2006-01-12(Thu)

ナベツネが切れたらしい

日刊ゲンダイによると ナベツネがキレタらしい。脳の血管ではない。コイズミのファシストぶりにである。

当のナベツネ氏からして、あんまりまともなことを言っているのを聞いたことがないけれども、そういう彼がキレタというのだから、やはりファシズムは相当進行しているということだろう。

具体的には、朝日の「論座」最新号で、朝日と読売の共闘宣言をしているとか。今さっきメールで知ったばかりなので、本文は読んでいないが、ぜひ読んでみようと思う。

とりあえず、ゲンダイの文章を載せておく

--------------------------------------------------------------
月刊「論座」2月号に掲載された読売新聞と朝日新聞の共闘宣言は
戦争を知らない若い世代にはぜひ読んでもらいたい出色の企画
--------------------------------------------------------------

 朝日新聞が発行する月刊誌「論座」(2月号)での読売新聞主筆・渡辺恒雄氏(7
9、グループ本社会長)と朝日新聞論説主幹・若宮啓文氏(57)の対談はなかなか
読み応えがある。日頃、憲法改正など両紙の主張は真っ向から対立している。
 だが「渡辺恒雄氏が朝日と共闘宣言」というキャッチコピーの通り、「首相の靖国
参拝に反対し、戦争責任をはっきりすべきだ」で両者は一致。「靖国を語る 外交を
語る」と題するこの対談を読めば、小泉首相の靖国参拝がいかに理不尽で、国益を損
ねているかがクリアに見えてくる。とりわけ戦争を知らない若い世代は必読だ。
 ナベツネ氏の主張のベースは戦争体験だ。東大時代に二等兵で召集され、奴隷のよ
うに酷使され、特攻隊員に自爆を強制する残酷さを見てきた。「そういうことを命令
した軍首脳、それを見逃した政治家、そういう連中に対する憎しみが今も消えない」
と述べ、ホコ先を靖国神社に向ける。
「靖国神社本殿の脇にある遊就館がおかしい。軍国主義をあおり、礼賛する展示品を
並べた博物館を、靖国神社が経営しているわけだ。そんなところに首相が参拝するの
はおかしい」「国家神道の教学のために日本が真っ二つに割れ、アジア外交がめちゃ
くちゃにされている。そんな権力を靖国神社に与えておくことは間違っている。これ
を否定するには、やはり首相が行かないことです」
 ナベツネ氏は、「中国や韓国が反対しているからやめるのはよくない」と言う一方、
「彼らが納得するような我々の反省というものが絶対に必要」と明言。読売新聞で戦
争責任の所在を明らかにするキャンペーンを始め、「2006年8月15日をめどに
軍、政府首脳らの責任の軽重度を記事にするつもりだ」と言い切る。「あれは侵略戦
争であった」という認識を国民の大多数が共有するための作業が必要だからだという。
 そして、若宮氏の「(A級戦犯の合祀以来)天皇は四半世紀以上も参拝していない。
晴れて追悼に行ける新しい国立施設が必要」の提言に、「まったく同感」と応じ、2
人の話は小泉首相の靖国参拝の外交的マイナスに進んでいく。
「(小泉首相の参拝は)『反日』をあおり、日本国内の『反中』を元気づけてしまう」
と若宮氏が指摘すると、渡辺氏は「靖国公式参拝論者を次の首相にしたら、もうアジ
ア外交は永久に駄目になっちゃうんじゃないかと思っている。今はポスト小泉は安倍
(晋三)さんが有力だと言われているけれどもその点を心配する」と小泉後への懸念
まで表明した。
 さすがに憲法改正ではすれ違いだったが、ナベツネ氏が「言論の自由とか言論の独
立を脅かす権力が出てきたら、読売新聞と朝日新聞は、死ぬつもりで結束して闘わな
きゃいけない。戦時中にそうしていれば、あそこまでひどくならなかったと思うんだ
よね」に、若宮氏が「本当にそうですね」と応じ、靖国に続く“朝読共闘”が成立し
た。

▼ 戦争体験ない政治家への警鐘 ▼

 渡辺恒雄VS.朝日新聞論説主幹の出色の対談を識者はどう読んだのか。英エディ
ンバラ大特任客員教授の國弘正雄氏(文化人類学)は、こう言う。
「ナベツネさんの発言は、非常に論理的。同世代ということもあるのか、同感すると
ころが多い。とくに戦争責任の検証について『死者の責任を追及するというのは嫌な
仕事ではあるが、それをしなければ、歴史検証というのはできないんですよ』という
一言は傾聴に値します。日本人にとって死者にムチ打つのはツライことだが、これが
歴史と真摯に向き合う姿でしょう。『死んだら全員、仏様だ』という理屈で靖国参拝
を正当化しようとする小泉首相や安倍官房長官は耳を傾けるべきです」



コイズミが記者会見で「靖国参拝に反対する人は、中国や韓国が反対だからなのか、そうでなくても反対なのかハッキリさせるべき」とか言っていたが、ある意味正論だ。

ここで、ナベツネ氏も言うように、靖国神社がどういうものか実態を見れば、どこの国が反対しようが賛成しようが、首相が参拝するべき場所でないことは明らかだ。

まだ見たことない人は、靖国神社のHPは必見

「戦争を知らない世代に伝えたい この感動・・・」

と言いながら、人間魚雷「回天」やら特攻機「桜花」やらを展示しているのが靖国神社なのだ。

侵略戦争を賛美する施設を参拝しておきながら、ココロの問題と言いなすのは、如何に私たちがなめられているかの現れだ。

ナベツネに負けないように、もっともっと怒りの声を上げよう。

関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小泉首相の年頭会見での靖国発言について(2) ~窮地の中、国民に理解&支持を訴えたかったのか?~

 <More の部分を書き足しました。1/12>  <一部のブログ、特にlivedoorの方々にTBできなくなっています。ご容赦下さい。> 先に関連情報を少々。~~~10日、シンガポール訪問中の山崎拓氏(前副総裁)が、次の総裁選では、靖国参拝も争点の一つのになるとの

最高裁判事、真野毅氏

衆議院解散無効確認請求 判例 昭和27年:日本国憲法の精神、行政権の肥大化と独走(暴走)の危険性とその抑止の為の三権分立と抑制均衡の考え方が明確に論じられています。節度のない「7条解散」を繰り返したあげく、歯止めを失って、ついに独裁政権の誕生を許してしま

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

はじめましてっす

ナベツネはキライだけど今回、ちょっと見直しました。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg