2007-12-20(Thu)

薬害肝炎見殺し事件(犯人は国)

tikainohi.jpg
分煙社会をめざす会HPより借用)

「薬害根絶誓いの碑」と言われるが、実際は、薬害根絶は一言もうたわわれていない。

誓いの碑
命の尊さを心に刻みサリドマイド、スモン、HIV感染のような医薬品による悲惨な被害を再び発生させることのないよう医薬品の安全性・有効性の確保に最善の努力を重ねていくことをここに銘記する
千数百名もの感染者を出した「薬害エイズ」事件
このような事件の発生を反省しこの碑を建立した
平成11年8月 厚生省

厚生労働省HP

むしろ「薬害を根絶しない誓い」の碑である。

薬害については詳しくはないが、非常に身近な問題でもあり、少し考えておきたい。

医師や医療現場が、薬の使い方を間違えた結果の事故も多数あると思われるが、これは医療過誤に属するだろうから、薬害の範囲とは別になるだろう。
そうすると、薬害のパターンというのは、

・副作用が現場に知らされずに使ってしまったケース

スモン、サリドマイドや、解熱剤でのインフルエンザ脳症とか、タミフルの異常行動などが、こちらのパターンか。

・薬の作用とは関係ないウイルスなどが含まれていて感染するケース

福田と舛添の冷血ぶりを遺憾なく発揮している薬害肝炎、薬害エイズ、薬害ヤコブ病などなど、人体から材料をとった薬品に多い。
前の持ち主の病気が薬の中に含まれているわけだ。

どちらにも共通しているのは、「少しくらいの薬害は仕方ない」という考え方だ。

どの薬害事件でも、まったく未知の被害が起きたわけではない。
被害事例が国にも学会にも報告されたにもかかわらず、放置され、あるいは意図的に隠蔽されて被害が広がっている。

この製薬業界と国の癒着構造は、薬害エイズ事件で明らかになったとおり。
そして、今も変わらず続けられているからこそ、「誓いの碑」には、薬害根絶とは書いてないのである。

薬害は仕方ない、大騒ぎにならなければ闇から闇へ葬り去る、騒ぎになったら困っている被害者の頬を札びらで叩けばなんとかなる。
こういう考えであることは、今回の薬害肝炎に対する国の冷酷な対応を見ても明らかだ。

薬害肝炎 一律救済せず 国が和解修正案 原告は協議打ち切り
2007年12月20日 東京新聞

解散総選挙もあるやもというこの時期に、なんでここまで冷酷な対応をするのだろうか。
その最大の理由は、潜在的な被害者の数にあるようだ。

新聞などを読む限り、1000人とかいう単位の被害者数かと思いがちだが、そんなものじゃない。
薬害肝炎訴訟 全国弁護団のHP より引用する。

薬害肝炎訴訟裁判の第一の目的は、薬害によりC型肝炎に感染した患者の救済です。しかし、それにとどまらず、この訴訟をきっかけとして、日本全国で200万人以上存在するといわれるウイルス性肝炎患者全体の治療環境の向上も目的としています。

C型肝炎はウイルスに感染した患者の血液が、血管内に入ることによって、感染する病気です。日常生活の中で、他人の血液が自分の体内に入る機会はおよそありません。
にもかかわらず、C型肝炎の感染者は日本全体で200万人以上存在するといわれています。
なぜでしょうか。
その多くは、輸血を介して感染が広まったのです。つまり、輸血用血液の確保の方法や血液製剤の製造管理など、血液事業に誤りがあったのです。
国や製薬企業が安全確保を怠らなければ、今日のような200万人という未曾有宇の人々がC型肝炎に感染することはなかったのです。


つまり、国の責任を最小限に見せておかないと、200万人のC型肝炎患者から責任を追及されてしまう。
少々の札びらで頬を叩くつもりが、200万人となったらそうもいかない。大変だ。

というわけで、冷血舛添は、徹底的に開き直るという「政治決断」をしたのである。

全国200万人のC型肝炎の患者さん、その家族、友人知人にとっても、今回の、国による薬害肝炎患者見殺し事件は、他人事ではない。
患者原告団の主張は、線引きなき救済によって国の「管理責任」を最大限認めさせ、ひいては広くC型肝炎全体の責任へとつなげていこうという、非常に高い志に貫かれている。

これを知って、私もこの問題を書かずにいられなくなった。

200万人のC型肝炎と言うが、C型の特徴は、自覚症状がないことだそうだ。
と言うことは、もっと多くの無自覚患者がいてもおかしくない。

C型肝炎の治療には、インターフェロンという高価で副作用のつらい薬があるそうだが、半年間で300万くらいの費用がかかるらしい。3割負担でも90万だ。
貧困率15.3%の我が国で、半年で90万の治療費を払えるのだろうか。

200万人が300万円の治療を行うと、6兆円になる。自己負担だけでも1兆8千億円。健康保険の負担が4兆2千億円。
国が何の責任もとらず、保障をしないとしても、とりあえずの治療費だけで健康保険だけでも国家予算の5%くらいが飛んでいくのである。
これだけ見ても、C型肝炎問題の大変さがわかる。

おそらく、こういうところまで見とおして、薬害肝炎の原告団はたたかっている。
すさんだ世の中に、一筋の光明を見るような、人間回復のたたかいだと思う。

この原告団に、目先の札びらで頬をひっぱたいた冷血舛添と傲慢福田。
ハラが立って仕方がない。


※まったくだ。 座布団3枚。
  以下引用

人命を救うことを費用で測れるか?

莫大な費用のかかるMDシステムに対して石破防衛相は、
「効果や人命を救うことを費用で測れるのか。」と言った。
さすが防衛大臣だけあって、国民の命を救うことにかけて
は、お金など問題ないと言っている。
それならば、現実に生命の危険にさらされている薬害肝炎
の被害者たち全員を救うべきではないか。

映画と出会う・世界が変わる さんより)

関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

血管内治療と腫瘍

血管内治療と腫瘍の情報です。

脳と血管内治療

脳と血管内治療の情報です。

COP13を終えて(下)

  ―環境破壊と貧困への新たな動き―   (つづき)  世界的災害は様々な場面で起きている。もう他人事では済まされない。この「温暖化」の要因がCO2だけでないかもしれないが、環境異変が様々な場所で起きていることだけは間違いない。産業革命以降の大量生産・大量

薬害肝炎救済法が成立するまで市民の声を

1 薬害肝炎問題で,福田首相は,議員立法によって一律救済を図ることを宣言した。  そのこと自体は,素直に喜びたいと思う。 2 もちろん不安が払拭されたわけではない。 ...

怪獣への自衛隊出動の法的根拠は?

議員たちのUFO論争の中で石破防衛大臣は次のように言っている。「ゴジラの映画があるが、ゴジラでもモスラでも何でもいいのだが、あのときに自衛隊が出ますよね。一体、何なんだこの法的根拠はという議論があまりされない。映画でも防衛相が何かを決定するとか、首相が...

散策さんありがとう、「電子投票法案成立見送り【日経】」の吉報。呼びかけに答えてくれた同志にも感謝する。泣きたいくらいうれしい。

 トラックバックで教えてくれた散策さんに感謝します。  エントリー入力しながら涙が滲んできやがった、アホだな俺、アホ。 関連投稿「国政選挙への「電子投票法導入改制法案」について書いているブログ記事を集めてみました。まだまだ少なくて不気味な静けさ。」「国政...

軍事ジャーナリストの神浦元彰さんの話し「SM3新型ミサイル実験成功は大本営発表で、防衛利権だ」12/20ニュースさかさメガネ。

12/20(木)、TBSラジオのニュースさかさメガネ 『新型ミサイル実験成功で、日本の防衛は万全になったのか?』(約10分、mp3のポドキャスティング・インターネット放送) 「自Endポスターバナー作戦」遂行中!   代表的な検索エンジン8個で「自民党政治」と検索...

薬害肝炎被害者の全員一律救済のための道筋がまだ少しでも残っていると信じて声をあげ続ける。(原告弁護団の呼びかけについての追記あり)

12月20日、薬害肝炎被害者の全員一律の救済がならなかったことは残念です。原告側は、一人一人の補償額が低くなろうとも、全員一律の救済を引き出そうと政府を相手に交渉を続けた...

「UFO」3バカトリオ+イシバがUFO論議“参戦”「ゴジラ、モスラは災害出動」。はぁ~ぁ~?防衛省の疑惑問題忘れて呑気にアッチもコッチもUFO論議。ワテ・ホンマに・よう言わんわ~♪

  いつも、   当ブログをご訪問して頂き有り難う御座います!    「 自民党」エンド目指して頑張りましょうゾ!   皆様方と一致団結「打倒!自公チュー」しかない!     ガンバロウ! ガンバロウ! ガンバロウ! (お読み頂けた後は、ついでに、と...

TBP「自民党」にはTBしてもTBP「自民党政治」にTBを送らない所謂リベラル系の方がいます。姿勢の真剣さを疑います。

 前にも、「代表的な検索エンジン8個での「自民党政治」検索結果とTBP「自民党政治」の関係です。すべて1位か3位(最初の頁)でした。」で書きましたが、代表的な検索エンジン8個で「自民党政治」と検索してみたら、TBP「自民党政治」がすべて1位か3位、つまり...

人命を救うことを費用で測れるか?

莫大な費用のかかるMDシステムに対して石破防衛相は、「効果や人命を救うことを費用で測れるのか。」と言った。さすが防衛大臣だけあって、国民の命を救うことにかけては、お金など問題ないと言っている。それならば、現実に生命の危険にさらされている薬害肝炎の被害者...

「薬害肝炎」についての最新ブログのリンク集

薬害肝炎 に関連するブログ記事の検索結果や関連ワードをまとめてみると…

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

むしろ問題は官僚に

むしろ問題は官僚にある。福田も枡添も自分を守る官僚を守ったに過ぎない。
コラムニストの勝谷誠彦さん言わせると「偽装国家の次は棄民政府だと」
以下彼の日記から・・・
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
なぜ政府が薬害を一律に認めないかと言えば、それは官僚どもの「無謬の原則」を崩さないがためだけなのだ。
 カネの問題などはその言い訳にすぎない。奴らにとってはしょせん「他人のカネ」である。補償をしたとしても私たちの税金を右から左に回すだけだ。それなにのなぜ一律の救済を拒否するのか。あれがけ無駄なことにカネをつぎ込んでおいて、薬害の被害者の方々に払えないというのがわからない。
 政府として歓心を買おうというならば、払った方が得だろう。
 しかしここで奴らには、組織しての評価を受けるかどうかということと、とショボい糞役人のオノレの人生という選択肢があるのである。
 役人は失敗したくない。自分のキャリアの上で傷をつけないというのが大原則なのだ。
 なぜその原則が必要かと言えば、個人の賠償責任の回避と将来の天下りを確実にするためである。
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg