2006-01-21(Sat)

狂牛肉迫る

別のことを書こうと思って、PCを立ち上げたら、グーグルニュースでいきなり「米国産牛肉、再び禁輸に 成田の検疫で危険部位発見」のトップ記事が目に飛び込んだ。

記事の詳細はこちら

成田で背骨付きが発見されたわけだが、いちばん注目は
農水省によれば、この米業者施設には米国の検査官が常駐。今回の牛肉にも検査済み証明書が付いていたという。

ようするに、ちょっとした手違いなどではなさそうだ、ということ。

また、この事態にコイズミは
「再開したばかりなのに残念ですね」と述べ、

と、例によって自らの責任には知らんぷりである。

こんな答弁を許してはならない。折から国会も始まった。ブッシュ救済のために日本の住民を牛の餌にしようとしたコイズミの責任を、徹底的に追及してもらいたい。

また、私たちブロガーも大いに声を挙げよう。

この件については、日本がアブナイ!さんが詳しく書いていたので紹介しておく


また、上記の検査官のことや、コイズミの無責任発言は大事な証拠なので、記事の全文をコピーして保存することにしよう


asahi.com

米国産牛肉、再び禁輸に 成田の検疫で危険部位発見
2006年01月20日22時58分

 牛海綿状脳症(BSE)対策で除去が義務づけられている牛の脊柱(せきちゅう)(背骨)が20日、成田空港で検疫手続き中の米国産牛肉から見つかり、政府は即日、再び米国産の禁輸措置(輸入停止)に踏み切った。背骨は脳などとともにBSEの原因物質が蓄積しやすい「特定危険部位」で、除去の義務づけを条件に昨年12月、政府は輸入を再開した。米国の強い要請を背景に解禁を急いだ政府へ、批判が高まるのは必至だ。

 農林水産、厚生労働両省によると、背骨が混入した牛肉は同日午前中、成田空港の動物検疫所で見つかった。米ニューヨークの中堅の牛肉処理業者「アトランティック ビール アンド ラム」が首都圏の業者に輸出したという。390キロ(41箱)の牛肉のうち、55キロ(3箱)で背骨がついたままのカットされた牛肉の塊が確認された。農水省によれば、この米業者施設には米国の検査官が常駐。今回の牛肉にも検査済み証明書が付いていたという。問題の牛肉は焼却するか、米国に送り返すことになる。

 BSE発生で03年12月に禁輸になった米国産牛肉は、昨年12月12日に2年ぶりの輸入再開が決まった。安全性に対する日本の消費者の不安が根強いことに配慮し、BSEの原因物質が蓄積しにくい肉に限定することを重視。対象を生後20カ月以下の若い牛に限定したうえで、特定危険部位を米国側で取り除くことなどを条件とした。検疫でも輸入されたすべての部位を調べている。

 中川農水相は20日、小泉首相に「国民の食に対する安心を確保することが大事だ。米国にしっかりした対応を求める」と報告し、安全性が確認されるまで再び輸入を止める方針を伝えた。小泉首相は記者団に「再開したばかりなのに残念ですね」と述べ、中川農水相に川崎厚労相ともよく協議し、適切な対応をとるよう指示したことを明らかにした。首相の指示を受け外務省の石川薫経済局長は20日夜、ズムワルト駐日米公使に政府の方針を伝えた。

 同日夕記者会見した中川農水相は「(米国側の責任による)混入が事実とすれば輸入プログラム違反であり極めて遺憾。きちっと調査をして、米国政府に厳重な申し入れをしたい」と述べた。禁輸措置は少なくとも米政府から原因と対応の報告があるまで続く。同夜記者会見した釘田博文・農水省動物衛生課長によれば「報告の内容を農水、厚労両省が、首相の指示を仰ぎながら判断することになる」という。再開時期は未定だ。

 昨年12月の輸入再開にあたっては、政府が食品衛生と動物検疫の専門家を米国に派遣し、日本向け牛肉を扱う処理場や牧場で輸出条件が守られているかの査察を始めている。今回の混入発覚で、監視態勢が十分に機能していないことになり、政府は抜本的に対応の見直しを迫られそうだ。

 米国産牛肉は輸入再開直後から、航空便で相次いで国内市場に到着。焼き肉店など外食産業や小売店の一部で販売が再開され、輸入手続きを進めている業者も多い。再開後1カ月あまりでの再禁輸措置で、ビジネスにも大きな混乱が出そうだ。

 禁輸前の02年度には約24万トンの米国産牛肉が輸入された。再開後の輸入は約1500トンにとどまっているが、米国食肉輸出連合会は「海上輸送でまとまった量の牛肉が届く06年には、約10万トンの牛肉を日本に輸出できる」との見通しを示している。

 ジョハンズ米農務長官は、訪米した中川農水相との13日の会談で、牛肉輸入条件を生後30カ月まで緩和するよう要請。2年間の禁輸期間中に豪州やニュージーランドに奪われた日本市場を取り返すため、官民挙げて米国産牛肉の売り込みに力を入れている。

関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

小泉は速やかに輸入済み米肉(1500トン)の回収をしろ。

 既に輸入された1500トンは、切り身換算すると、1トンは1000キログラム、1

キャプテン・ビーフはNo.1

 ヵ '7 ヵ ミ です。 ライブポア・ショックの喧騒により、日本国内ではすっかり影の薄くなった感のある米国産牛肉の輸入再禁止問題。まぁ、わたくしたちにとっては、今までどおりということで、率直にどうでもいいことなのですが、太平洋の向こうのあの人たちは、もう必死

今回の米国牛肉脊柱(せきちゅう)(背骨)の混入問題をどう見るか。

米国査察をとりやめ 米国牛肉の再禁輸で農水、厚労省 2006年01月21日18

アメリカ産牛肉の輸入停止によって、週明け東証ストップの危機

あんまりマスコミ始動の言葉を使いたくはないのだが、いわゆるライブドアショックで東証の取引が停止したが、これについて、東証の取引停止はマスコミのせいという記事を書いた。そして、やっぱり・・・米国産輸入牛肉でも書いたように、アメリカ産牛肉の輸入停止に伴って..

やっぱり、「アメリカ産の牛肉は食べません」は正解だった

政府は20日、米国から輸入された牛肉に牛海綿状脳症(BSE)の病原体がたまりやすい特定危険部位の脊柱が混入しているのを確認したと発表、米国産牛肉の輸入を当面、全面停止することを決めた。 ほらね、だから言ったんですよ。誰が責任を取るんでしょうか?

牛肉買うとき気をつけなあかん

 数日ライブドア関連の記事が新聞一面トップを飾っていたが、今朝の朝刊はアメリカ産

The United States and Japan : Advancing Toward a...

 年があけても、生活に密着した怒りは忘れない。と書いたけれども、生活に密着したものまで、すべてアメリカの意向で動いているのではないかと思うと、本当にがっかりして、はじめの一歩さんが、私の積読の言い訳をとくらさんのコメントつき!!とかっこよく暴露しながら(

やっぱり・・・米国産輸入牛肉

米国産輸入牛肉に、BSEの原因となる可能性の高い危険部位である、脊柱(せきちゅう)(背骨)が混入していたことが明らかになり、『やっぱりか・・・』と多くの人が思ったでしょう。さらに、アメリカ側の担当の検査官らが「(特定危険部位を)除去する必要があることを..

特定危険部位が除去されていない!

 やはり、というべきか米国産牛肉に特定危険部位の一つである背骨の混入が発見された。政府は輸入の停止を決めた。 ニュースでは「再開したばかりなのに残念」などと、どこか他人事のようなとぼけた首相の談話だったが、これは政府が決断した結果、分かり切ったことが生じ

肉食そのものを見直しましょう!

一反(300坪)というのはひとりが年間に食べる米を収穫できる田んぼの広さということで奈良時代に制定されたということです。当時はひとり平均150kgくらい食べたということです。現代人

特定危険部位(脊柱)混入で米国産牛肉を再び輸入禁止

「危険部位(脊柱)混入で米国産牛肉を再び輸入禁止(BSE対策)」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

はじめまして、華氏451度と申します。よろしくお願いいたします。
「再開したばかりなのに残念」などとふざけたことを言う首相に、庶民の一人としてまったくもう、怒りを通り越して茫然です。

TB入れさせていただこうと思ったのですが、何度試みてもうまくいきませんでした。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg