2008-07-09(Wed)

拉致問題の異様さを再考する

拉致問題と光市事件という、近年の犯罪報道の中で際だって異常な扱いがなされている二つの事件に共通しているのは、被害者家族が極めて積極的に行動し主張し、それをマスコミが諸手を挙げて狂信的なまでに持ち上げることだ。

いかにそれが本当の悲劇であったとしても、だれも異を唱えることのできない悲劇を「ペーブサート」にして、政治的な芝居を展開するという構図は、私には許容できない。

そんななかで、かつて実家を焼き討ちされた加藤紘一の発言は、勇気ある発言だと思う。

拉致被害者「戻すべきだった」=日朝交渉停滞の原因-自民・加藤氏 
2008/07/07 時事通信

私としては、当時のままの被害者自身の意志に任せるべきだったと思っている。
もちろん「洗脳」されていたかもしれないが、今現在が日本側に「洗脳」されていないとは、誰にも証明できない。
だから、どういう状況だったかは別にして、一人の人間としての意志を尊重すべきだった。

本人が、ようやく帰れた!と思っているのに、いくら国と国の約束だからと言って、北朝鮮に送り返すのは残酷に過ぎる。
しかし、本人がとりあえず一度北朝鮮に戻るという意志をもっていたのならば、当然戻ることを優先すべきだった。
今となっては、永遠にあかされない歴史の闇である。

それにしてもだ。またまた放火されかねないということは承知の上で、上記のような、無形の暴力に流されない発言をしたことは、やはり私は評価したい。

だいたい、死んだという回答に対し、ちゃんと証明せよというのは分かるけれども、ネイチャー誌ですら?な根拠で「生きている」と決めつけて「返せ」と言うのでは、いくら独裁者でもどうにもならないこともあるだろう。

問題は科学にあるのではなく、政府による科学の問題への干渉【Natureの論説】 

まさにこのとおりで、家族が感情的に「生きている」ということと、国が政策として「生きているから返せ」ということは別だ。
金正日にしてみれば、核カードをキープしているのだから、拉致カードはもう切ってもいいや と思ってコイズミに最高の土産を持たせたつもりだったのに、かえってそれが拉致問題に火をつけることになってしまい、目を白黒させていたのではないか。


この金正日の計算違いはどこから生じたのか。
日本での、拉致問題への異様なまでの執着はどこから生じているのか。

一つは、反米右翼の勢力は思った以上に強いということだろう。コイズミポチのように、アメリカ隷属を鮮明にしている連中ばかりではないということ。

安倍晋三が、チビリそうになって総理大臣を投げ出したのも、CIAと国粋右翼のどっちが怖いか考えたら、声も出なくなって逃げ出したのだ。
国粋右翼ファシストの勢力は、表面的に見えているより力を持っていると見て良いだろう。


もうひとつは、北朝鮮のウランだと思う。

うごめきだした対北朝鮮利権獲得 
2008.7.5 産経

米政府の対北朝鮮テロ支援国家指定解除決定を受けて、英国のロンドンではウランを含む対北朝鮮の鉱山利権獲得を目指す投資ファンドが相次いで本格的な活動に入った。

北朝鮮はウランや金、チタンなど鉱物資源が豊富で、米国の穀物・金属商社カーギル、鉱山開発技術を持つエンジニアリング大手のベクテル、さらにゴールドマン・サックス、シティ・グループの金融大手などがウラン濃縮疑惑が表面化するまでは対北朝鮮投資に強い関心を寄せていた。


国粋右翼ファシストにとって、核武装は絶対条件だろう。
核武装しない限り、対米従属か、中国傘下に入るか、絶対中立(非武装)しか道がない。
そのときに、ウランをアメリカ(IAEA)に握られていたのでは、何にもできない。

日本が自前で調達できるウランは、北朝鮮にある。
対北朝鮮のプレゼンスを最大限にデカクして、ウランの権利をせしめよう、というのが、何が何でも拉致問題を言う勢力の狙いではないか。
ブッシュの、「拉致は忘れない」という決まり文句は、「ウランはやらないから、他の物にしろ」という意味に、私には聞こえる。


いずれ近いうちに、CIA+統一協会グループと、反米右翼グループの、抗争が始まる。
それを、いい気味だなんてお気楽に眺めていると、返す刀でぶった切られるかもしれない。

関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

鈴木邦男さんの北朝鮮訪問記がおもしろかった。

鈴木邦男さんのブログの北朝鮮訪問記がおもしろかったです。次のリンクで読めます。引用は、一連のレポートの最後の最後の一節だけにしま...

んーん、「31年前の加藤智大」、事件は時代の一断面を切取っているのだろうが、どう報道しているか自体もその時代の、

一断面を表しているのだろうね。  少年犯罪データベースドアの「31年前の加藤智大」を読んでそう思いましたよ。  三面記事、つまり社会面の事件からどう言うキーワードを抽出するかっていうのは、もうそこから政治的な宣伝戦が始まっている訳で、秋葉原事件から「派遣や...

マエハラに再度「退場勧告」!トットと民主党から消えうせろ!

  当  ブ  ロ  グ  へ  の     皆様のご支援に感謝致します! ありがとう! ●2008年6月27日(金) アクセス特集・二木啓孝+麻木久仁子・6月27日(金) TBSラジオ「アクセス」 毎週金曜日は、「二木啓孝の取材ノート!」です。 今日

233:高知の白バイ・スクールバス衝突事故の支援をお願いします!

2008/07/09 カラスウリの花今年も、近くの浜辺の山際に、カラスウリの花が咲いた。この花は、もうしばらくすると、糸状になってる部分が発達し...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

あなたみたいな人がいるから犯罪者が増える
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg