2008-08-15(Fri)

貴い犠牲なんて無い

今日は、敗戦を終戦と言い換えたペテン記念日だ。

■■
ウィキによれば、1951年頃までは、降伏記念日とか敗戦記念日と呼んでいたらしい。
その後、朝鮮戦争の勃発や日本軍(自衛隊)の復活とともに、「終戦」記念日と言い換えられるようになったようだ。

何が違うのかというと、「誰が」という主体があるかないか だ。
「負ける」のは、自然になんとなく負けると言うことはあり得ない。
誰かが誰かに負けるのである。

しかし、「終わる」のは、誰とも無く自然に終わるというイメージがある。
主体がない、責任者がいない ということだ。

ときあたかもオリンピックたけなわ。
たとえば、柔道で鈴木桂治が初戦敗退したときに、鈴木敗戦とは言っても、鈴木終戦とは絶対に言わない。
それは、負けた主体がはっきりしているからだ。
(鈴木選手を揶揄するつもりではないです。念のため。)

しかし、5分の時間が過ぎて、自然に試合時間が終わったときは、試合終了という。
これは、選手には関係なくおきることだからだ。

オリンピックならば、健闘を讃えればいいことだけれども、戦争ならばそうはいかない。
そうはいかない、トンデモない事態に対して、「誰が」を誤魔化すために作られたペテン用語が「終戦」という言葉だ。

もちろん、戦争の責任は勝った方にも負けた方にもある。
特に、太平洋戦争のばあいはそうだ。
アメリカにも日本にも責任はある。

その、両方の責任をアイマイにして、次なる戦争=朝鮮戦争へ向かっていくために、「終戦」という言葉が作られたと言えるだろう。
だから、今日、8月15日は、敗戦記念日であると同時に、「終戦」ペテン記念日というわけだ。

ところが、現実はもっと非道いことになっている。

終戦記念日「1面」扱い この新聞だけ
2008.8.15 Jcast 

ペテン用語の終戦記念日すら、意図的に消されようとしているらしい。

とは言うものの、テレビでは、「終戦」記念日の特番がいろいろやられてはいる。
オリンピックと高校野球の裏裏番組で、どれだけ視聴されているのかはわからないが、午前中は家で事務作業をしながらテレビをつけていたら、いろいろ流れていた。

サイパン・グアムの玉砕体験をした話や、「キクちゃんとオオカミ」のアニメ。
野坂昭如原作のこのアニメは、オオカミの方がよほど優しく見えるほどに悲惨で過酷な戦争の体験を、象徴的に描いていた。
中国残留孤児がどうして生まれたのかという逸話でもある。
開拓民を残していち早く逃亡した日本軍がちゃんと描かれていないという憾みはあるものの、いいアニメだと思った。

kikuchan.jpg

■■
しかし、悲惨で残酷なのは、こうした戦争局面だけではない。
こんな非道い現実を見ても、なんとも思わない連中がいる、というその現実の方が、はるかに残酷で恐ろしいことだ。

今年も、コイズミ、安倍晋三や、3人の閣僚を含む53人の国会議員が靖国神社に参拝した。
彼らが一様に口にするのは、「尊い犠牲」や「英霊」という言葉。

しかし、私ははっきり言いたいが、戦争でなくなった人たちの命は尊いけれども、その犠牲は貴くも何ともない。
犠牲は悲惨で無慈悲で無駄だった。

この「貴い犠牲」という言葉も、「終戦」と同じペテン用語だ。
日本人の心性の中に、宮沢賢治のグスコーブドリのような、自己犠牲を尊いとする価値観が作られてきた。
それを、温存して、しかも、自発的な自己犠牲ではない、強制された「戦死」を尊いなどと言うことが、許されるものか。

遺族が慰めの言葉として言うのならば、まだ分からないでもないが、その犠牲を強制した連中の末裔に、「貴い犠牲」だったなどと言われて、いったい誰が安らかに眠れるものか!
koizumi080815.jpg
犯罪被害者の権利が叫ばれているが、たとえば、殺人の加害者の息子が、被害者の仏前に参って、「貴い犠牲」でした、と言ったらどうだろう。それを聞いた遺族はどう感じるだろう。
戦争を遂行した権力を、ほぼそのまま受けついだ自民党の国会議員が、靖国神社に参拝して「英霊」とか「貴い犠牲」とか宣うことは、これと同じことだ。

そして、こんなペテンを平気で言うことのできる連中が、ゴロゴロしていると言うこの現実が、実は、63年前の悲惨な戦闘シーンにもまして、恐ろしい光景だ。
彼らも、戦争の映像を見れば涙するかもしれない。
しかし、顔をあげるやいなや「貴い犠牲でした。」と言って、同じ犠牲を再び強いることに、なんの躊躇いもないのだ。

何回、なん百回こうした悲惨なシーンを流しても、彼らには「英霊」であり、いつでも再現OKの「尊い犠牲」なのである。

8月になると流れる悲惨な戦闘シーンを見て流した涙をぬぐったその手で、こうした国会議員や権力者を支えてはいないか。
彼らこそが、その悲惨な光景を再現してはばからない人々だ。


※コメント欄に「貴い犠牲は存在する」というご丁寧な文章が書き込まれた。興味のある方は呼んでみてほしい。
やむにやまれず戦地へ向かい、あるいは空襲で亡くなった方々への、その局面だけを見たり想像したりした心情としては理解できる。
しかし、それでもなお、私はかの戦争で亡くなった人を「貴い犠牲」と呼称することはペテンだと言いたい。
いかに尊い命でも、いや、尊い命だったからこそ、戦争へ行ったことが尊いことではなく間違いだったと気が付かなくては、また再び同じ「貴い犠牲」が繰り返されるからだ。


※20代の大学院生からTBをもらった。
 戦争雑感
 あぁ,この人はちゃんと別のこととして認識しているんだ,と思いきや,今度は小泉さんや安倍さんを「犠牲を強制した連中の末裔」と言い切るのはどうなんだろう.いや,この文を書いている人がそういう政治信条であることは分かっているんだけど.この種の混乱を解きほぐした上でもう一度すべて飲み込む度量が,我々には求められる,と思う.

と、当ブログの引用にたいして書いている。
これが20代を代表する意見だとは思わないが、しかし、このように考えてしまう「ステージ」はいったい何なのだろう。普段あまり交流のない世代の意見だけに、心にとめたい。


関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

みんな【地球人】なんだから、殺しあうのはやめよう

今、「非戦」という本を読んでいます。 書かれているメッセージの一つ一つが重く、なかなか読み進めることが出来ません。やっと半分まで読...

国家としての「敗戦責任」を問うはある。しかし勝手に始めて勝手に負けやがって庶民にとっちゃ終わってホッとだから「終戦記念日」でもいいじゃん。

 逆に言うと、その時の国民全員が「敗戦」と思っていて、一人も「戦争が終わってホッとした」って言う人がいなかったら、全員洗脳カルト状態ってことでそれはそれで気持ち悪いよなぁ、。国民にとっては終わってホッとで「終戦記念日」でも良いんじゃないの。  なんでこ

泡瀬干潟関連NEWS (8/16)

泡瀬干潟座り込み現場に大きな変化なし、引き続き続行中です。今日の青山でのトークイベント&スライドショーの様子です。とみんぐさんのレポート「行ってきました」もぜひご一読を!写真展「救え・沖縄泡瀬干潟とサンゴ礁の海写真展のお知らせ」は8/20(水)までです(17・1

8月15日の舌足らずな独白

先週から、到着してホテルにチェック・インするなり、テレビは映らないんですか?と聞くゲストが多くて、どうしたことかと思ったら、オリンピックのせいだったのですね。ヤップで唯一のテレビ、地上波デジタル放送を客室から受信できるのは、オキーフ・ウォーターフロント...

終戦記念日と各党

 終戦記念日に当たって、各党は党首談話または、党声明を発表している。毎日新聞に掲載されているが、ごく短いものである。そこで他紙に同様な記事掲載がないかと探したが

「8月15日」

 今日8月15日は敗戦記念日である。内外の戦没者を追悼し、不戦を誓い、平和実現を祈願する、というのが模範的な行為なのだが、親世代でさえ戦争体験がなく、親族に戦没者がいないこともあって、個人的には「特別な1日」という実感はどんどん薄れていることを告白しな...

終戦記念日特集:戦争を美化する右翼政治家たち

「日本降伏、戦争終結!」【米ニューヨーク・タイムズ紙(1945年8月14日付)】 ↑なぜか削除されてしまったので、記事を読む事ができないのが...

8月15日はゾンビの虫干し記念日

安倍氏が靖国神社参拝、声援に手を振る 小泉元首相も3年連続(産経ニュース)== ここから転載 ====================(前略)安倍氏はモーニング姿で参拝。参拝後、沿道の参拝客の声援に手を振って応えた。安倍氏の前に参拝した小泉氏も....

63回目の敗戦記念日に

皇国日本がアジアへの侵略戦争である第二次世界大戦に敗北して63年目の敗戦記念日。皇国日本のその国家的過ちがなければ命を落とさずにす...

戦争雑感

8/6のテレビで,若いお姉さんに今日は何の日ですか?と街頭インタビューしていた.答えられない様子を映し,スタジオに戻って「驚きだ,戦争は風化している」と報道していた.さすがに当日に聞かれたら私は答えられると思うけど,2月に突然聞かれたら怪しい.広島と長崎のど

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

それは国政に参加していないから

いきなり開戦なんてあり得ない。

ていうか、今以上の縛りのあるシビリアンコントロールはないでしょう。
自衛隊に防衛出動を下すまでに、一体どれだけの結節があると
思っているのか、分かってます?それすら知らないで、すぐに戦争が
来るかのように煽るのであれば、オオカミ少年と同等です。

ま、私は、急迫不正の侵害には可及的速やかに防衛出動を命じて
もらいたいとは思いますけどね。

本当に真剣に平和を考えています??
なんか全然真剣さが伝わってこない。単なる勉強不足ではないですか?

誤)イラク侵攻
正)イラク侵略

誤)ねじれ国会
正)独善防止国会

するとやはり「終戦」と呼ぶのは偽装のような気がしてきた。
ズボシを突くことが往々にしてタブーの国だから当たり前か。

一つ前の記事では、建築の分野でも当時から決定権のある層は現実としっかり向き合っていなかったことを教えて頂いた。

かつて安部公房氏の講演を聴いたとき、開口一番「もう執行猶予という気がするよ」と言うのでポカンとしていると、核戦争のことであった。「戦争というのは地震よりも予測不可能なんだ。『ん?なんかキナ臭いぞ、来るぞ、来るぞ、そら来たァ!』っていうんじゃないんだよ。いきなり始まっちゃうんだよ」と。

例えばあるとき、NHK7時のニュースがお囃子BGMに合わせて「今日から日米合同軍、開戦です」と張り切ってアナウンスしたらどうするか。私の場合「え゛ッ?!」と叫ぶしか能がなさそうである。なんとかしたい。

論破完了ですが

あっという間に、全ての私への反論を片づけてしまいましたが、
どうか、落ち着いて、じっくり考えてから反論が(あれば)、
書き込んで下さい。

経験上、自分の主張を否定されると、サ○クの人は論理が
すっ飛んでしまい、ますます論破が容易になる傾向があります。
老婆心ながら。

無理に否定してもなぁ

多くの元日本兵のじいさんが、国に尽くすために戦地へ赴いたと
主張してましたけど??ご自分の主張のために、事実を否定しても
無理ですよ。そう言う人は確かに存在した。それも大勢。

国家のために奉仕した行為そのものを汚すのに悪意以外のどんな
感情を持ってできるというのか?非常に邪悪なものを感じますね。
それに、私への反論は、どれも反論になっていない。私は、何も
先の大東亜戦争が全く正しいなどと主張してはいない。矛盾が
あったとまで言っている。そして、論点はそこにはない。

国家が求めたときに、それに応じた人間は、時代を超えて称賛
されるべきです。言いたいのはそれだけですよ。それとも、君達は
「馬鹿だねぇ!赤紙もらったら逃げればよかったのに、戦死なんか
してお馬鹿さん♪」とでも言いたいのだろうか?

また、戦死後の大黒柱を失った家庭の苦しさは筆舌に尽くしがたい
でしょうが、だからと言って国家に対する「貴い犠牲」ではない、と
主張するのも全く筋違い。別の問題でしょう。

戦争はやっちゃいかん、と旧軍のじいさん達は言いますが、それは
侵略戦争をするな、という意味であって、外国の侵略に敗北せよとは
言っていない。国家防衛のためには自衛隊を核心に断固戦うべきです。

戦争を知らない世代が何をグダグダ言おうが、説得力はない。
言った言わない。水掛け論。

特に今時の、頭でっかちで教科書しか相手に出来ない学生チャンはな。

初めはペテンであったとしても、不戦の誓いの実行に繋がるのであれば、終戦というのは美しい言葉だと思います。日本国憲法前文の文言と同じように。
個人的に敗戦という言葉を好かないのは、「負けたのは間違っていたからではなく力が足りなかったからであって次はもっと上手くやる」という考え方に繋がりそうに思えるからです。敗戦という言葉は被害者意識を高め、自分は悪くないという方向に持っていきやすいと思っています。
スポーツの試合と同意味には扱えないと思います。

明月さん、おはようございます。
まったくもって、明月さんのおっしゃる通りです。

あたしのおじいちゃん(母方の父)は、この国のバカどもが始めた戦争で殺されました。
もちろん、あたしが生まれる前のことなので、どんな状況だったのかは、おばあちゃんから聞かされただけですが、それはもう酷い話でした。

おばあちゃんは、生まれたばかりの娘(あたしの母)を抱き、東京大空襲の中を逃げまどい、結婚したばかりの旦那(おじいちゃん)を戦争に取られ、戦後は、女手ひとつであたしの母さんを育てました。
それが、どれほど辛く、どれほど悲惨な人生だったか、聞くたびにあたしは泣きました。
そんなおばあちゃんも、今はもういません。

この国のバカどもが戦争など始めなければ、国民がこんなに苦しむことはありませんでした。
そして、そのバカどもの子供や孫に、殺されたおじいちゃんのことを「尊い犠牲」だの「英霊」だのと言われるのは、ハラワタが煮えくり返るほど頭に来ます。
お前らが殺したくせに、自分の罪をキレイゴトにしてごまかすな!と言いたいです。

根本的に全部の箇所に誤りがある。反対するために自分で作った観念を前提にした主張を他人様のブログに載っけるな。礼儀知らずめ。(ちなみにこのブログには無関係の通りすがり人二だからな)国家によるイデオロギーや徴兵組織に否応なく動員されたのであって「たとえ赤紙による強制とはいえ、大部分の日本人が覚悟を決 めて戦地に旅立ち、死んでいった。」などと美化されるような状況ではない。「たとえ」を安易に使用しないこと。前文国民を兵役に徴収し戦地にむかわせた側の台詞のマル写し。残りはひとつひとつが自己満足の自己撞着の思いこみで書かれているのでその低レベルの矛盾点をつついて指摘してあげても良いが、こんなアホ文章はネットウヨのB級過ぎて相手にも出来ないし、そんな親切な人間が居るのかどうか。たいそうに構えただけで書く側から破綻する内容を覆い隠そうと「日本が非難されているのは 戦争遂行目的や戦争犯罪に対してであって、国家に奉仕した旧日本軍兵士そのものに対してではない。 」とか、勝手に切り離さないこと。遺族の感情論を持ち込みそれを代表するかのような虚偽行為をするな。大笑いだよ。

続・「貴い犠牲」は存在する

ちなみに、貴方は国家元首が他国を訪問する際に、国立墓地を
訪れる慣行をも当然批判されるのでしょうね。靖国神社がダメなので
すから、米国アーリントン国立墓地なんてもっての他ですし、
大東亜戦争で抗日のために戦死した中国人も「貴い犠牲」とは呼べ
ません。ヴェトナム戦争で米国の侵略を阻止するべくNVAに志願した
兵士も、結局北ヴェトナムが独立を勝ち取ったとは言え、「貴い犠牲」
ではありません。911テロでWTC内の市民を助けるために犠牲に
なったNYPDの消防士も「貴い犠牲」とはなりません。浅間山荘のテロ
リストに銃撃された警察官だって、欧米人の侵略に立ち向かった多くの
原住民であっても・・・・(以下略)

私はちなみに、国家の為に散った人を丁重に扱うことは文明国家の
マナーの部類であって、それすらできない政治家に一切投票する
気はない。また、それにちょっとでも疑問を挟む教育をしようとする
公立校の教師がいたならば、息子の思想を守るために、徹底的に
対決するつもりだ。

「貴い犠牲」は存在する

「貴い犠牲」などないのではないか、という主張があっていいと思うが
それは自分でそう思っていればいいのであって、他人の行為にまで
あれこれ言う権利が貴方にはおありか??

大東亜戦争の目的は大いに歪んでいたし、様々な矛盾も孕んでい
たが、たとえ赤紙による強制とはいえ、大部分の日本人が覚悟を決
めて戦地に旅立ち、死んでいった。ほとんどの人が二度と本土の土は
踏めないと覚悟していた。であれば、どうせなら何か国家のために
なることをしてから死にたいと言考え、「お国のために」と口にした。
息子を送り出した親も、同様。

そんな人々に、63年後の呑気な日本から「あんたの息子さんは、
「貴い犠牲」なんかではないっすよ。あはは。」などと罵声を浴びせる
必要性が、何故にあるのかわからない。日本が非難されているのは
戦争遂行目的や戦争犯罪に対してであって、国家に奉仕した旧日本軍
兵士そのものに対してではない。

現代においても、犯罪捜査中に犯人に殺害された警官や、火事の
現場で殉職した消防士に対して、「もっと安全な職につけばいい
ものを。犬死にですな。」などと言うのも結構だが、国民のために
奉仕し犠牲になった人々を「貴い犠牲」と説明することは、
全く問題がない。「貴い犠牲」は確かに存在すると思う。

それが分からない輩が存在することは私は認めるけれども、
その矛盾した論理は、読んでいていつも理解に苦しむ。

「終わる」→「終わらせる」
初歩的なレトリック
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
森友事件 リンク
安倍晋三記念小学校こと森友学園の疑惑について、重要な資料を提供してくれるリンクです
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg