2008-06-12(Thu)

「政局」でも「政争の具」でもいいじゃないか

新聞の論調は、おしなべてこんな感じだ

政局よりも政策を語れ 
2008.6.12 沖縄タイムズ

沖縄タイムズにしてこれだから、あとは推して知るべし。

首相問責決議 なぜ今かが分からない 

首相問責可決 効果見えない伝家の宝刀 

などなど 枚挙にいとまがない。

かろうじて、北海道新聞が、民主党の甘さを批判しつつも

首相問責決議 参院が示した重い判断 

暮らしに直結する問題で多くの批判にさらされながら、いつまでも国民に信を問うことなく政権を運営し続けることは容認できない。
いまは民主党の足元を見透かすように「無視」を決め込む方針だ。
それを許すか否かは、民主党はじめ野党が民意の後押しをどれだけ得られるかにかかっている。


と、わりと正論を書いている。

民主党が甘あまなのも、共産党が自分が目立つことのほうを優先するのも、今に始まったことじゃない。
だからこそ、新聞各紙が世論をもり立てていかなくては、このどん底からの逆転は始まらないのに、やはり、新聞屋さんはそんな気概はさらさらお持ちじゃないらしい。
ま、これも今に始まった話じゃないか・・・


だいたい、何かというと「政局」だとか「政争の具」だとか言って、政権と争うことを非難するが、戦いが一種のケンカである以上、その局面局面ではケンカの仕方というものがあるはずだ。

相手が脚払いをかけてきたときには、跳び蹴りを喰らわせようとしたって良いじゃないか。
こっそり仕掛けた脚払いを無視して、ただただ正拳突きをしていれば良いというものじゃない。

実際、自民党に秋波を送られればすぐにクラクラしそうなのが沢山いる民主党だから、たぶんあのタイミングで出さなければならない、重大に事態が進行していたのだろうと想像できる。
ようするに、寝技に持ち込まれたら、負けることがわかっているのだ。
下手をすれば、参議院の過半数だって逆転されかねない。

それをもって、「民主党のお家の事情で問責を出すのはおかしい」という連中もいるが、そんなことはない。
現実に、参議院の過半数は、民主党の議席が無くては成立せず、参議院の過半数まで失ったら、コイズミ選挙以来の数の暴力がまたまた大暴走を始めるのだ。

だから、ことは民主党のお家の事情だなどと、他人事のように言っている場合じゃない。
もし、本当に民主党のお家の事情があるのならば、なおさらのこと、無理にでもこの跳び蹴り=問責決議をもり立てていかざるを得ない。
私は小沢シンパでも何でもないが、それでも、苦境に立ってギリギリの選択をした小沢一郎を、今は支えていかざるを得ない。

「政局」だの「政争の具」だのと、非難している連中は、客観的な態度をとる振りをして、実は全く無責任だと言いたい。


下記の記事が重要な問題を提起している。

背後にある国民の声は重い 
2008.6.12 宮崎日日新聞

決議に法的拘束力はなく、国会会期末までの“儀式的”な印象はぬぐえない。
だが現憲法下で初の決議であり、首相は国会の一院から不信任を突き付けられた現実を重く受け止めるべきだ。

福田政権は総選挙での信任を得ていない。世論調査で年内に総選挙を求める声は高まっている。
4月の衆院山口2区補選や沖縄県議選を見ても、高齢者の怒りは明らかで、問責決議はこうした声も踏まえたものだ。
首相はそれでも解散・総選挙に応じないのならば、これまで以上に真摯(しんし)に政権運営に取り組まなければ国民の信頼は得られない。
少なくとも3年近くも前に得た衆院の議席頼りに法案の強行採決を繰り返すのは論外だ。


つまり、

①行政府の長=総理大臣は、国会の決議を「無視」することが許されるのか
 「無視」することは、三権分立も民主主義も「無視」した独裁政治ではないのか
 どっかの国の将軍様と同じではないのか!

②多くのマスコミの報道とは違い、民意は政権への怒りに満ちている
 問責決議を「無視」することは、民意を踏みにじることだ


「効果が見えない」などと評論をしている場合じゃない。
効果が見えるためには、場外からでもとにかく騒ぎを大きくするしかない。

ブロガー諸姉諸兄も、そのへんを取り違えずにがんばっていただきたい。



関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

福田首相への問責決議への自民党の反応の裏に読み取れること

参議院で福田首相に問責決議が出されて可決されたからといって、内閣総辞職をする義務や、衆議院を解散して総選挙をしなければならない拘...

「派遣・格差問題、元凶は小泉、早く選挙やれ~」バナーの小泉のツラが醜悪なんでサイドにチェ・ゲバラのバナーをはりました(汗)

 御覧のように なのですが、クリックすると「WBCキューバ戦を機会にキューバについてちょっと勉強して見ませんか。」のエントリーに飛びます。  雑談日記に来ると、常にトップ表示は「2005・9・11詐欺まがい郵政選挙に乗っかって90代91代と選挙(衆院選)の洗礼なし

【首相問責決議】マスコミの批判を批判する。

一昨日、現在の憲法史上はじめて、参議院での首相問責決議案が可決された。 タイミングに是非はあるが、私は、この問責決議を支持し、福田首相は可能な限り速やかに、衆議院を解散し、総選挙を行うべきだと考える。 この問責決議に対して、与党の、「法的拘束力はない」...

「選挙なし内閣解散せよ」微力なれど雑談日記は昨日から断固として戦闘モードに突入す。&女性セブン・マスゴミのアキバ系とか。

 雑談日記の常にトップ表示は「2005・9・11詐欺まがい郵政選挙に乗っかって90代91代と選挙(衆院選)の洗礼なし内閣はもはや許されない。解散せよ!!!」のエントリーです。日付をかなり先の2008/11/01にしているのでそうなってます。内容は派遣・格差問題、元凶は小泉

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

 であれば、今政治に一番大切なことはなんなのでしょうか? お時間があれば、教えていただけないでしょうか?

予想通り、マスコミの姿勢は酷いものでした。

「何故この時期に・・・」というのをはじめ、問責可決からの大手マスコミの報道姿勢は、売国奴コイズミまでひぱりだしての民主党批判。時効共々、国民がまったく見えていませんね。本来、「早く衆院解散・総選挙を」という民意を受けての報道をすべきと思いますが、やっていることはその真逆。与党の背後にいる経団連、さらにその後ろ盾のアメリカの意向ということなのかも知れませんが、そんな意向を汲むのなら、彼等に存在意義はないですね。

 今の政治が良いと思っているなら、問責決議批判もいいだろうが、福田の支持率は低い。安倍の末期と同じかそれ以下。
 ならば、解散総選挙をさせるべく世論を盛り上げるべきで、問責決議批判をして、誰が得をするのか?
 それこそ新聞などは評論家面をしているだけで、その主張はほとんど意味がない。

主文-事由によらず、自公が持ち返すメドが付くまで解散総選挙は行わない-

と決まっちゃってるんだから、あとは屁理屈を言うだけのことだ。それに同調する大手メディアなど、会社の社内報と同じくらい白々しい。リソースの無駄だ!
山口で負け、沖縄で負け...それでも「やっぱし自公!」と明るく振舞っているのは何故か?誰も生タマゴを投げつけないからだ!韓国のように国民が騒ぐことは絶対にないとナメ切っているのだ!

差別反対

差別推進ブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/takizawa_shinichiro

全員が民主党支持だと思ってるのかw

小沢民主に任せるくらいなら自民のがまだマシと思うひともいるのでは↓

おらんやろ

決議には法的拘束力が云々というけれど

大物国会議員の先生方が、”決議には法的拘束力が無い”ので関係ないと話している映像がテレビでしきりに流れるが、
最近の国会議員は、法律に明文化されていなければ、態度を改めることも責任をとって行動することも出来ない、道徳心のかけらも無い輩ばかりなのですね。現在の政権与党には、本物の為政者は不在なのかもしれません。

小沢民主に任せるくらいなら自民のがまだマシと思うひともいるのでは
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg