2008-02-24(Sun)

毒入りギョウザも怖いけれど、毒入り衛星の方がもっと怖い

宇宙ごみの被害発見されず、ミサイルで撃墜のスパイ衛星
2008.2.23 CNN.co.jp

 米国防総省が今月20日、制御不可能となり、地球に落下、衝突する恐れがあった米軍事用スパイ衛星を海上配備型迎撃ミサイルSM3で撃墜した問題で、同省報道官は22日、これまでの調査で破壊によって生まれた宇宙ごみによる被害は発見されていないと報告した。
 破壊した偵察衛星の重量は約2.3トンで、毒性が強く発がん性も指摘されるヒドラジンを燃料として搭載。撃墜は、衛星落下でヒドラジンなどから生じる有毒ガスが人口密集地域に拡散するのを防ぐのが主要目的だった。
 報道官はヒドラジンを積んだ燃料タンクが完全に破壊されたとの確信が強まっているとしながら、最終確認のための追跡調査は続行すると述べた。タンク破壊を否定する材料は見付かっていないとも付け加えた。
 宇宙ごみについてはこれまでの観測で、アメリカン・フットボールのボールより大きいものは発見していないという。これらごみの数は不明だが、今後2週間内に大気圏に落ち、燃える見通しとなっている。
 ミサイル発射前、米政府は宇宙ごみが米本土に落下する事態に備え、特別チームを編成したが、出動する可能性はほぼなくなったとも説明した。


もし、打ち落とせなかったら、どうなっていたのか・・・・・
米本土に堕ちれば、まだしも特別チームを派遣するのだろうが、アメリカに堕ちるとは限らない。よその国に堕ちたら、ほっとしながら「えへへ ごめんね」とでも言うのだろうか。

こんなものが、いったい幾つ地球の周りを回っているのか??

猛毒ヒドラジンは、どこへ消えたのか???

中国が実験したときには、宇宙ゴミが と言って非難したのに、自分がやったときは「ゴミ発見されず」とはこれ如何に。
発見できないだけではないのか。

ということは、猛毒ヒドラジンも 発見できていないだけだ。
その証拠に、「破壊を否定する材料は見つかっていない」と言っているではないか。

論理というものを少しでも理解するならば、この言葉は、「破壊を確認するものは全く不明」という意味と同義だ。
つまり、「見つかっていない」と言っているに過ぎない。

新聞屋は「軍拡懸念募る」などと、寝ぼけたことを言っている。
中国に見せつけるための軍事示威行動であることは、誰の目にも明らかだ。

だが、問題は、今はすでに軍拡行為の「なれの果て」にいる、ということだ。

宇宙空間での際限ない軍拡の果てに、今回の猛毒ヒドラジンのような廃衛星が、山のようにたまっているのではないか??
それが、いつどこに堕ちてくるのか、ペンタゴンでも分からない に違いない。

うわあ 本気で怖くなってきた。

関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

<お知らせ!>「もう1つの『3・1』を考える集い

毎年行われている、「もう1つの『3・1』を考える集い」が今年も開催されます。被爆と加害を考える上で欠かせない、「3・1」という日のもつ意味と意義を、今年もあらためて考えていけたらと思います。(以下案内より)***********************...

へえー、橋下徹・大阪府知事が昔、共産党議員の世話になっていたとは…

 橋下知事の表敬訪問を受ける、西淀川の集会や淀川のシンポジウムへ(日本共産党・宮

日本共産党東京都議団が石原都知事へ『新銀行東京への税金投入の中止を求める申し入れ』を提出

 やや古いネタで恐縮ですが、リンクを貼りました。  日本共産党東京都議会議員団か

マスゴミはタレント知事の宣伝機関か?

 橋下大阪府知事や東国原宮崎県知事。  最近特に、そういったタレント上がりの知事のテレビ出演などメディアへの露出が増えたように思いま...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

ニュースの裏

はじめまして
三浦ニュースの裏にBSEニュースが隠れているように思えてならないです

なんと恥知らずな官僚支配の国なんだべかと思う

ローワークが、日本全国で26箇所廃止されるんだという。ふざけたことを言うな!といいたい。
僕は現在失業者だ。認知症で寝たきりの母の介護をやりながら、その間に二度もリストラされて、もう十年間も年収200万円以下の、最も貧困なランクにある国民だ。

我々の汗の結晶の失業保険が、高給官僚の給料や彼らのリクレーションに使われたり、毎年数億円の赤字を出す大阪での「仕事館」等を作った尻拭いにされ、そのつけが我々に回すというのか?

ほんとに情けない国だと思う。官僚どもや、彼らの利権を守るために存在する与党政治家どもこそ国賊、無い方がいい存在だと思う。ふざけるんじゃないぞ!と言いたい。

↓こういう失礼で意味もない書き込みも削除された方がいいと思いますよ。読んでいる方も気分が悪くなりますし。

三浦逮捕は共謀罪がどうとか言ってるが、そこは書かないのか

春までに中東大戦争勃発&世界大恐慌では?

日本のマスコミは一体いつまで惰眠を貪り続けてるんだろうか?「コソボ独立」という日本には何の関係もニュースを連日流しながら。下記のような引用したようなマスコミのイラク報道サボタージュも問題だが、イスラエル周辺はさらに、いつ大戦争が勃発しても不思議じゃない一触即発状態だ。(リンク集三番目の「田中宇の国際ニュース解説」を参照!)

石油が高騰どころではすまなくなるどころか・・国民生活や産業活動を壊滅的な打撃から保護するためには、暫定税率廃止やガソリン税・高速道路料金廃止さえせざるを得ない世界同時大恐慌&戦争&革命の時代が再びやってくるのではないのだろうか?

《21日の夜にトルコ軍がイラク北部に侵攻し、クルド人武装組織と地上戦を開始したという報道が流れた。トルコ軍の発表ではクルド人戦闘士44名が死亡、トルコ軍兵士も5名死亡したという。現地報道では投入されたトルコ兵士は約1万人であったという。昨年10月に始まったトルコ軍のイラク越境軍事作戦は、おさまるどころか拡大の一途である。ついに、米国のイラク攻撃当初に想定された最悪のシナリオが現実になったということだ。

 重要な事は、このようなトルコ軍のイラク北部攻撃は米国の承認なしにはありえないということだ。イスラエルの安全保障を確保するためには、北方のトルコと南方のエジプトを親米・イスラエルにとどめておかなければならない。そのためにはイラク主権の蹂躙は二の次である。

 イラクのマリキ大統領もゼバリ外相もこれを非難している。主権国家イラクの大統領、外相としては当然の非難だ。しかし米国は「トルコの自衛権行使を支持する」と、これを容認している。かつてサダムフセインのイラクがクウェートに侵攻した時、直ちに軍事制裁を加えて撤退させたのと好対照だ。見事な米国のダブルスタンダードである。》(「天木直人のブログ」より)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

何年か前に・・・

アメリカの衛星ではなかったかもしれませんが何年か前にペルーだったか?に衛星が墜落したことがありましたよね。あのときも放射能汚染の問題があったにも関わらず調査や賠償はなかったように思います。一般人には備えようのない危険ですので怖い話です。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg