2008-09-05(Fri)

こんな自衛隊が国民を守ってくれると思いますか?

イージス衝突原因で真っ向対決、遺族は涙声で「そんな…」
2008.9.4 読売

海自の最新鋭イージス艦「あたご」が漁船「清徳丸」と衝突した事故から半年余り。
4日の第1回海難審判で、事故当時の当直士官、長岩友久・前水雷長(35)らが強調したのは、漁船側の責任だった。

治夫さんの妹美恵子さんは、海自側が漁船の責任を強調したことについて、「突然、そんなことが出てきてびっくりした。兄が正しいとずっと信じていた。何を言われても、2人はもう話すことができない」と涙声で語った。


イージス艦事故:当直士官「漁船の責任」指摘 海難審判
2008.9.4 毎日 

関係人の陳述では、全員が「亡くなった2人のご冥福をお祈りします」と謝罪から切り出した。だが事実関係に話が及ぶと、申立書の指摘に対し「漁船の位置が違う」「『監視を指示しておらず』とあるが、監視はしていた」など、それぞれが反論。衝突時の当直士官だった長岩友久・前水雷長(34)は「漁船の右転で新たな危険が生じた」と、漁船側の「責任」を指摘し「審判で明らかにする」と述べた。


声震わせ「納得できない」 海自の反論に遺族ら
2008.9.4 中国新聞

閉廷後、清徳丸が所属していた千葉県の新勝浦市漁協の外記栄太郎組合長(80)は「真実は一つだ」。僚船「金平丸(きんぺいまる)」の市原義次船長 (54)は「口裏合わせでもしたのか」と語気を強め、父子の親族の会社員吉清祥章さん(19)は「責任を感じているのか」と憤った。

幹部は困惑…前艦長ら次々反論「自分がかわいいのか」 
2008.9.4 スポニチ 

「自分たちの意見はきちんと言いたい、ということなのだろうか…」。防衛省は事故後早々に監視態勢の不備を「組織」として認めているだけに、海自内には困惑を隠せない幹部もいた。

防衛省は3月の中間発表で「あたご側に回避義務があった」「見張りが不十分」と認めている。


この変わり身の早さと見事な開き直りの妙技は、あることを思い出させる。
沖縄で住民を盾にし集団自決を強いた日本軍、「満州」で開拓民を置き去りにしていち早く逃げ去った関東軍。
この、伝統と格式を堂々と受け継いだ自衛隊の面目躍如である。


私的には、このニュースのもう一つの悲しい面が気になる。

吉清さんの妻、自宅で手合わせ 海難審判 
2008.9.4 毎日

海上自衛隊のイージス艦「あたご」と漁船の衝突事故で死亡認定された吉清治夫さんの妻幸子さんと妹美恵子さんは、この日の朝も治夫さんと哲大さん父子の位牌を納めた仏壇に線香をあげた。幸子さんは「海難審判の傍聴には行きません。難しいことは分からないので」と言葉少なに語り、2人の遺影に手を合わせた。


「海自は真実話して」 遺族、事故真相究明願う イージス艦海難審判
 
2008.9.4 中日新聞

治夫さんの兄高志さんは「事故を忘れることなどできない。だが、やっと気持ちが落ち着いてきた」と語り、墓前で手を合わせた。

事故直後、高志さんは「なぜ最新鋭のイージス艦が漁船にぶつかるのか」と海上自衛隊を恨んだ。しかし、「どちらか一方の責任ではない」と考え、事故の真相を知りたいと思うようになった。

今回の海難審判では、清徳丸側に指定海難関係人はおらず、遺族や漁協関係者に陳述の機会はない。平穏を取り戻しつつある遺族の大半は、審判を傍聴しないことを決めた。


吉清高志さんは、事故直後のマスコミ取材では、親族代表のような感じで仕切っていた人だ。

イージス艦長が不明家族宅を謝罪訪問
2008.2.27 産経新聞

親族の吉清高志さんは報道陣に「十分な誠意をみせてもらった。気持ちの整理もついた」と話した。

漁協の組合長や現場にいた僚船の船長は、いまもって海自の責任を明らかにしようと懸命ななかで、高志さんは2月の段階で気持ちの整理がついて、その後は清徳丸にも責任があると考えるようになり、やっと始まった審判には遺族ともども傍聴もしないことに決めたという。

この国の民の姿を目の当たりにするようだ。
もちろん、兄として悔しさも悲しさも人一倍だろう。

それ故にこそ、こうした判断をする悲しさを一層感じてしまうのである。


日本の善男善女は、古来、こうして支配されてきた。
でも、もうキレてもいいんじゃないだろうか。

そして、自衛隊という日本軍が守るものは、日本国「機構」なのであって、日本国「民」ではない ということを肝に銘じよう。





関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

平時でこうなら、戦時に自衛隊は国民の生命財産なんて守ってくれそうにないと思いました。

自衛隊関係の法律を見れば、自衛隊は「国民の生命財産を守る」とは書いてありません。自衛隊は「国民」ではなくて「国家」を守るものにな...

メディアジャック目的の猿芝居、自民党総裁選、TVマスコミは提灯持ちかい?ジャーナリストの誇りはあるの?恥を知れ恥を!

(クリックで拡大し動きます)ポスターバナー第16作目。猿芝居の自民党総裁選、提灯持かい?恥を知れマスゴミ!バナー。動くバナー等機能利用&セキュリティ面からブラウザはIEでなくFirefoxを推奨。 自民党広報誌、読売新聞のマトリクスを丸ごと、雑談日記作成のマト...

全国500万人のハケン仲間よ、あなたは年間120万円以上ピンハネされている。この現実をどう思う?

毎日、約5千円~9千円ピンハネされている事が厚生労働省発表のデータから分かりました。 登録型では、1日当り15,577-10,571=5,006円 常用型では...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

No title

イージス艦って漁船と同じで長さ10メートル、深さ1メートルくらいか?
もしそうなら見えなくても仕方がない。気付かなかったんだろう。
もっと大きなイージス艦を造ってほしい。

自衛隊に力も現場指揮権も一切与えない様じゃ意味ないだろう。
クーデター恐れすぎなんだよ武力アレルギー左翼日本人は。

然るべき地位と綱紀粛正が必要。

じゃあ、誰が守るの?
人民解放軍?

まさか非武装w

明月さんの意見に反対

お互いの見たこと、感じたことを素直にぶつけ
なければ真実に近付かないですよ。

あたごの乗組員は現在のところ推定無罪であって
犯罪者ではない。真実がどうであったかは、
現在のところ神しか知らない段階です。
ですから、わざわざ海難審判を行っている。

これから、プロの眼でじっくりと解明してもらえば
良いではないですか。私は海のことは専門外です
ので静観を決め込みます。

少なくとも、感情的な問題を海難審判に持ち込むの
は100%間違いです。また、本件をもって、自衛隊
が国民を守らないかのように主張するのも論理の
飛躍と言うべきでしょう。

秋への扉

秋への扉を
おそるおそる開けてみよう

秋には
空いっぱいの赤蜻蛉の影や
秋の花々の翳を伝いながら
風まかせの旅にでてみよう

夏の喧騒が
ぴたりと止むと
風が紡いだ言葉が
あちこちの街角で
ささやかれ始める

  眠れない痛みが
  天使たちの羽音となり
  終りのない苦しみが
  新しい創造の出発点ともなるのだから

夢の中で
最初に発せられた言葉は
喜びや愛の言葉ではなく
墜落してゆく
哀しみだったのではないかと思う

空を飛んでいては
真逆さまに墜落してゆく夢
そんな夢を見つづけながら
いつの間にか
大人になってしまったぼくは
つくづくそう思う

No title

こんな自衛隊でも、世界中の軍隊と比すれば、最も軍律が厳しい部類ですので。この団体に日本国「機構」を守ってもらうのが現状ではベターなのかなぁと思います。

これが外国の軍隊に取って代わるような事は、日本国「民」にとって悲劇の始まりであり、絶対にあってはならないと思います。

今の時点で、米国の軍隊が我が国に居座っているというのは、我々日本国「民」にとって許し難い事だと思います。

自衛隊の力が在日米軍の力を圧倒するようであれば、日本国「機構」は日本国「民」を在日米軍より守る為に、
彼らを追い出すのかなぁと思います。

が、このような体たらくの自衛隊に力を与えるのもどうかとも思います。

我々日本国「民」にとって脅威なのは、自衛隊よりも、在日米軍だと思います。
在日米軍から日本国「民」を守るのは日本国「機構」であり、またそれを守る自衛隊なのだと思います。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg