2008-09-07(Sun)

ファニーメイの破綻を解説してみる

危ないぞ 危ないぞ と言いながら崖っぷちでヨロヨロしていた「ファニーメイ」と「フレディマック」が、ついに国有化されるようだ。

ファニーメイとフレディマックというのは、アメリカの住宅ローンの胴元のような会社。
全部で10兆ドル(1100兆円)くらいある住宅ローン残高のうち、半分の資金を出している打ち出の小槌だ。

fanniemae.jpg
と言っても、もちろん自動的にオカネがざくざく降ってくるワケじゃないので、借金をしている。
MBSとかいう名前の(毎日放送じゃないよ もちろん)借金証書をつくり、それを投資家に売って、その代金を住宅ローンに回している。
サカサマから言えば、住宅ローンの利子や返済を、MBS債券の利子や返済にあてている。

日本の場合、銀行の貸出残高の総合計が400兆円くらい。うち、住宅ローンが180兆円くらい。
だから、ファニーとフレディの2社だけで、日本中の銀行を全部のさらに1.5倍近い規模がある。

■■
この超巨大ローン会社に降りかかったのが、住宅価格の暴落だ。
例のサブプライムローンの破綻で、サブプライム以外の普通の住宅ローンのものも含めて、住宅の価格がどか~んと2割も下落した。

2社のローンは、サブプライムはそれほど多くないが、それでも、踏み倒しの危険が非常に高いものと相当高いものをあわせると、13%くらいある。
このうち半分が踏み倒されただけでも、3000億ドル以上。
しかし、2社の自己資本は890億ドルしかない。

桁が大きすぎてピントこないかもしれないので、ちょっとスケールダウン。

89万の貯金しかないファニーさんとフレディさんの夫婦は、Aさんから5200万借りて、それをBさんに又貸しして利ざやを稼いでいた。
ところが、貸していたBさんが急に返済できなくなって、300万円踏み倒された。
でも、Aさんには返済しなくちゃならない。
でもでも、手元には89万しかない・・・

どうだろう、ファニーとフレディの窮状が理解してもらえただろうか。

■■
しかも、大問題はその先にある。

二人がカネを借りたAさんというのは、実際は世界中の投資家であり、国である。
だから、「すんません、返せません」と言ったとたんに、二人は世界中から、

「あいつらに金貸したら、返ってこないで!」 というレッテルを貼られる。

そればかりか、貸していた方も、資金繰りがたたなくて連鎖倒産が相次ぐはずだ。
実際に、

米政府系金融の混乱、韓国に波及=ウォン下落に拍車
 
2008/09/07 時事通信

韓国政府は外貨準備の一部を両社が発行した債券で運用しているが、信用不安の高まりで債券の売却が困難となり、ドル売り介入に必要な資金の調達が難しくなったことがウォン下落の一因とみられている。

なんてこともすでに起きている。

こうなると、カネを貸していた方は、一刻でもはやく返してもらおうと、殺到する。
ファニーとフレディの家の前には、借金取りが長蛇の列をつくる。

■■
今までは、自分のカネは89万しかないことなんて忘れて、何千万ものカネを右から左へ動かして豪遊していたのに、一晩にして一文無しだ。

freddiemac.jpg
これが、現実の世界では、アメリカからの資金の逃避とドル暴落になる。

日本も中国もオイルマネーも、世界中からアメリカに投資されている資金が、ザザザザ~~と引き上げられる。
引き上げられたお金(ドル)は、売られてそれぞれの国の通貨に戻されるから、ドルは大暴落、というわけ。

アメリカ経済は、その軍事費も含めて、世界中からの借金でまかない、返済に困ればドル札を刷って誤魔化してきた。
ところが、その借金が貸し剥がしになり、ドルが暴落したら、あとは「追いはぎ」をするしか生きる道はない。
(実際、そうするだろう。)

ファニーさんとフレディ君は、なにせ日本中の銀行の1.5倍近い規模だから、ここが破綻すれば、アメリカ中の金融機関が信用を失う。
三井住友と三菱東京UFJが破綻したときに、みずほ銀行にカネを貸したいと思う人間はごく少数だ。

■■
そんなわけで、今回のファニーメイとフレディマックの国有化が決まったわけだ。
もう、それ以外、ここに書いたような最悪のシナリオを避ける方法がなかった。

一説では400億ドルとか250億ドルとか言われているが、これも、住宅価格が今のラインでとどまった場合だろう。
東洋経済の記事などでは、さらに2割は下がると書いてある。

そうなれば、どこまで公金の使い込みがふくらむのか、予測が立たない。
アメリカの財政赤字は、アフガン戦争以降、うなぎ登りにふくらんで、5000億ドルを超えているらしい。
これに、一気に数百~数千億ドルが上乗せされる。
財政の極端な悪化は、アメリカ国債の信用悪化 → 国際価格の下落 = 金利の上昇 を招いて、不況に拍車がかかり、アメリカ経済の信用がさらに低下し、資金が流出し・・・
と、結局は同じシナリオになっていく。

これを避けようと思ったら、増税だ。
増税は、もちろん景気を後退させる。で、これもまた、同じシナリオに行き当たる。

■■
最後にとっておきの秘策がある。
判断能力を失った金持ちに、儲かるどころか絶対に損をする投資に、有り金を出させるのである。
甘い言葉と、暴力的なおどしで、何兆円ものカネをつぎ込ませる。

そんなお人好しの金持ちがどこにいるかって?
そのへんにいるさ。
そのへんにいる、日本に住むひとみんな。

金持ちは、相続税や(もしかしたら)財産税で、一般庶民は所得税や消費税で、ぎっちり搾り取られて、破産したファニーさんとフレディ君のウチに送られる。

どっちみち搾り取られる税金ならば、漠然と取られるのではなく、こうして盗られているんだということを、知っておきたい。








関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

不換紙幣ドルの崩壊が始まる5 サブプライム詐欺の破綻 Vol.171

早速の質問で恐縮ですが、中国語で言う、房利美、房地美とは何のことでしょうか?解答

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

反対 (世界を滅茶苦茶にした元凶たちに)

ぼくは反対する
ますます陰湿化するいじめに反対する
これらの元凶は
トヨタ等の大企業でのいじめや村八分や
リストラではないのかと思う

ぼくのトヨタ時代でも
中高年や女子社員を一列に並べて
退職するまで芝生のゴミ拾いを手始めに
片道切符の出向の先に待っているのは
危険・汚い・きついという3K職場

それでもなかなか辞めない社員には
「あいつは男とやりくらかしてる」等のデマを流したり
上司が巧みに誘い出しての手かざしの新興宗教や
「絶対にクビにしてやる」「殺し屋に注意しろ」とかの脅し文句
社員には内緒で受け取り金数千万円の団体割引保険金を掛けておいての
サービス残業やいじめや出向や村八分(「あいつはアカだから話すな」等)で
ストレスに追い込んでの
過労死・過労自殺での保険金の略取

ぼくは反対する
終わることのないアメリカの侵略戦争に
アメリカがベトナム・アフガン・イラク等を破壊し続けることができたのも
最大の貢献国
奴隷のように貢ぎ続ける日本のおかげだった
小泉が代表的だったモラルハザード政治屋たちのおかげだった

在日米軍基地への思いやり予算や
我々の血税で強引に買うことを強制され
塩漬けになっている百兆円に近い米国債
広島・長崎への原爆という無差別大量虐殺兵器への
抗議や謝罪を求める代わりに
日本人はまっとうな思考力を失ってしまった
奴隷よりも家畜のような有様になってしまった

ぼくは反対する
破壊し殺し続けるばかりで
なにひとつ良いものを残さなかった
小泉以降の弱肉強食自公政治を
政府発表でも自殺者に過労死者を足すと
もう十年間毎年四万人が殺され続ける
本来の政府・行政・政治家・官僚の役目とは
市場原理では格差が増大するばかりなのを
税金の再配分機能で
弱者や敗者を救済することにあるというのは世界の常識だ

とりわけ
法を守って手本を示すべき
地位や名誉や権力を与えられた政官財こそが
堂々と法を破り
税金を掠め取り
反対する者を牢獄へと放りこんで
なんら恥じることがない

これらの元凶は
中曽根政治にあったのではなかったのかと思う
国鉄→JRへという数百兆円の国民共有財産の強奪と組合つぶしと
汐留跡地というおこぼれを大マスコミにばら撒いての翼賛マスコミ作り
リゾート法や原発による官が率先しての自然破壊
不沈空母発言等での米軍の下請化
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg