2008-08-25(Mon)

 痛みと依存

先日駐車場でずっこけて、あらためて気が付いたのは、普段「痛い」という体験をしていないということ。

何日も疼くような痛みや、思わず唸ってしまうほどの痛みというのは、もうすっかり忘れていた。

そんな痛みをひきずりながら、「国家は僕らをまもらない」を読んでいる。
そこで著者の田村理さんは、日本人に多い「してもらう」主義を批判している。

何を欲しなくても、何をしなくても、誰かに何とかしてもらえる。
こんな傲慢な態度も、この社会では不思議と容易に受け入れられてきた。

こういう「してもらう」主義が、国家や権力への依存になり、隷属につながるというのだ。

たしかにそうかもしれないが、そのまま受け入れてしまうのも、ちょっと抵抗のある筋書きだ。
でも現実は、私の目にもそのように見える。

■■
そんなことを、ずきずきと痛む左手を見ながら考えていると、やはり日本人は痛い目にあっていないのかなあ、という気もしてくる。
もちろん、戦争ではボロボロになったし、原爆も落とされた。
今だって、楽じゃない人はたくさんいるし、ワーキングプアも大問題だ。

けど、それでもなお、疼くような痛みを感じていない。
日本中が滅茶苦茶になるような、一般庶民の生活が軒並み破壊されるような体験というのは、実は第2次大戦以前には、ほとんど経験していない。

鎌倉から江戸の初期に至る戦乱の時代は、戦争は専門職が行っていた。
国民皆兵ではない。
明治維新前後の内戦は、国民皆兵の始まりだったけれども、規模には限定的だった。
日清、日露、第1次大戦は、日本は戦場になっていない。

だから、日本人にとって、第2次大戦というのは、初めての「痛み」だった。
しかし、それもアメリカが投与した鎮痛剤=戦後復興で、どんどん薄らいでいった。
もともと、乗せられた面もあるとは言え、自分から始めた戦争だけに、大げさに痛い痛いと言いにくいということも手伝って、「痛み」は急速に「モルヒネ依存」へと変わっていった。

■■
ひるがえって、ヨーロッパを見れば、これはもうず~と戦乱の歴史だ。
とくに、ナポレオン以降は国民総動員であるから、悲惨を極めただろう。
第1次大戦、第2次大戦ともにまともに戦場になった。

アメリカはと言えば、これはもう、戦争とともにあるようなもので、初期の原住民殺戮、18世紀後半の独立戦争、19世紀半ばの南北戦争で、国中が戦争になっている。
そして、20世紀半ばにはベトナム戦争で60万人近い兵士が泥沼にはまり、6万人近い米兵が戦死した。
(ベトナム人は100万人を超える死者)

そして、いわゆる後進国とか発展途上国とか言われる、旧植民地諸国は、言うまでもない。
上記のベトナムの例に違わず、侵略国の数倍、数十倍の被害を被り、今に至るもその傷は癒えていない。

そんな世界の中で、なんと平和な国だったのだろうか。
やはり、このことが、日本人の気質を形作ってきているのではないだろうか。

■■
ただ、そろそろ「モルヒネ」が切れてきたことは間違いない。
経済発展という鎮痛剤で、戦争の痛みを麻痺させてきたけれども、もうこの薬は効かない。

そのとき、うずき始める傷跡をながめて、私たちは何を考えるのだろう。
多くの人は、痛みをとめて「もらおう」と、国に頼るのだろう。
しかし、それは冷たく突き放される。
そんなことを、何回か繰り返す。

今は、まさにそんな時期の真っ最中だ。
その時期が過ぎて、いよいよ頼るものがない、と気づいたとき、たぶん、三つの方向が生まれるだろう。

一つは、最強のモルヒネ=戦争へと吸い寄せられていく。戦争が問題解決の革命かのような幻想にクラクラとなる。いわゆる「丸山眞男をひっぱたきたい」の類である。

もう一つは、絶望である。あるいは、絶望ゆえの「家族」への逃げ込み。
愛国心を「家族」を守るためと言う理由で、無理矢理納得する類。
逃げ込む先すら無いときは、自殺という最悪の逃避行が待っている。

最後に、少しは希望を持ちたい。日本人は、実はタフだ。したたかだ。
ペリーの黒船がやってきたとき、幕府は泡を食って右往左往し、吉田松陰は命がけでボートをこいで載せてもらおうとして本当に刑死してしまったが、そのとき庶民は何をしていたか。

牛やら銀貨やらをもって、浦賀に行列をつくった。高く買ってもらえるという噂が広がって、全国から押し寄せたという。

日本に限らないのかもしれないが、庶民には権力者とは違うレベルで生き延びていくしたたかさがある。
モルヒネが効かなくなったその先に、こうした強さを発揮できるかどうか。
そのへんに、この国の行く末がかかっているような気がする。


関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

わたしの「税の作文」(笑)

夏休みももうすぐおしまい。夏休みなのに宿題はたくさんあるし登校日もあるし塾や予備校の夏期講習もあるし部活もあるしちっとも休みって...

オリンピック と 戦争

これ、人類最大の疑問かもしれません。 なかなか明快な答えはないし、大変ですね~。 お玉さんしかレフリーはできないかも?^^; 興味が...

心に響くうた・・・「手紙」 byアンジェラ・アキ

毎日、イヤ~なニュースばかりで・・・ なんとか自力で爽やかな気分にするのも、ほんと大変だわ。 夏は好きだけど、ただでさえ暑苦しいんだ...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

失礼しました

ちょっと書き込みが乱暴でした。改めて書き直します。

日本は第2次世界大戦敗戦後、見事に復興し、世界有数の経済
大国として、もはや他国に援助される国ではなく、他国に援助する
国になりました。

もはや第2次世界大戦敗戦の痛みは存在し得ないと思いますが、
60年以上経った今、なお鎮痛剤が必要な程に痛みが継続すると
主張されるのは何故ですか?また、その痛みはいつまで継続する
のですか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg