再確認。最初、いきなり出てきた12月6日のニュースで、7日の衆院政治倫理確立・公選法改正特別委員会で採決し、11日の本会議で可決。参院に送付され、15日の会期末までに成立する見通しだ。SOBA注:参院HPでの正式表記では電子投票法の審議は「政治倫理の確立及

IT・セキュリティ技術者から本格的な批判が出てきました。⇒『「国政選挙における電子投票の脆弱性』

 以前からIT・セキュリティ関連で注目している技術者からの本格的な批判です。今でこそ雑談日記が表看板のようになってますが、僕のココログは本来ひなたぼっこ(おじさんのIT的情報生活(^^;)の方がメインです。(汗)  なお、再確認です。最初、いきなり出て

国会再延長を議決

国会再延長、民主は年明けに新テロ法案否決へ(読売新聞) - goo ニュース 昨日国会の再延長が決まり、会期は来年1月15日までとなった。 その心は「新テロ法」を強引に押し通す一点に他ならない。 {/kaeru_shock1/} 民主党はこれを受け来月11日迄には参議院で「新テロ...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg