2008-10-10(Fri)

民主党は新テロ特措法を容認していない

巷では、民主党が新テロ特措法に「賛成」しているかのような、デマが流れているようだ。

民主、新テロ法改正案の成立容認 早期解散迫るねらい
2008.10.8 産経

と、非常に紛らわしい書き方をしてあるので、さっと読んだら「賛成」したかのように見える。
それに便乗したネットウヨも騒ぎ始めている。

それどころか、民主党内まで右往左往している。

民主党:新テロ特措法「早期採決」が波紋 「賛成」と誤解
2008.10.9 毎日

しかし、あくまで「採決」を容認したのであって、「法案」に反対なのは変わらない。

その戦術の是非はともかくとして、事実とデマは峻別しなければならない。

関連記事

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

blogosphere で 奇跡をおこして

 もう3年前になるのでしょうか?  郵政民営化の是非を問う9.11選挙の結果にショックを受けて、世間が小泉劇場にわきかえる中、私たちは超少数派なのか、という絶望的な思いを共有し、励まし合うために、多くの方々とブログで、意見交換してきました。  その

衆院選を逃げまくる、世襲だらけ、三代連続国民の審判(選挙)なし内閣、亡国・売国の徒、自民党は退場しろ!キャンペーン開始。

クリックすると賛同ブログリストに飛びます。  こちらは、クリックすると拡大し、「いくらお坊ちゃんでも内閣はキャバクラか~、少しは自覚しろ選挙管理内閣 」バナーが出ます。  なお、後ろの方でご紹介する「米原子力空母横須賀母港化断固反対!」キャンペーンとの兄

【金満ローゼン】堂々とした戦いから自ら逃げ出した卑怯者は去れ!【口舌の徒】

 2008年度補正予算も来週には成立する見込みとなり、更には新テロ特措法の延長についても近く 再議決の末に成立する見込み となってきたが、今すぐ総選挙を行えば 歴史的惨敗になる事が目に見えている金満ローゼン は、アメリカ発の金融危機を奇貨として 政権にしがみつ

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

 

自滅党が小沢の殺害を計画しているとは誰しも考えそうなこと。
だからこそ、警察官僚を官房副長官にした。
ころしても政治力でもみ消すつもりだろう。

しかし、いまやトカゲ以下の知能しか持ち合わせない自滅党にとって、もしもそんなことをしたら、どうなるかさえわからないのだろう。

大平首相死亡直後の総選挙で、自滅党は破格の大勝利を獲得した。
もしも民主のが亡くなったら、大規模な社会現象が起き、もじどおり民主以外は人にあらずという状況となり、おそらく自滅党の取れる議席は50を割るだろう。

すなわち、自滅党はアメリカとともに沈んでいけばよいのであり、特に自滅党は2度と復活できないようにするべきだ。

アメリカでは、もはや選挙人たちがなだれをうってオバマに擦り寄っている。
勝負は決した。
お遊びはこれまでだ。

アメリカ民主党はアメリカ共和党ほど物分りが良くない。
もたもたしていると、
いままでの自滅党のスーパーヘビー級の悪事がアメリカ側から暴露され、生きていくのも困難になると予想できる。
今は黙って引き下がり、最低でも4年間便所掃除すると覚悟して下野するのが、結局一番賢明であろう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

説明不足

インド洋での給油活動を止めると...

麻生-給油で得てきた極めて高い評価が、「非常識だ」という評価になる。
与謝野-国際貢献と「テロとの戦い」を止めることになる。
石破-海外の若者は「テロとの戦い」中なのに、ここで逃げたら国益が確保できない。
石原-「テロとの戦い」に日本は参加したくない、とのメッセージを出してしまう。
小池-日本のため、国際連帯のために給油している海上自衛官に申訳が立たない。

だから「給油を続けるのだ!」という。どうやら「テロとの戦い」がポイントのように思える。

-敵は誰か?

誤)ジャミラ
正)アラブの反米武装抵抗勢力

-どんな戦いか?

誤)すべての国と国民が協力しないといけない戦い
正)日本とは無関係の、米国の、米国による、米国の為の戦い

-日本が取るべき態度は?

誤)米国の逆鱗に触れないよう、いっぱいお金出して、米国の「盾」になって戦う。
正)まともな人材を国会に送って、米国の歪んだ外交政策を少しでも軌道修正させる。
自由党 近畿ブロック
国民の生活が第一!
KINKILOGO.png
自由党
jiyutoulogo.jpg
山本太郎となかまたち
bnr_nakamatachi.png
生活フォーラム関西
なんとしても政権交代を!
20140723-3.jpg
ひとびとの経済政策研究会
松尾匡氏ら気鋭の経済学者による  政策提言と勉強会
ひとびとの
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク1
貴重な情報をいただいています
(順不同)
リンク2
ブログ内検索
twitter
田中龍作ジャーナル
20140723-4.gif
マガジン9条
パレスチナ・オリーブ
パレスチナで作られたオリーブオイルやオリーブ石けん。これはお勧め。
palestineolive.jpg
RSSフィード
blogranKing.net

カウンター
最近の記事
プロフィール

明月 こと 山岸飛鳥

Author:明月 こと 山岸飛鳥
木の家プロデュース 明月社 主宰
一級建築士
趣味 キコリ 畑
取り柄 貧乏
Email : info@mei-getsu.com

明月社のアルバム
明月社の作品や家づくりのアイディアなど ちょくちょく更新しています
アルバムLOGO
木の家プロデュース明月社
ホームページをリニューアルしました
meigetsusha.jpg
明月社へのご連絡

名前:
メール:
件名:
本文:

明月社 facebookページ
六甲菜園ブログ
郊外楽園プロジェクトの六甲菜園
rokkou-sides.jpg
おすすめの本
こんな時代だから、お薦めしたい本。アフィリエイトではありません。

自伝的戦後史(羽仁五郎) jidentekisengosi.jpg

おすすめの本 2
日本はなぜ「基地」と「原発」を止められないのか

nihonhanaze.jpg

おすすめの本 3
日本はなぜ「戦争ができる国」になったのか
nihonnhanaze2.jpg
おすすめの本 4
世界超恐慌の正体

sekaichoukyoukou.jpg

おすすめの本 5
そして、日本の富は略奪される

sositenihonnno.jpg

おすすめの本 6
コンクリートが危ない

conclete.jpg

おすすめの本 7
家を建てる。家づくりはたたかいだ

iewotateru.jpg